作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
尾鰭つけ話されてゐる紅葉舟 伊藤早苗 200501  
紅葉街道「馬の塩なめ石」に座し 大沢美智子 200501  
切株は棟梁の椅子山紅葉 長谷川春 200501  
錦繍の紅葉といへど忌日かな 中山純子 万象 200501  
紅葉のはじまる朝や遠嶺晴 村瀬八千代 遠嶺 200501  
諸具足飾る天守や紅葉晴 谷野由紀子 雲の峰 200501  
山紅葉峠越えれば結願寺 大橋克巳 雲の峰 200501  
山雨きていよよ艶めく紅葉かな 吉村征子 雲の峰 200501  
ねもころに鐘三打づつ紅葉寺 吉村征子 雲の峰 200501  
朝日出づ紅葉の森が燃え始む 林翔 馬醉木 200501  
身削がるる如し紅葉下のドライフ 林翔 馬醉木 200501  
岩壁の白きに映えつ谿紅葉 林翔 馬醉木 200501  
紅葉せり童の丈の小さき木も 林翔 馬醉木 200501  
音添ふるものに小川や紅葉晴 林翔 馬醉木 200501  
溝からも湯気立つ町の紅葉どき 林翔 馬醉木 200501  
紅葉して七染め八染め厳島 鷹羽狩行 200501 八染藍子主宰「廻廊」七〇〇号を祝して
渓谷の紅葉水音までも染め 彦坂範子 ぐろっけ 200501  
天領の南山街道総紅葉 松崎鉄之介 200501  
紅葉谿抜け来て展く大内宿 松崎鉄之介 200501  
飯盛山楓紅葉の血の色に 松崎鉄之介 200501  
紅葉渓霧の底なる黒部川 高橋美智子 200501  
吊橋の中央で見る紅葉渓 木村三郎 200501  
九十九折抜け来て会津楢紅葉 木村三郎 200501  
紅葉の山道塞ぐ巨木かな 鏡山千恵子 帆船 200501  
突出しに添へし紅葉や会席膳 小泉三枝 春燈 200501  
女湯の目かくし満天星紅葉かな 佐藤玲子 春燈 200501  
姨捨石に紅葉して 辻恵美子 栴檀 200501  
紅葉見の真間の継橋わたりけり 小谷延子 栴檀 200501  
オーナーはウエスタン好き谿紅葉 瀬崎憲子 百鳥 200501  
寂庵の寂としてゐる紅葉晴 塩川雄三 築港 200501  
街路樹の紅葉高階より眺む 渡辺喜久子 築港 200501  
紅葉渓清流へ子等石を投ぐ 岡田有峰 築港 200501  
紅葉して窓の明るき日なりけり 長沼紫紅 200501  
水底へ織り込む黄葉紅葉かな 長谷川史郊 馬醉木 200502  
子離れや紅葉乱吹の中に居て 須賀敏子 あを 200502  
紅葉して水にはりつきゐる浮葉 市場基巳 200502  
庭師来て紅葉盛りの枝を剪る 市橋幸代 築港 200502  
箱根路に残る紅葉も捨て難し 渋谷まさ江 築港 200502  
隧道を抜けて紅葉の一段と 高木昌子 築港 200502  
紅葉谷底より瀬音湧き出づる 塩川滋也 築港 200502  
紅葉晴三朝バイパス開通す 河中透水 雨月 200502  
炎上と復興幾たび紅葉寺 史あかり ぐろっけ 200502  
蹴球の背後の木々の紅葉せる 宮津昭彦 200502  
しばらくは座して紅葉の散るを聴く 坂根白風子 200502  
紅葉溪飛び石づたひに川渉る 石田嘉江 200502  
日ざし来て残る紅葉の朱を射たり 長谷川通子 雲の峰 200502  
ああと言ひ紅葉を散らす風であり 岡崎桂子 対岸 200502  
急降下の鳥つぶてあり紅葉谿 浜口高子 火星 200502  
川下り紅葉あかりの岩を突く 山本耀子 火星 200502  
日の暮の耳びんとなる谿紅葉 米澤光子 火星 200502  
