薄紅葉          210句

薄紅葉恋人ならば烏帽子で来    三橋鷹女

紅葉 もみぢ 薄紅葉 濃紅葉 初紅葉 紅葉狩 紅葉且つ散る 蔦紅葉 散紅葉

 紅葉山 紅葉川 照紅葉 櫨紅葉 蔦紅葉 草紅葉 照葉 柿紅葉 冬紅葉 冬もみぢ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
薄紅葉より濃紅葉へ山がかる 稲畑汀子 ホトトギス 199810  
薄紅葉最上川下りの船頭笠 菅原修子 春耕 199812  
束修や学びてのちの薄紅葉 丸山海道 京鹿子 199901  
やんちやくれ二人合はせば薄紅葉 丸山海道 京鹿子 199901  
岩つたふ小細き流れや薄紅葉 萩野谷三和 遠嶺 199902  
自転車で駆け抜けるとき薄紅葉 朝倉晴美 船団 199903  
薄紅葉してゐし距離のありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 199910  
薄紅葉川は蛇行をくり返し 金國久子 遠嶺 199912  
吉右衛門来てゐるさぬき薄紅葉 山田弘子 円虹 199912  
ぼそぼそとその葉わかれて薄紅葉 林翔 200001  
蘇我亡ぶ乙巳は遠し薄紅葉 水島夜雨 京鹿子 200001  
峰寺へ近づきし道薄紅葉 安原葉 ホトトギス 200002  
両神の山はにかみし薄紅葉 田中矢水 遠嶺 200001  
薄紅葉して名刹の鎮もりぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200009  
ぬかるみの残る参道薄紅葉 宮永順子 俳句通信 200012  
夢追ひて余生に生きる薄紅葉 小川花久 いろり 200012  
民宿の大釜たぎる薄紅葉 寺田きよし 酸漿 200102  
今朝よりもやや色を増し薄紅葉 二瓶洋子 六花 200002  
薄紅葉一枚浮いて露天風呂 二瓶洋子 六花 200103  
担当医引き返し来る薄紅葉 三井孝子 六花 200103  
薄紅葉社をめぐる流れあり 芳賀雅子 航跡 200108  
「イマジン」の流るる館薄紅葉 芳賀雅子 航跡 200108  
羚羊の死に出合ひたり薄紅葉 小田元 六花 200112  
老後とはいつからの事薄紅葉 吉村玲子 円虹 200201  
昼月のほのと城山薄紅葉 辻美智子 円虹 200201  
みどり児の百の表情薄紅葉 菊池共子 円虹 200201  
橋立も入れしアングル薄紅葉 谷口千枝子 200202  
吹き抜けし風のメモほど薄紅葉 長山あや 円虹 200202  
中腹の小さき祠や薄紅葉 芳賀雅子 遠嶺 200202  
高みよりしるき鳥声薄紅葉 祐森彌香 遠嶺 200202  
薄紅葉かといへばそれらしき蝦夷 稲畑汀子 ホトトギス 200209  
謹みて受けし沙汰あり薄紅葉 山田弘子 ホトトギス 200303  
湧水の丸田橋より薄紅葉 原島ふじ子 遠嶺 200303  
薄紅葉には素通りの山路かな 稲畑汀子 ホトトギス 200308  
薄紅葉近づく視界あるときに 稲畑汀子 ホトトギス 200310  
薄紅葉はじまつてゐる距離のあり 稲畑汀子 ホトトギス 200310  
みちのくの雨の濃紅葉薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200310  
神代桜朽ちかけし枝の薄紅葉 青木政江 酸漿 200312  
薄紅葉ゆらぐ影あり露天の湯 阿部文子 酸漿 200312  
薄紅葉緩き歩みに加はりし 大曽根育代 遠嶺 200401  
大鍋を河原に運ぶ薄紅葉 鈴木多枝子 あを 200401  
薄紅葉昭和のポスト褪せて立つ 長崎桂子 あを 200401  
薄紅葉女心のうらおもて 高橋瑛子 河鹿 200402  
近づきて遠ざかるとき薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200410  
奥入瀬の薄紅葉には懐古あり 稲畑汀子 ホトトギス 200410  
雨のち晴薄々紅葉薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200410  
みちのくの旅へ期待の薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200410  
