彼岸桜        30句

ふつふつと彼岸櫻の莟哉    正岡子規

  彼岸桜  糸桜   しだれ桜  枝垂桜  山桜  朝桜  花疲れ  花守

花の雲  花影   花の影  余花  残花  花の塵  花過ぎ  花屑・花の屑  花篝

初桜

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
先づ彼岸桜に集ふ旅となる 稲畑汀子 ホトトギス 200303  
咲きそめし彼岸桜のとどまらず 稲畑汀子 ホトトギス 200303  
単線の鉄橋彼岸桜かな 秋田谷明美 帆船 200306  
彼岸ざくら傾ぎし椅子に刻古ぶ 宇都宮滴水 京鹿子 200405  
彼岸桜は仏のぬくみ嵯峨御流 丸山佳子 京鹿子 200505  
一本の彼岸桜が散歩の榮 松崎鉄之介 200505  
満開の彼岸桜に風荒し 中村好子 築港 200506  
小彼岸桜一歩が天に近くなる 清水伊代乃 酸漿 200506  
彼岸桜お稲荷さんの赤い旗 芝宮須磨子 あを 200505  
あさなさな彼岸桜に小禽来る 松崎鉄之介 200605  
江戸彼岸ざくらの下の寺の燈 小澤克己 遠嶺 200606  
彼岸桜並木一町旧花街 浅井青二 雨月 200607  
御仏に彼岸桜の手向かな 三村禮子 酸漿 200807  
老人ホーム彼岸桜の優しさよ 小澤菜美 200905  
仰ぎたる彼岸桜に深空あり 牧原佳代子 酸漿 200905  
咲き満ちし小彼岸桜の古刹かな 星アヤ 酸漿 200906  
彼岸桜濃きや淡きと遅速あり 東野鈴子 雨月 201006  
彼岸桜楚楚と揺れたり浜の風 木曽鈴子 ぐろっけ 201006  
母植ゑし彼岸桜は紅淡く 谷泰子 ぐろっけ 201107  
梅花散り彼岸桜の咲き続く 田島昭久 かさね 201206  
三日月に彼岸桜のほのとあり 川崎雅子 春燈 201206  
偲ぶれば彼岸桜の色眩し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201303  
この一本地震知る彼岸桜かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201303  
ゆつくりと彼岸桜をご覧あれ 小川玉泉 末黒野 201406

悼む

小倉正穂氏

海光の彼岸桜へ十重二十重 田中臥石 末黒野 201406  
極楽橋渡りて彼岸桜かな 竹内喜代子 雨月 201407  
彼岸桜水上バスで菩提寺へ 篠田純子 あを 201503  
ふるさとは雪てふ彼岸桜かな 田中臥石 末黒野 201506  
彼岸桜ほつほつ別れ近くせり 山崎靖子 201506  
彼岸桜この一秒を大切に 柴田靖子 201905  
彼岸桜咲き大空を見上げたる 中谷富子 201906  

 

2020年3月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。