6       200句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
桜咲く市民課に来て書き損じ 中林明美 ヒッポ千番地 200003  
遠桜魚のわたを抜く真昼 中林明美 ヒッポ千番地 200003  
Welcomeのマットへ桜吹雪かな 夏秋明子 ヒッポ千番地 200003  
永遠をただ濡らしている桜雨 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
桜散るひとあしごとの白い靴 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
樹液満つ小指の先まで桜色 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
桜闇のけぞる喉の白さかな わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
人肌にひっそり寄り添う桜雨 わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
心地よき嘘をつかれて桜散る わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
夜が明けて桜咲く日が近くなる わたなべじゅんこ 鳥になる 200003  
抜け出して桜の心身にまとふ 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
どこまでも桜の出逢ひある一日 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
帰りには桜に染まりをりしかな 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
太陽と雨と桜の吉野山 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
杉山を抜けみよし野の桜かな 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
黄桜の色の変身はじまりし 稲畑汀子 ホトトギス 200004  
濡れてゐる籍の過ぎゆく桜かな 山尾玉藻 火星 200004  
枝々に日ざしふくらむ桜なり 阿部ひろし 酸漿 200004  
上溝桜夕雲下りし羽黒山 皆川盤水 春耕 200004  
亡き父とゆく心地なる夜の桜 武岡東西 俳句通信 200004  
櫓の音に昼深みゆく桜どき 朝妻力 俳句通信 200004  
桜散るおつむの弱いフラミンゴ 三宅やよい 玩具帳 200004  
夜桜に水満ちてくる錦砂町 三宅やよい 玩具帳 200004  
夜桜を扇びらきに御苑かな 鷹羽狩行 200005  
夜桜を抽きてけぶれる欅かな 藤田宏 200005  
おびただしき軍装の人夜の桜 藤田宏 200005  
咲く桜木のかたちして明けにけり 阿部ひろし 酸漿 200005  
鶏鳴や夜明けの前の庭桜 皆川盤水 春耕 200005  
外苑を歩けば桜馬鹿となり 保坂加津夫 いろり 200005  
此の世では泣くも笑ふも桜馬鹿 保坂加津夫 いろり 200005  
人波にもまれて歩く桜馬鹿 保坂加津夫 いろり 200005  
更けし夜の上野の山の桜馬鹿 保坂加津夫 いろり 200005  
夜桜や酒の蔵元鍵開けて 保坂加津夫 いろり 200005  
いつの日か恋をしており桜咲く 福田みさを いろり 200005  
夜桜や白一色にただよへり 山本潤子 いろり 200005  
算盤を道づれにして夜の桜 福田みさを いろり 200005  
向き合へる鸚鵡と少女桜散る 松山律子 六花 200005  
散る桜僕はひとつの島になる 塩見恵介 虹の種 200005  
桜坂降り来て桜もう見えず 塩見恵介 虹の種 200005  