視野とらへたるより山路薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200410  
手入れせぬ庭木もしかと薄紅葉 浅川悦子 春耕 200412  
ハーケンを打込む音や薄紅葉 須賀敏子 あを 200412  
人形のひそひそ話薄紅葉 新井佐知子 遠嶺 200501  
たれもみな悲しみを負ふ薄紅葉 原田竜子 河鹿 200502  
寝て覚めて世は急ぎ居り薄紅葉 大磯幸子 河鹿 200501  
的を射し言にはにかむ薄紅葉 荒木治代 ぐろっけ 200102  
隠れ住むキリシタン跡薄紅葉 中尾廣美 ぐろっけ 200105  
薄紅葉入門拒む竹の埒 品川鈴子 ぐろっけ 200111  
首塚を覆う古木の薄紅葉 小阪律子 ぐろっけ 200302  
納豆をかきまぜている薄紅葉 中川美代子 ぐろっけ 200302  
蒜山の男顔の側も薄紅葉 品川鈴子 ぐろっけ 200311  
薄紅葉越しに南円堂を見る 小林。榮子 築港 200501  
火口まで裏磐梯の薄紅葉 二瓶洋子 六花 200502  
薄紅葉池塘のフィナーレ奏でおり 春日久子 八千草 200506  
薄紅葉虚子塔の空淋しめず 稲畑廣太郎 ホトトギス 200510  
薄紅葉比叡の忌日彩れり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200510  
薄紅葉して稜線の和らぎぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200510  
滞在の短き宿や薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200510  
笈摺堂に笈摺あふる薄紅葉 辻恵美子 栴檀 200511 谷汲山
湖風のつめたくなりぬ薄紅葉 金川眞里子 百鳥 200212  
萬葉の丘にはじまる薄紅葉 村田さだ子 酸漿 200512  
写生子の微妙に違ふ薄紅葉 狭川青史 馬醉木 200601  
人逝くの電話を受けし薄紅葉 松鶴裕子 河鹿 200601  
国境の一村一山薄紅葉 宮川迪夫 遠嶺 200601  
薄紅葉開かずの門に待ち合はす 望月周 百鳥 200601  
三毛猫の爪砥ぐ古木薄紅葉 山田智子 200602  
道半ば腰をおろして薄紅葉 市川伊團次 六花 200601  
栗鼠走る観音堂の薄紅葉 小松鈴子 酸漿 200602  
薄紅葉弱気は子等に見せるまじ 城石美津子 京鹿子 200602  
薄紅葉吹かれて池の形変へし 高尾豊子 火星 200603  
うすうすもみぢ由布の嶮薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200610  
薄紅葉見知らぬ同士画布ひろげ 狭川青史 馬醉木 200612  
老いらくの恋にかも似む薄紅葉 林翔 200612  
晩年を添ひし山荘薄紅葉 久保久子 春燈 200612  
薄紅葉銀箔張りの当主の間 古賀寿代 200612  
朝靄の晴れゆく谿や薄紅葉 城戸愛子 酸漿 200612  
奥付は江戸の名残よ薄紅葉 風間圭 馬醉木 200701  
子の声の水面をはしる薄紅葉 山村桂子 遠嶺 200702  
砂利道に足をうばはれ薄紅葉 松下幸恵 六花 200705  
森閑と寺の風鐸薄紅葉 芦川まり 八千草 200705  
薄紅葉徳川園といふ静寂 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
薄紅葉旅路彩りはじめけり 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
薄紅葉よりカーブして濃紅葉へ 稲畑汀子 ホトトギス 200710  
御手洗の水かげろふや薄紅葉 中島玉五郎 200711  
伸べる手の先は母の手薄紅葉 ことり 六花 200711  
借景の山容すでに薄紅葉 須藤トモ子 200712  
風そよぐ桜大樹の薄紅葉 関戸文子 酸漿 200712  
薄紅葉鎮守の杜のコンサート 矢嶋みつ江 遠嶺 200801  
わが身置く椅子は何処か薄紅葉 佐山苑子 遠嶺 200801  
岩肌に薄紅葉見ゆ那智の滝 山村修 酸漿 200801  
薄紅葉かと見うすうす紅葉かな 稲岡長 ホトトギス 200802  
苔もまた薄紅葉してをりしこと 中杉隆世 ホトトギス 200802  
