紅葉 15     100句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
水軍の裔と下城や山紅葉 片岡久美子 201102  
青年に夢ありしころ楷紅葉 竹内慶子 春燈 201102  
千早城址へ紅葉の磴を喘ぎつつ 井口淳子 201102  
ギヤマンに写る紅葉の柔らかき 宮田香 201102  
早き瀬に棹渾身や紅葉船 安斎久英 末黒野 201102  
対岸の紅葉へ渡る野猿かな 大崎ナツミ 雨月 201102  
貸衣裳にはか舞妓の紅葉どき 北尾章郎 201102  
くつきりと紅葉をうつし夜叉ヶ池 中石士亮 万象 201102  
献燈し堂あかるくし山紅葉 中山純子 万象 201102  
大津の旅紅葉の旅と言ひつべし 大橋晄 雨月 201102  
厳かに紅葉織りなす夜の絵巻 松田和子 201102  
断崖の端に三脚渓紅葉 寺岡ひろし 雨月 201102  
午後二時の吾が家の紅葉眺めをり 長濱順子 201102  
御仏の紅葉明りにおはすなり 永見嘉敏 酸漿 201102  
鉄柵に凭りて恐々溪紅葉 中本吉信 201102  
天平の鴟尾よみがえる紅葉照り 植田雅代 ぐろっけ 201102  
紅葉していよよ仏典ひもとけり 神田小夜子 ろんど 201102  
紅葉する落葉手に取り子等にあげ 武智恭子 ぐろっけ 201102  
紅葉せり日向日陰を染分けて 飯田角子 酸漿 201102  
紅葉と色を競へり指月橋 松田和子 201102  
紅葉映ゆ書院の床の黒光り 長濱順子 201102  
紅葉見や今頃黄砂言はれても 堀百合子 201102  
紅葉添へ焼きたてありのパン屋かな 池田いつ子 酸漿 201102  
紅葉落葉踏みて天城の峠越 坂上香菜 201102  
香煙の薫りしみじみ紅葉寺 川崎利子 201102  
連山の紅葉翼下に迫りけり 前川美智子 末黒野 201103  
ままごとも三三九度の紅葉寺 陶山泰子 ぐろっけ 201103  
紅葉濃し龍馬の墓へ人群れて 池本喜久恵 201103  
碓氷峠紅葉峠となりにけり 渡辺玄子 酸漿 201103  
日の差して声上がりたる紅葉かな 渡辺玄子 酸漿 201103  
際立てる目薬の木の紅葉かな 渡辺玄子 酸漿 201103  
馬油屋はこの突き当り夕紅葉 中島陽華 201103  
米寿の母燃ゆる紅葉に華やげる 横山昭子 雨月 201103  
墓石も銀杏紅葉の衣裳着る 樋口正輝 ぐろっけ 201103  
母とゐる如庵紅葉の浄土たり 横山昭子 雨月 201103  
豊作句碑残る紅葉の明るさに 木千恵子 万象 201103  
お喋りのつきぬ間に過ぐ紅葉谷 中尾廣美 ぐろっけ 201103  
信心の歩に紅葉坂落葉坂 古賀しぐれ ホトトギス 201103  
水鏡ライトアップの遅紅葉 竹下昭子 ぐろっけ 201103  
急流に緊張走る紅葉舟 楯野正雄 201103  
石山の石にうすうす紅葉かな 井上浩一郎 ホトトギス 201103  
吟行や行きつ戻りつ紅葉渓 川崎光一郎 京鹿子 201103  
禅寺の襖金色紅葉晴 沼崎千枝 末黒野 201103  
倉敷の水路に映える萩紅葉 濱田ヒチヱ ぐろっけ 201103  
大岩に江戸ののみ跡紅葉谷 陶山泰子 ぐろっけ 201103  
大黒も茶席に忙し紅葉晴 大西和子 ぐろっけ 201103  
紅葉めで肩までひたる湯の香り 原田圭子 ぐろっけ 201103  
紅葉待つ京への帰路は丸一日 伊吹之博 京鹿子 201103  
紅葉中兄妹の句碑見え隠れ 羽生きよみ ぐろっけ 201103  
赤屋根に紅葉ちりばめホテル街 大西まりゑ 酸漿 201104  
メープルの紅葉の牧場牛白し 大西まりゑ 酸漿 201104  
