作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
照紅葉日を失へば水暗く 川井政子 風土 199901  
照紅葉ほろ酔い顔を誤魔化せり 小阪律子 ぐろっけ 199903  
お不動になり切つてゐる照紅葉 丸山佳子 京鹿子 200001  
筆塚のあたり最も照紅葉 城尾たか子 火星 200002  
照紅葉棹鮮やかな川下り 竹川貢代 春耕 200010  
秩父より甲斐へ隧道照紅葉 野田晶子 春耕 200012  
照紅葉ふと昏みたる空の青 藤原紅 いろり 200012  
大橋にとられし山も照紅葉 島内美佳 ぐろっけ 200103  
明王の力瘤にも紅葉照り 品川鈴子 船出 200104  
オルゴールはメリーウィドー照紅葉 品川鈴子 船出 200104 六甲
瀬の音の山をはなれず照紅葉 大田かづみ いろり 200112  
紅葉照り湖族顔なる崖佛 品川鈴子 ぐろっけ 200112 永源寺
御仏に句碑賜りぬ照紅葉 皆川盤水 春耕 200201  
照紅葉母の快気の文届く 柳堀喜久江 春耕 200201  
多武峯の縁起絵巻や紅葉照る 谷口ふみ子 雨月 200201  
地獄てふ箱根古道の照紅葉 中島たけ子 200202  
息つめて鐘つく僧や照紅葉 高野清風 雲の峰 200202  
無住寺の庭に明るし照紅葉 関根チヨ 春耕 200202  
人影の見えぬ境内照紅葉 柴田美佐子 いろり 200202  
照紅葉露天風呂より眺めをり 高樋洋子 いろり 200202  
紅葉照る草屋根低き九年庵 角直指 京鹿子 200204  
草庵のうしろ仁比山紅葉照る 角直指 京鹿子 200204  
山伏の跋渉せし山紅葉照る 小阪律子 ぐろっけ 200204  
照紅葉密航船の監視小屋 小川洋子 帆船 200212  
洛南の日に照る雨後の紅葉山 朝妻力 雲の峰 200212 伏見稲荷
歴代の卵塔並ぶ紅葉照り 品川鈴子 ぐろっけ 200212  
赤き血の通ひてゐるか照紅葉 山田天 雨月 200301  
余生なほ良きことあらむ照紅葉 刈米育子 200302  
紅葉照る二の丸跡の隠し井戸 田口勝彦 遠嶺 200302  
ろくろひく匠のまなこ照紅葉 小林あかり 遠嶺 200302  
照紅葉かげり紅葉と色重ね 丹生をだまき 京鹿子 200302  
照紅葉うなづくだけの母とゐて 木山杏理 京鹿子 200303  
未来への構図の中の照紅葉 阿部正枝 絵具箱 200304  
照紅葉なれど樹相はもう一つ 丸山佳子 京鹿子 200401  
親子猿走る奇岩や照紅葉 山口順子 200402  
立礼の茶を干す床几照紅葉 中島霞 ぐろっけ 200402  
比叡より黒衣の僧や照紅葉 村林久子 遠嶺 200403  
照紅葉鐘里帰りの道成寺 藤田京子 ぐろっけ 200403  
照紅葉通勤電車もどりきし 佐藤喜孝 あを 200407  
照紅葉塔の岪を振り冠り 鈴木榮子 春燈 200411  
けもの径通ずる寺の照紅葉 品川鈴子 六香 200501  
照紅葉梵鐘湖にひろごれり 加藤夕陽子 百鳥 200501  
逆光に目くらみをりて照紅葉 大橋敦子 雨月 200501  
ひとときの全力尽し照紅葉 印向田佐土子 築港 200501  
照紅葉時止まりゐし三阡院 田代ヨシ 河鹿 200502  
一線を画す校倉照紅葉 河合佳代子 栴檀 200502  
病棟へ坂ゆるやかに照紅葉 伊藤敬子 遠嶺 200502  
画架立てて見上ぐる坂の照紅葉 金山藤之助 200503  
三島の忌けんらんとして紅葉照る 丹生をだまき 京鹿子 200505  
照紅葉囮に水をつかはする 瀧春一 菜園 200509  
断崖の挿頭の如し照紅葉 大塚初江 200512  
岩畳巨岩の瀞や照紅葉 木暮剛平 万象 200601  
厨子深く愛染明王紅葉照る 狭川青史 馬醉木 200602  
紅葉照り古塔影絵のごとく立つ 大橋麻沙子 雨月 200602  
大仏殿裏手はんなり照紅葉 河合佳代子 栴檀 200602  
武先の勇武をいなに紅葉照る 角直指 京鹿子 200603  
完結と言ふ淋しさに照る紅葉 松田都青 京鹿子 200603  
宿坊に古き國名照紅葉 尼嵜太一郎 ぐろっけ 200604  
照紅葉雨山手画きの帶締めて 塩由造 万象 200611

