作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
サイクリングの伸び縮む列紅葉山 金升富美子 199901  
湯壼より声のしてゐる紅葉山 岡本まち子 馬醉木 199902  
指さして子はせがみたり紅葉山 近藤憙治 船団 199903  
稍々弛む送電線の紅葉山 佐々木スガ子 ぐろっけ 199904  
紅葉山ひかりを散らす足裏です 横地かをる 海程 199904  
うつすらと巌も映えて紅葉山 鷹羽狩行 199911  
圧しかへす力のありし紅葉山 小形さとる 200001  
銀婚の余力を測る紅葉山 川村杳平 200001  
真青なる空へ弧を描く紅葉山 大柳篤子 俳句通信 200001 武田尾
曇り日や地熱の色の紅葉山 林翔 馬醉木 200002  
お帰りと言つてはくれぬ紅葉山 丸山佳子 京鹿子 200002  
赤松の幹もて紅葉山に伍す 鷹羽狩行 200012  
木の肌に手をかけ登る紅葉山 本間みつえ 春耕 200101  
ほうほうと見上げて嵯峨の紅葉山 長田等 200102  
師の句碑の文字くつきりと紅葉山 笠原フミ 酸漿 200102  
二面石の一面暗し紅葉山 岡和絵 火星 200102  
息を止め紅葉山また紅葉山 堀田清江 雨月 200102  
気まぐれの富士にまみえず紅葉山 松本すま 京鹿子 200102  
雲脚の影登りゆく紅葉山 高木良多 春耕 200103  
紅葉山一気に暮れし余熱かな 北川英子 200112  
根回しのほどよく紅葉山となる 朱間繭生 銀化 200112  
盛りとも終はりとも見ゆ紅葉山 桑垣信子 いろり 200112  
紅葉山熊の里へと人出没 小田元 六花 200112  
結界をこえて女人の紅葉山 鎌倉喜久恵 あを 200112  
雲湧いてたちまち消えて紅葉山 今瀬剛一 200201  
銀色に鉄塔光る紅葉山 谷野由紀子 雲の峰 200201  
紅葉山の濃みどりの裾お茶畑 松下セツ子 200201  
紅葉山能舞台めく朱塗橋 松下セツ子 200201  
長ばなしほいと変りし紅葉山 小田元 六花 200201  
紅葉山の裾に窯元軒連ね 金田美恵子 ぐろっけ 200201  
紅葉山一縷の滝を秘してをり 斎藤道子 馬醉木 200202  
紅葉山遠近法をわがものに 木戸渥子 京鹿子 200202  
冬紅葉山の容で来る日暮れ 藤岡紫水 京鹿子 200202  
帯程の垂水の光る紅葉山 足利ロ子 ぐろっけ 200202  
甲斐信濃空一面に紅葉山 清水明子 遠嶺 200203  
ふとけもの臭き風あり紅葉山 西山紀代子 200203  
貸杖のみな借りられて紅葉山 北畠明子 ぐろっけ 200204  
青空をこぼしたるより紅葉山 稲畑汀子 ホトトギス 200211  
喜寿祝ぐと子等は囃しぬ紅葉山 長尾あや 築港 200212  
洛南の日に照る雨後の紅葉山 朝妻力 雲の峰 200212 伏見稲荷
団子焼く香に満ちてゐる紅葉山 浅川正 雲の峰 200212  
紅葉山畑を荒せし猿が逃ぐ 宮原國夫 雲の峰 200212  
行く雲を染めては流す紅葉山 林翔 200212  
胸白き猛禽の飛ぶ紅葉山 伊藤早苗 200301  
妻を取り替へたくなりぬ紅葉山 彌榮浩樹 銀化 200301  
ところ得て平家村あり紅葉山 長志げを 遠嶺 200302  
冠木門すつぽり紅葉山を容れ 鈴木一明 築港 200302  
紅葉山古き祠に渓の音 北瀬照代 築港 200302  
