初紅葉 1          200句

初紅葉いつか身に添ふ子の僧衣   橘沙希   花浄土

紅葉 もみぢ 薄紅葉 濃紅葉 初紅葉 紅葉狩 紅葉且つ散る 蔦紅葉 散紅葉

 紅葉山 紅葉川 照紅葉 櫨紅葉 蔦紅葉 草紅葉 照葉 柿紅葉 冬紅葉 冬もみぢ

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
初紅葉所在確かめゆく朝日 稲畑汀子 ホトトギス 199810  
初紅葉とて薄々とありそめし 稲畑汀子 ホトトギス 199810  
席入りを待たさるる露地初紅葉 牧野睦子 199811  
悟られぬほどの吐息を初紅葉 野口光枝 高籬 199812  
にぎはしき窯の煙に初紅葉 鷹羽狩行 199901 小鹿田焼
きぬずれの竜頭の瀧の初紅葉 小宮山勇 青胡桃 199905  
嵯峨陵のお気に入りから初紅葉 丸山佳子 京鹿子 199909  
初紅葉関守石に昼の影 辻のぶ子 俳句通信 199912  
初紅葉茣蓙乱れつつ宴闌ける 米田泰子 俳句通信 199912  
初紅葉古銭の置かる六地蔵 小林光美 春耕 200010  
源流に幾筋の沢初紅葉 小林光美 春耕 200010  
木洩れ日を吸ひ尽くしゐる初紅葉 豊田都峰 京鹿子 200001  
初紅葉洩るる陽鏤む納經堂 島崎晃 遠嶺 200002  
あたたかき明日香の里の初紅葉 倉本マキ ヒッポ千番地 200006  
待ち合はせするに良き椅子初紅葉 湯橋喜美 200011  
銅像は三の丸跡初紅葉 深川知子 俳句通信 200011  
瀬田川をはるかに庵の初紅葉 中川晴美 俳句通信 200011 幻住庵
急流は水の坂なり初紅葉 鷹羽狩行 200012  
一村の形のダム湖初紅葉 千明武 遠嶺 200012  
朝の日のをどると見たり初紅葉 阿部ひろし 酸漿 200012  
初紅葉簗場に靄の立ちのぼる 三澤福泉 俳句通信 200012  
大寺に続く土塀や初紅葉 谷野由紀子 俳句通信 200012  
初紅葉嵯峨野めぐりの始発点 水谷契江 六花 200101  
清滝へ坂の途中や初紅葉 水谷契江 六花 200101  
吊橋の少し揺れゐる初紅葉 鈴木多枝子 あを 200101  
眉ととのえ臆病な日よ初紅葉 延原ユキエ 船団 200106  
初紅葉せる羞ひを杉囲み 能村登四郎 200108 神護寺
琴の音の絶えし琴坂初紅葉 小野寺和子 200111  
初紅葉禁裏御料の地と伝へ 熊岡俊子 雨月 200112  
振返るこの世短し初紅葉 水原春郎 馬醉木 200112  
初紅葉らちなき蕎麦のよく売れて 岡本眸 200112  
馬刺売る熊本城址初紅葉 松崎鉄之介 200112  
くらがりに阿弥陀如来や初紅葉 神蔵器 風土 200112  
あめんぼう動きをゆるむ初紅葉 梅田秀子 酸漿 200112  
たぎつ瀬の飛沫明りや初紅葉 竹川貢代 春耕 200111  
師の碑生る大日堂や初紅葉 斉藤やす子 春耕 200201  
山門に投句箱あり初紅葉 中野たけみ 雨月 200201  
初紅葉岬の町統ぶ天主堂 松崎鉄之介 200202  
初紅葉なるところ日の差すところ 桜井ともや 六花 200202  
初紅葉こきりこも売る何でも屋 春田淳子 春耕 200202  
山姥の杖の一振り初紅葉 三村純也 ホトトギス 200203  
初紅葉一羽の鳥の踏みわたり 水田清子 200202  
魁けて千代女の里の初紅葉 佐藤淑子 雨月 200203  
山径の下りは速し初紅葉 永野由美子 円虹 200212  
初紅葉標高千の奥高野 野澤あき 火星 200212  
明治より続く校舎や初紅葉 岡田信雄 百鳥 200212  
樽風呂の木肌の柔し初紅葉 川瀬里江 雲の峰 200212  
深きには磁気のひそむや初紅葉 熊倉だい 200212  
紅を引く円き手鏡初紅葉 中野たけみ 雨月 200212  
遊女の碑投込寺の初紅葉 後藤志づ あを 200212  
一瀑の婦随のひびき初紅葉 長沼冨久子 馬醉木 200302  
立席のトロッコ列車初紅葉 堀義志郎 火星 200302  
九十九折登りつめたる初紅葉 徳丸峻二 風土 200311  
初紅葉垂れ幕庵木瓜紋 原みさえ 200311  
はにかみはをとめにもあり初紅葉 林翔 200311  
初紅葉跳んで渡れる程の橋 酒井多加子 雲の峰 200311  
瓦葺となりしバス停初紅葉 辰巳陽子 雲の峰 200311  
初紅葉ちひさき沼のちさき島 三浦香都子 対岸 200311  
