作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
緑また欠かせぬ雑木山紅葉 山田弘子 春節 199503  
しづくして雨の明るき紅葉谷 鷹羽狩行 199810  
散るままに紅葉の色を置く山路 稲畑汀子 ホトトギス 199811  
風呼んで詩脳を覚ます夜の紅葉 小澤克己 遠嶺 199811  
紅葉風呂億の毛穴に満つるもの 中島進二 銀化 199811  
覇道難転落五台紅葉谿 松崎鉄之介 199811  
手の中の紅葉の色を当てにけり 野口光枝 高籬 199812  
皿山の紅葉いそがす窯げむり 鷹羽狩行 199901  
苔にまで燃え移らむと寺紅葉 鷹羽狩行 199901  
舷を狭めてさかのぼる紅葉舟 鷹羽狩行 199901  
紅葉まだ千鳥掛けなる嵐山 鷹羽狩行 199901  
休火山ふところよりの早紅葉 檜紀代 199901  
ガラス館出て紅葉の紅吹雪 神蔵器 風土 199901 箱根ガラスの森
裏富士の風のすさまじ紅葉酒 皆川盤水 春耕 199901  
唱名を覆ふ全山紅葉かな 金澤明子 火星 199902  
美しき紅葉は踏まず磴下る 吉田登子 風土 199902  
紅葉一樹からくれなゐに久女句碑 宮川杵名男 春耕 199902  
紅葉課へ転任水がよく見えて 藤田守啓 船団 199903  
泪もろき師の振り返る紅葉寺 金國久子 青葉潮 199907  
紅葉して柞と知られたる山路 稲畑汀子 ホトトギス 199910  
大浴場遺跡に紅葉はじまれり 長谷川通子 俳句通信 199910  
腕組めば腕にぬくみや紅葉谷 鷹羽狩行 199911  
子は午睡メイプル紅葉栞るわれ 村上光子 馬醉木 199911  
旅惜しむ紅葉の色は風にあり 山田弘子 円虹 199911  
清滝の紅葉のいろに腹減つて 田畑幸子 火星 199911  
洞爺湖の中の島より紅葉せり 黒坂紫陽子 馬醉木 199912  
ケーブルに迫る紅葉に酔ひ来たる 木野本加寿江 火星 199912  
並びゐる陶狸の眩む紅葉晴 小池槇女 火星 199912  
林行く紅葉に雨のささやく日 阿部ひろし 酸漿 199912  
紅葉せりこの日にそなへ延べし枝 阿部ひろし 酸漿 199912  
林中のみどり映えたる紅葉かな 阿部ひろし 酸漿 199912  
谷紅葉こゑ押へ鳴く斑鳩あり 阿部ひろし 酸漿 199912  
紅葉して在位を祝ふ山河かな 武岡東西 俳句通信 199912  
天山の滝へ紅葉の坂登る 大野正雄 俳句通信 199912  
箒目の渦に紅葉の二三枚 山田六甲 六花 199912  
落款は升の大きさ紅葉寺 山田六甲 六花 199912  
大茶会近し有馬の紅葉寺 山田六甲 六花 199912  
嵐山の景を整へつつ紅葉 稲畑廣太郎 「廣太郎句集」 199912  
紅葉を押し開く一本の青き針 川島ひとみ 船団 199912  
小さき墓紅葉明かりを差し上げたし 高木伸宜 船団 199912  
紅葉の上雲か煙か浅間山 林翔 馬醉木 200001  
金堂の雨だれ越しや山紅葉 有働亨 馬醉木 200001 神護寺
灯台を昼は隠して島紅葉 鷹羽狩行 200001  
修善寺の紅葉の下の大阪弁 中路間時子 火星 200001  
紅葉にも至福ありけり旭さす 林翔 200001  
水走れ山襞すでに紅葉渓 渕上千津 200001 飛騨
日に映ゆる紅葉の枝に柄長の尾 神藤伝 酸漿 200001  
護摩太鼓響く高尾も紅葉せり 梅田秀子 酸漿 200001  
傘触れて紅葉の雨に襲はるる 林敬子 酸漿 200001  
隣国の紅葉並木や通過駅 中里カヨ 酸漿 200001  
日々に色変はる紅葉に仁王像 土肥屯蕪里 俳句通信 200001  