石仏に定家葛の薄紅葉 飯田角子 酸漿 200802  
峰寺へ薄々紅葉薄紅葉 安原葉 ホトトギス 200804  
峰寺の一と日刻々薄紅葉 安原葉 ホトトギス 200804  
病棟の午後の窓辺や薄紅葉 邑橋節夫 菊揃へ 200806  
山気にも包まれてゐし薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200810  
峰寺の歳月語る薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200810  
薄紅葉よりはじまつてゆく山路 稲畑汀子 ホトトギス 200810  
峰寺の帰路の色とし薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200810  
紅葉せり薄紅葉とも言へぬほど 阿部ひろし 酸漿 200810  
漣の風の行方や薄紅葉 武田漣 炎環 200811  
となりまで何里白樺薄紅葉 吉岡一三 200812 秋の旅
雨に煙る白帝城や薄紅葉 坂上香菜 200812 犬山城
喧騒は遠景にある薄紅葉 前川明子 200901  
薄紅葉狩る晴れ男晴れ女 布川直幸 200901 勿来の関
薄紅葉せし桜木の鉢買はれ 小林リン 春燈 200901  
山霧を絹のとばりに薄紅葉 宇佐美ゆき 酸漿 200901  
堂門の錆びし乳鋲薄紅葉 篠崎善久 やぶれ傘 200902  
ひと巡りする間も進む薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200908  
薄紅葉にはいざなへる心あり 稲畑汀子 ホトトギス 200910  
一本の濃紅葉ありて薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 201011  
しらじらと明けきし朝の薄紅葉 山田六甲 六花 201011  
山門をくぐりて仰ぐ薄紅葉 飯田角子 酸漿 201011  
山路来て立ち寄る古刹薄紅葉 坂根宏子 201012  
二月堂しかと閉ざされ薄紅葉 黒滝志麻子 末黒野 201101  
薄紅葉して曝涼の大徳寺 大竹淑子 風土 201101  
イーゼルを立てれば絵書き薄紅葉 安永圭子 風土 201101  
薄紅葉飽きず眺めん窓の枠 天野梅花 ろんど 201101  
薄紅葉早出の船の還りくる 園部早智子 ろんど 201102  
薄紅葉加茂の川原の地蔵堂 家塚洋子 酸漿 201102  
薄紅葉館の要として楚々と 稲畑廣太郎 ホトトギス 201110  
紅葉とも薄紅葉とも着きにけり 稲畑汀子 ホトトギス 201110  
父祖の地や里山覆ふ薄紅葉 高村和子 春燈 201111  
渓谷に伊予の青石薄紅葉 片岡久美子 201201  
名園は和歌の庭てふ薄紅葉 白神 かさね 201201  
薄紅葉同窓句会初参加 林哲夫 ぐろっけ 201201  
古臼を土台の祠薄紅葉 藤田かもめ ぐろっけ 201201  
触れてゆく風の言伝て薄紅葉 長山あや ホトトギス 201202  
光澄む楓のほつえ薄紅葉 佐藤喜仙 かさね 201203  
産土の茶会和やか薄紅葉 伊藤純子 201211  
薄紅葉日に微笑めるほどにかな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201211  
薄紅葉葉先いろ濃き園の中 菊地崇之 かさね 201211  
素朴さの美しき城薄紅葉 酒井秀郎 返り花 201211  
天空に近き湖畔の薄紅葉 八幡操 ぐろっけ 201212  
「近き日に」決着つける薄紅葉 笠井清佑 201301 野田総理
薄紅葉鯉の背鰭のおこす波 原田達夫 201301  
鹿威し打つを待ちゐる薄紅葉 大島英昭 やぶれ傘 201301  
大書院を映す水面や薄紅葉 長濱順子 201302  
薄紅葉導師五人の声揃ひ 松木情川 ぐろっけ 201302  
薄紅葉この山門に利休像 三橋早苗 ぐろっけ 201302  
寺普請の牛も祀られ薄紅葉 松井洋子 ぐろっけ 201303  
薄紅葉近づきすぎて見失ふ 稲畑汀子 ホトトギス 201310  
泰山の懐ふかし薄紅葉 四條進 201312  
茶柱の立つ茶頂き薄紅葉 中原吟子 雨月 201312  
薄紅葉して由布の二峰のやさしかり 田所節子 201401  
詩嚢ふくらむ九重やまなみ薄紅葉 清水佑実子 201401  