一樹あり上野の森の初紅葉 小石秀子 酸漿 200312  
やんま飛ぶ空を載せたる初紅葉 大塚洋子 酸漿 200312  
初紅葉雪舟庭園富士廬山 松崎鉄之介 200312  
青竹の柵ひんやりと初紅葉 黒崎よし江 雲の峰 200312  
初紅葉泉の芯へ手を伸ばす 岡崎袿子 対岸 200312  
初紅葉森の奥にも日の届き 蓮井崇男 対岸 200312  
初紅葉地図と格闘旅プラン 中坂和子 帆船 200401  
午後の日は移ろひ易し初紅葉 有島夛美 河鹿 200401  
坑道を出て一本の初紅葉 高倉恵美子 200312  
初紅葉瀧の余力として流れ 今瀬剛一 対岸 200409  
伊達衿を二枚重ねに初紅葉 片岡静子 200412  
空見上げ渡る吊橋初紅葉 須永トシ 200412  
奥の家の目印となり初紅葉 佐々木しづ子 酸漿 200412  
岩すべる水は滑らか初紅葉 浅田光蛙 対岸 200412  
初紅葉祖谷に朱入りの碑の並ぶ 松崎鉄之介 200412  
美濃吉の茶飯辨当初紅葉 芝尚子 あを 200412  
窯出しの白磁に映えて初紅葉 松本重昭 200412  
二つ家に切炉をふたつ初紅葉 有島夛美 河鹿 200501  
地震までは吾庭で見し初紅葉 長谷川登美 ぐろっけ 200402  
初紅葉風宮参りの太鼓鳴る 山口耕堂 万象 200504  
雄鶏のよく鳴く日なり初紅葉 飯塚ゑ子 火星 200501  
初紅葉学園通り真直なり 相川幸代 百鳥 200501  
初紅葉区民まつりの人通り 石川英利 百鳥 200501  
天近きほど鮮やかに初紅葉 佐藤彰 築港 200501  
初紅葉本坊の門閉ぢられて 印向田佐土子 築港 200501  
初紅葉昨日にまさる空の青 笹倉さえみ 雨月 200502  
初紅葉水音近きところより 及川茂登子 対岸 200212  
木彫二体芭蕉蕪村に初紅葉 神蔵器 風土 200512 金福寺
初紅葉大堂小堂拝観す 重藤慶 築港 200512  
初紅葉十三人のハーモニー 大曽根育代 遠嶺 200601  
初紅葉テニスコートの少女達 飯高あい 対岸 200601  
初紅葉そのほかなにも無きふたり 倉持梨恵 200601  
初紅葉山ふところに能の笛 三澤いつ子 万象 200601  
初紅葉櫨と名のつてをりにけり 塙告冬 ホトトギス 200602  
濠に枝延べたる桜初紅葉 佐藤司 200502  
初紅葉なる一本の木の孤独 今橋眞理子 ホトトギス 200603  
桜よりはじまつてゐる初紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200610  
初紅葉少し進みて快晴に 稲畑汀子 ホトトギス 200610  
日表といふ初紅葉濃き一樹 稲畑廣太郎 ホトトギス 200610  
海鳴のとどける宮の初紅葉 小林正史 200612  
初紅葉峡の門出づる梓川 阿部ひろし 酸漿 200612  
丸木橋渡るや赤目初紅葉 小林成子 200701  
初紅葉日光彫の絵皿かふ 岩崎真理子 遠嶺 200701  
波静か湖面に写る初紅葉 秋田直己 ぐろっけ 200701  
層雲峡岩肌映えて初紅葉 渡辺玄子 酸漿 200701  
能面のやうな沼あり初紅葉 阿部正枝 遠嶺 200702  
大仏殿出づる数歩に初紅葉 大井彌雨 雨月 200702  
初紅葉少女めくなり阿修羅像 山元志津香 八千草 200704  
吊橋の名は楓橋初紅葉 真木早苗 八千草 200705  
陽のあたるフランス坂の初紅葉 中村悦子 200712  
雨雲の上にをりけり初紅葉 加藤みき 200801  
みかへりの弥陀のまなざし初紅葉 向井芳子 春燈 200801  
とどろける竜頭の滝や初紅葉 大山妙子 酸漿 200802  
木喰の鬼は丸顔初紅葉 品川鈴子 ぐろっけ 200809  
初紅葉景色に消えてをりにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200810  
峰寺を染めあげてゆく初紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200810  
胸元に日の遊びゐる初紅葉 丹羽啓子 馬醉木 200812  
パレットに少し紅色初紅葉 藤見佳楠子 200812  
初紅葉ケーブルカーを引き寄せる 上原重一 200812  
陶椅子の少し湿りて初紅葉 佐藤雄二 万象 200812  
朱表紙の真中に金文字初紅葉 長田曄子 火星 200812

