山 桜 1       99句

二三日はちりさかりけり山さくら    正岡子規

  彼岸桜  糸桜   しだれ桜  枝垂桜  山桜  朝桜  花疲れ  花守

花の雲  花影   花の影  余花  残花  花の塵  花過ぎ  花屑・花の屑  花篝

初桜

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
山桜兵士のころの夕ごころ 保坂加津夫 自在抄 199600  
奥能登の秘境岬の山ざくら 木津亥さ無 ぶどうの木 199806  
箱井戸に水一重なす山ざくら 神蔵器 風土 199806  
盆中の富士見る峠山桜 松崎鉄之介 199806  
山桜折りきて母へ渡しけり 皆川盤水 春耕 199903  
胞衣塚に近き一樹は山桜 戸田悠 銀化 199904  
眠る森より抜けて蝦夷山桜 稲畑汀子 ホトトギス 199905  
山ざくら水車ことりと日を廻し 羽田岳水 馬醉木 199906  
山風にもみくちやにされ山ざくら 遠藤若狭男 199906  
坊ごとのたたずまひとふ山ざくら 大橋敦子 雨月 199906 高野行
山桜棚田のなかの村抱いて 保坂加津夫 いろり 199906  
西行の縁側朽ちし山ざくら 新井竜才 銀化 199906  
山桜鏝の長八記念館 佐藤章恵 俳句通信 199906  
山ざくら海へ散り敷く夕あかり 渡辺よし生 風土 199907  
山桜の魑魅すだまに木魚口開ける 米澤光子 火星 199907  
山桜一瀑嶺々にひびきけり 水野節子 雨月 199907  
山桜朝日の微塵行きわたる 山田弘子 ホトトギス 199909  
地下水の音澄みながれ山桜 日吉わたる 船団 199909  
み仏に荒ぶるもゐて山桜 櫨木優子 199912  
胸奥に孤島のありて山桜 藤村真理 200001  
返り咲く姥子の宿の山桜 神蔵器 風土 200001  
山羊の眼の人遠ざける山桜 星野早苗 空のさえずる 200002  
山桜雨雲そこをかすめ飛ぶ 三村純也 円虹 200006  
日のありしところに月や山ざくら 鷹羽狩行 200006  
山桜さくらはさくら空はそら 保坂加津夫 いろり 200006  
片木裂きて片木束ねゆく山桜 岡崎るり子 銀化 200006  
磐梯の北壁荒し山桜 水原春郎 馬醉木 200007  
隠れ沼の瑠璃のさざ波山ざくら 小宮山勇 遠嶺 200007  
山桜西行の頭直撃す 森下草城子 海程 200007  
大垂水峠桜と山桜 八田與四郎 酸漿 200007  
藤村の愛でし宿とや山桜 大久保白村 ホトトギス 200008  
夜の更けて悪霊たかる山ざくら 遠藤若狭男 200008  
今生に一句残さむ山ざくら 小宮山勇 遠嶺 200008  
うしろより吹かれて深山ざくらかな 栗栖恵通子 200008  
笹谷路の谿の深さや山桜 菅原庄山子 春耕 200008  
森深く人を拒みて山櫻 大島ウメ 六花 200008  
山桜真下に鉄道操車場 中林明美 船団 200010  
田の隅に鉄気の泛ける山桜 ふけとしこ 船団 200011  
山桜散るをいざなふ朝の風 稲畑汀子 ホトトギス 200104  
山桜魔のさす齢ならねども 品川鈴子 船出 200104  
相続の最たるものに山桜 品川鈴子 船出 200104  
子を享けし公舎の跡や山桜 苑田ひろまさ 200105  
走りゆく山まるごとの山櫻 石山惠子 遠嶺 200105  
鳥どちの声や全山桜満つ 小野喬樹 馬酔木 200106  
散る時を秘めて咲くとも山桜 小林たけし 200106  
山ざくら一番風呂の窓開けて 石橋翠 いろり 200106  
山桜稚児の翠黛ほのかにて 中根美保 風土 200106  
