16      200句

  彼岸桜  糸桜   しだれ桜  枝垂桜  山桜  朝桜  花疲れ  花守

花の雲  花影   花の影  余花  残花  花の塵  花過ぎ  花屑・花の屑  花篝

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
みよし野の桜に心つながりし 稲畑汀子 ホトトギス 201004  
みよし野の旅の近づく初桜 稲畑汀子 ホトトギス 201004  
ひらき初むひとへ桜に清む嫁御 森理和 あを 201005  
見惚れゐる魯山人描く桜花の図 小澤淳子 201005  
空瓶を提げ振り向かば散るさくら 丸井巴水 京鹿子 201005  
あさざくら夕ざくらこの夕桜 阿部ひろし 酸漿 201005  
貴女は空から一緒に桜見ませうね 篠田純子 あを 201005 藤野寿子追悼句
機関車の地鳴り近づく山桜 柴田志津子 201005  
つくづくと最晩年や遠櫻 井上信子 201005  
ちる桜手を結ぶ子と結ばぬ子 堀内一郎 あを 201005  
かへろかへろ天神様の夕桜 柴田志津子 201005  
たそがれの河津桜の色深め 池田達二 風土 201005  
芽桜の遠く近くに水の音 高野春子 京鹿子 201005  
花魁に間夫あり櫻吹雪かな 小澤克己 遠嶺 201005  
河津桜中に目白の目白押し 横川泰子 酸漿 201005  
何人へ枝を伸ばせる桜かな 山田六甲 六花 201005  
桜から桜へ橋を渡りけり 加藤克 201005  
校門に桜咲きたる双子かな 中島陽華 201005  
圧巻の千本桜山を染め 秦和子 201005  
オリンピック選手の妙技桜咲く 杉本綾 201005  
雨含みぼてりと撓む桜かな 篠田純子 あを 201005  
御影石研く音せる初桜 山本耀子 火星 201006  
この風に満を持したる桜かな 中島あきら 201006  
原つぱの子規記念球場初桜 荒木甫 201006  
見上ぐれば視線を返す桜かな 空音 六花 201006  
隅田川どての桜の満開す 阿部泰子 春燈 201006  
「山門不幸」さくら吹雪の頻りなる 藤井寿江子 馬醉木 201006  
仰向いて櫻見てをる田舟かな 竹内悦子 201006  
丘の上を電車が通る桜かな 竹内弘子 あを 201006  
街灯に浮ぶ母子像桜咲く 友野よし子 酸漿 201006  
絵画展出でて桜を仰ぎけり 須藤美智子 風土 201006  
かぜふいてさくらのシャワーきれいだな 森下千聖 201006  
過疎の村しばしにぎはふ里桜 鈴木むつ子 201006  
朱の残る臼杵の石仏山桜 鈴木むつ子 201006  
あゝ朧失語自嘲し眺む桜かな 四條進 201006  
写真とて淡墨桜に息を呑む 大橋敦子 雨月 201006  
花の下「桜に錨」口ずさみ 塩路五郎 201006  
火の命水のいのちや桜咲く 雨村敏子 201006  
家系図のなき家系なる糸櫻 吉弘恭子 あを 201006  
お揃ひの萌葱の着物桜どき 加藤はな野 201006  
SLの鉄の魂さくら散る ほんだゆき 馬醉木 201006  
四阿にあまた人呼ぶ糸桜 西田史郎 201006  
散る桜ばかりを褒むる日のありぬ 鈴木阿久 201006  
山風をひと日纒へる糸桜 辻知代子 201006  
しあはせの色あけぼのの初桜 松本圭司 201006  
山桜明治生まれの伊予かすり 空音 六花 201006  
桜咲く刻の静けさ母許に 前原早智子 春燈 201006  
桜五弁父の描きし筆使ひ 高木千鶴子 酸漿 201006  
翁に山嫗に谷のさくらかな 栗栖恵通子 201006  
今年また桜の咲いて胃を病めり 松本圭司 201006  
今生を刻むかのごと山桜 池田光子 201006  
さくら散る遊女の鳴咽風に消ゆ 鈴鹿仁 京鹿子 2017006  
さくら散る鉄截る首を挽歌とし 中島あきら 201006  
さくら散る四十年も一期一会 神蔵器 風土 201006  
さくらさくら朝のメールの古びたる 戸栗末廣 火星 201006  
高瀬川一の舟入桜舞ふ 山口キミコ 201006  
一竿は赤ん坊のもの初桜 大西八洲雄 万象 201006  
アイロンにまだある余熱夕桜 林昭太郎 201006  
アトリエの窓は鎧戸家桜 白石善子 雨月 201006  
一望も一木もいま桜かな 雨村敏子 201006  
またひとり桜の下の立ち話 三木千代 201006  
みよし野に此の世の桜共に見し 今井千鶴子 ホトトギス 201006  
一族の墓を被へり糸桜 須賀敏子 あを 201006  
まなうらに消えぬ醍醐の桜かな 三浦百合子 201006  
慰霊碑のひとつの心さくら咲く 大西よしき ろんど 201006  
ライト受け紙片の如く散る桜 塩路五郎 201006  
ひょろひょろの若木にぽつりミニ桜 先山実子 ぐろっけ 201007  
ひよどりの桜散らせる醍醐かな 西村節子 火星 201007  
交信の宙のあをめる桜の夜 小林成子 火星 201007  