城孝子さんの

句集上梓に

初紅葉朝雲はなつ富士の前 阿部ひろし 酸漿 200812  
飯店の鉢の錦木初紅葉 檀原さち子 酸漿 200812  
孫と行く陸奥の旅初紅葉 渡邊由江 200901  
会席膳勿体振りし初紅葉 渡邊米子 ぐろっけ 200901  
初紅葉小さき手足空を打つ 前田玲子 ぐろっけ 200901  
橋下に魚影ありけり初紅葉 大崎紀夫 やぶれ傘 200901  
初紅葉雨の音なく雨になり 竹下昌子 200903  
ティファニーを出て目にしたる初紅葉 泉田秋硯 200909 ニューヨーク
初紅葉詩歌の古道道しるべ 岡野ひろ子 200912  
見覚えの塔見えて来て初紅葉 吉沢陽子 200912  
山頂ヘスイッチバック初紅葉 中川すみ子 201001  
宮島の雨の彩り初紅葉 寺田正人 200912  
初紅葉篠山城下見渡せば 岡谷栄子 201001  
絶壁に張り付く一樹初紅葉 森田武 201001  
川下り時に緩やか初紅葉 久保田優子 末黒野 201002  
遠まはり古城目差して初紅葉 市橋敬子 201002  
棹をさす船頭若し初紅葉 家塚洋子 酸奬 201002  
被災の日近づく里の初紅葉 安原葉 ホトトギス 201003  
瀬の音のにはかに迫り初紅葉 井上浩一郎 ホトトギス 201003  
初もみぢ夕風通ふ小町塚 坂上香菜 201010  
初紅葉忌心ほどの色にかな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201010  
初紅葉どこからとなくありしかな 稲畑汀子 ホトトギス 201010  
横川路の初紅葉とはいへぬほど 稲畑汀子 ホトトギス 201010  
出逢ひあり別れのありて初紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 201010  
一島をつつみて雨や初もみぢ 片山由美子 201010  
道路鏡捕へてゐたり初紅葉 松嶋一洋 201011  
名水に丸太一本初紅葉 中条さゆり 201011  
初紅葉ねぢりてゆける風の中 山田六甲 六花 201011  
初紅葉色鮮やかや四脚門 塩路五郎 201012  
五合庵へ坂ゆるやかに初紅葉 安居正浩 201012  
初紅葉等圧線の動き急 甲州千草 201012  
箒目の川の流れや初紅葉 柳橋繁子 201012  
雨なれば傘に触れもし初紅葉 安立公彦 春燈 201012 小石川後楽園
釣り橋を渡りしところ初紅葉 舩越美喜 京鹿子 201012  
母と子の円かな季を初もみぢ 伊藤希眸 京鹿子 201012  
雄岳より雌岳の早き初紅葉 窪田粧子 馬醉木 201101  
嵐山と呼ばるる谷の初紅葉 大坪景章 万象 201101  
初紅葉少女読みあふ恋みくじ 山田春生 万象 201101  
祝宴の明けて御苑の初もみぢ 杉本光祥 201101  
峡谷や水音高し初紅葉 並河富有野 京鹿子 201101  
桜坡子忌近しと余呉へ初紅葉 小原登志春 雨月 201101  
ハモニカに合唱湧くや初紅葉 篠田純子 あを 201101  
