落 花 3     99句

中空にとまらんとする落花かな    中村汀女

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
落花続く限り一身かくるるよ 戸田和子 200307  
ライオンの背に落花の貼り付ける 小笠原扶美女 築港 200307  
はしやぐ妻舞へる落花を掴まむと 山村修 築港 200307  
二人淋しさの中に受く落花 平居澪子 六花 200307  
竹箒立て掛け落花しきりなる 山野洋子 百鳥 200307  
城壁を舞い上りくる落花あり 瀬口ゆみ子 ぐろっけ 200307  
掴まんとすれどふわりと落花かな 竹下昭子 ぐろっけ 200307  
桜木の神に安らふ落花とも 稲岡長 ホトトギス 200308  
花に会ひ落花を浴びる別れかな 稲岡長 ホトトギス 200308  
屍埋むるごとしきりなる落花 山下しげ人 ホトトギス 200308  
妖精の眠る落花の褥かな 岡山満沙子 遠嶺 200308  
受けむとす落花一片身をかはす 藤井淑子 百鳥 200308  
約束のやうに集り来る落花 高橋としを 酸漿 200309  
砂利といふ落花の馴染みにくきもの 後藤比奈夫 ホトトギス 200310  
落花にも序破急のあり薪能 冨田みのる 200403  
篝火に映えて鉄火の落花かな 鷹羽狩行 200404 濱七〇〇号を祝して
病棟へ帰る落花を浴びしのち 丁野弘 200404  
納骨の大地鎮もる落花かな 稲畑汀子 ホトトギス 200404 虚子忌
一閃の日矢一片の落花かな 稲畑汀子 ホトトギス 200404  
渡る風落花先立てをりにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200404  
模型屋の昼は閉され落花舞ふ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200404  
瓢雨句碑落花踏み締め来たる甲斐 稲畑廣太郎 ホトトギス 200404  
一面に落花白紙を踏む畏れ 堀内一郎 あを 200405  
苔燈たいとうに雨の残れる落花かな 岡本眸 200405  
雨雫ねむの落花をいざなへる 稲畑汀子 ホトトギス 200406  
落花浴び狂はざるとは言ひ難し 天野みゆき 風土 200406  
遊歩道落花刹那に降り注ぐ 徳永キヨ 築港 200406  
落花舞ふ湖に光の走りけり 菊地惠子 酸漿 200406  
遠来の人と見てゐる落花かな 田中藤穂 あを 200406  
坂道や隣もうちも落花掃く 田中藤穂 あを 200406  
四階に落花舞ひ込む授業かな 丸山敏幸 200406  
落花浴ぶ両手を広げ出雲の子 中島瑞枝 百鳥 200407  
額付ける墓地の落花を浴びながら 清水幸子 築港 200407  
通学児落花舞ひくる道急ぐ 清水幸子 築港 200407  
水遊びのごとし落花をかけ合うて 澄田玄志郎 築港 200407  
人華やぐ名の木の落花浴ぶるとき 守屋井蛙 酸漿 200407  
地上に咲く如くに落花散り敷けり 大塚初江 200407  
終電車挙手の駅長落花浴び 吉田多美 京鹿子 200407  
リハビリに脚甦へり落花浴ぶ 松田欽吾 雨月 200407  
住吉の川燈台に落花かな 長村雄作 栴檀 200407  
鵯のちぎりし落花犀星碑 鈴木厚子 栴檀 200407  
落花まだ急ぐな我の若ければ 小澤克己 遠嶺 200407  
乾かざる画布に落花のとめどなく 福田かよ子 ぐろっけ 200407  
木の灯台透け直立の落花どき 松本鷹根 京鹿子 200408  
新車祓ふ切幣の舞ひ落花舞ひ 中島知恵子 雨月 200408  
もう怺へきれざる落花また落花 安達風越 雨月 200408  
みよし野の落花とどめて冷ゆる闇 安原葉 ホトトギス 200408  
みよし野の落花ただよふ日の別れ 稲岡長 ホトトギス 200408  