百と五の石段に敷く紅葉かな 林和子 俳句通信 200001  
どうだんの紅葉や耶蘇の殉教碑 末益冬青 俳句通信 200001  
堰低き加茂の流れや夕紅葉 原茂美 俳句通信 200001  
深吉野の紅葉踏み訪ふ句碑の数 長山あや 円虹 200001  
掃くほどに言の葉紅葉ちりぢりに 中原道夫 銀化 200001  
寸陰を惜しむかに散る谿紅葉 熊岡俊子 雨月 200001  
紅葉に合ふ服選ぶ旅仕度 山本潤子 いろり 200001  
風来坊しぐれ紅葉に目を覚ます 鈴鹿仁 京鹿子 200001  
紅葉燃ゆ機転となりし一語生む 鈴鹿仁 京鹿子 200001  
夕紅葉古寺の静もりその中に 吉村春風子 遠嶺 200001  
石棺に散り込む錦紅葉葉は 中川濱子 ぐろっけ 200001  
鳥さわぐ紅葉明りの籠堂 木村仁美 馬醉木 200002  
紅葉して草に丈なき廃寺跡 鈴木まゆ 馬醉木 200002  
猿田彦ゆきし木洩れ日紅葉かな 小山森生 200002  
釣橋のしきりに軋む谷紅葉 大塚洋子 酸漿 200002  
細道の奥の奥まで紅葉せり 富田志げ子 酸漿 200002  
湖に紅葉映して雨となる 渕江千代 酸漿 200002  
観世音きざはし高く紅葉燃ゆ 渕江千代 酸漿 200002  
群青の天に紅葉や屏風岩 渕江千代 酸漿 200002  
ことに紅葉して水槽のらんちゅう 島津亮 海程 200002  
一発の危機もち紅葉炎えそめし 鴻巣又四郎 海程 200002  
そばにいよう銀杏紅葉の大きな涙 河野志保 海程 200002  
紅葉谿日の屈折の七重八重 本城布沙女 雨月 200002  
一渓の奥に温泉を噴く紅葉宿 熊岡俊子 雨月 200002  
石仏のお庭の紅葉心足る 坊城中子 円虹 200002  
マリア像紅葉明りに脆く 坊城中子 円虹 200002  
一刷毛の紅葉の崖に神祀る 大森美恵 風土 200002  
青空へなだれ込みたる山紅葉 小澤克己 遠嶺 200002  
出雲崎へ貫く一路紅葉冷 小澤克己 遠嶺 200002  
蔓珠堂誰も掃かざる紅葉かな 中川二毫子 遠嶺 200002  
紅葉見や熱き茶すするほどの冷え 中川二毫子 遠嶺 200002  
一葉を手帖にはさむ紅葉かな 中川二毫子 遠嶺 200002  
うす情けひとふか情けひと京紅葉 中川二毫子 遠嶺 200002  
精進の膳に彩なす紅葉かな 宮倉浅子 遠嶺 200002  
通天橋の紅葉雪崩るる如きかな 細井隆子 200002  
紅葉の藤代峠ビル見えて 保坂加津夫 いろり 200002  
露天風呂紅葉も容れて温まる 田中藤穂 水瓶座 200002  
何を撃つ響き紅葉の山揺らぐ 田中藤穂 水瓶座 200002  
航といふほどもなく着き紅葉冷 八染藍子 200002  
くれなゐの紅葉の下でワルツ舞う 尾上有紀子 わがまま 200002  
嫌われて好かれて落ちる濡れ紅葉 尾上有紀子 わがまま 200002  
存分に紅葉見し眼に薬さす 松本恒子 ぐろっけ 200002  
桐箱に鑿を納めて紅葉小屋 谷泰子 ぐろっけ 200002  
また別の水音に会ふ紅葉坂 辻享子 六花 200003  
紅葉見よとて百畳の岩だたみ 矢部潮美 200003  
逆堺は逆手に取らむ滝紅葉 荻野千枝 京鹿子 200003  
紅葉池さめぬ怒へ投石す 荻野千枝 京鹿子 200003  
ダムとなる納めの色や谿紅葉 斉木永久 馬醉木 200003  
お互ひに医師として老い旅紅葉 嶋田一歩 ホトトギス 200004 紅葉 2

 

2014年11月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。