差し潮や河津桜はくれなゐに 山口たけし 俳句通信 200005 伊豆
町裏に大極殿阯桜満つ 長谷川史 馬醉木 200006  
夕櫻あまりに多き屋形船 長屋せい子 馬醉木 200006  
大桜一念をもてこぼすなし 三村純也 円虹 200006  
夜桜の水音抱へゐたりけり 三村純也 円虹 200006  
能舞台いまたけなはや散る桜 平しげる 酸漿 200006  
一片も散らぬ桜や平氏能 三村禮子 酸漿 200006  
きつぱりと桜に天地ゆづりけり 三村禮子 酸漿 200006  
咲きみちて明るく散るも桜かな 野口年江 酸漿 200006  
きぬぎぬの吉祥天女八重桜 神蔵器 風土 200006 日本国宝展
抱けばすぐ櫻吹雪となりしかな 小澤克己 遠嶺 200006  
宙空に紅のひとすぢ櫻の夜 小澤克己 遠嶺 200006  
大洋の色と散りける桜かな 田畑幸子 火星 200006  
父の忌の父の夢みて桜かな 野澤あき 火星 200006  
和尚さん桜の寺にして下さい 河野義海 京鹿子 200006  
市民球場桜へ消ゆるホームラン 村井久美子 200006  
おとがひが口ひらきたる櫻かな 岡井省二 200006  
開眼の山ぞにぎわひ桜かな 小林喜一郎 200006  
学園町の桜千本咲きそろふ 大西八洲雄 春耕 200006 牧野植物園
大島桜咲き群青の海に映ゆ 佐藤史づ代 雨月 200006  
女に突かれ男抱きつく櫻の木 島津亮 海程 200006  
雨雲の吉野や吉野桜かな 保坂加津夫 いろり 200006  
今日ひとひ人と桜に酔ふてをり 柴田美佐子 いろり 200006  
三分咲き桜にやさし風さわぐ 福田みさを いろり 200006  
夜桜や枝のむこうに三日月 茂木とみ いろり 200006  
今年又桜さくらと夢に酔ふ 茂木とみ いろり 200006  
楽しみを先にのばして桜咲く 福田みさを いろり 200006  
踏切りや桜の里のがらんどう 熊谷みどり いろり 200006  
乳飲み子に胸明け渡す桜かな 岡崎るり子 銀化 200006  
来し方のところどころに桜咲く 岡崎るり子 銀化 200006  
闇を脱ぎ捨てて伏姫桜かな 片山由美子 200007  
ロシアからサーカスが来て桜咲く 岬雪夫 200007  
ま盛りの桜の影の暗からず 長谷川杜人 200007  
夜桜をみにゆく紅を引きにけり 小島美智子 風土 200007  
夜桜や誰かが穴を掘ってゐる 小山徳夫 遠嶺 200007  
行く川の流れ見てゐる櫻の日 木村伊都子 遠嶺 200007  
墨滲む遺稿に櫻明かりかな 野口香葉 遠嶺 200007  
いま開く秘仏に櫻明かりかな 野口香葉 遠嶺 200007  
まぶしきは櫻映えせし一書かな 山田禮子 遠嶺 200007  
一陣の櫻堤の疾風かな 小山徳夫 遠嶺 200007  
咲き満ちる櫻一山一寺かな 斉藤利雄 遠嶺 200007  
身のどこかほどけてゆきぬ夕櫻 環順子 遠嶺 200007  
苫舟にゆふべの櫻吹雪かな 環順子 遠嶺 200007  
音たてて犬が水飲む桜かな 浜口高子 火星 200007  
鵺塚のふぶきやまざる桜かな 杉浦典子 火星 200007  
夫と来て別べつに見る夜の桜 伊藤多恵子 火星 200007  
今年また楊貴妃桜に立ち止まり 城尾たか子 火星 200007  
動悸して桜大樹の夜なりけり 菅原閧也 200007  
泊より浦にまはりし桜かな 栗栖恵通子 200007  
うす桜穴の中よりけぶりをり 栗栖恵通子 200007  
桜散るはらはらと散る右府の墓 堀田清江 雨月 200007  
曳山のつるにお弓に桜散る 堀田清江 雨月 200007  
峡に一番早く菩提寺の桜咲く 笹本達夫 200007  
桜二本咲きあふれたり小公園 笹本達夫 200007  
抽象画展の窓に動物園の桜 片山桃弓 200007  
上溝桜白き光のリフト過ぐ 国分七穂 酸漿 200007  