ひもろぎになだるる崖の山桜 中村恭子 201007  
御殿桜てふ城跡の桜かな 青木政江 酸漿 201007  
ひと本の山桜見てけふ足れり 村上絢子 馬醉木 201007  
ひと山の青空隠す遅桜 丸井冬星 201007  
湖を這ひ山を這ふ雲八重桜 大崎紀夫 やぶれ傘 201007  
元勲の花押に櫻吹雪かな 延広禎一 201007  
鍵かけて桜の夜にまぎれ込む 浜口高子 火星 201007  
健忘症のやうに雨中の桜かな 菅谷たけし 201007  
隅田川さくらの帯を流しけり 近藤牧男 春燈 201007  
空覆ふコヒカン桜古城なる 松岡和子 201007  
空酒を桜大樹と分かち合ふ 阪本哲弘 201007  
曲るたびこゑに青畝の山桜 高橋道子 201007  
胸中にさくら降らせば先師の句 小山紫乃布 末黒野 201007  
との曇る大原の里遅桜 小林久子 201007  
うかうかと介護に暮れぬ庭桜 小川玉泉 末黒野 201007  
岩に弥勒かがめば山の桜かな 佐藤凉宇子 ろんど 201007  
幹を這ふ苔のさみどり初桜 藤原冬人 火星 201007  
ちちとはは吉野桜となりにけり 近藤公子 201007  
開放の基地のさくらや海へ散り 松本三千夫 末黒野 201007  
それぞれが紅引き直す桜陰 三村紀子 万象 201007  
その駅の名を塩の華さくらかな 後藤那生 ろんど 201007  
花満ちし桜並木をバス来る 工藤美和子 酸漿 201007  
若桜銀杏の裂けしところより 新妻奎子 万象 201007  
写メールで届きし京の桜かな 加藤良子 春燈 201007  
児等歌ふ大きな桜の木の下で 石川友江 風土 201007  
支へ遣りたき満開の八重桜 松井倫子 火星 201007  
しばらくは閉ざすに惜しき夕桜 武藤嘉子 201007  
思ひ深く秘めてぞ桜咲き満つる 堀田こう 雨月 201007  
師の誕辰知るや挙れる八重桜 岸本久栄 雨月 201007  
子規館を訪うて札所へ遅桜 坂根宏子 201007  
残雪の浅間背に桜かな 青木政江 酸漿 201007  
残雪に高遠桜紅を差す 上辻蒼人 風土 201007  
散る桜鯱鉾の金まぎれなし 飯田ひでを 201007  
散る桜忘るることも生きること 飯田ひでを 201007  
散る桜細氷のごと煙めきて 熊切光子 末黒野 201007  
散る気配絶えて見せざり遅桜 東芳子 酸漿 201007  
散るときの性のはげしき桜かな 中村房子 馬醉木 201007  
散るさくら明日散るさくらひと本に きくちきみえ やぶれ傘 201007  
散り敷きて露曼陀羅の桜かな 熊切光子 末黒野 201007  
山門の桜まゐりの日照雨かな 佐藤凉宇子 ろんど 201007  
山桜木立の中を埋め咲く 浅野恵美子 酸漿 201007  
山桜淵に散る他なかりけり 西村節子 火星 201007  
山桜散りゆく難の深さかな 青山正英 201007  
桜満開黒留袖を注文す 近藤公子 201007  
桜吹雪朱のひざかけの舞妓さん 池田加寿子 201007  
桜散る白紙に戻す話にも 宮井知英 201007  
桜散る読経も過ぎゆくもののうち 松嶋一洋 201007  
桜散る提灯ゆれて灯のうるむ 大澤洋子 酸漿 201007  
桜撮るうしろに茫と奈良時代 菅谷たけし 201007  
桜咲く山を掲げて漁師町 石川友江 風土 201007  
桜咲き詩ごころはた旅ごころ 磯野しをり 雨月 201007  
桜花無き静けさや戦士墓地 三村紀子 万象 201007  
桜より押し出されたる霊柩車 柴田佐知子 201007  
咲き初めし桜の幹やあたたかく 川中佐知子 風土 201007  
咲ききって力緩める滝桜 鈴木多枝子 あを 201007  
奥鬼怒の一会のさくら惜しみけり 鈴木静恵 春燈 201007  
奥の間に女杜氏や初桜 小林愛子 万象 201007  
歳々の一枝の桜供華として 井田実代子 雨月 201007  
最果ての下北遅き桜かな 鷲見たえ子 201007  
佐用川の刑場あとの桜かな 乗鞍三彦 春燈 201007  
昏れなづむ山に溶け入る桜かな 木下和代 末黒野 201007  
さくら並木ゆっくり走る路線バス 木下和代 末黒野 201007  
さくら浄土ヘスイッチバックして行かん 田中貞雄 ろんど 201007  
さくら咲くこの悲しみのいづこより 後藤那生 ろんど 201007  
合戦を見してふ櫻芽吹き初む 江見悦子 万象 201007  
雲水の鉄鉢に散るさくらかな 鈴木静恵 春燈 201007  
紅の濃き百万石の桜かな 山田春生 万象 201007  
ふつくらと色増す蕾八重桜 筒井八重子 六花 201007  
江の島の隅なく晴るる桜どき 黒滝志麻子 末黒野 201007  
一病といふも万苦や八重桜 小川玉泉 末黒野 201007  
ツアーバス着いて桜の褪せにけり 西村節子 火星 201007  
ランドセル背負ふ練習さくら咲く 河村啓花 ろんど 201007  
