五月雨 3       105句

さみだれの空もとどろに時鳥なにをうしとか夜ただなくらむ 紀貫之

雨の季語  お降り 春の雨  春雨 春霖 春時雨 夏の雨 五月雨 さみだれ 菜種梅雨 

半夏雨  夕立 喜雨 虎が雨 秋の雨 秋雨 秋時雨 冬の雨 初時雨 時雨  青時雨

青葉時雨

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
五月雨に明かされてゆく湖の色 稲畑廣太郎 ホトトギス 201107  
五月雨にひたすら濡るる白き街 松村光典 やぶれ傘 201108  
五月雨や節電の街なほ暗き 森下康子 201108  
五月雨や女人高野の石畳 山下青坡 201108  
五月雨の止みて雲湧く里の山 福田かよ子 ぐろっけ 201108  
病雁の句碑の五月雨ゐたりけり 雨村敏子 201108  
五月雨の涙線上をあふれけり 久津見風牛 201108  
五月雨に作り川とふ流れ急 近藤豊子 雨月 201108  
五月雨を集めし川に鷺一羽 新実貞子 201109  
五月雨に一歩も引かぬ湯けむりや 川端正紀 春燈 201109  
五月雨や蕎麦打つ音もすする音も 雨宮桂子 風土 201109  
五月雨や昼を灯して書に耽り 山本漾子 雨月 201109  
五月雨を流れにしたる石畳 廣瀬雅男 やぶれ傘 201109  
五月雨一人詰碁の石握る 中村則夫 やぶれ傘 201110  
政治家の笑まふポスター五月雨  岩田公次 ホトトギス 201112  
五月雨に池整うて来りけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201206  
五月雨を真珠の如く葉に留め 稲畑廣太郎 ホトトギス 201206  
五月雨やひとりといふはおそろしき あさなが捷 201207  
看護士のひそひそ話五月雨 山荘慶子 あを 201207  
五月雨の猫に渡してありし板 山田六甲 六花 201207  
五月雨に出雲八重垣籠らるる 山田六甲 六花 201207  
五月雨の絵馬の裏まで濡れてゐし 山田六甲 六花 201207  
五月雨や濡れ鼠また楽しかり 石脇みはる 201208  
裏磐梯の池の瑠璃五月雨 郡山真帆 かさね 201208  
一劫の石五月雨れてをりにけり 山田六甲 六花 201208  
五月雨に詰碁の客の長居かな 中川すみ子 201209  
島なみのむこう山なみ五月雨 山本達人 かさね 201209  
逢合の橋の五月雨もんじや焼 中島陽華 201209  
五月雨やけふのひと日をわたくしす 雨村敏子 201209  
五月雨やものをうつ音みな違へ 吉田葎 201210  
地獄絵のおほかたは朱五月雨るる 佐瀬晶子 ろんど 201209  
五月雨や天の賜る休養日 河野美奇 ホトトギス 201211  
五月雨の音無く来る便り書く 佐竹千代 やぶれ傘 201211  
快晴の家居旅路の五月雨るる 稲畑汀子 ホトトギス 201305  
五月雨の予報聞きつつ旅支度 稲畑汀子 ホトトギス 201305  
再手術覚悟ととのひ五月雨るる 稲畑汀子 ホトトギス 201305  
五月雨の音三瓶そば啜る音 稲畑廣太郎 ホトトギス 201307  
五月雨に瀬音高ぶる山の宿 岡野ひろ子 201307  
ざんざんと音たかかりし五月雨 伊勢きみこ 火星 201309  
五月雨を待ちくたびれてゐる水面 稲畑廣太郎 ホトトギス 201406  
五月雨を呑み込み育ちゆく流れ 稲畑廣太郎 ホトトギス 201407  
舳先の灯包み五月雨しきりなる 鈴木良戈 201407  
五月雨の手摺にほこり浮御堂 山田六甲 六花 201408  
水害の被害各地に五月雨 中村弘 末黒野 201409  
絵タイルの姑娘濡らす五月雨 川村亘子 末黒野 201409  
五月雨の湖国の旅を継ぎにけり 藤生不二男 六花 201410  
潮寂びの七盛塚に五月雨るる 三村純也 ホトトギス 201410  
水の星洗ひ流して五月雨るる 奥田好子 ホトトギス 201411  
五月雨るることも承知の旅仕度 稲畑汀子 ホトトギス 201506  
五月雨を通り抜けたる旅衣 稲畑汀子 ホトトギス 201506  
五月雨るる予報夕ベとなる家路 稲畑汀子 ホトトギス 201506
水嵩といふ五月雨の置土産 稲畑廣太郎 ホトトギス 201507  
阿修羅像の眉間の翳り五月雨 田中佐知子 風土 201507  
