花過ぎ     56句

花過て雨にも疎くなりにけり    高井几董

  彼岸桜  糸桜   しだれ桜  枝垂桜  山桜  朝桜  花疲れ  花守 初花  花の闇

花の雲  花影   花の影  余花  残花  花の塵  花過ぎ  花屑・花の屑  花篝 花は葉に

花筵  養花天  飛花落花 落花  八重桜

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
わたましに気を取られゐて花過ぐる 佐藤淑子 雨月 199906  
花過の星座はやくも組み直す 中原道夫 銀化 199906  
花過ぎてひたひたと老迫りくる 能村登四郎 芒種 199911  
花過ぎの三日目の雨いさぎよし 能村登四郎 200005  
花過の川ひたすらとなりゐたり 岡本眸 200006  
鶏のおどろきまなこ花過ぎぬ 鈴木節子 200007  
花過の躓くごとく病みにけり 岡本眸 200008  
花過ぎて梢艶めける桜かな 能村登四郎 200105  
花過ぎの里の真昼を郵便車 鳴海清美 遊び蔓 200105  
花過ぎの路地にのら猫伏して死す 松村美智子 あを 200105  
花過ぎの喪服たてつづけに着たる 小浜史都女 百鳥 200107  
花過ぎの地蔵の瞼重くなる 山荘慶子 あを 200107  
花過ぎの水辺静もる目の薬師 田中矢水 遠嶺 200107  
花過ぎの能楽堂に熟寝せり 高橋とも子 200107  
花過ぎのごく単純なまばたき 坂本敏子 京鹿子 200108  
花過ぎて梢艶めける桜かな 能村登四郎 羽化 200110  
花過ぎの地を彩れりさくら草 阿部ひろし 酸漿 200205  
花過ぎて結ひ目の固き積荷かな 能村研三 200206  
花過ぎの安らぎもまた忌に適ふ 山田弘子 円虹 200206 4/8鎌倉虚子忌に参詣
花過ぎのきしりておはるオルゴール 丸山分水 200206  
花過のやたら大きな鼈甲飴 岡本眸 200206  
花過といふ曖昧を病むごとく 岡本眸 200206  
花過ぎの羅漢に心解きにけり 宮倉浅子 遠嶺 200207  
花過の折目正しき夜が来る 木内憲子 200207  
花過ぎの宿に湯殿を使ふ音 武井良平 ホトトギス 200209  
雨がちに雨がちに花過ぎんとす 山田弘子 草の蝉 200305  
花過ぎの子に後れたる女院陵 斉藤由美子 ぐろっけ 200305  
花過ぎのひつそりと絵馬焚かれけり 藤原照子 余韻 200403  
花過の更けて机上の白つばき 岡本眸 200405  
花過ぎの樹下臈たけてゐたりける 加藤みき 200407  
花過ぎの流るるとなき運河かな 加藤富美子 200407  
花過ぎの能勢に吹く風突きにけり 高橋芳子 火星 200408  
覗きぐせつく花過ぎの死亡欄 伊藤白潮 200506  
花過ぎの空へ心をひらく木々 宮津昭彦 200506  
花過ぎのフルーツの園風ばかり 守屋井蛙 酸漿 200607  
花過の雲しろじろと匂ひたつ 藪長傳 200707  
花過ぎの晴耕雨読おのづから 水原春郎 馬醉木 200806  
花過ぎの苑ゆつくりと人歩む 宮津昭彦 200806  
花過ぎの美容師ときに空鋏 田村園子 200807  
花過ぎのまんだら界はちりもなし 豊田都峰 京鹿子 200807  
浮き上りさう花過ぎの播磨坂 齊藤實 200807  
花過ぎし老樹に威容改まり 村田文一 遠嶺 200808  
花過のこのころと咲く八重桜 阿部ひろし 酸漿 200905  
花過ぎや淡紅色の用水路 山荘慶子 あを 200906  
花過ぎの心しばらく白きかな 近藤喜子 200907  
花過ぎの海の疾風をまのあたり 遠藤真砂明 201006  
花過ぎの湯をすすりゐる黙の午後 小田明美 春燈 201006  
花過ぎの手にたよりなき紙コップ 伊東和子 201107  
花過ぎの樹齢百年の陰に入る 池部久子 酸漿 201107  
花過ぎのそれも夜雨の二、三日 井上信子 201205  
花過ぎの風を囃して羅漢さま 鴨下昭 201207 江戸崎羅漢
花過ぎのサッチャー女史の映画観る 藤井久仁子 ぐろっけ 201207  
花過ぎの並木を風の過ぎりけり 白石正躬 やぶれ傘 201207  
花過ぎの雨打つ紙の博物館 甲州千草 201306  
花過ぎて訪はねばならぬ人の居り 久染康子 201306  
花過ぎの返書や言葉拾ひつつ 長谷川翠 馬醉木 201307  

 

2014年5月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。