牧水の泊まりし寺や薄紅葉 鈴木阿久 201401  
流れまだ見えぬ勾配薄紅葉 坂場章子 201401  
薄紅葉指に寄り来る魚の口 吉田葎 201402  
薄紅葉変りあらねど便りせむ 風間史子 201402  
風荒ぶ小島の楡の薄紅葉 岡野里子 末黒野 201402  
薄紅葉美男におはす八尾地蔵 江島照美 201402  
師を見舞ふ文に添へたる薄紅葉 今井忍 ぐろっけ 201403  
山少し膨んで来て薄紅葉 小川龍雄 ホトトギス 201406  
横川路の薄々紅葉薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 201410  
一枚のその一片の薄紅葉 稲畑廣太郎 ホトトギス 201410  
薄紅葉隠しおほせぬ瀧の丈 坂根宏子 201411  
薄紅葉短き和気ノ清麻呂伝 藤井美晴 やぶれ傘 201411  
箒目の渦のひろごり薄紅葉 藤見佳楠子 201412  
塔頭へ続く白壁薄紅葉 石川かおり 201412 妙心寺
薄紅葉短き和気ノ清麻呂伝 藤井美晴 やぶれ傘 201412  
病院の中庭にある薄紅葉 小池一司 やぶれ傘 201412  
児ら抱きて上る愛宕や薄紅葉 山崎里美 201501  
薄紅葉朝は煙のやうに立つ 森岡正作 201501  
ほとけにも上中下品薄紅葉 内藤静 風土 201501  
筆書きの虚子の選句稿薄紅葉 仙田孝子 風土 201501  
渓渡る橋たかだかと薄紅葉 加藤富美子 201502  
晩翠忌栞にしたき薄紅葉 土屋草子 ろんど 201502  
旅先の紅葉家路の薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 201510  
薄紅葉濃紅葉道を迷ひしか 稲畑汀子 ホトトギス 201511  
還らざるものの哀愁薄紅葉 黒澤登美枝 201512  
瀬の音の二段三段薄紅葉 松本三千夫 末黒野 201512  
木洩れ日や古刹の庭の薄紅葉 黒滝志麻子 末黒野 201512  
雨上り早やも桜の薄紅葉 鍋島武彦 末黒野 201512  
ワーズワースの詩集にはさむ薄紅葉 津川かほる 風土 201512  
滑り台だけの公園薄紅葉 森理和 あを 201601  
薄紅葉古式雅に蹴鞠の儀 川崎雅子 春燈 201601  
薄紅葉潜むは木菟か梟か 内田郁代 万象 201609  
薄紅葉して曇天にそよがざる 今井肖子 ホトトギス 201610  
木漏れ日に色を返すや薄紅葉 塩野谷慎吾 201611  
目の端に伯耆富士なる薄紅葉 山田六甲 六花 201611  
岩落つる櫛比の滝や薄紅葉 白澤よし子 馬醉木 201612  
薄紅葉山まろやかにけぶりをり 黒滝志麻子 末黒野 201612  
火山灰積みて彩失せにけり薄紅葉 栗山恵子 雨月 201701  
孔雀さへ堪へきれぬか薄紅葉 元橋孝之 京鹿子 201702  
段葛の新装なじみ薄紅葉 森清堯 末黒野 201702  
街騒を隔て都心の薄紅葉 稲畑廣太郎 ホトトギス 201710  
信州の濃紅葉江戸の薄紅葉 稲畑廣太郎 ホトトギス 201711  
日表に恥ぢらつてゐる薄紅葉 稲畑廣太郎 ホトトギス 201711  
眼の乾くまで残照の薄紅葉 成田美代 201712  
島渡船曲がる岬の薄紅葉 橋場美篤 末黒野 201802  
いろは坂つの字くの字の薄紅葉 上原玲子 京鹿子 201802  
薄紅葉より濃紅葉へ七曲り 稲畑汀子 ホトトギス 201810  
薄紅葉忌日の色として横川 稲畑廣太郎 ホトトギス 201810  
薄紅葉虚子に二つの忌日かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201810  
薄紅葉朱塗りの橋を渡り来て 遠山のり子 201902  
薄紅葉そこだけは瀬のゆるやかに 荒川心星 201903  
薄紅葉より鳥の声旅の声 稲畑汀子 ホトトギス 201908  
薄紅葉薄々紅葉奥の旅 稲畑汀子 ホトトギス 201908  
なつかしき旅はるけしや薄紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 201909  
薄紅葉山路いざなふ心あり 稲畑汀子 ホトトギス 201910  

 

2019年11月6日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。