作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
鬼女に逢ふ谿やも知れぬ紅葉狩 宮川杵名男 春耕 199902 英彦山
誕生日三日遅れの紅葉狩 桑原敏枝 いろり 199911  
京へ発つ浅き睡りの紅葉狩 金子里美 船団 199912  
せせらぎを背に眺めをり紅葉狩り 福田みさを いろり 200001  
気の乗らぬ紅葉狩とて遅れがち 中村祭生 ぐろっけ 200001  
諸人に給はる贅や紅葉狩 東尾G子 馬醉木 200002  
晴れをとこ誘ひ出さうか紅葉狩 甲州千草 200002  
山姥のこころにぞ触れ紅葉狩 本城布沙女 雨月 200002  
相席は紅葉狩らし岬バス 今井忍 ぐろっけ 200002  
紅葉狩してきて着きしやうな宿 武藤和子 ホトトギス 200004  
道迷うこと大げさに紅葉狩 杉本艸舟 200101  
貸馬に父を乗せての紅葉狩 井出智恵子 春耕 200101  
紅葉狩りこころは飛んで荷は膨れ 松沢久子 いろり 200101  
ことごとく小橋渡りて紅葉狩 品川鈴子 ぐろっけ 200101  
紅葉狩行き着く所など知らず 西塚成代 六花 200103  
狼の滅びし谿に紅葉狩 品川鈴子 船出 200104 東吉野
かにめしに蟹の爪噛む紅葉狩 ゆにえす 船団 200105  
結晶の途中でありし紅葉狩 守谷茂泰 海程 200112  
紅葉狩行くに予約のとれぬ宿 桑原敏枝 いろり 200112  
幼な名で呼びあいながら紅葉狩 福田みさを いろり 200112  
紅葉狩無人の駅の小座布団 林田加杜子 いろり 200112  
青空を背負ひて下る紅葉狩 鈴子とし子 遠嶺 200112  
狆を負ふ人とまた逢ふ紅葉狩 大橋宵火 雨月 200201  
久方の日和讃へて紅葉狩 大塩千代 200201  
紅葉狩字治の瀬は律渕は呂に 奥村鷹尾 京鹿子 200202  
南国の友あり古都の紅葉狩 高木智 京鹿子 200202  
紅葉狩柿の葉寿司を携へて 加藤あけみ 円虹 200202  
山の湯に浸るつもりの紅葉狩 田所洋子 雨月 200202  
駅二つ渓谷添いに紅葉狩 木戸波留子 いろり 200202  
千鈞の一日となれり紅葉狩 松本きみ枝 遠嶺 200202  
紅葉狩り十六井戸の錠解かれ 矢野千佳子 京鹿子 200202  
喚声の黄色赤色紅葉狩 吉村玲子 円虹 200202  
配られしイラストマップ紅葉狩 磯崎清 200203  
行くほどに富士が邪魔して紅葉狩 嶋田一歩 ホトトギス 200203  
紅葉狩ホームページをコピーして 北畠明子 ぐろっけ 200204  
往き戻り坂を違へて紅葉狩り 品川鈴子 ぐろっけ 200211  
手の届く枝には触れて紅葉狩 槻木珠美 銀化 200212  
紅葉狩鳥の眼になるロープウェー 小松誠一 200301  
兄の背を父と見紛ふ紅葉狩 石田静 200301  
紅葉狩いま露天湯に星を待つ 阿部文子 酸漿 200301  
紅葉狩岩が動いて来る話 中村昭義 百鳥 200302  
紅葉狩愛車はきだす家族連れ 佐々木栄 ぐろっけ 200302  
フイルム切れ目写真に撮る紅葉狩 佐々木栄 ぐろっけ 200302  
街宣車音しぼり去る紅葉狩 土屋利之 ぐろっけ 200302  
吊り橋の揺れに任せし紅葉狩り 足利ロ子 ぐろっけ 200302  
紅葉狩深山ホテルの洋料理 伊藤マサ子 ぐろっけ 200302  