産土や紅葉ちりばめ京盆地 大塚まや 京鹿子 200502  
もつこりと紅葉はじまる帚草 高橋さえ子 200502  
夕紅葉旅のつづきのごと立てる 西谷桂子 200502  
ケーブルカー紅葉明りにすれちがふ 後藤秋邑 百鳥 200502  
ひとひらの紅葉払ひて碑文読む 柿澤喜三郎 百鳥 200502  
ゆく程に空気の軽き紅葉谷 小田元 六花 200502  
仮り橋の脚がたがたと紅葉谷 小田元 六花 200502  
手洗ひの紅葉の影を掬ひけり 木内美保子 六花 200502  
目薬をたつぷりさして紅葉径 長村雄作 栴檀 200502  
谺して大声割れる紅葉冷 長村雄作 栴檀 200502  
経文に皇后の御名紅葉雨 河合佳代子 栴檀 200502  
日が差せる紅葉を踏みて遠出かな 藤原浩 栴檀 200502  
古利根に目立ちたがりやの紅葉かな 櫻井白扇 春燈 200502  
湖の辺の風にささやく楢紅葉 穴澤光江 遠嶺 200502  
行儀よく園児のめぐる紅葉苑 安達広子 200502  
窓一つ残して蔦の紅葉かな 中島孝允 酸漿 200503  
紅葉の美この蒼天のあらばこそ 池田倶子 雨月 200503  
これ以上燃ゆる彩無し紅葉燃ゆ 池田倶子 雨月 200503  
大欅紅葉の守護の如意輪寺 上西ハナヱ 200503  
大寺の鐘打込まる紅葉かな 上西ハナヱ 200503  
堂塔を従へ欅紅葉かな 上西ハナヱ 200503  
紅葉の影揺らさずに鯉泳ぐ 三関浩舟 栴檀 200503  
紅葉晴鳥獣戯画の兎跳ね 三関浩舟 栴檀 200503  
野宮社の紅葉明りのかぎりなし 三関浩舟 栴檀 200503  
肩を寄せ合ふて石仏紅葉冷 石榑正徳 栴檀 200503  
二三旬紅葉明りとなる障子 後藤比奈夫 ホトトギス 200503  
温泉煙に模糊たる紅葉惜しみけり 友田直文 200503  
紅葉谿越え索道の宇宙旅 辰巳比呂史 200503  
喝采のやうに散りゆく夕紅葉 いしだゆか 遠嶺 200503  
紅葉がぐるりと囲み船の上 荒川清司 遠嶺 200503  
紅葉やもう散ることをためらはず 三浦永子 京鹿子 200503  
紅葉して尚も夕映え八ヶ岳 竹内太郎 200503  
アンサンブル奏でて居りぬ紅葉渓 木村鈴代 200503  
これに勝る紅葉のありやこの満天星 池田倶子 雨月 200504  
舞ひおりし三日の紅葉しをりとす 田村みどり 京鹿子 200504  
通天は紅葉の天に懸かる橋 粟津松彩子 ホトトギス 200504  
ダム紅葉乾パンの味お茶の味 小林晋子 200504  
全山のかがよふ紅葉黙を強ふ 泉田秋硯 黄色い風 200505  
黄昏や満天星紅葉垣根染む 宮本光子 200505  
店頭で紅葉客待つ大せんべい 池上河童 200505  
玉堂の描く紅葉今御嶽かな 池上河童 200505  
被災地の難儀はかなし山紅葉 御古ゆたか 200505  
溪の空かくさふ楓紅葉あり 瀧春一 菜園 200509 吾妻川溪谷
大き渦小渦紅葉の馳せめぐる 瀧春一 菜園 200509  
バスの窓紅葉の山がはづむなり 瀧春一 菜園 200509 淺間高原
火の山の片かげりして夕紅葉 瀧春一 菜園 200509  
田は乾らびぐるりの丘の紅葉せり 瀧春一 菜園 200509  
ゆふぞらに楓紅葉の漣す 瀧春一 菜園 200509  
もろともに川も眞つ赤や谿紅葉 滝沢伊代次 万象 200510 紅葉 8

 

2014年11月16日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。