冬紅葉 3    100句

悼句 松岡たけを

冬紅葉のこされし詩のかくもまた 赤城さかえ

紅葉 もみぢ 薄紅葉 濃紅葉 初紅葉 紅葉狩 紅葉且つ散る 蔦紅葉 散紅葉

 紅葉山 紅葉川 照紅葉 櫨紅葉 蔦紅葉 草紅葉 照葉 柿紅葉 冬紅葉 冬もみぢ 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
充実の晩年眩し冬紅葉 橘澄男 山景 200408  
日の道は曲がる事なし冬紅葉 長田秋男 酸漿 200411  
巡路ゆく限り染まりて冬紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200412  
日当りて来しよりまこと冬紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200412  
終りまで知らぬ校歌や冬紅葉 高倉和子 200412  
冬紅葉母がわたしを産んだ歳 玉川梨恵 200501  
冬紅葉静脈透けし女と居る 菅原健一 200501  
夜々照らす獅子吼の庭の冬紅葉 小澤克己 遠嶺 200501  
山の気のひしひしと冬紅葉かな 朝妻力 雲の峰 200501 有馬温泉
舞良戸を開き書院の冬紅葉 辻井桂子 雲の峰 200501  
けたけたと啼く鳥一羽冬紅葉 高野美佐子 雲の峰 200501  
冬紅葉秩父に和銅掘りし跡 大橋克巳 雲の峰 200501  
湯の町に杖捨つる橋冬紅葉 森木久美 雲の峰 200501  
淋しきが故の明るさ冬紅葉 長沼紫紅 200501  
かはせみの沈思の水面冬紅葉 白澤よし子 馬醉木 200502  
山寺の青銅の塔冬紅葉 長崎桂子 あを 200502  
冬紅葉今も伝はる根来塗 上原一郎 築港 200502  
太陽と呼応してゐる冬紅葉 永川絢子 築港 200502  
冬紅葉道に遮断機ある峠 上石哲男 築港 200502  
我が余生斯くありたしや冬紅葉 河中透水 雨月 200502  
本宮の中に鳥居や冬紅葉 谷野由紀子 雲の峰 200502  
冬紅葉厄坂数へつつ登る 谷野由紀子 雲の峰 200502  
冬紅葉街の底ひを神田川 伊藤たいら 雲の峰 200502  
水攻めの城の跡とや冬紅葉 松井洋子 雲の峰 200502  
冬紅葉めまひしさうな谷であり 五十嵐暢子 対岸 200502  
吾が影に一枚の色冬紅葉 西谷桂子 200502  
ここにのみ大地の怒り冬紅葉 林翔 200502  
身に期するものあり冬の旅紅葉 小澤克己 遠嶺 200502  
冬紅葉外輪山の直中に 石山惠子 遠嶺 200502  
日溜りの猫のびのびと冬紅葉 鈴木清子 遠嶺 200502  
冬紅葉山ふところの蔵屋敷 宮川迪夫 遠嶺 200502  
小流を被ひて燃ゆる冬紅葉 小林幸子 酸漿 200503  
冬紅葉日の寵一人じめにして 大庭三千枝 200503  
名の仏師のその眼忘れめ冬紅葉 大橋敦子 雨月 200503  
胡弓弾く赤きドレスや冬紅葉 吉田眞弓 雨月 200503  
碧潭に枝を浸せる冬紅葉 浜口高子 火星 200503  
浄め塩肩より払ふ冬紅葉 岡和絵 火星 200503  
冬紅葉終着駅の灯に浮けり 大串章 百鳥 200503  
冬の水紅葉をかたく封じけり 藤井淑子 百鳥 200503  
冬紅葉チャペルの小窓開きけり 石川英利 百鳥 200503  
巡礼の人集ひをり冬紅葉 堀木基之 百鳥 200503  
「一竹」の執念みたり冬紅葉 山田富朗 遠嶺 200503  
甘味屋の箸に添へある冬紅葉 青木久子 遠嶺 200503  
歓声をまるくつつみし冬紅葉 吉野のぶ子 遠嶺 200503  
神嶺を観音開きに冬紅葉 安藤ヒサ子 河鹿 200503  
吹かれては色を濃くしぬ冬紅葉 長沼紫紅 200503  
冬紅葉こゑかけて入る露天風呂 青野れい子 200503  
なかんづく城中茶屋の冬紅葉 浅井青二 雨月 200504  
