春の雨 1     100句

不精さやかき起されし春の雨   松尾芭蕉

雨の季語  お降り 春の雨  春雨 春霖 春時雨 夏の雨 五月雨 さみだれ 菜種梅雨 

半夏雨  夕立 喜雨 虎が雨 秋の雨 秋雨 秋時雨 秋霖 冬の雨 初時雨 時雨  青時雨

  青葉時雨

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
春の雨ショパンのソナタ厨こそ 能勢京子 船団 199811  
それとなく問ふ消息も春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 199903  
どばとらの消え行く空や春の雨 平井奇散人 船団 199903  
降りつのることなき春の雨止みぬ 稲畑汀子 ホトトギス 199903  
止みさうで止まぬ一日春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 199903  
春の雨烟ればなにもかもゆるび 山田弘子 円虹 199905  
庭園灯うるみて春の雨を呼ぶ 原田かずゑ 199905  
斑鳩の二塔の古色春の雨 井田実代子 雨月 199906  
喜多院の楼門けぶる春の雨 三崎由紀子 遠嶺 199907  
傘さすもさゝぬもこころ春の雨 井沢ミサ子 京鹿子 199907  
暮れかぬる籬に細き春の雨 穴澤光江 花菜風 199907  
手話という金属ありぬ春の雨 中村安伸 海程 199908  
気遣いをさらりと流す春の雨 平井奇散人 船団 199909  
春の雨ホークに巻きとるスパゲティ 岩下恵美子 船団 199912  
ガラス絵の魚泳ぎだす春の雨 田中藤穂 水瓶座 200002  
工事場へ春の雨傘さし連ね 稲畑汀子 ホトトギス 200003  
降り出して朝動き出す春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200003  
春の雨神を信じぬ街を行く わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
片づかぬまま出掛け来し春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200003  
旅疲れ降り込められし春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200003  
春の雨筆屋に矢立てふを買ふ 辻井桂子 俳句通信 200004  
禅寺の聯文字赤し春の雨 朝妻力 俳句通信 200004  
寝て聞けば愁を癒す春の雨 饒菊枝 200005  
二つ三つ山を消したる春の雨 小滝奈津江 酸漿 200005  
車椅子乗りて行く児に春の雨 木内美保子 六花 200006  
樋ずれてボレロをかなづ春の雨 村井久美子 200006  
高瀬舟通ひし昔春の雨 伊田和風 円虹 200008  
春の雨テントで包丁磨がれゐる 三井孝子 六花 200008  
たそがれを聴きながら死ぬ春の雨 樫井賢一 船団 200009  
春の雨ピエロのなかなかなりきれず 黒田さつき 船団 200009  
春の雨こよりゆるめているように 南村健治 船団 200011  
春の雨真鶴岬飛ぶ形 能勢京子 船団 200011  
ほんたうに降つてしまひし春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200103  
迷はずに着かれし館春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200103  
火事あとの灰片寄せて春の雨 鈴木とおる 風土 200104  
春の雨国栖の翁が一列に 朝妻力 俳句通信 200104  
小鳥らは濡れて舞ひ舞ふ春の雨 林翔 200104  
湯上りの頬に乳液春の雨 田中藤穂 あを 200104  
籠居の常と変らず春の雨 松尾緑富 ホトトギス 200104  
化粧して家を出づると春の雨 松村美智子 あを 200105  
乗込みの水をぬらせり春の雨 神蔵器 風土 200105  
大日の種降つて来し春の雨 延広禎一 200105  
目覚めたるものにやさしき春の雨 三井公子 酸漿 200105  
見えぬ富士日本平や春の雨 松沢久子 いろり 200106  
教え児の訃報が届く春の雨 水野弘 ぐろっけ 200107  