紅葉狩り鬼面鬼女棲む奥の院 横溝千代 八千草 200305  
曲り道風立ちやすし紅葉狩 島田美恵 200312  
温泉にあそぶ趣向もありて紅葉狩 熊岡俊子 雨月 200401  
寺あれば仏拝んで紅葉狩 加藤弘一 築港 200401  
紅葉狩一と日を母の杖となり 市川十二代 ぐろっけ 200401  
あかき傘さして加はる紅葉狩 松尾規子 200402  
紅葉狩紅梅苑の栗御強 芝尚子 あを 200402  
紅葉狩葉つぱの器に酒を酌む 永田勇 六花 200402  
紅葉狩石仏群に巡り逢ふ 坂本たま子 200402  
師走来て伊豆の山辺の紅葉狩 阿部文子 酸漿 200402  
火の神の二之鳥居まで紅葉狩 谷泰子 ぐろっけ 200403  
停年のをとこばかりの紅葉狩 三浦澄江 ぐろっけ 200403  
紅葉狩腕に縒りかけ手弁当 市橋香 ぐろっけ 200403  
雨おもし駅のベンチの紅葉狩 吉弘恭子 あを 200405  
ときに探鳥の目となり紅葉狩 鷹羽狩行 200411  
いろはもみぢより一山の紅葉狩 池元道雄 馬醉木 200412 中尊寺
鳴物に鬼女の出となる紅葉狩 岡野イネ子 春燈 200412  
何せうぞくすんで紅葉狩もせず 伊藤白潮 200412  
燧道を音抜けてくる紅葉狩 小林輝子 風土 200412  
熊避けの鈴付けてゆく紅葉狩 大川智美 風土 200412  
ヨン様と会話のはずむ紅葉狩 加藤峰子 200501  
紅葉狩昼を灯して渓に入る 河本勇 築港 200501  
ときにあともどりしてみて紅葉狩 太田寛郎 200502  
木道の湿り踏みしめ紅葉狩 愛甲厚子 200502  
追ひたてるやうな雨きて紅葉狩 太田陽子 200502  
うかうかと崖に立ちたる紅葉狩 里中章子 200502  
日帰りの日のはや落ちる紅葉狩 青山丈 200502  
地震用意まるで明日は紅葉狩 小田元 六花 200502  
下見して妻誘ひくる紅葉狩り 古川洋三 遠嶺 200502  
女坂より始まりて紅葉狩 彩響子 200502  
紅葉狩桜の枝を杖として 滝本香世 百鳥 200503  
三島忌を口には出さず紅葉狩 丹生をだまき 京鹿子 200505  
紅葉狩り声にぎやかに透きとおる 斉藤郁子 200505  
仁比山をまとうてみたし紅葉狩 秋千晴 200505  
鎧坂右に左に紅葉狩 窪寺良子 帆船 200506  
海峡の底も通りて紅葉狩 柴田佐知子 200601  
慶長の坂そのままに紅葉狩 小野道子 200601  
人声の谷越えてくる紅葉狩 鎌倉喜久恵 あを 200601  
捨て犬につきまとはれし紅葉狩 足利ロ子 ぐろっけ 200602  
走り根を踏み分け谿の紅葉狩り 沼口蓬風 河鹿 200603  
夢の中病む母亡父と紅葉狩 岩井桂子 四葩 200603  
紅葉狩岩から岩へ水折れて 前田忍 火星 200702  
酒放下肉放下して紅葉狩 上田敬 遠嶺 200702  
紅葉狩り温泉卵笊の中 佐原正子 六花 200702  
老いどちの飲食ひそと紅葉狩 加瀬美代子 200702  
知床の熊さんいづくへ紅葉狩 小野寺節子 風土 200705  
東大寺様の端借る紅葉狩 佐土井智津子 ホトトギス 200706  
紅葉狩る煉瓦模様の心かな 小澤克己 遠嶺 200711  
紅葉狩谷のむかうに踊る鬼 玉川悠 遠嶺 200802  
傍に居る筈のひと紅葉狩 田原陽子 200802  
秩父路の寺々巡る紅葉狩 藤平タネ子 200802  