生きてゐませば山桜満開に 伊藤多恵子 火星 200106  
故里の無人駅なる山桜 富田志げ子 酸漿 200106  
誰か撞く時無しの鐘山桜 松崎鉄之介 200106  
あの白は山桜だと知っている 中原幸子 船団 200106  
杖欲しと思ふ深山の山桜 吉原一暁 200107  
外国の人と仰ぎぬ山桜 村上留美子 火星 200107  
きぬぎぬの歌のいしぶみ山桜 川井政子 風土 200107  
始祖鳥や逆光あびる山ざくら 川端実 遠嶺 200107  
名を脱いでみれば気楽よ山桜 ロツキイ 六花 200107  
観音の指から零す山櫻 今村能子 遠嶺 200108  
鳴き交す鳥のまほろば山桜 岡田順子 ホトトギス 200109  
同じことば同じにいでぬ山ざくら 岡井省二 200109  
私だけが客人である山桜 水上博子 船団 200109  
風あらば散り尽くさむと山桜 岡部玄治 200110  
呼気の間の山ざくら山櫻かな 岡井省二 200112  
かすむ目に霞の深き山桜 喜多初枝 雨月 200204  
いかる啼く大菩薩嶺や山桜 海老澤映草 春耕 200204  
山ざくら水余らして皿洗ふ 宇都宮滴水 京鹿子 200205  
高層のビルをそびらに山桜 岩崎皓子 雲の峰 200205  
谷間のインターチェンジ山桜 大塚邑紅 200206  
山桜より吐息ともつかぬもの 西宮舞 200206  
山桜いきなり鳥を吐き出せり 大串章 百鳥 200206  
山桜見上げし顔の翳りたる 大串章 百鳥 200206  
山ざくら散る杉山のくらみより 東うた子 200206  
山桜匂ふに残る朝の月 松崎鉄之介 200206  
暮れゆくに稜線に映ゆ山桜 安藤孝助 200206  
山桜やまざくら師はいまも在り 高橋将夫 200206  
甃石のぐらりとしたる山ざくら 丸山分水 200206  
暮れぎはの色を残して山桜 河野政恵 酸漿 200206  
土讃線国道の上を山ざくら 大橋敦子 雨月 200206  
祖谷に咲く山ざくらこそ山ざくら 大橋敦子 雨月 200206  
こけし屋の轆轤のひびく山桜 鎌田茂 春耕 200206  
恵日寺の山門旧りし山桜 鎌田茂 春耕 200206 会津
やはらかく枝差し伸べし山桜 久保田由布 ぐろっけ 200206  
海原の端のまるみや山ざくら 鷹羽狩行 200207  
山櫻吹雪へ一騎駆けの武者 小山徳夫 遠嶺 200207  
水を恋ひ水に触れずや山ざくら 宮澤さくら 遠嶺 200207  
流れ来し雲ちりぢりに山ざくら 曷川克 遠嶺 200207  
金刀比羅へ千の石段山ざくら 露口美穂子 円虹 200207  
今年またかの山桜に会ひに行く 小西瑞穂 ぐろっけ 200207  
山ざくら羅漢の頭飾りけり 今村能子 遠嶺 200208  
軽く呑むはずと深酔ひ山ざくら 市場基巳 200208  
散り込みし象の小川の山桜 稲畑汀子 ホトトギス 200304  
山ざくら古りて解けざる石の謎 高崎武義 200304  
山ざくら少女含漱の身を反らす 岡本眸 200304  
百年のすがたや勢や山桜 阿部ひろし 酸漿 200305  
水担ぐ天秤棒や山ざくら 宮坂静生 200305  
開くまで雲気粒々山ざくら 大串章 200305  
釣人に愛想笑ひの山桜 丸山佳子 京鹿子 200305  
山桜朝日の微塵ゆきわたる 山田弘子 草の蝉 200305  
山桜うしろに人の立つてをり 木下野生 200306  
文字太き鉄之介句碑山桜 川村紫陽 200306 山桜 2→

 

2020年3月27日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。