春の雨 2     100句

粟島へはだし参りや春の雨   蕪村

雨の季語  お降り 春の雨  春雨 春霖 春時雨 夏の雨 五月雨 さみだれ 菜種梅雨 

半夏雨  夕立 喜雨 虎が雨 秋の雨 秋雨 秋時雨 秋霖 冬の雨 初時雨 時雨  青時雨

  青葉時雨

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
横たはる幹を伝ひし春の雨 大東由美子 火星 200306  
開顕の鴟尾に甘露の春の雨 狭川青史 馬醉木 200306  
金砂磯出の神輿に金の春の雨 杉山たかを 200306  
春の雨貫入美しき青磁皿 清水晃子 遠嶺 200306  
折紙の吾子と家居や春の雨 中村恵美 円虹 200306  
二六時の太陽電池に春の雨 森津三郎 京鹿子 200306  
噴水の穂先をぬらす春の雨 関根洋子 風土 200306  
パン食に済ませし春の雨の朝 市場基巳 200307  
春の雨鯉は孤独な探検家 笠井円 円虹 200307
春の雨並べる空の人力車 大森玲子 築港 200307  
吹かれ飛ぶ新聞濡らし春の雨 山崎辰見 ぐろっけ 200307  
星五位のまはりは降らず春の雨 佐藤喜孝 あを 200307  
造花咲きそうな気配に春の雨 中野哲子 六花 200307  
予算欲し春の雨漏る女性寮 加藤峰子 200307  
片袖のぬれて笑顔の春の雨 林裕美子 六花 200308  
田楽舞灘を濡らして春の雨 中村斐紗子 対岸 200310  
ことごとく癒ゆる思ひの春の雨 小山徳夫 小春の山河 200401  
鷺の背をぬらし続けて春の雨 藤井美智子 対岸 200402  
移りゆく季節のはざま春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200403  
遺されし我等に春の雨上る 稲畑汀子 ホトトギス 200403  
熟れて落つパッションフルーツ春の雨 松崎鉄之介 200403  
厨辺の水火休ます春の雨 岡本眸 200404  
まちまちの着信音よ春の雨 迫口君代 河鹿 200405  
宇治川を転び歩めり春の雨 高木智 京鹿子 200405  
御柱祭の綱打ち上がる春の雨 矢崎すみ子 200405  
山の端の明るく春の雨止みぬ 舘野修郎 雲の峰 200405  
団子屋の旗文字太し春の雨 久保一岩 雲の峰 200405  
島唄の流るる奄美春の雨 小山百合子 遠嶺 200405  
東京の二十三区の春の雨 山口和生 帆船 200405  
春の雨しとどに濡れて一家族 松岡映子 帆船 200406  
春の雨ニコライ堂を包みけり 城間芙美子 対岸 200406  
母の忌やお清めほどの春の雨 城間芙美子 対岸 200406  
北山の杉の香つよし春の雨 水田清子 200406  
練行衆満行下堂春の雨 河合佳代子 栴檀 200406  
音もなく喪の家つつむ春の雨 岡久枝 酸漿 200407  
御仏に角座向き合ふ春の雨 近藤幸三郎 風土 200407  
喪の旅の道中長し春の雨 岡久枝 酸漿 200407  
春の雨上がりし馬の匂ひなり 山尾玉藻 火星 200504  
春の雨ひらかなに降り立子の忌 鎌倉喜久恵 あを 200505  
春の雨拭ひて仔牛糶られけり 石川笙児 200505  
春の雨心安らぐ時があり 南原正子 酸漿 200505  
貰はれてゆく猫春の雨の中 鎌倉喜久恵 あを 200505  
音もなく地に入り込む春の雨 阿部惠美子 200506  
春の雨レインコートの似合ふ犬 須賀敏子 あを 200506  
春の雨一と日静かに稿綴る 青垣和子 雨月 200506  
書出しは春の雨なる日記帳 飛鳥由紀 200506  
悲しみの中めしうまし春の雨 林裕美子 六花 200506  
命の灯静かに消えし春の雨 北島上巳 酸漿 200506  
まつろはぬ男の塚に春の雨 近藤紀子 200507  
遠くからきたといふのに春の雨 富沢敏子 200507  
観覧車を降りて独りや春の雨 大高芭瑠子 炎夏 200507  
新しき出会いはうれし春の雨 馬場龍雨 200507  
わたくしの壊れる音か春の雨 ことり 六花 200508  
降りはじめ止みはじめたる春の雨 岩垣子鹿 ホトトギス 200508  
枝先に一カラットの春の雨 岡本久一 200508  
春の雨記憶の音をともなへり 糸井芳子 200601  
洗ひたる墓に音なき春の雨 赤司美智子 酸漿 200602  
止んでゐしことに気づきぬ春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200603  
湯上がりの待ち合はせ刻春の雨 山田六甲 六花 200603  
いたりあの空硬からむ春の雨 辻美奈子 200604  
ふと力抜きたる如く春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200604  
ゆつたりと時過ぎて行く春の雨 長坂ヤス子 酸漿 200604  
春の雨地に芯あるごと吸はれ 池田光子 風土 200604  
いつまでも終わらぬ話春の雨 瀬下るか 200605  
クラス会の靴新らしき春の雨 野澤あき 火星 200605  
この町の動物園の春の雨 大山文子 火星 200605  
岩松の拳緩みし春の雨 山口秀子 酸漿 200605  
春の雨半旗のごときわが心 高木智 京鹿子 200605  
雛鶴姫の墓熱うする春の雨 神蔵器 風土 200605

