1    99句

梅の枝切り過ぎしこと医者のいふ  櫻井博道  椅子

 梅一輪 梅ヶ香 梅咲く 梅寒し 白梅 紅梅 梅白し 梅月夜 梅蕾 梅匂う 梅二月 梅の園 梅の花

梅日和 梅ひらく 梅ふふむ 梅祭 梅見 探梅 盆梅 老梅 野梅 梅園 梅林 枝垂梅 早梅 飛梅 観梅

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
静かなる距離を保ちて梅を見る 新開一哉 円虹 199808  
ひしほ館梅を挿せるも醤壷 高橋千美 京鹿子 199808  
人情の穏やかな土地梅に佇つ 稲畑廣太郎 ホトトギス 199902  
風に日に梅に忌心整ひし 稲畑廣太郎 ホトトギス 199903 立子忌
梅畑は素顔吹かるるところなり 岡本高明 199903  
畑の梅畦は緑にかげろいて 福間慶子 俳句通信 199904  
臥竜梅鏝絵の竜が空にらむ 山口たけし 俳句通信 199904  
牧までの梅まぶしめり波の音 貞吉直子 馬醉木 199905  
読み返す佐介此頃梅椿 星野椿 ホトトギス 199905  
古人とも会ひたし梅の綻べば 村越化石 199905  
利休梅かの隠棲の人も亡き 大橋敦子 雨月 199905  
上の道下の道ゆく梅の谷 和田敏子 雨月 199905  
散る梅に十七箏の揃ひけり 宮澤さくら 遠嶺 199906  
看護妻ひととき庭の梅を見る 藤松遊子 ホトトギス 199907  
笹鳴は梅の小鳥と違ふらし 川崎不坐 火星 199907  
なんぼでも梅を叩いて持つて来る 山野みどり 銀化 199908  
上海の茶をのむ居間や夜の梅 皆吉司 船団 199909  
大脳のシーティースキャン母と梅 日吉わたる 船団 199909  
南枝の梅囮のやうに鳥一羽 丸山海道 花洛以後 199910  
玄海の辺津宮として梅さかり 能村登四郎 芒種 199911  
風に日に梅に忌心整ひし 稲畑廣太郎 廣太郎句集 199912  
太宰府の遅れてをりし梅便 松尾緑富 ホトトギス 200002  
畦潰えて梅への道をさへぎれり 能村登四郎 200002  
梅散て鱗のごとく水の面に 田中藤穂 水瓶座 200002  
雪嶺より吹きおろす風梅散らす 田中藤穂 水瓶座 200002  
伸び一つ梅の足音駆け抜ける 尾上有紀子 わがまま 200002  
綱敷の梅まで行かず魚の国 山田六甲 六花 200003  
献納の梅くれなゐをほどきそむ 仲尾弥栄子 雲の峰 200003  
色褪せて一瞥さるる梅やある 大橋敦子 雨月 200004  
矢のごとく雲の流るる梅の丘 岡田ン太雄 雨月 200004  
梅便り石打籠も顔出せり 村越化石 200004  
梅飛沫星座に及ひ競あり 中原道夫 銀化 200004  
梅の下箸の使へぬ児等が居て 保坂加津夫 いろり 200004  
梅だより来ぬかと今日も待ってゐる 熊谷みどり いろり 200004  
葬送の列のうしろの梅畠 藤井昌治 200004  
梅畑の凸凹にしてやはらかし 深澤鱶 火星 200005  
神の梅仰ぎて今日の空とおもふ 小林あつ子 火星 200005  
赤ちやんの重さを腕に梅の昼 小林あつ子 火星 200005  
真青なる空にこたへて梅の紅 二本松輝久 風土 200005  
言問はむ梅にまた忌のめぐりきし 田中黎子 円虹 200005  
鐘声の一花一花の梅にあり 田中黎子 円虹 200005  
梅明り国東仰ぐもの多し 青木直子 200005  
梅の風手ざはりやはく雲剥がす 宇都宮滴水 京鹿子 200005  
月ヶ瀬の梅宿峡の胸あたり 水島夜雨 京鹿子 200005  
花どきをささほうさなる梅の畑 三村禮子 酸漿 200005  
空蒼し東司に影の梅一枝 玉川悠 遠嶺 200005  
戻り来し終の棲処や梅寒く 大橋敦子 雨月 200005  