紅葉山木地師の里へ続きけり 武田眞砂 百鳥 200302  
写真屋も猿も居りたる紅葉山 伊藤マサ子 ぐろっけ 200302  
石切りのケロイドさらす紅葉山 品川鈴子 ぐろっけ 200311  
白山を白しと仰ぎ紅葉山 林翔 200312  
河童橋揺れゐて紅葉山揺るる 塩川雄三 築港 200312  
紅葉山浮き立つ木々の樺白し 森理和 あを 200312  
緞帳の降りしままなる紅葉山 岩月優美子 200401  
紅葉山昼の半月乾きをり 藤井智恵子 百鳥 200401  
紅葉山迷子呼出すマイクかな 篠藤江 帆船 200401  
鍾乳洞ここが入口紅葉山 吉村りつ子 築港 200401  
日の射して輝き始む紅葉山 小林和子 対岸 200401  
雨あとの蒔絵のやうな紅葉山 松尾規子 200402  
紅葉山一切経を蔵しをり 水野恒彦 200402  
單線の駅舎に迫る紅葉山 芝尚子 あを 200402  
紅葉山朝の冷気を吸ひにけり 大内恵 酸漿 200402  
神隠しありしと聴けり紅葉山 原田竜子 河鹿 200403  
日翳るや動き出したる紅葉山 有島夛美 河鹿 200403  
紅葉山より対岸へ天の橋 伊藤光子 ぐろっけ 200403  
紅葉山紅葉の山の影を置き 和智秀子 酸漿 200406  
紅葉山おとぎの色の保育園 佐藤喜孝 あを 200407  
海の色見し目を返す紅葉山 内藤ゑつ ゑつ 200411  
紅葉山細滝高く懸けゐたり 阿部ひろし 酸漿 200412  
たくさんの鳥居をくぐり紅葉山 加藤みき 200501  
トロッコ列車がくんと停る紅葉山 高橋美智子 200501  
紅葉山石の鳥居の前にをる 植木戴子 200502  
杣人の腰に鈴鳴る紅葉山 小田元 六花 200502  
山鳥の尻尾の彩も紅葉山 小田元 六花 200502  
胸張つて詩を高らかに紅葉山 渡辺民親 遠嶺 200502  
急流の上に駅舎や紅葉山 影山わこ 百鳥 200503  
路線バスぬつと出で来し紅葉山 有島夛美 河鹿 200503  
一瞬の地震に崩落紅葉山 東暁雲 200505  
高殿のあんま膏薬紅葉山 中島陽華 200512  
子を呼べる破れ鴉や紅葉山 松田有伽 河鹿 200601  
頂に灯台を置き紅葉山 今瀬剛一 対岸 200601  
弄ぶことばの汚れ紅葉山 五十嵐暢子 対岸 200601  
紅葉山谺に名前呼ばれけり 人見靖子 対岸 200601  
長城や廊の穴より紅葉山 天谷翔子 火星 200601  
ここよりは紅葉山とや四十路かな 天野きく江 200601  
御神水戴きに来し紅葉山 安部美和子 ぐろっけ 200601  
行きづりの子とはしやぎ合ふ紅葉山 篠田純子 あを 200601  
釜飯の炊きあがりたる紅葉山 簗田たかゑ 火星 200602  
紅葉山背負ひて立てり仁王像 宮原利代 ぐろっけ 200602  
紅葉山一雨ごとの照り翳り 秋田直己 ぐろっけ 200602  
太陽の眩しさの中紅葉山 わかやぎすずめ 六花 200602  
紅葉山コンビナートを下に見る 秋田直己 ぐろっけ 200603  
裂織を着て紛れけり紅葉山 小張志げ 春燈 200612  
はじまりの正面は旭の紅葉山 豊田都峰 京鹿子 200701  
紅葉山へ登るに瀬音つきくるごと 大山清 200701  
紅葉山描かむと画架の位置を決む 泉田秋硯 200702  
紅葉山首の限りを回し見る 小林朱夏 200702  
蹠より時移りゆく紅葉山 竹下幸子 火星 200702  
対岸の夕日を弾く紅葉山 大澤君予 遠嶺 200702  