防火槽に水溢れをり冬紅葉 加藤和子 六花 200504  
鉄枴の崖に張り付き冬紅葉 中杉隆世 ホトトギス 200504  
冬紅葉隠せる闇に瀬音あり 新免京子 200504  
待ち合す苑に風吹く冬紅葉 村田文一 遠嶺 200504  
梢まで空透きとほる冬紅葉 上西ハナヱ 200504  
持ち時間つかひ切ります冬紅葉 山元志津香 八千草 200505  
母と在りし日の束の間や冬紅葉 上林孝子 200505  
十二代住みきし阿波よ冬紅葉 上崎暮潮 ホトトギス 200507  
散り時をふるえつ待てり冬紅葉 和田美代子 八千草 200507  
地震の地を覆ひ尽せよ冬紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200511  
残されし一樹欅の冬紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200511  
今一度訪はん龍野の冬紅葉 稲畑汀子 ホトトギス 200512  
名園の大岩燃やす冬紅葉 松村多美 四葩 200601 殿ヶ谷戸公園
回廊のきしむ峰寺冬紅葉 金丸鐵蕉 200601  
川舟の岩場を発てり冬紅葉 伊藤一枝 酸漿 200601  
山門を囲みて映ゆる冬紅葉 三井公子 酸漿 200601  
水音の小さき滝や冬紅葉 大里快子 酸漿 200601  
この神の由緒知らねど冬紅葉 岡本眸 200601  
冬紅葉山の日波をたたみこむ 犬塚芳子 200602  
冬紅葉里山は灯を点しをり 太田佳代子 春潮 200602  
冬紅葉ふるさレ一近き人とをり 西岡啓子 春潮 200602  
羽音追ふ視線の先の冬紅葉 田村園子 200602  
川風に船唄乗せて冬紅葉 田巻和子 遠嶺 200602  
伊那谷へ長く裾ひく冬紅葉 高橋善子 四葩 200602  
極楽は此の世にぞある冬紅葉 古田考鵙 雨月 200602  
谿深くそそる巌頭冬紅葉 溝内健乃 雨月 200602  
相会うて言葉少なに冬紅葉 溝内健乃 雨月 200602  
踏石は縁より発す冬紅葉 蓮井崇男 対岸 200602  
冬紅葉遊具の馬の眼の大き 蓮井崇男 対岸 200602  
神鶏の鳥屋のにほひや冬紅葉 山本耀子 火星 200602  
連山の影移りゆく冬紅葉 加古みちよ 火星 200602  
銅の冬紅葉なり山法師 小林優子 酸漿 200602  
漸くに庭をいろどる冬紅葉 小山ナオ子 酸漿 200602  
寺の猫尾を立て来る冬紅葉 村田さだ子 酸漿 200602  
駅といふ淋しきものに冬紅葉 柴田朱美 京鹿子 200602  
またひとつ隧道抜ける冬紅葉 笹村政子 六花 200602  
夫に執る食事制限冬紅葉 園田その子 河鹿 200603  
冬紅葉碑文に父の名見つけたり 早水秀久 河鹿 200603  
嫁ぐ娘と有馬の旅や冬紅葉 佐久間はるみ 200603  
箱庭のやうな弁当冬紅葉 中條今日子 万象 200603  
冬紅葉置き忘れたる古財布 三輪慶子 ぐろっけ 200603  
参道を大きく包む冬紅葉 青木民子 酸漿 200603  
入鹿の首すつ飛ぶ絵図や冬紅葉 延広禎一 200603  
深山木の中に一ともと冬紅葉 高橋善子 四葩 200603  
滝水の流れはつかに冬紅葉 大竹淑子 風土 200603  
慶事待つ皇居の森や冬紅葉 吉田小幸 ホトトギス 200604  
一山の夕日に優る冬紅葉 坂本ひさ子 遠嶺 200604  
冬紅葉ゆたけき心うしなはじ 瀧春一 常念 200606  
空襲下家々冬の紅葉濃し 瀧春一 常念 200606  
舟運のここに栄えて冬紅葉 小澤克己 塩竃 200608  
一山の黙冬紅葉冬黄葉 稲畑廣太郎 ホトトギス 200611  
校倉をめぐりて冬の紅葉照る 福盛悦子 雨月 200701 冬紅葉 4

 

2014年11月30日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。