一片の落花と一掬の風と 粟津松彩子 ホトトギス 200408  
語らへばしきりに桐の落花かな 近藤きくえ 200408  
ペンキ塗るひねもす落花浴びながら 花房敏 ぐろっけ 200408  
母の受く落花子も受く門出かな 山崎辰見 ぐろっけ 200408  
たちまちに別れの落花とはなりぬ 今井千鶴子 ホトトギス 200409  
ぬばたまの夜を白々と落花かな 今橋眞理子 ホトトギス 200409  
一本の老樹の落花なりしかな 山田桂梧 ホトトギス 200412  
み吉野の奈落へ落花滝となる 竹下陶子 ホトトギス 200412  
散り止まぬ落花に吉野拾遺あり 竹下陶子 ホトトギス 200412  
一片の落花弾ける日差かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200504  
軽々と落花は天に消えゆけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200504  
花心問へば散りくる落花かな 稲畑汀子 ホトトギス 200504  
風のなき落花に心ある如く 稲畑汀子 ホトトギス 200504  
落花また急ぐことなく遅桜 鷹羽狩行 200505 東京・小石川植物園
風はらみ落花の渦を湧かすかな 能村研三 200505  
ぐい呑みに落花ひとひら浮かせ候 泉田秋硯 黄色い風 200505  
落花して水は留まること覚ゆ 林昭太郎 200506  
誓子句碑静かに落花浴びゐたり 塩川雄三 築港 200506  
落花にも滞空時間あつて飛ぶ 塩川雄三 築港 200506  
落花霏々大学生はみな無帽 丸井巴水 京鹿子 200506  
落花飛ぶ星屑のよにきらめきて 宮津昭彦 200506  
鯉の池水面を落花覆ひけり 須賀敏子 あを 200506  
繋がれし犬の目で追ふ落花かな 赤座典子 あを 200506  
青菜売る人居て風の落花圏 植松安子 200506  
一陣の風や落花のしきりなる 高原純徳 河鹿 200507  
粛清は叫ばなくても落花霏々 泉田秋硯 200507  
落花舞ふ海津大崎船巡り 田下宮子 200507  
みづうみに落花の螺鈿蒔絵かな 太田寛郎 200507  
あてどなきひとへと落花吹かれゆく 堂上靖子 春燈 200507  
落花舞ふ舞台に夜のコンサート 嶋木勝次郎 遠嶺 200507  
落花舞ふ皿に盛りたる串団子 長志げを 遠嶺 200507  
太鼓打つ音に合はせず落花舞ふ 長志げを 遠嶺 200507  
渦巻いて空駆け昇る落花かな 宮川迪夫 遠嶺 200507  
ま昼間の雨の落花とうつせ貝 大島翠木 200507  
落花浴ぶ吾も宇宙の一粒子 近藤喜子 200507  
落花一つ流れ逆らひとどまれり 柴田靖子 200507  
ハングル語で話す一団落花かな 波田美智子 火星 200507  
娘を訪ふや川越え来る落花踏み 波田美智子 火星 200507  
落花舞ひ母の小言はまだ続く 三橋早苗 ぐろっけ 200507  
対岸の落花舞ひくる天守閣 寺沢千都子 万象 200507  
落花浴ぶ阿弖流為と妻母禮の墓 山路紀子 風土 200507  
ふたひらの遅速の揃ふ落花かな 竹生田勝次 風土 200507  
水飲みて喉の立ちたる落花かな 竹生田勝次 風土 200507  
城跡の鳥のさへづる落花かな 三関浩舟 栴檀 200507  
鯉跳ねて落花の水面はじけたり 南良太郎 築港 200507  
夜の落花絹ひく雨となりにけり 栗原公子 200507  
落花なほ宙に浮かべる招魂碑 河内桜人 京鹿子 200507  
散りしきる落花が子らを隠しけり 山村修 酸漿 200507  
落花この水車の廻る水にかな 下平しづ子 雨月 200507  
みどり児のやうに落花を浴びにけり 大串章 百鳥 200507

 

 

2014年4月20日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。