花 狩      49句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
やはらかきことばつかへり花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
くれなゐのころもまとうて花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
うすももの闇へと誘ふ花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
樹のもとに星を散らして花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
二の腕の現つの白さ花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
花狩女風をいだけば匂ひけり 小澤克己 遠嶺 199906  
潮騒や花狩る女の影ひとつ 小澤克己 遠嶺 199906  
幽明の雨の細さを花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
花狩女ひかりの野辺を辿り来し 小澤克己 遠嶺 199906  
海原に陽の道ありし花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
死へ遠き帯しめなほす花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
くちびるに風をうかがふ花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
夜は一糸まとはざるらむ花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
星影に髪解き放つ花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
焚かれたる焔の中の花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
蝋涙のひとすぢ紅し花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
木の裏へ姿するりと花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
黄昏と黄泉とは近し花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
夢見て夢見てその後知らず花狩女 小澤克己 遠嶺 199906  
やはらかきことばつかへり花狩女 小澤克己 花狩女 200004  
おくれ毛に風の詩あり花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
佇めば星降る丘の花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
ひとくちの水うながせり花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
花狩女かんかん幹の響きたる 小澤克己 遠嶺 200006  
一瞬の鼻梁の翳り花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
湧き上がることばを手繰る花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
荒磯に散りゆく魂や花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
死とは人の内なる闇や花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
人の世の艶美を愛でて花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
衣すべて脱ぎ白皙の花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
身も折れむばかりに撓ふ花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
うすももの舌のあまさの花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
こゑいちどあげたるのみの花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
花狩女つかめば無なる御身かな 小澤克己 遠嶺 200006  
永遠に永遠にわだつみ眺む花狩女 小澤克己 遠嶺 200006  
高楼へ誘ふやうに花狩女 小宮山勇 遠嶺 200007  
影までも匂ひたたせて花狩女 小澤克己 遠嶺 200008  
北限に星を散らして花狩女 小澤克己 遠嶺 200008  
そびらより吐息が甘し花狩女 小澤克己 遠嶺 200008  
そのあとの髪くしけづる花狩女 小澤克己 遠嶺 200008  
逢瀬とは風の衣の花狩女 小澤克己 遠嶺 200008  
花狩の黄泉よりきたる女かな 小澤克己 遠嶺 200205  
エルメスの青きスカーフ花狩女 小山徳夫 遠嶺 200207  
妖精を見しと真顔の花狩女 小山徳夫 遠嶺 200207  
羅陵王さそひ出したる花狩女 宮倉浅子 遠嶺 200207  
花狩女一夜の鏡譲り合ふ 野口香葉 天女櫻 200209  
花狩へ最小限の人集め 伊藤白潮 200805  
花狩や口のあたりをほとびらせ 佐藤喜孝 あを 201805  

 

2020年3月28日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。