朝 桜 1       99句

よき家に泊まり重ねて朝桜    高浜年尾

  彼岸桜  糸桜   しだれ桜  枝垂桜  山桜  朝桜  花疲れ  花守

花の雲  花影   花の影  余花  残花  花の塵  花過ぎ  花屑・花の屑  花篝

初桜

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
朝桜ごはんの上の花かつを 奥田節子 火星 199807  
朝桜にほふ情のありにけり 鈴木一睡 黄鐘 199808  
朝桜なまこは直立いたしません 朝目彩湖 船団 199811  
皿と匙ひびきやすくて朝桜 野中亮介 馬醉木 199902  
糶声のはたと止みたる朝桜 山尾玉藻 火星 199904  
朝桜刻々つなぐ夕心 稲畑汀子 ホトトギス 199904  
裾踏みて着丈のきまる朝桜 樋口英子 朝桜 199904  
われの死ぬことの不思議や朝ざくら 小林鱒一 天牛 199904  
鶏冠も火種のひとつ朝ざくら 水内慶太 銀化 199905  
朝桜太薪くべるまんぢゆう屋 皆川盤水 高幡 199905  
ラケットを胸にバス待つ朝桜 岩崎きゑ子 馬醉木 199906  
出漁の船一列に朝桜 松宮幹彦 俳句通信 199906  
乾坤のなほ結びつゝ朝桜 坂井建 ホトトギス 199908  
青き砥の如き上水朝ざくら 本橋怜加 冬牡丹 200003  
朝桜にもとどめゐし雨滴 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
まだ誰も通らぬ山路朝桜 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
もう帰路を考へてゐる朝桜 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
姉妹声よく似たり朝桜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200004  
大堰の水匂ひくる朝桜 朝妻力 俳句通信 200004  
あとは散るための風待つ朝桜 朝妻力 俳句通信 200005  
一服の茶点てる間あひ朝ざくら 高橋あゆみ 200006  
朝桜友と会ふ日の旅支度 山本潤子 いろり 200006  
朝ざくら一七〇名の名札掛 江頭信子 馬醉木 200007  
へつつひの灰を掻きをり朝桜 桑田真佐子 200007  
辞世の碑影あはあはと朝ざくら 笹村政子 六花 200007  
咲き満つる気配しづかに朝桜 柏井幸子 円虹 200008  
朝桜埴輪の肩の土落とす 小林恵美子 船団 200010  
美しき肺が一対朝桜 富沢秀雄 船団 200010  
二度寝してからりと晴れし朝桜 稲畑汀子 ホトトギス 200104  
朝桜すつかり東男たり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200104  
朝桜一年生になりし子と 稲畑廣太郎 ホトトギス 200104  
鏡なす池に枝を伸べ朝ざくら 牛田修嗣 200105  
峠には三分咲きなる朝桜 松村美智子 あを 200105  
一石もて湖へあいさつ朝桜 鷹羽狩行 十三星 200105  
まつさらの空取り戻し朝桜 梶田敬子 200106  
朝桜義足に油注してをり 嵯峨根鈴子 火星 200107  
吹く前の笙温むる朝ざくら 藤原良子 火星 200107  
青空に描く稜線朝桜 稲畑汀子 ホトトギス 200204  
二階より声かけられし朝桜 片山由美子 200205  
朝桜ゆれて門山を励ませり 大塚邑紅 200206  
百年を生き抜く佐保の朝桜 辻井桂子 雲の峰 200206  
戸隠の水音高し朝桜 堀田知永 雲の峰 200206  
朝桜遅刻思ひつ仰ぎゆく 井口初江 酸漿 200206  
山並みはふだんの容朝桜 和田照海 京鹿子 200207  
谿底に朝ざくら見ゆ吉野建 有働亨 馬醉木 200207  
天地の音の絶えたる朝桜 新海りつ子 馬醉木 200207  