一幅の書に適ひたる古梅かな 平山八十子 雨月 200005  
梅古木殿様お成りの玄関に 上原瑞子 200005  
梅の下妹の丈姉を越す 松本恒子 ぐろっけ 200005  
一煎の朝茶にほぐれ庭の梅 府中谷幸枝 馬醉木 200006  
枝先はまだ綻ばず谷戸の梅 伊藤トキノ 200006  
島のごと梅畑残る山の町 小野寺節子 風土 200006  
かしましき一畳ほどの梅の宴 鈴木とし子 遠嶺 200006  
本陣の跡形もなく梅の影 大谷茂 遠嶺 200006  
国分寺の賽米箱に梅散れり 金升富美子 200006  
弥山いま梅花黄蓮花あかり 小菅佳子 200006  
衣笠にはねずの梅の戯れり 城尾たか子 火星 200007  
東京に居て湯島の梅を見ずに老ゆ 久保田一豊 いろり 200007  
糸雨の句碑守る寺の金枝梅 丸山冬鳳 京鹿子 200010  
梅の木や迷走神経という羽音 廣嶋美惠子 船団 200010  
もののけの吐息ほつほつ夜の梅 能城檀 船団 200010  
飛びとびに野の梅育て隠れ耶蘇 内山和江 奧嶺 200010  
銀梅花一枝給はる名を尋ね 勝野薫 ぐろっけ 200010  
月と語るえごの木梅の木も同じ 金子兜太 海程 200011  
梅の木や迷走神経という羽音 廣嶋美恵子 船団 200011  
もののけの吐息ほつほつ夜の梅 能城檀 船団 200011  
枝々の梅びつしりと裏高尾 盛良孝 200101  
三本の移植の梅もほころびぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200102  
開館のその後を問はん梅椿 稲畑汀子 ホトトギス 200103  
言かはすごとくに梅が枝交す 鷹羽狩行 200103  
梅の影窓よぎる旅はじまれり 阿部ひろし 酸漿 200103  
梅畑の凸凹にしてやはらかし 深澤鱶 火星 200103  
猟犬と梅の一枝で山を去る 山田六甲 六花 200103  
梅便り志免のひとから夢便り 山田六甲 六花 200103  
梅固し豊後はいまだ夢まくら 堀内一郎 あを 200103  
ふるさとは梅に囲まれ育ちけり 林田加杜子 いろり 200104  
御神籤を結ばれ梅の重さうに 熊谷みどり いろり 200104  
海寄りに住む人よりの梅便り 村越化石 200104  
梅固し円窓亭へ石の橋 山口たけし 俳句通信 200104  
梅固くとも蒼天を讃へゆく 久保晴子 雨月 200104  
今年はもみ寺の梅も仰ぎ得ず 木村杏子 雨月 200104  
追憶の虜となりて梅を賞づ 多田節子 雨月 200104  
梅苑やまことしやかに門いくつ 大橋宵火 雨月 200104  
梅描く手を止め仰ぐ帰鴉の空 大橋宵火 雨月 200104  
お文庫の校倉づくり梅の宮 大橋宵火 雨月 200104  
其処此処に幕のはためき梅の茶屋 大橋宵火 雨月 200104  
かへり見てただよふ暮色梅の宮 大橋宵火 雨月 200104  
夕映を惜みて立つも梅のころ 阿部ひろし 酸漿 200104  
いさぎよく梅の枝を切り春隣 伊藤一枝 酸漿 200104  
誰ととも遊ばぬ髫髮梅や散る 中原道夫 銀化 200104  
云はれればさうともみえし緑梅 赤座典子 あを 200104  
薬飲む接木されたる梅の前 加藤真起子 火星 200105  
胸もとに梅の寒さのありにけり 奥田節子 火星 200105  
煙くさくなつてきたりし梅畑 夏秋明子 火星 200105  
梅の影踏んで鶏冠のゆれどほし 夏秋明子 火星 200105  
梅も風に震へ東京空襲忌 林翔 200105  
心眼にあづまの梅を聖和上 廣島泰三 200105  
満開の梅ごと畑売るといふ 赤川孝子 200105 梅 2

 

2015年2月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。