五月雨 1       100句

五月雨や上野の山も見あきたり    正岡子規

雨の季語  お降り 春の雨  春雨 春霖 春時雨 夏の雨 五月雨 さみだれ 菜種梅雨 

半夏雨  夕立 喜雨 虎が雨 秋の雨 秋雨 秋時雨 秋霖 冬の雨 初時雨 時雨  青時雨

青葉時雨

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
五月雨やのれんの赤きラーメン屋 荻野美佐子 船団 199811  
五月雨に穿たれており証明書 葉月ひさ子 船団 199811  
五月雨や裳階を伝ふ面しづく 稲岡長 ホトトギス 199812  
五月雨や腓返りのブリキの彼女 柿原金米 船団 199812  
五月雨や地獄の果ての御殿とも 吉岡世志子 船団 199906  
空港に五月雨雲のとどまれり 稲畑汀子 ホトトギス 199906  
すぐ出せて五月雨傘でありしかな 稲畑汀子 ホトトギス 199906  
密々々増の女の五月雨るる 今木偉郎 199907  
鼈の堂々巡り五月雨るる 今木偉郎 199907  
五月雨や茶室の襖軋みゐる 飯村久里子 春耕 199907  
五月雨るる追慕の師碑や吉田山 岩崎憲二 京鹿子 199908  
五月雨や茹であげし莱はまみどりに 山田弘子 円虹 199908  
五月雨やだんだん小さき藩主の碑 信崎和葉 六花 199908  
五月雨や森となりたる自刃の地 信崎和葉 六花 199908  
五月雨や樹々青々と鬱々と 長山あや 円虹 199909  
少しずつ死ねるぞ丸太山谷五月雨 森ひさ子 船団 199909  
五月雨を見つめていれば胸に降る 三宅やよい 船団 199912  
五月雨と窓を開けない女たち 尾上有紀子 わがまま 200002  
五月雨の染みが拡がる過去未来 尾上有紀子 わがまま 200002  
笛の子のファの音ばかり五月雨 塩見恵介 虹の種 200005  
五月雨や熱めの風呂を楽しめり 中野辰子 いろり 200007  
五月雨や蛇口の水の音たてゝ 中野辰子 いろり 200007  
五月雨や祠に祀る石の蛇 朝妻力 俳句通信 200007  
五月雨や一人歩きを気ままにす 桑垣信子 いろり 200008  
五月雨て呼び込みのなき店覗く 桑垣信子 いろり 200008  
五月雨や振袖包む雨コート 笠原フミ 酸漿 200008  
みちのくの尿前訪ふに五月雨るる 松崎鉄之介 200008  
五月雨に日付けのにじむ回覧板 木村美猫 ぐろっけ 200009  
五月雨や二一天作割り切れない 相原澄江 海程 200010  
五月雨をつとやり過ごし菩薩待つ 水上博子 船団 200011  
上野の森の骨の恐竜五月雨す 柿原からす 船団 200101  
校倉の八角堂の五月雨るる 飯塚ゑ子 火星 200102  
五月雨を避けられぬ旅支度かな 稲畑汀子 ホトトギス 200106  
五月雨や命溢るる庭の木々 稲畑汀子 ホトトギス 200106  
あきらめて五月雨傘をさして出る 稲畑汀子 ホトトギス 200106  
五月雨やしんがりを行く赤い傘 浦川澄江 雨月 200107  
追ひ焚きは余生に似たり五月雨 木村公子 200107  
心にも消せない悔や五月雨 木村公子 200108  
黒猫のまばたきばかり五月雨なり 高松葡萄門 海程 200108  
五月雨や底力ある最上川 門屋大樹 春耕 200108  
五月雨やはや子鴉の羽づくろひ 山下功 春耕 200108  
竜笛や八百年が五月雨るる 松村美智子 あを 200108  
耳なりの電子音続く五月雨 浜田二子 ぐろっけ 200108  
駅頭に五月雨傘の万華鏡 木下仁司 200109  
五月雨や二つ返事の出来ぬこと 海輪久子 円虹 200110  
五月雨の森が大きな文字となる 笠学 船団 200110  
旅先へ五月雨傘を置いて来し 稲畑汀子 ホトトギス 200206  
五月雨るる頃みちのくを訪ふことも 稲畑汀子 ホトトギス 200206  