春の雨シルクのパジャマ脱げ落ちる あたぎ和 船団 200107  
春の雨渡りなれたる橋渡る 二本松輝久 風土 200108  
物語終わりしばらく春の雨 田中桜子 船団 200108  
盲人を導く凸や春の雨 笠学 船団 200108  
しがらみを繰れば赤色春の雨 津田このみ 船団 200201  
点滴は恵みのしずく春の雨 河合笑子 あを 200202  
いつの間に夜の来てゐし春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200203  
一日に約束四つ春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200203  
消息の遅れて届く春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200203  
制服に無垢なる膝や春の雨 篁李月 銀化 200204  
布良岬や潮目くづしの春の雨 遠藤真砂明 200204  
やはらかき母の寝息や春の雨 中野菊子 春耕 200205  
音も無く春の雨降る露天風呂 馬場喜代 酸漿 200205  
枝先に真珠いくつぶ春の雨 坂井和子 酸漿 200205  
種床にしみ込んでゐる春の雨 池崎るり子 六花合同句集 200205  
春の雨ふうはりと積む童子仏 中西久美子 200205  
双つ子の遊び異にす春の雨 喜多初枝 雨月 200205  
煩悩の色はくれなゐ春の雨 島田和子 風土 200205  
亡き夫の日記優しき春の雨 田澤初枝 遠嶺 200205  
家売つて食ひ継ぐ話春の雨 篠田純子 あを 200206  
江戸村を蛇の目の傘で春の雨 長山野菊 雲の峰 200206  
春の雨傘ならばまた買へばよし 半澤佐緒里 百鳥 200206  
庭の花とりどり活けて春の雨 津田経子 火星 200206  
やはらかく杜を包みて春の雨 袴田信子 遠嶺 200207  
春の雨そつとしまつておく指輪 半澤佐緒里 百鳥 200207  
春の雨ハの字に脱ぎしハイヒール 角谷美恵子 ぐろっけ 200207  
照明を落して聴きし春の雨 伊藤稔代 200207  
竹林に春の雨音聴いてをり 野口光江 遠嶺 200207  
朝市の呼子の烏賊に春の雨 平田紀美子 風土 200207  
噴水の穂先に春の雨となる 飯塚ゑ子 火星 200207  
墓石の刻字に溜り春の雨 大東由美子 火星 200207  
ペン皿に異国のコイン春の雨 青砥真貴子 200208  
花の色育むと言ふ春の雨 大浦ヤ 帆船 200209  
春の雨しづくのなかの小世界 森理和 あを 200303  
春の雨母校見下ろす夫の墓 芝宮須磨子 あを 200303  
一絃琴果て待春の雨の音 深川知子 雲の峰 200304  
咲き終るものを散らして春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200304  
止め石の結び十字や春の雨 神蔵器 風土 200304  
いつもより茶を濃くあつく春の雨 中野八重子 火星 200305  
何取りに戻りし部屋や春の雨 田中のりえ 200305  
春の雨ほの暗きまで降りこめぬ 鎌倉喜久恵 あを 200305  
春の雨華やかな傘さしてゆく 鈴木佐和子 築港 200305  
春の雨樹樹それぞれに力矯め 庄野房女 築港 200305  
春の雨人やはらかく濡れきたり 朝妻力 雲の峰 200305  
春の雨天文台をけぶらする 布施まさ子 風土 200305  
春の雨奈良のみやこは水琴窟 佐藤喜孝 あを 200305  
春の雨鵯騒がしく枝移る 米倉よしお 雲の峰 200305  
神官の木沓を濡らす春の雨 上田尚義 雲の峰 200305  
神事待つ鋤鍬ぬらす春の雨 福山悦一 200305  
浅草や雪になりたる春の雨 平田倫子 百鳥 200305  
籠りゐるものにも滲みて春の雨 池田充子 銀化 200305  
おさがりの長靴楽し春の雨 中村恵美 円虹 200306  
ぎんねずの春の雨ふる誓子墓 岡有志 ぐろっけ 200306  
しづかなる句集の余白春の雨 長岡新一 200306  
ジヨンといふ小犬耳立て春の雨 岸直人 築港 200306 春の雨 →2

 

2020年3月9日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。