月を出す山と呼ばれて紅葉山 青山丈 200702  
ふところに七堂伽藍紅葉山 池田忠山 200703  
誉め上手ゐて紅葉山にぎはへり 井尻妙子 京鹿子 200703  
紅葉山頂上に出て日の匂ひ 尼嵜太一郎 ぐろっけ 200703  
それぞれにちがふ足どり紅葉山 池田廣子 200704  
いち日の色を加へて紅葉山 田口紅子 200712  
営業のカバンが越ゆる紅葉山 内藤玲二 200801  
大岩も所を得たる紅葉山 伊藤克子 酸漿 200801  
ゴンドラの百人乗りや紅葉山 北尾章郎 200802  
滝一条パッチワークの紅葉山 後條さと子 200802  
なかなかに染まらぬ画布の紅葉山 藤井佐和子 200802  
紅葉山日本武尊の越えし径 岡田章子 ぐろっけ 200802  
西行をすこし羨む紅葉山 遠藤若狭男 200803  
体内のどこかが澄んで紅葉山 坪内稔典 坪内稔典句集U 200804  
鉄橋の籠くぐり出て紅葉山 鷹羽狩行 200811  
一と色でなかりしことが紅葉山 稲畑汀子 ホトトギス 200811  
紫の雲のたなびく紅葉山 山田六甲 六花 200812  
色変へぬ木も有りてなほ紅葉山 和田森早苗 200901  
紅葉山に囲まれ青き畑ひとつ 加藤みき 200901  
型くづれせし帽愛す紅葉山 加藤峰子 200901  
清里の人影さびし紅葉山 四條進 200901  
紅葉山真向かひにして露天風呂 羽賀恭子 200901  
賑はへる茶店も旗や紅葉山 小林定雄 酸漿 200901  
紅葉せぬ木々も含めて紅葉山 高橋将夫 200902  
紅葉山通り抜けたるぬた場かな 雨村敏子 200902  
日の暮れて匂ひのかはる紅葉山 清水晃子 遠嶺 200902  
吊革の揺るれば揺らぐ紅葉山 泉千穂子 200902  
じやんけんで降りる石段紅葉山 岡本淳子 200902  
紅葉山より流れ出て水清し 柳生千枝子 火星 200902  
紅葉山極楽浄土の明るさに 若江千萱 雨月 200902  
奥へおくへと人溢れゆく紅葉山 大石喜美子 雨月 200902  
吊橋でこみあつてゐる紅葉山 沼田巴字 京鹿子 200902  
姥堂を超えて極楽紅葉山 伊勢ただし ぐろっけ 200902  
日燦々燃えて居るごと紅葉山 木内美保子 六花 200902  
紅葉山頂見せぬ雲の影 大山妙子 酸漿 200902  
頂にパラボラの立つ紅葉山 瀬島洒望 やぶれ傘 200902  
紅葉山縫ふ一輌の水郡線 北村香朗 京鹿子 200903  
瞬きはぺージを捲る紅葉山 丸井巴水 京鹿子 200912  
日の匂ひこもりて美しき紅葉山 見田英子 春燈 201001  
雲の影ゆつくり流れ紅葉山 小澤昭之 201001  
声出して祖父呼ぶ孫や紅葉山 小野口正江 末黒野 201002  
水音も包み込みたる紅葉山 木下和代 末黒野 201002  
紅葉山蹴つて飛び立つパラグライダー 能美昌二郎 201002  
燧道を出て渡良瀬と紅葉山 鈴木石花 風土 201002  
人の出も連休といふ紅葉山 高木智 京鹿子 201002  
紅葉山いくつ越え来て秋山郷 谷口芳江 201002  
今はむかし都ありける紅葉山 出口貴美子 雨月 201002  
紅葉山白煙昇る窯ありて 坂口三保子 ぐろっけ 201002  
機内より色鮮やかな紅葉山 島内美佳 ぐろっけ 201002  
滅びゆく美を総身に紅葉山 福田漣 201003  
緞帳のとばりそのまま紅葉山 堺昌子 末黒野 201003  