山寺に紅葉狩バス遍路バス 寺岡ひろし 雨月 200802  
石段があれば椅子とし紅葉狩 嶋田摩耶子 ホトトギス 200803  
吾は風邪誰か腰痛紅葉狩 嶋田摩耶子 ホトトギス 200803  
猿走る箕面の山の紅葉狩 稲次登美子 雨月 200803  
幻想となりしきのふの紅葉狩 瀧青佳 ホトトギス 200804  
紅葉狩先づは写経の墨をする 藤野寿子 あを 200112  
ベに姫の紅葉狩とて舞ひ出づる 小澤克己 遠嶺 200811 歌舞伎座
貴人をひきこむ鬼女の紅葉狩 小澤克己 遠嶺 200811 歌舞伎座
せせらぎの流れの疾し紅葉狩 加藤克 200812  
紅葉狩鬼を残して隠れけり 和田森早苗 200901  
薄紅葉狩る晴れ男晴れ女 布川直幸 200901 勿来の関
紅葉狩暮るるに早き山を前 加藤すま子 酸漿 200901  
滝道の岩肌あらは紅葉狩 渡邉孝彦 やぶれ傘 200901  
歩を進め何故か嬉しい紅葉狩 笹井康夫 200902  
竹の道続いてをりし紅葉狩 竹中一花 200902  
紅葉狩さびしがり屋の群れてをり 藤兼静子 200902  
紅葉狩一人が高所恐怖症 久保田由布 ぐろっけ 200902  
新車きて家族総出の紅葉狩 林美智 ぐろっけ 200902  
蘇る光源氏よ紅葉狩 梶井和呼 酸漿 200910  
うねうねの山道越えて紅葉狩 石川かおり 200912  
老いの眉ひかへめに描き紅葉狩 品川鈴子 ぐろっけ 200912  
紅葉狩りランチタイムのカンツォーネ 門伝史会 風土 201001  
ひと揺れに発つロープウェイ紅葉狩 和田崎増美 雨月 201003  
紅葉狩手あげて彼らすでに待つ 博多永楽 雨月 201003  
山の端の雲の行方や紅葉狩 中山良子 末黒野 201004  
峠にて八方ながむ紅葉狩 滝沢伊代次 万象 201011  
紅葉狩る主婦のモードを切り替へて 和田政子 201012  
母つれてたった一度の紅葉狩 園多佳女 雨月 201101  
山道を木切れ杖にし紅葉狩り 堀口香代子 ぐろっけ 201101  
紅葉狩足湯で締める嵯峨野駅 原口頌子 ろんど 201102  
耳目肺腸背を柱に紅葉狩 土居通子 ろんど 201102  
紅葉狩今すぐ車廻すとふ 寺岡ひろし 雨月 201102  
紅葉狩奇巌怪石屏風巌 寺岡ひろし 雨月 201102  
吊橋を埋め尽して紅葉狩 大西ユリ子 ぐろっけ 201102  
通勤電車今日は賑やか紅葉狩 斉藤裕子 あを 201102  
七坂をめぐり切つたる紅葉狩 古賀しぐれ ホトトギス 201103  
石段を百まで数へ紅葉狩 本文代 万象 201103  
紅葉狩杖立てかける道標 陶山泰子 ぐろっけ 201103  
紅葉狩列長々と京豆腐 恒成久美子 ぐろっけ 201103  
外国語とびかふ紅葉狩電車 恒成久美子 ぐろっけ 201103  
紅葉狩とろろ蕎麦にて別れけり 井口初江 酸漿 201103  
名にし負ふ釜飯食し紅葉狩 渡辺玄子 酸漿 201103  
雨女ゐての中止や紅葉狩 竹内悦子 201201  
目配りは四角三角紅葉狩 小野寺節子 風土 201201  
将軍像守る宮処の紅葉狩 豊田都峰 京鹿子 201201  
紅葉狩る北国街道湖近し 竹中一花 201202  
遊び心入れ薬膳の紅葉狩 永田祐子 万華鏡 201206  
喘ぎつつ山路を深く紅葉狩 安藤虎酔 かさね 201207  
空腹を満たす大福紅葉狩 仁平則子 201212  