黒板のさびしい素数さくら紅葉 直江裕子 京鹿子 201104  
目に溢れ酷暑を耐へし紅葉かな 大内恵 酸漿 201104  
関越ゆる桜紅葉を手にのせて 小林洋子 万象 201104  
義家の母衣懸け楓紅葉せり 小林洋子 万象 201104  
肩越しに拝す阿弥陀や紅葉光 神田惣介 京鹿子 201104  
奥出雲柞紅葉の中にあり 菊池由惠 酸漿 201105  
在天の神に捧げて濃紅葉 岩岡中正 ホトトギス 201105  
夏の蝶血潮紅葉を潜りくる 山田六甲 六花 201105  
ご案内雨の紅葉もよからずや 浅井青@陽子 ホトトギス 201105  
紅葉谷木曾十一宿の燃えきそふ 成瀬櫻桃子 成瀬櫻桃子俳句選集 201105  
天目山天より紅葉降るごとし 小滝奈津江 酸漿 201107  
わがままの紅葉籠りと申すべし 竹貫示虹 京鹿子 201110  
まつさきに漆紅葉の峠かな 滝沢伊代次 万象 201110  
横川路の紅葉を誘ふ山日和 稲畑汀子 ホトトギス 201110  
これよりの桜紅葉を描く園 稲畑汀子 ホトトギス 201110  
法螺貝を吹きゐる僧や夕紅葉 武井美代子 万象 201110  
流るるも沈むも紅葉象の川 中條睦子 万象 201110  
よく降ると桜紅葉に父つぶやく 山田六甲 六花 201111  
納骨の降る降る桜紅葉かな コ田千鶴子 花の翼 201111  
百景の一つの桜紅葉これ 稲畑汀子 ホトトギス 201111  
名園や紅葉の遅速問ふまじく 稲畑汀子 ホトトギス 201111  
落人の逃れきつたる紅葉谷 柴田佐知子 201111  
赤誠や紅焔色に城紅葉 布川直幸 201111  
遅れゐて一気に冬の紅葉かな 稲畑汀子 ホトトギス 201111  
朝夕の櫻紅葉となりにけり 井上信子 201111  
カナダ機の全視野メープル紅葉かな 宇治重郎 201112  
城下町対岸ははや紅葉しぬ 相沢有理子 風土 201112  
通草の実舌で掬うて紅葉忌 高橋将夫 201112  
縁先を過ぎりて桜紅葉落つ 藤井美晴 やぶれ傘 201112  
日の透けて虫喰の梅紅葉せず 山田六甲 六花 201112  
発電の水落つ管も紅葉映え 長谷川鮎 ぐろっけ 201112  
布さらす川に紅葉の沈み浮く 舷坂輝美子 万象 201112  
霧はれて紅葉おどろく人おどろく 堀内一郎 あを 201112  
老いらくの恋の色かや山紅葉 松嶋一洋 201112  
躓くもここまで紅葉してゐたり 堀内一郎 あを 201112  
眼裏の峡の紅葉の絞り染 篠原幸子 春燈 201112  
幸村の抜け穴へ列紅葉下 長谷川鮎 ぐろっけ 201112  
天城山口火切つたるはぜ紅葉 吉永すみれ 風土 201112  
紅葉はき紅葉を焚くや寺男 鎌倉喜久恵 あを 201112  
日当たれば流れの速し紅葉渓 杉浦典子 火星 201201  
ひとところ幼き色の山紅葉 高倉和子 201201  
はぜ紅葉空也の闇をふくらます 本多俊子 201201  
隠れ里の「ずずいこ様」や紅葉館 坂上香菜 201201

白洲正子生誕

一〇〇年展

バス停の次も橋の名渓紅葉 平野みち代 201201  
二ノ鳥居過ぎて紅葉の濃くなりぬ 松木清川 ぐろっけ 201201  
桜紅葉今日のいろもて落ちにけり 齋藤厚子 201201  
白髪と決めしけふより紅葉晴 樽井明子 京鹿子 201201  
肌寒し紅葉回廊ひとり旅 後藤克彦 かさね 201201  
四神図の宮処見下ろす紅葉晴 豊田都峰 京鹿子 201201 紅葉→ 16

2019年10月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。