夕立 1     100句

夕立にひとり外みる女かな    其角

雨の季語  お降り 春の雨  春雨 春霖 春時雨 夏の雨 五月雨 さみだれ 菜種梅雨 

半夏雨  夕立 喜雨 虎が雨 秋の雨 秋雨 秋時雨 冬の雨 初時雨 時雨  青時雨  青葉時雨

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
夕立にすこし濡るるも嬉しき日
山田弘子
春節
199503
夕立あと米研ぐことをしてゐたり
山尾玉藻
火星
199806
川底をひつくり返し夕立くる
小澤克己
遠嶺
199808
音羽屋にけふの夕立の来さうなり
山尾玉藻
火星
199808
音羽屋=飛騨駄葉子屋
夕立や村にいつもの一座来る
城孝子
火星
199809
大阪に下足噛んでゐる夕立かな
城孝子
火星
199809
夕立の素通りしたる天袋
栗栖恵通子
199809
夕立晴真菰より舟漕ぎ出づる
皆川盤水
春耕
199809
フロリダの大夕立に遇ひにけり
山路紀子
風土
199810
夕立に遇うてをらざるやと案じ
山田弘子
円虹
199810
予備校のいち早く点く夕立かな
荒井千佐代
199810
喪の家を辞し夕立のなかへかな
川端和子
遠嶺
199811
ふくらはぎは白い夕立よびにけり
あざ蓉子
船団
199812
遠見には川幅ほどの夕立かな
野口光枝
高籬
199812
ペティキュアは銀の貝がら夕立あと
三神あすか
船団
199902
夕立だデートだ祭りだ不本意だ
朝倉晴美
船団
199902
夕立中担いでハンドスピーカー
飯塚ゑ子
ヒッポ千番地
199906
たゞ通り過ぎたるのみや夕立雲
稲畑汀子
ホトトギス
199907
夕立あと犬・とり・人と道に出て
鷹羽狩行
199908
夕立雲職住圏を覆ふなり
能村研三
199908
夕立の噂をすれば雷鳴りぬ
桑垣信子
いろり
199908
夕立中縄に提げ来る石豆腐
斉木永久
馬醉木
199909
夕立よぶ土饅頭と石くれ
小形さとる
199909
人の死の火照りを放つ夕立中
頓所友枝
199909
第二ひまはり荘夕立のあがりけり
梅田津
銀化
199909
御鉾出発みかぼたつあの雲が来る大夕立
保坂加津夫
いろり
199909
夕立や田圃仕事もそこそこに
保坂加津夫
いろり
199909
一天の黒き暗さの大夕立
保坂加津夫
いろり
199909
あれよこの山賊雨の大夕立
保坂加津夫
いろり
199909
夕立のビリビリ騒ぎ居寝られず
熊谷みどり
いろり
199909
ゴロゴロと遠夕立や来る気配
熊谷みどり
いろり
199909
夕立は駄々っ子のごとひとあばれ
熊谷みどり
いろり
199909
夕立の両行き交ふ車水跳ねて
熊谷みどり
いろり
199909
夕立あと未練呟く雷もあり
林翔
199910
夕立の土に泡の立ちにけり
加藤みき
199911
夕立のあかるさてのひらのあかるさ
奥田節子
火星
199911
おそろしきまで昼の闇夕立来る
安陪青人
雨月
199911
夕立来人は牧舎に牛は濡れ
武政礼子
雨月
199911
竹叢の深閑として夕立雲
長束房子
遠嶺
199911
夕立あと小啄木鳥登りに電工夫
渡邉英子
馬醉木
199912
夕立来て田の神囃す鯰かな
安西篤
海程
199912
二駅を過ぎれば上がる夕立かな
津田このみ
月ひとしずく
199912
乗る気なきバスに駆け込む大夕立
谷泰子
ぐろっけ
199912
夕立の雫したたるポストかな
田中藤穂
水瓶座
200002
夕立ちや汗を流して爪を切る
尾上有紀子
わがまま
200002
夕立や煮えくり返る偽ピカソ
尾上有紀子
わがまま
200002
夕立ちで砂ぼこりを型抜きす
尾上有紀子
わがまま
200002
夕立や祇園祭に滲みとほる