妻が送る最後の職へ朝櫻 島崎晃 遠嶺 200207  
遠山を雲の掠めて朝櫻 橋本良子 遠嶺 200207  
剣道着吊されてをり朝櫻 水野あき子 遠嶺 200207  
この道を選んで今日の朝桜 吉田眞弓 雨月 200207  
鮠寄せの巣棚作りよ朝ざくら 関正夫 酸漿 200208  
帰りゆくわが生家あり朝桜 辻口静夫 ホトトギス 200211  
靴べらに踵壓しやる朝ざくら 中原道夫 銀化 200305  
校長の訓辞長引く朝桜 有川万里子 200306  
朝桜ひらり散るごと叔父逝けり 島田千晶子 200306  
朝粥にかき餅入るるさくらの芽 吉田康子 火星 200306  
尼寺の看経の声朝ざくら 川角としえ 築港 200306  
朝桜阿吽の像の自慢顔 東亜未 あを 200306  
朝ざくら水面の影とひびき合ひ 鈴掛穂 200307  
朝ざくら声かけて締む馬の鞍 田渕葉陽 200307  
真つ白な体操服や朝桜 小田道知 円虹 200307
対岸の人呼びとめし朝櫻 清水晃子 遠嶺 200307  
いつせいに消ゆる街灯朝ざくら 塩田博久 風土 200307  
朝桜霞ヶ浦に白帆立ち 高橋邦夫 風土 200307  
産土に住み朝ざくら夕ざくら 十河波津 200307  
朝桜小鳥の声々降って来る 西村咲子 六花 200307  
日当りて泡立つごとし朝桜 伊関美智子 200307  
水分の水囁ける朝桜 河内桜人 京鹿子 200308  
山冥の奥よりほのと朝桜 河内桜人 京鹿子 200308  
朝桜満水のダム輝けり 小川朋久 百鳥 200308  
山気とは朝桜よりはじまりぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200309  
朝桜枝の主日の落着きに 稲畑廣太郎 ホトトギス 200309  
朝桜いま生きてゐる顔洗ふ 山元志津香 八千草 200310  
上潮の木場となりけり朝桜 中村雅樹 百鳥 200402  
日の射して動きはじめし朝桜 稲畑汀子 ホトトギス 200404  
山気とは朝桜より始まりぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200404  
円やかな朝明の丘桜咲く 阿部ひろし 酸漿 200405  
聖堂の横に舟着く朝ざくら 荒井千佐代 200406  
朝桜十三階の視力表 関位安代 帆船 200406  
仰げば尊し校庭の朝桜 城間芙美子 対岸 200406  
朝ざくら公園を突つ切つて行く 山本三樹夫 百鳥 200406  
朝桜自動改札ぴつと鳴る 志水芳秀 雲の峰 200406  
朝桜陶器市へと連れ立ちぬ 水田清子 200406  
青年のトランペットや朝桜 金川眞里子 百鳥 200407  
朝櫻前も後も人あらず 大島翠木 200407  
朝桜一花あまさず水に影 三関浩舟 栴檀 200407  
一鞭に馬かがやけり朝桜 坂ようこ 200407  
朝ざくら杖あたらしき試歩の庭 中村碧泉 ぐろっけ 200407  
朝桜旅の終りに誰も触れず 山田弘子 ホトトギス 200409  
朝桜船頭小屋へ吹雪きけり 山尾玉藻 火星 200503  
地球一自転朝桜夕桜 稲畑廣太郎 ホトトギス 200504  
みよし野の一片散りぬ朝桜 稲畑汀子 ホトトギス 200504  
甃まだ濡れてゐる朝ざくら 岡部名保子 馬醉木 200506  
帰港せし漁船を洗ふ朝桜 甲斐遊糸 百鳥 200506  
一輪も一枝もゆれず朝ざくら 中谷葉留 風土 200506  
朝桜満つ一鳥も寄らしめず 加瀬美代子 200506  
朝影のにほふ桜の下にかな 田代ヨシ 河鹿 200507  
朝ざくら亀の沈みし濁りかな 杉浦典子 火星 200507  
河口より湖ひらけゆく朝ざくら 島村ひろ子 対岸 200507 朝桜 2→

 

2014年3月31日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。