名木の桜咲き終ふ雨の夕 八田與四郎 酸漿 200007  
けふ見ねばけふが峠の桜かな 梅田秀子 酸漿 200007  
職辞して桜吹雪を纏はむと 河内桜人 京鹿子 200007  
時計台すつぽり隠す八重桜 横林誠二 200007  
裏方は裏口に出る夕桜 華明日香 銀化 200007  
老衲の身を持ちくづす夜の桜 春川暖慕 銀化 200007  
針の穴みえず桜のふりしきる 石川さくら 銀化 200007  
散りつくし櫻は息を鎮めをり 久保田一豊 いろり 200007  
桃・桜こうもり傘の一列に 日下敬 船団 200007  
病院の桜爆発丘の上 児玉硝子 ヒッポ千番地 200007  
桜三分咲いて術後の三分粥 佐々木峻 ヒッポ千番地 200007  
静けさの極限にして桜散る 三浦如水 ぐろっけ 200007  
夜桜の花の隙間に闇詰まる 三浦如水 ぐろっけ 200007  
この桜見ずに逝きたる遊子はも 今井千鶴子 ホトトギス 200008  
みよし野の昼の桜となる別れ 今井千鶴子 ホトトギス 200008  
半分は闇に溶けゐる大桜 稲岡長 ホトトギス 200008  
庭桜ほつたらかして来し吉野 大久保白村 ホトトギス 200008  
夜雨あがり桜の上の山の星 大久保白村 ホトトギス 200008  
遅れ咲くこと貫禄の八重桜 鷹羽狩行 200008  
被爆地の桜の下に画架を据ゑ 藤中正治 200008  
声のよき庵主さまなり八重桜 大堀由子 200008  
ひとひらが一岳越えて櫻かな 小澤克己 遠嶺 200008  
舟唄の櫻吹雪の中を来る 小澤克己 遠嶺 200008  
樹下に来て櫻火照りの身をほぐす 小澤克己 遠嶺 200008  
告白へ息ととのふる櫻の夜 小澤克己 遠嶺 200008  
櫻あり里あり酒を少し酌む 川端実 遠嶺 200008  
学校のしづかな櫻仰ぎをり 金國久子 遠嶺 200008  
父の忌や今年は雨の八重桜 二本松輝久 風土 200008  
満開の桜の下のつるべかな 元田千重 火星 200008  
龍安寺桜数へるたびに石足りぬ 柳生正名 海程 200008  
優つけて魚体光らせ桜咲く しらいししずみ 海程 200008  
洲が見えて人の確かさ桜どき 伊麿淳子 海程 200008  
月光にいろをとどめし桜かな 水野恒彦 200008  
そよ風の双ヶ岡の八重櫻 中島陽華 200008  
こゝに遇ふ大江の里の遅桜 伊田和風 円虹 200008  
六甲の桜みづみづしく残る 宮地玲子 円虹 200008  
盛り見むと墨染桜へ通ひづめ 平かつえ 200008  
暁紅に墨染桜匂ひ立つ 平かつえ 200008  
阿武隈の風に葉の鳴る滝桜 下島千代子 春耕 200008  
桜雨ひとり閑かに目をとじる 尾上有紀子 船団 200008  
三木山を越え来し風の桜かな 山田六甲 船団 200008  
石垣の水抜き穴や桜散る 山田六甲 船団 200008  
八重櫻父の慈愛に触れにけり 吉野のぶ子 八重櫻 200008  
慈しむ櫻観るのはこの衣 吉野のぶ子 八重櫻 200008  
櫻かなおはやうございますと社員 中川二毫子 夏木立 200008  
川の面にせり出して咲く櫻かな 中川二毫子 夏木立 200008  
庭にまた別の猫来る夕桜 宮原利代 ぐろっけ 200008  
留学の子へと桜を栞りたる 石橋萬里 ぐろっけ 200008  
青年の靴大きかり散り桜 伊藤多恵子 火星 200009  
桜散る無神経な人の波 黒田さつき 船団 200009  
はなの下しばし夢二のひととなり 川副民子 船団 200009  
騎馬戦の小学生に散る桜 二瓶洋子 六花 200009  
桜咲くそうだヤカンを買いに行こ 中原幸子 遠くの山 200010  
桜咲く亀はきりりと首伸ばす 中林明美 船団 200010  
夕桜講演会のレジメ見る 中林明美 船団 200010  
住む街の桜と過ごす一時間 甲田夏湖 船団 200010  