遣り水の音其処此処に初紅葉 手島靖一 馬醉木 201102  
流鏑馬の射手は少年初紅葉 岡野里子 末黒野 201102  
初紅葉国生みといふ華やぎに 稲畑廣太郎 ホトトギス 201109  
初紅葉古の朱醸す寺 稲畑廣太郎 ホトトギス 201110  
初紅葉横川に大いなる忌日 稲畑廣太郎 ホトトギス 201110  
初紅葉新幹線は西に伸び 稲畑廣太郎 ホトトギス 201110  
皇居より風を貰うて初紅葉 稲畑廣太郎 ホトトギス 201110  
故郷に横川筑紫に初紅葉 稲畑廣太郎 ホトトギス 201110  
童女佇つごとく室生の初紅葉 武井美代子 万象 201110  
談山の摂社末社や初紅葉 吉田希望 201112  
旅情碑の千曲川べり初紅葉 鈴木照子 201112  
椅子足して米団治待つ初紅葉 奥田順子 火星 201112  
注連張りし路傍神木初紅葉 片岡久美子 201201  
トンネルを五つ六つ抜け初紅葉 杉原ツタ子 201201  
願掛くる峯の薬師や初紅葉 今泉あさ子 末黒野 201201  
案内する作務衣の漢初紅葉 藤沢秀永 201201  
ひとところ熔岩に火のつく初紅葉 池田光子 風土 201201  
初紅葉して連山にヘッセの詩 田村すゝむ 風土 201202  
初紅葉みささぎに絵師けふも来て 中島霞 ぐろっけ 201202  
初紅葉恥ぢらひながら揺れにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201210  
雲を追ひ水を追ひつつ初紅葉 間島あきら 風土 201212  
説法の美男の美声初紅葉 山口ひろよ 201212  
初紅葉峠の茶屋を染めにけり 中山静枝 201212  
双掌にて墓を洗へり初紅葉 大坪景章 万象 201212  
「おやま」てふ土葬の森や初紅葉 松岡和子 201301  
初紅葉五重塔の中知らず 宮崎高根 201301  
初紅葉窯元土の匂ひして 工藤はるみ 風土 201301  
こともなげまんだら堂の初紅葉 田中貞雄 ろんど 201301  
岩を噛む水の勢ひや初紅葉 熊切修 末黒野 201301  
物語書きたる式部初紅葉 江見巌 六花 201301  
角館武士の灯した初紅葉 大森尚子 風土 201302  
初紅葉置かば波立つ外湯かな 山田六甲 六花 201311 よい温泉
初紅葉翳す天空レストラン 鈴木照子 201311  
禅寺の魚板新し初紅葉 廣瀬雅男 やぶれ傘 201311  
初紅葉愛でて古刹の門を入る 神谷さうび 末黒野 201312  
連れ多き八十路の幸や初紅葉 北尾章郎 201312  
生誕地見下ろす墓の初紅葉 川崎利子 201312  
白雲のほどけゆきけり初紅葉 竹中一花 201401  
頬染めて磨崖仏笑む初紅葉 石井勇 末黒野 201401 初紅葉 →2
初紅葉ぞんぶんに手を繋がれよ 加藤みき 201401

2019年11月11日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。