五月雨やもの云はぬ日の暮れゆけり 芝宮須磨子 あを 200206  
旅のこと話すは又に五月雨るる 稲畑汀子 ホトトギス 200207  
船窓に五月雨流る郷訛 土肥屯蕪里 雲の峯 200207  
教室は駅より二分五月雨 藤崎和子 帆船 200207  
五月雨や叩きのめさるうどん種 川名将義 銀化 200207  
五月雨や飯炊くにほひ漂うて 加藤みき 200207  
祝日のパン屋匂へる五月雨 片岡静子 200208  
バス遅々と行く五月雨の清瀬橋 田中重子 雲の峰 200208  
西に月五月雨の跡形もなし 桜井ともや 六花 200208  
五月雨も佳し吉野川舟下り 岸はじめ ぐろっけ 200208  
五月雨の傘に守られ咲く牡丹 片渕清子 ぐろっけ 200208  
五月雨の河渋滞の橋架かり 山下青坡 200209  
真直ぐに落つ五月雨ぞ生きめやも 岩田沙悟浄 円虹 200209  
五月雨や白河石を二俵買ふ 谷村幸子 200209  
五月雨を傘に守られ牡丹咲く 片渕清子 ぐろっけ 200209  
五月雨に濡れて雀の会話かな 寺杣啓子 円虹 200210  
伊勢平野美しや五月雨五月晴 加藤暢一 200302  
五月雨の音ありにけり夜の静寂 稲畑汀子 ホトトギス 200306  
五月雨の上つてをりぬ旅衣 稲畑汀子 ホトトギス 200306  
邂逅のみちのくなりし五月雨るゝ 稲畑汀子 ホトトギス 200306  
五月雨に濡れみちのくでありしかな 稲畑汀子 ホトトギス 200306  
五月雨の地下にレトロなシャンデリア 山田六甲 六花 200307  
行列の登り下りに五月雨 野口伸二 帆船 200308  
五月雨や別れと出会い片づいて 西塚成代 六花 200308  
五月雨の行場へ滝となり落つる 小山尚子 雨月 200308  
五月雨や瑞穂(みずほ)の国の青々と 梅谷昌弘 雲の峰 200309  
五月雨や時間つぶしの将棋盤 横山迪子 六花 200309  
五月雨やいちにち詩書を友として 石川英利 百鳥 200309  
五月雨れてをり透明なフランス語 高田令子 200309  
信長の墓光秀の墓五月雨るる 池田光子 風土 200311  
五月雨に雫の青む葡萄棚 中村翠湖 馬醉木 200407  
五月雨の蔵王の釜の見えざりし 石脇みはる 200407  
悪ぢゑも時に猿知恵五月雨るる 吉弘恭子 あを 200407  
五月雨を見て人を待つ喫茶店 原田伸夫 雲の峰 200407  
牛小屋にまさを三歳五月雨るる 斎藤和江 帆船 200408  
退役の船五月雨の一点景 高木智 京鹿子 200408  
五月雨や板戸の桟の手擦れあと 志水千代子 雲の峰 200408  
五月雨や切り立つ崖を湯の煙 高野清風 雲の峰 200408  
五月雨や寧々の小橋に寧々の像 前阪洋子 雲の峰 200408  
五月雨の窓にもたれて何もせず 堀一郎 雲の峰 200408  
五月雨や樹下にほほゑむ道祖神 辰巳陽子 雲の峰 200408  
五月雨や今日も欠かせぬ昼の酒 広瀬長雄 200408  
口々に五月雨萩といふ名褒む 辻恵美子 栴檀 200409  
五月雨やワイパーにジャズ噛み合はず 内原弘美 ホトトギス 200410  
五月雨のすべては軈て大地へと 奥田好子 ホトトギス 200410  
立ち尽す会葬の日や五月雨るゝ 赤松雅人 ホトトギス 200410  
五月雨に湿る煙草と靴の音 赤松雅人 ホトトギス 200410  
五月雨るる日の過ごし方ありにけり 坂井光代 ホトトギス 200410  
五月雨や水の豊かな日本好き 坂井光代 ホトトギス 200410  
しづかさや五月雨るる日の長電話 坂井光代 ホトトギス 200410  
五月雨や洗車のやうな大雫 懸崎由美子 ホトトギス 200410  
五月雨や友と相合傘になり 懸崎由美子 ホトトギス 200410 五月雨 2

 

2015年5月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。