夕立 2     100句

夕立の後柚の薫る日陰かな    北枝

雨の季語  お降り 春の雨  春雨 春霖 春時雨 夏の雨 五月雨 さみだれ 菜種梅雨

半夏雨  夕立 喜雨 虎が雨 秋の雨 秋雨 秋時雨 冬の雨 初時雨 時雨  青時雨

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
夕立晴魔女は箒を干しゐたり
篠田純子
あを
200108
濡れたくて夕立の中帰りけり
夏秋明子
火星
200109
女ばかり夕立ちの池を見てをりぬ
池端英子
200109
夕立後の人品骨柄あらはなり
中原道夫
銀化
200109
夕立のさなかは水の匂ひけり
南うみを
風土
200110
しばらくは遠くのひかる夕立かな
禅京子
風土
200110
夕立後の一筆書きに男体山
萩原行博
遠嶺
200110
夕立の近づく匂ひしてきたる
岩松八重
六花
200110
夕立雲扇ぎ続ける象の耳
岩間愛子
海程
200110
申訳ほどの夕立でありにけり
本河康子
200111
にはかなる空のかたむき大夕立
中本憲巳
200111
鼻むずがゆし夕立が直ぐそこに
野口光江
遠嶺
200111
夕立雲カラクリ時計の「通りやんせ」
児玉素朋
京鹿子
200111
空の色より上がりゆく夕立かな
遠藤裕子
円虹
200111
水打ちし後の夕立やさしけり
池崎り子
六花
200111
咲きさうで咲かぬくるぶし夕立あと
鳥居真里子
船団
200111
夕立に仔連れの野猿森横切る
長谷川登美
ぐろっけ
200111
旅二日三瓶の午後の夕立ぐせ
松本圭二
ホトトギス
200112
ミシン踏み母夕立と同調す
片岡秀樹
海程
200112
夕立の真下にありし無人駅
清水ゆみ子
200112
靴音の固き反響夕立風
能城檀
船団
200202
夕立傘届いてすでに上りゐし
稲畑汀子
ホトトギス
200207
夕立の来るらし海の色変る
鎌倉喜久恵
あを
200207
東海道五十三次夕立かな
代田青鳥
風土
200208
海を見て青夕立を連れ帰る
小澤克己
遠嶺
200208
夕立来る一瞬和紙の縮みけり
森岡正作
200208
夕立のあとの明るさお針箱
中道錦子
200208
夕立風一言佛に膝を折る
小池槇女
火星
200209
播隆上人開きし峰ぞ夕立来る
渡辺立男
馬醉木
200209
播隆上人飛騨の人文政十一年槍ヶ岳開山
夕立去り路地の奥より英会話
筏愛子
200209
朱の塔を洗ふ湖国の夕立かな
渡辺周子
雲の峰
200209
夕立あと朱唇艶めく道祖神
白鳥義岳
帆船
200209
しりとりの語尾に夕立のやつて来し
堀川夏子
銀化
200209
夕立をずぶ濡れで来し少年期
堀内一郎
あを
200209
夕立はものの弾みかヒロシマ忌
堀内一郎
あを
200209
月ほのと夕立の今上がりたる
隈部郁子
200209
夕立の宿りに長居古書の市
品川鈴子
ぐろっけ
200209
夕立の宿りに「字源」求めたり
品川鈴子
ぐろっけ
200209
海峡に船橋ブリッジの灯や大夕立
青池亘
百鳥
200210
夕立につづきて山の雨となる
吉田眞弓
雨月
200210
夕立の中走り来る郵便車
長山野菊
雲の峰
200210
香具山の夕立受け取る畝傍山
飯塚ゑ子
火星
200210
夕立や石磴にかげこぼすごと
吉弘恭子
あを
200210
また靴を脱がす遣らずの夕立かな
大井貞一
京鹿子
200211
大夕立過ぎ街中の雫せり
塙告冬
ホトトギス
200211
夕立の洗ひし空や星を待つ
塙告冬
ホトトギス
200211
夕立に消えてロシアの貨物船
青池亘
百鳥
200211
広縁に夕立のあとの草匂ふ
羽根田和子
百鳥
200211
太郎冠者煙に噎せる夕立かな
近藤幸三郎
風土