深澤鱶
ヒッポ千番地
200004
夕立を配って回る郵便夫
三宅やよい
玩具帳
200004
夕立に我が十五歳走り出す
塩見恵介
虹の種
200005
笹ずれの衣ずれに似て夕立あと
鷹羽狩行
200006
夕立の音立てるもの消ゆるもの
稲畑汀子
ホトトギス
200007
夕立に濡れたる街に着きにけり
稲畑汀子
ホトトギス
200007
明るさの戻つてをりぬ夕立晴
稲畑汀子
ホトトギス
200007
夕立もおろしてもどる渡船かな
石川さくら
銀化
200007
予報では今日も夕立来ると云ふ
熊谷みどり
いろり
200007
今日来れば三日つづきの夕立が
熊谷みどり
いろり
200007
夕立の一つが足立区越えゆけり
熊谷みどり
いろり
200007
夕立の街が微塵になつてをり
小澤克己
遠嶺
200008
夕立や娘を南北に置いて住む
熊谷みどり
いろり
200008
夕立雲しつぺ返しに村襲ふ
宇都宮滴水
京鹿子
200009
小字流夕立あとは人声なし
林唯夫
海程
200009
印度から鎌田の外れまで夕立
櫂未知子
船団
200009
夕立のそらに穴ある日射かな
保坂加津夫
いろり
200009
夕立に追ひかけられて帰途に着く
松沢久子
いろり
200009
折紙の蛙飛ばして夕立晴
清水節子
馬醉木
200010
樹々よりも空を濡らして夕立かな
織野健一
馬醉木
200010
校庭の子らを一掃大夕立
志野蕗子
200010
魚屋に海老生きてゐる夕立かな
加藤かな文
200010
夕立の端とおぼしき桂の樹
大東二三枝
200010
京にゐて今男山大夕立
大山文子
火星
200010
鹿の目が夕立前に動きけり
大山文子
火星
200010
夕立の大樹に名札ありにけり
野口光江
遠嶺
200010
パームロード夕立あとの海明かり
水野あき子
遠嶺
200010
夕立去り琺瑯質の夫のこる
田中亜美
海程
200010
お隣も庭の見廻り夕立あと
小竹由岐子
円虹
200010
一村は大夕立に潤へり
西田円史
円虹
200010
夕立中金剛杖はたぢろがず
西田円史
円虹
200010
トンネルへ入りて夕立を抜けにけり
佐藤真次
200010
夕立や島の一つとなる空母
飯島士朗
銀化
200010
夕立になり損ねたる雨に濡れ
阿部寒林
200010
夕立の平壌刺繍研究所
児玉硝子
六花
200010
一山の鳥黙しけり夕立雲
石本秋翠
馬醉木
200011
露天湯の岩を叩きし大夕立
高尾豊子
火星
200011
夕立の音におのづの面構へ
田中英子
火星
200011
夕立の端より下る馬籠宿
山田禮子
遠嶺
200011
メロドラマ盛りへ派手に夕立来る
児玉素朋
京鹿子
200011
千里浜や砂を蹴立つる大夕立
山田夏子
雨月
200011
金槐集伏せて夕立通しけり
土田武人
海程
200012
合掌に軒離る僧夕立晴
星佳子
200102
阿南晴れ阿波に移りし大夕立
中杉隆世
ホトトギス
200103
大夕立丸ビル工事人散らし
稲畑廣太郎
ホトトギス
200107
丸の内大手町夕立に消ゆ
稲畑廣太郎
ホトトギス
200107
夕立晴ビル又人を吐き出しぬ
稲畑廣太郎
ホトトギス
200107
長電話切るきっかけの夕立かな
柳未央
いろり
200107
夕立に停電となる食事どき
熊谷みどり
いろり
200107
夕立来て逢瀬めきたり磯籬
宮澤さくら
遠嶺
200108
夕立過ぐあたり過ちくりかへす
中原道夫
銀化
200108
置き去るも置き去らるるも夕立かな
亀田愚風
銀化
200108
夕立あとボリュームあげて『蚤の唄』
鷹羽狩行
200108

 

2019年7月14日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。