大塔宮護良

親王妃無生野

草田男の筆跡つよし春の雨 辻美奈子 200605  
門灯の小さき暈きる春の雨 豊田都峰 京鹿子 200605  
夜通しの漁港の灯り春の雨 井上信子 200605  
はちみつのやうな香りの春の雨 高田令子 200606  
ひたすらに塔は傾き春の雨 岩垣子鹿 ホトトギス 200606  
マラソンの胸をぬらせり春の雨 加藤君子 火星 200606  
在院といふ空白の春の雨 柳生千枝子 火星 200606  
枝先に真珠のやうな春の雨 高尾幸子 遠嶺 200606  
春の雨正面通りを真直ぐに 井潟ミヨ 京鹿子 200606  
青石の縞目に沿うて春の雨 冨松寛子 200606  
拝殿の奥の一燈春の雨 堀井英子 雨月 200606  
優しさを残して逝きぬ春の雨 斎藤桂子 四葩 200606  
夕餉とは囲むものにて春の雨 井上信子 200606  
鵯の枝をはなれず春の雨 大山妙子 酸漿 200606  
影細く通夜より春の雨の帰路 小澤克己 遠嶺 200607  
春の雨大地の息吹新たなり 藤原さちよ 酸漿 200607  
春の雨明日に架ける橋ひとつ 佐々木はな子 遠嶺 200607  
夜の薬ゆるやかに効く春の雨 十文字慶子 200607  
針箱にからくりのあり春の雨 赤木真理 ぐろっけ 200608  
懶惰癖生れる気配や春の雨 中元英雄 河鹿 200608  
はかりごとせしはこの宿春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200703  
相乗りの赤き自転車春の雨 坂上香菜 時流 200703  
朝の間の晴はつづかず春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200703  
日帰りの旅は身軽よ春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200703  
予報又旅路を濡らす春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200703  
旅宿に又降り出して春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200703  
みよしのの旅の近づく春の雨 稲畑汀子 ホトトギス 200704  
春の雨小啄木鳥また来し給餌台 吉野さと 酸漿 200704  
烏賊の皮きれいに剥けて春の雨 高橋道子 200705  
傘を打つ雨音楽し春の雨 君塚敦二 春燈 200705  
山容を紗幕に覆ふ春の雨 田村園子 200705 春の雨 →3

 

2020年3月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。