踏みしめる落葉あざやか紅葉狩 柳田晧一 かさね 201301  
紅葉狩都バス一日乗車券 篠田純子 あを 201302  
眼にちから溜めて戻りし紅葉狩 鈴木夕起子 信州からの風 201302  
六甲の青空に着く紅葉狩 古賀しぐれ ホトトギス 201303  
あの頃は企業一筋紅葉狩 ま神田惣介 京鹿子 201303  
単線の途中下車二度紅葉狩 村川とくみ ぐろっけ 201303  
都バスで飛ばすぜえなんぞと紅葉狩 篠田純子 あを 201401  
ハンチング帽をななめに紅葉狩 小林正史 201402  
ふところに詩書こしに酒紅葉狩 佐藤喜仙 かさね 201402  
穢れなき御苑のひと日紅葉狩 中川すみ子 201402  
紅葉狩蔵王の御釜雲の上 佐藤玲華 ろんど 201402  
紅葉狩共にせし人逝きにけり 三井尚美 ぐろっけ 201403  
紅葉狩少し早くてグラデーション 土井久美子 201501  
紅葉狩祠があれば小銭入れ 佐津のぼる 六花 201501  
紅葉狩人人人の早雲山 斉藤裕子 あを 201501  
先先に同じ一行紅葉狩 斉藤裕子 あを 201501  
紅葉狩の人出の多しカレーの香 篠田純子 あを 201501  
一枚を重ねたき日や紅葉狩 谷島弘康 末黒野 201502  
遠出なき身の裏山に紅葉狩り 齋藤博 やぶれ傘 201502  
家はもう見えぬ深さに紅葉狩 栗原京子 201503  
ボディチェック受けて皇居の紅葉狩 田中貞雄 ろんど 201503  
どの道も史跡に尽くる紅葉狩 古賀しぐれ ホトトギス 201503  
靄ごめの山並雨の紅葉狩 岡野里子 末黒野 201503  
紅葉狩り大友桜にまみえたり 門伝史会 風土 201512 堅田大友桜公園
紅葉狩燃える洛中洛外図 鈴鹿呂仁 京鹿子 201601  
紅葉狩ちりめんの袖ひるがへる 中島陽華 201601  
天ぷらの紅葉食みつつ紅葉狩 江島照美 201601  
見上げたる橋も渡りて紅葉狩 岸洋子 201601  
童謡も出て四五人の紅葉狩 高村令子 風土 201602  
紅葉狩右京の山のさやさやと 竹中一花 201602  
雨重し駅へ逃れし紅葉狩 佐藤恭子 あを 201602  
夜は星の宿ともなりて紅葉狩 今橋眞理子 ホトトギス 201603  
禁制の火の美しき紅葉狩 伊藤通明 201603  
紅葉狩千代田区千代田一番地 稲畑廣太郎 ホトトギス 201610  
行く先を決めずに出掛け紅葉狩 稲畑汀子 ホトトギス 201610  
滑りさう渓谷沿ひの紅葉狩 田中臥石 末黒野 201703  
一人づつ沼覗きゆく紅葉狩 岸洋子 201704  
鎌倉へ紅葉狩とや賑へり 滝沢いみ子 末黒野 201704  
頂きをはるかにしたる紅葉狩 瀬島洒望 やぶれ傘 201711  
晴れ渡る那須連山や紅葉狩 上岡佳子 万象 201801  
紅葉狩り山の出で湯に猿も居て 秋川泉 あを 201801  
紅葉狩り疲れを癒すハーブティー 枝みや子 やぶれ傘 201712  
紅葉狩我が胸中の染まるごと 今野明子 末黒野 201802  
紅葉狩深紅のスカーフ首に巻き 永井惠子 春燈 201802  
しんがりは人を見てゐる紅葉狩 井上菜摘子 京鹿子 201802  
道づれの人と行きけり紅葉狩 井上静子 201802  

 

2018年11月10日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。