靴下の濡れて五月雨男かな 山田六甲 六花 201507  
五月雨るは百も承知や葭めぐり 山田六甲 六花 201507  
鮒死して白し湖国の五月雨も 山田六甲 六花 201507  
五月雨るゝ駅のホームに人溢る 長崎桂子 あを 201507  
五月雨るる机の整理捗らず 松本文一郎 六花 201509  
五月雨や真鯉の背の黒光 田尻勝子 六花 201509  
五月雨にぬれつつ供花を切りにけり 平居澪子 六花 201509  
医に通ふ五月雨傘の重かりし 水野節子 雨月 201509  
走り根のうねりあらはに五月雨 本池美佐子 201510  
胸に朱の残る仁王や五月雨 岡野里子 末黒野 201510  
五月雨や渡海の僧の墓傾ぎ 落合由季女 雨月 201602  
五月雨や予報通りに午後は晴 稲畑汀子 ホトトギス 201606  
五月雨の午後は止むてふこと信じ 稲畑汀子 ホトトギス 201606  
五月雨はひかる舗道へ夜の都会 井上石動 あを 201607  
独り居の闇を深めて五月雨るる 鶴岡紀代 春燈 201608  
側室の墓の低さや五月雨 橋添やよひ 風土 201608  
五月雨や有る物尽し俎板に 森屋慶基 風土 201608  
七坂を袈裟懸けにして五月雨るる 鈴鹿呂仁 京鹿子 201608  
五月雨やピカソの青の海のいろ 雨村敏子 201608  
五月雨の降り流したる観覧車 杉原ツタ子 201608  
五月雨のゆうらりりんと夕ごころ 大坪あきら 万象 201609  
五月雨の降り止み池面鎮もれる 木村弓子 末黒野 201609  
五月雨に副都心てふ人出かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201706  
五月雨や都庁天辺揺れてをり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201706  
五月雨今日はどうした晴れ男 稲畑廣太郎 ホトトギス 201706  
キリシタン灯籠鎮め五月雨るる 稲畑廣太郎 ホトトギス 201706  
師弟句碑てふ五月雨に光るもの 稲畑廣太郎 ホトトギス 201706  
五月雨明智の栄枯秘めし城 稲畑廣太郎 ホトトギス 201706  
五月雨の東京ですよおつかさん 山田六甲 六花 201707  
五月雨や声押し殺し鳴く鴉 大日向幸江 あを 201707  
五月雨に杭打つ音や稚魚跳ねる 岩田洋子 201708  
五月雨や堰より落ちて神田川 中村弘 万象 201708  
五月雨のたうたうたらり浮御堂 山田六甲 六花 201708  
空と海けぢめもなくて五月雨るる 辻田玲子 雨月 201708  
五月雨や駆込む男女駐車場 藤波松山 京鹿子 201709  
家ぬちに刃物の曇る五月雨 小林共代 風土 201709  
五月雨や団地のバイク野ざらしに 渡邊孝彦 やぶれ傘 201708  
五月雨や団地のバイク野ざらしに 渡邉孝彦 やぶれ傘 201709  
五月雨の変へてゆきたる川の相 柴田志津子 201709  
五月雨や窓際の犬首傾げ 神田惣介 京鹿子 201710  
あがりたる骨のもろかり五月雨るる 永田万年青 六花 201710  
天女像立つ五月雨に濡れて立つ 堀井英子 雨月 201710  
美容院へゆく五月雨の日曜日 宮川みね子 風土 201807  
高札場あとの碑五月雨るる 西村しげ子 雨月 201809  
五月雨せめて掛軸美人画に 大霜朔朗 末黒野 201904  
懐郷に病んで一日を五月雨るる 木村嘉男 201908  
五月雨や宅配便の不在票 小沢えみ子 201909  
降れば憂し降らねば欲しや五月雨 佐川三枝子 201909  
五月雨や青籠りして奈良の古寺 岡本尚子 風土 201909  
五月雨や埃絡まるペンの先 小山よる やぶれ傘 201910  
五月雨や病院静かに賑はへり 伊藤鴉 末黒野 201911  
嫌ひでも好きでもけふも五月雨るる 木村享史 ホトトギス 202001  
句碑に寄す五月雨傘を傾げつつ 稲畑廣太郎 ホトトギス 202006  
五月雨に滞在終へし帰路となる 稲畑汀子 ホトトギス 202006  
打合せ済み五月雨の街に出る 稲畑汀子 ホトトギス 202006  
五月雨や少し余裕を持つ外出 稲畑汀子 ホトトギス 202006 五月雨→ 1

 

2020年6月14日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。