作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
口朱き熊の立札紅葉川 村瀬初実 春耕 199901  
仏塔の真下に続く紅葉川 佳藤木まさ女 春耕 200112  
制服の少年一人紅葉川 高木武人 百鳥 200212  
やまびこのさまよひ落つる紅葉川 坂田和嘉子 京鹿子 200302  
全山の紅葉川面を染めにけり 樋口美津子 築港 200302  
釣人の影動かざる紅葉川 中坂和子 帆船 200401  
紅葉川底の遅速は魚ならむ 吉弘恭子 あを 200405  
ここからは住吉村よ紅葉川 KOKIA 六花 200501  
岩噛んで岩乗り越えて紅葉川 塩川雄三 築港 200502 箕面
紅葉川落人村の日を運ぶ 深澤厚子 馬醉木 200601  
曲るとき空を映して紅葉川 片山由美子 200802  
弘法の梵字投げ筆紅葉川 井上あき子 ぐろっけ 200904  
紅葉川山椒魚の緩リズム 坂上香菜 201002  
釣人の小舟動かず紅葉川 市橋敬子 201002  
せせらぎてまた淀みたり紅葉川 高谷栄一 嵯峨野 201107  
生ぐさきまで岩なめらかや紅葉川 成田美代 201201  
縫ふやうに列車入り行く紅葉川 福島茂 201205  
紅葉川中州の岩を水棹突き 小川滋 やぶれ傘 201301  
乗り換への列車短かし紅葉川 笠井敦子 201501  
桂川から鴨川へ紅葉川 和田華凛 ホトトギス 201603  
丸太橋行きつ戻りつ紅葉川 楠本和弘 201603  
怪石やY字U字の紅葉川 岡田桃子 201702  
かいば桶浸してありぬ紅葉川 中川句寿夫 ここのもん 201705  
投身も感受する色紅葉川 高倉和子 201803  
落日の瀬戸に溶け入る紅葉川 林徹也 201905  

 

2019年11月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。