ニューヨークの桜便りを聞く電話 甲田夏湖 船団 200010  
濡れている仔馬の瞳遠桜 富沢秀雄 船団 200010  
昼月の鱗のごとく桜散る 鳥居真里子 船団 200010  
わっと白髪桜に月の上がるとき 鳥居真里子 船団 200010  
あの桜消ゆれば明日はただの山 中尾杏子 船団 200010  
逝き給ふ母の旅路に夜の桜 阿部寒林 200010  
咲きそめてよりの存在八重桜 嶋田一歩 ホトトギス 200011  
新築や桜の樹にもケアプラン 駒走鷹志 海程 200011  
白じろとうはみづ桜伯耆富士 長澤健子 酸漿 200011  
足音はいつもからっぽ桜散る 南村健治 船団 200011  
牡牛座の髪にひとひら桜花 芳野ヒロユキ 船団 200011  
川蛇行山道蛇行遅桜 大久保白村 ホトトギス 200101  
散るさまを見せて桜の別れかな 大久保白村 ホトトギス 200101  
桜とは青い手術台かも知れぬ 吉川真実 海程 200101  
学校のにはとり鳴けり八重桜 真保喜代子 200101  
たらちねや畳の上に桜花 芳野ヒロユキ 船団 200101  
河津桜みな手のとどく枝延べて 阿部ひろし 酸漿 200103  
川沿を海へと河津桜かな 阿部ひろし 酸漿 200103  
七島の利島が立てる桜かな 阿部ひろし 酸漿 200103  
大砲を引き出すように桜咲く 児玉硝子 船団 200103  
中年の居場所眠たく桜咲く 児玉硝子 船団 200103  
夜桜や紅の蹴出しが笑ひ出す 柳未央 いろり 200104  
み吉野の桜いかにと旅支度 稲畑汀子 ホトトギス 200104  
み吉野のそぼ降る雨の桜かな 稲畑汀子 ホトトギス 200104  
雨雫消ゆる早さに散る桜 稲畑汀子 ホトトギス 200104  
咲き満ちて黄桜になほ秘むる色 稲畑汀子 ホトトギス 200104  
み吉野の奥に届きし桜かな 稲畑汀子 ホトトギス 200104  
太陽に挙りて桜咲きにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200104  
この風に耐ゆる術なき桜かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200104  
夜桜やはらと天鼓の舞に触れ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200104  
満開の桜散らねばならぬかな 稲畑廣太郎 ホトトギス 200104  
酒の手の落ちしとおもふ八重桜 小川匠太郎 200104  
桜咲く使つて見たき良きことば 能村登四郎 200104  
海ちかき河津桜の花の雨 阿部ひろし 酸漿 200104  
雨しづく光りはじめし桜なり 阿部ひろし 酸漿 200104  
河津桜吊し雛売る店も出て 阿部ひろし 酸漿 200104  
雨となり色を加へし桜かな 阿部ひろし 酸漿 200104  
桜咲き人の哀しみ見えて来る 内藤悦子 あを 200104  
夜桜やあっといふ間に一生過ぐ 田中藤穂 あを 200104  
枝ぶりの半狂亂に若櫻 佐藤喜孝 あを 200104  
歸りゆく櫻の木からなん人も 佐藤喜孝 あを 200104  
根に石を抱き千年の桜咲く 品川鈴子 船出 200104 仏隆寺
夜桜の一と枝は手をさし伸べし 藤田宏 200104  
花過ぎて梢艶めける桜かな 能村登四郎 200105  
追叉手の渚をゆけり櫻咲く 岡井省二 200105  
脇目ふらずゆく岡持櫻の夜 中原道夫 銀化 200105  
オブローモフ外は櫻の園と謂ふに 中原道夫 銀化 200105  
おそ櫻反古を開けば山と谿 中原道夫 銀化 200105  
金物にもれなく桜散り敷ける 篠原俊博 銀化 200105 桜→ 7

 

2020年3月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。