人間国宝

木村雨山

国宝の東司拝見紅葉照り 塩路隆子 200701  
校倉をめぐりて冬の紅葉照る 福盛悦子 雨月 200701  
照紅葉赤を通して弥陀ごころ 鈴鹿仁 京鹿子 200701  
せせらぎの音のみ聞こえ照紅葉 水谷ひさ江 六花 200701  
照紅葉蓬莱山の石の庭 加藤みき 200702  
人として生まれし泪照紅葉 川口襄 遠嶺 200702  
照紅葉何時も遭ふ女今日は見ず 吉田多美 京鹿子 200702  
冠雪の富士をはるかに照紅葉 渋谷ひろ子 酸漿 200702  
名所より一つはづして照紅葉 延川笙子 六花 200702  
銀閣や松の間合に照紅葉 川崎光一郎 京鹿子 200703  
奥日光の湖畔になだる照紅葉 芦川まり 八千草 200705  
メイプル街道つづくケベック照紅葉 小林成子 200708  
平成の芭蕉たたへて照紅葉 加藤京子 遠嶺 200801  
照紅葉中山道へ道分かる 向井芳子 春燈 200801  
照紅葉明治をしのぶ屋敷跡 片野美代子 酸漿 200802  
つぶやきの歌声となり照紅葉 近恵 炎環 200901  
東京都果つるところや照紅葉 清水淑子 炎環 200901  
蔵王堂の檜皮ゆるやか照紅葉 山口キミコ 200902  
嶺々を背に北軽の旅照紅葉 塩野きみ 遠嶺 200902  
宇治川の早き流や照紅葉 梶井和呼 酸漿 200910  
畳に撒く離山房より照紅葉 神蔵器 風土 200912  
心の荷何もなき日や照紅葉 占部美弥子 末黒野 201002  
口ずさむ歌あり山の照紅葉 田村園子 201002  
照紅葉深山勧酒増女 延広禎一 201002  
扁額の文字を浮かせて照紅葉 小林百寿 201003  
林中に満つる鳥声照紅葉 木下和代 末黒野 201003  
照紅葉つけ入る隙もなかりけり 矢口笑子 春燈 201101  
山彦のさまようてゐる照紅葉 岡本まち子 馬醉木 201101  
絵具箱二十四色照紅葉 東亜未 あを 201101  
あの世とは四五軒先の照紅葉 松田都青 京鹿子 201102  
境内に光が差して照紅葉 東秋茄子 京鹿子 201102  
長瀞に虚子の句碑あり照紅葉 長谷川惇子 末黒野 201102  
友禅の文様のごと照紅葉 芦田迪子 201103  
照紅葉野面積なる垣の上 渡辺玄子 酸漿 201103  
照紅葉お市の方の小袖てふ 竹内悦子 201201  
家苞に汲む名水や照紅葉 石田康明 春燈 201201  
綿帽子の嫁御も仰ぐ照紅葉 品川鈴子 ぐろっけ 201201  
大池に摺り込まれたる照紅葉 瀬川公馨 201202  
照紅葉延命水の光前寺 高埜良子 春燈 201202  
有間皇子湯浴みの谿や照紅葉 本城布沙女 雨月 201202  
太刀飾る猿橋宿や照紅葉 山田春生 万象 201202  
父祖の地とおもへばことに照紅葉 千田敬 201301  
差し交はす池畔の松と照紅葉 小川玉泉 末黒野 201301  
戦経し老後は長し照紅葉 松林順子 雨月 201301  
素つぴんの五百羅漢へ照紅葉 丸井巴水 京鹿子 201302  
鏡なすダムを縁取り照紅葉 菅野日出子 末黒野 201302  
夕映えの包む山肌照紅葉 菅野日出子 末黒野 201302  
母と見し寂光院の照紅葉 八幡操 ぐろっけ 201302  
見上ぐれば万華鏡のごと照紅葉 和田勝信 かさね 201302  
照紅葉ことば貧しく立ち尽す 田村園子 201302  
のんびりと鳥遊ばせて照紅葉 和田郁子 201401  
北山の風は金いろ照紅葉 鈴鹿仁 京鹿子 201401 後日祭
土牢のひたすら冥し照紅葉 小倉正穂 末黒野 201403  
撫で牛の背にぬくみや照紅葉 石川かおり 201501  
武家屋敷の客間燦たり照紅葉 北尾章郎 201502  
照紅葉見上げ唱歌の揃ひけり 西村雪園 風土 201502  
陽を捉へ錦いや増す照紅葉 田中繁夫 末黒野 201502  
城跡に奏づる琴や照紅葉 山田春生 万象 201502 伊賀上野城
曼荼羅図と化す一日の照紅葉 林八重子 馬醉木 201503  
仁王門入れば千年照紅葉 児玉有希 京鹿子 201504  
照紅葉深山へつづく衣の音 児玉有希 京鹿子 201504  
坂なして仏具屋通り照紅葉 田村すゝむ 風土 201511  
照紅葉鞘払ふべし光堂 石井秀一 風土 201512  
山寺や濁世を隔つ照紅葉 石井秀一 風土 201512  
総門の天に瑕なし照紅葉 鈴鹿呂仁 京鹿子 201601  
碧雲や寺紋の重み照紅葉 鈴鹿仁 京鹿子 201601  
摩尼堂の舞台にかかる照紅葉 蒲田豊彦 雨月 201602  
燃ゆるほど重き影ひく照紅葉 押田裕見子 201602  
天主より四囲見渡せり照紅葉 八城洋子 末黒野 201603  
身の丈に合うていまあり照紅葉 元橋孝之 京鹿子 201702  
廃校の表玄関照紅葉 小川玉泉 末黒野 201702  
拝謁のお手植の松照紅葉 鈴鹿呂仁 京鹿子 201801  
御仏の半眼に映ゆ照紅葉 谷口律子 末黒野 201802  
照紅葉遺影写真は自撮りです おーたえつこ 201803  
照紅葉破れ障子の向かうがは おーたえつこ 201803  
天領の奇岩の塔や照紅葉 室井津与志 春燈 201812  
華厳寺をかくも荘厳照紅葉 山田由利枝 雨月 201902  
三門の龍の目覚めや照紅葉 竹内悦子 201902  
碧空や息のむ峰の照紅葉 伊藤鴉 末黒野 201902  

2019年11月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。