紅葉山しろがねの水落しけり 松下信子 万象 201003  
分け入りて分け入りしまま紅葉山 鷹羽狩行 201011  
蒸まんの湯気立ちゐたる紅葉山 山田六甲 六花 201011  
流れ雲鬼を閉ぢ込む紅葉山 丸井巴水 京鹿子 201012  
腰痛を暗がりにをき紅葉山 堀内一郎 あを 201012  
修善寺の漱石詩碑や紅葉山 坂上香菜 201101  
故郷や裾野明かりの紅葉山 小山繁子 春燈 201101  
紅葉山なかに異端の針葉樹 泉田秋硯 201101  
紅葉山の乾にありし窯の跡 岩下芳子 201101  
紅葉山明るきうちに着きにけり 杉浦典子 火星 201101  
絶景かな楼上よりの紅葉山 北尾章郎 201102  
携帯電話ケイタイをマナーモードに紅葉山 次井義泰 201102  
絵具箱に色が足りぬよ紅葉山 池本喜久恵 201102  
朽ち杭の黙盛衰の紅葉山 入江節子 ろんど 201102  
重箱に三種のおはぎ紅葉山 陶山泰子 ぐろっけ 201102  
紅葉山もうすぐスキーのメッカとか 大西まりゑ 酸漿 201104  
子よ泣くな紅葉山より鬼来るぞ 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105  
もみぢ山の後ろ八海山黒し 竹内弘子 あを 201105  
怒つてゐるやうな今年の紅葉山 甲州千草 201112  
転ぶなと云ふから転ぶ紅葉山 田中藤穂 あを 201112  
青もまた音なきほむら紅葉山 岡崎伸 201201  
紅葉山オープンカーの後走り 藤田素子 火星 201201  
枝先に鬼女の湯文字や紅葉山 栗栖恵通子 201202  
山襞の翳を濃くして紅葉山 佐々木紗知 京鹿子 201202  
白樺の幹くつきりと紅葉山 中山良子 末黒野 201202  
九体の阿弥陀を蔵す紅葉山 山口キミコ 九十九島 201209  
老人のどつと入りゆく紅葉山 山尾玉藻 火星 201210  
紅葉山阿畔の像は雲に立つ あさなが捷 201210  
水音残して紅葉山つひに闇 北川英子 201212  
紅葉山を屏風としたり隠れ里 坂上香菜 201301  
紅葉山身を細めゐる常緑樹 宮田豊子 春燈 201301  
紅葉山一瞬燃えて夕陽落つ 青木英林 かさね 201301  
草紅葉山の小径のふくよかに 小倉正穂 末黒野 201301  
風立ちて炎と化せり紅葉山 阪本哲弘 201302  
老人のイーゼルの的紅葉山 佐瀬晶子 ろんど 201302  
木洩れ日の万華鏡めく紅葉山 小原登志春 雨月 201302  
山頂の殊に楽しき紅葉山 筒井八重子 六花 201302  
紅葉山その先更に紅葉山 國保八江 やぶれ傘 201302  
黄は金に赤は真紅にもみぢ山 大橋晄 雨月 201302  
紅葉山雄ごころ佇ちの松も誉め 千田敬 201312  
法然の台なりけり紅葉山 雨村敏子 201401  
碧空を沈めて湖の紅葉山 阿久津勝利 万象 201401  
鎌足に大兄ささやく紅葉山 鈴木阿久 201401  
吊橋の真中あとさき紅葉山 今井妙子 雨月 201401  
紅葉山楽湧くごとく色増し来 西川織子 馬醉木 201401  
山二つ下り来て眺む紅葉山 藤本千鶴子 火星 201402  
舞ふ鳶のなほも高みへ紅葉山 藤生不二男 六花 201402 紅葉山 →2

 

2019年11月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。