一燈も月影さへもなき桜 風間史子 201007  
ぼかし絵のごとく吉野の山桜 大橋晄 雨月 201007  
ふりむけば昏き光のさくらかな 宇都宮敦子 201007  
まづ見ゆる桜まつりのアドバルーン 大島英昭 やぶれ傘 201007  
もつれてはするりとほぐれ糸桜 井田実代子 雨月 201007  
安達太良の山懐や遅桜 田中章子 酸漿 201007  
ひとひらは柩へと散る桜濃し 田中道江 万象 201008  
検校に見せたき島の緋の桜 倉橋千代子 末黒野 201008  
結納を確かに納め八重桜 堤堅策 201008  
決断は早きがよけれ朝桜 古賀しぐれ ホトトギス 201008  
群青の夜空に桜青ざむる 岡崎春菜 万象 201008  
巌頭は玉座のごとし山桜 金子つとむ ろんど 201008  
「外出許可」と主治医優しく桜どき 高根照子 201008  
死者が吹く篠笛ならん夜のさくら 佐藤美紀 ろんど 201008  
枝先に日ざしふるへて朝桜 今橋眞理子 ホトトギス 201008  
山桜立ち退き喫茶今日限り 長瀬節子 ぐろっけ 201008  
桜前線辿りて北緯四十度 高田令子 201008  
桜咲く報に目薬さしこぼす 岸田爾子 201008  
桜の夜姫ともなれば蛇ともなる 長節子 201008  
細道をきさの小川へ山桜 塩出眞一 ぐろっけ 201008  
此の地にも馴染みて育つ滝桜 田宮勝代 酸漿 201008  
さくら満開名水は花鏡 川崎よしみ 201008  
さくら咲く国のまほろば裾野かな 吉弘恭子 あを柳 201008  
ふと君の在すか風の初桜 河野美奇 ホトトギス 201008  
ゆつくりと香煙撓ふさくらかな 矢野百合子 201008  
一本の大山桜道の駅 羽賀恭子 201008  
みよし野の桜の句集編むと聞く 今井千鶴子 ホトトギス 201008  
妻さびしがらせてならぬ夕桜 岩岡中正 ホトトギス 201009  
ゆさゆさと枝ゆすらせて八重桜 増田甚平 ろんど 201009  
観音のおはす道の辺山桜 有賀昌子 やぶれ傘 201010  
結葉の陰の守れる桜の根 網野茂子 酸漿 201011  
耳も目もさくらに盗られ姥ざかり 伊藤希眸 京鹿子 201101  
うめさくら蕾つぼみの梢月夜 鳥居おさむ ろんど 201102  
還りませさくらも帰り咲きせしに 中島知恵子 雨月 201102  
三角舎知覧の桜三分咲 長谷川鮎 ぐろっけ 201102  
校庭は桜もみじの周りよし 北川詠子 ぐろっけ 201102  
仰ぎ見て又見下ろして初桜 稲畑汀子 ホトトギス 201103  
口中に桜の香りゆく干菓子 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
見慣れたる景色なれども初桜 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
くつくつと桜の開き初めにけり ことり 六花 201104  
快晴の吉野のさくら散りそめし 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
回想の濡れて生き生き櫻貝 竹貫示虹 京鹿子 201104  
花嫁のブーケめく朝桜かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201104  
散るほかはなし命とは桜とは 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
可惜夜の櫻ながむるふたりかな 吉弘恭子 あを 201104  
桜見し夜の眠りの寧からず コ田千鶴子 馬醉木 201104  
魂帰りたまへ桜の忌日来し 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
さくら一句たどり着けずに日暮かな 外川玲子 風土 201104  
み吉野の初桜とはもういへぬ 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
一葉忌観音裏の桜鍋 久世孝雄 やぶれ傘 201104  
一本のさくら詠へば応へけり 外川玲子 風土 201104  
みよし野の桜の精となられしや 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
御当所や締は一ぽん夕桜 山本鬼之介 201105  
この峡の奥へとさそふ夕桜 阿部ひろし 酸漿 201105  
金婚に日時計まぶし初桜 上原重一 201105  
喫茶去の一期一会や櫻人 中島陽華 201105  
手をつなぐフォークダンスや初桜 中山静枝 201105  
河津桜水面の青き空へ伸ぶ 田所節子 201105  
桜の芽しかと雨露受け光る 近藤豊子 雨月 201105 桜→17

 

2020年4月5日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。