200211
夕立を避ける術なき峠道
塩川雄三
築港
200211
大夕立川音膨れゆきにけり
黒田敏子
円虹
200211
黒雲と見る間に三瓶夕立急
進峰月
円虹
200211
峰に湧く雲を見るより大夕立
岡本直子
雨月
200211
受け口で夕立を吸ふ石仏
吉田多美
京鹿子
200212
大夕立ずぶ濡れなるは潔し
武政礼子
雨月
200212
バス降りて僧が足袋脱ぐ夕立かな
栗下廣子
万象
200212
大阿蘇の道を消したる夕立かな
秋千晴
200305
将棋さす子に夕立の過ぎにけり
高倉恵美子
200305
白壁を斜めに来たる夕立かな
秋千晴
200306
夕立癖あるをたのみの庭となる
稲畑汀子
ホトトギス
200307
夕立雲待てば素通りして行きぬ
稲畑汀子
ホトトギス
200307
石畳濡れて気づきし夕立かな
稲畑汀子
ホトトギス
200307
土曜二時刺身売来る夕立かな
安部知子
帆船
200308
よその子も飛込んで来し大夕立
山田弘子
円虹
200309
草原を夕立が駈け馬が駈け
大串章
百鳥
200309
鉄塔の赤白模様夕立後
板橋昌子
対岸
200309
三輪車より子をはがす大夕立
高橋千枝
200310
夕立に会ひたる髪を拭いてやる
戸栗末廣
火星
200310
干物を取り込む驚破と夕立急
安陪青人
雨月
200310
夕立に箱庭一戸点りをり
冨田みのる
200310
夕立に牛舎を分ける道を逃げ
三井孝子
六花
200310
天守にて大夕立を遣り過す
中島瑞枝
百鳥
200310
夕立のあとらし駅に深呼吸
早崎泰江
あを
200310
夕立やアガパンサスは無疵にて
芝尚子
あを
200310
信長の自刃の寺の大夕立
中村洋子
風土
200310
夕立来る阿夫利神社のこま参道
及川澄江
風土
200310
夕立去りたちまち比叡のより尖る
豊田都峰
京鹿子
200310
雨脚と言ふ速度あり大夕立
塩川雄三
築港
200310
大声で知らす夕立川向ひ
榎本みや
築港
200310
夕立雲大和三山曇らする
浦松静子
築港
200310
夕立来る気配の風の匂ひかな
粂谷京子
200310
大夕立砂場の砂を叩き出す
筒井圭子朗
ぐろっけ
200310
夕立の真只中のユニフォーム
池田久恵
ぐろっけ
200310
洗車雨と言ひてドライブ大夕立
筏愛子
200311
悠然と大夕立に濡れ来る
石川元子
酸漿
200311
夕立や間口の狭き喫茶店
中谷喜美子
六花
200311
夕立やビーズばらまく音に似て
鳥川昌実
六花
200311
甲州路駆け抜けてゆく夕立かな
浅田光蛙
対岸
200311
卓上のものしらじらと夕立来る
田中英子
火星
200311
夕立来る打楽器音を伴ひて
白髭美佐子
200312
溜飲を下げたるがごと大夕立
佐藤淑子
雨月
200312
夕立の過ぎ行くまでは広隆寺
北嶋美都里
200312
夕立を眺めて部屋で竹を踏む
山口和子
ぐろっけ
200312
どこからも金の佛塔大夕立
佐藤喜孝
あを
200403
ヤンゴンにて
大夕立ビルの浮んでをりにけり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200407
夕立晴富士赤々と聳えけり
稲畑廣太郎
ホトトギス
200407
夕立にモーターボートめくベンツ
稲畑廣太郎
ホトトギス
200407
祝はるる人夕立晴伴ひて
稲畑廣太郎
ホトトギス
200407
夕立の過ぎし夜空の星仰ぐ
稲畑汀子
ホトトギス
200407
夕立に追はるる如く高速路
稲畑汀子
ホトトギス
200407

 

2014年7月15日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。


 

2019年7月15日