梅雨に入る 2     200句

人体図ぐるぐるめぐり梅雨に入る    長谷部朝子

梅雨の季語  梅雨 梅雨に入る  梅雨入  梅雨はじめ  梅雨めく  走り梅雨

迎へ梅雨   梅雨明  青梅雨  梅雨籠  梅雨寒  空梅雨

梅雨冷  梅雨夕焼  梅雨晴  梅雨晴間  梅雨茸  梅雨茸

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
確執の解けざるままに梅雨に入る 水野範子 ぐろっけ 200510  
梅雨に入る覚悟の病とふ知らせ 東野鈴子 雨月 200510  
梅雨に入る畳の真中少しくぼみ 高倉和子 200606  
朝刊の文字騒がしく梅雨に入る 佐渡谷秀一 春燈 200608  
船の濤短く梅雨に入りにけり 岩木茂 風土 200608  
校門の黒松八号梅雨に入る 近藤幸三郎 風土 200608  
予後の身も軽やかになり梅雨に入る 沢木キミ子 四葩 200608  
コーリアン市場くはしく梅雨に入る 山尾玉藻 火星 200608  
亡き犬の座なりしソファー梅雨に入る 坂井和子 酸漿 200608  
二度聞きが癖となる耳梅雨に入る 柴野静 200609  
病妻の気分もやもや梅雨に入る 山口博通 ぐろっけ 200609  
旅支度はかどらぬまま梅雨に入る 正木泰子 ぐろっけ 200609  
青年の手足の長く梅雨に入る 高倉和子 200609  
東京へ日帰りの旅梅雨に入る 稲畑汀子 ホトトギス 200706  
けふ梅雨に入りし近所の鳩の数 山尾玉藻 火星 200706  
梅雨に入る何となけれど手を膝に 岡本眸 200707  
九州は梅雨に入りしと真鯉かな 青山丈 200707  
心虚しき一年を経て梅雨に入る 大橋晄 雨月 200708  
迂闊にも石蹴つてより梅雨に入る 鈴鹿仁 京鹿子 200708  
梅雨に入るかつてラジオに『君の名は』 定梶じょう あを 200708  
観世音昼を灯して梅雨に入る 西川五郎 馬醉木 200708  
「気の毒に」床に客なし梅雨に入る 岩崎憲二 京鹿子 200709  
梅雨に入る訥々語る老教授 堀井英子 雨月 200709  
草の灰汁染む爪伸びて梅雨に入る 岡敏恵 ぐろっけ 200709  
ビニールにくるまり朝刊梅雨に入る 池崎るり子 六花 200709  
喃語とか万国共通梅雨に入る 岩松八重 六花 200709  
寝ねがての呟きぐせも梅雨に入る 伊藤奈津 200709  
燈台の光芒青し梅雨に入る 西村博子 馬醉木 200709  
美丈夫の細き笛の音梅雨に入る 岡本幸枝 ぐろっけ 200710  
梅雨に入る湖灯台の黒木組み 松本鷹根 京鹿子 200710  
ピアノ弾くことも間遠に梅雨に入る 中原敏雄 雨月 200801  
併走の鉄軌数條梅雨に入る 岡本眸 200806  
草踏んで歩いてゐれば梅雨に入る 青山丈 200807  
滝壷の魚影くはしく梅雨に入る 城孝子 火星 200808  
墓になほ仏ひとりや梅雨に入る 藤田宏 長城 200808  
鳶鳴きて丹波青垣梅雨に入る 朝妻力 雲の峰 200808  
梅雨に入る心に楔打たねばや 大橋敦子 雨月 200808  
雲梯も鉄棒も濡れ梅雨に入る 廣見知子 200809  
去勢されしカサブランカや梅雨に入る 武田美雪 六花 200809  
梅雨に入る木偶にべつたり岩絵具 岡本幸枝 ぐろっけ 200809  
新任の医師の再診梅雨に入る 竹内千春 ぐろっけ 200809  
亡夫ねむる六甲静かに梅雨に入る 竹内千春 ぐろっけ 200809  
大琵琶の水量保つ梅雨に入り 奥田妙子 ぐろっけ 200810  
蕉像の眼虚ろや梅雨に入る 稲畑廣太郎 ホトトギス 200906  
大都市のビル凹ませて梅雨に入る 稲畑廣太郎 ホトトギス 200906  
指差して鎌倉七口梅雨に入る 神蔵器 風土 200907  
海けぶる橋立観音梅雨に入る 小林成子 200908  
仲介人待つ部屋ひとり梅雨に入る 伊藤無迅 炎環 200908  
梅雨に入る日の胸もとのとんぼ玉 城孝子 火星 200908  
観劇の余韻そのまま梅雨に入る 宮野照子 馬醉木 200909  
鮮やかなレイングッズや梅雨に入る 西村純代 200909  
定置網空模糊として梅雨に入る 片岡啓子 遠嶺 200909  
茫茫と伊良湖灯台梅雨に入る 金子隆吉 200909  
チェーンソーの煙のにほひ梅雨に入る 大島英昭 やぶれ傘 200909  
特急は音なく発車梅雨に入る 辻美奈子 200909  
梅雨に入る捨て難きもの殖やしつつ 田原陽子 200909  
立ち座る膝の音して梅雨に入る 永田勇 六花 200909  
何もかも溜息ひとつ梅雨に入る 今井千鶴子 ホトトギス 200910  
歯を抜かれ関東平野梅雨に入る 近藤幸三郎 風土 200910  
媽祖廟の香煙重く梅雨に入る 鎌田篤 雨月 200910  
高下駄の旋律のごと梅雨に入る 秋千晴 200910  
色と彩競うて木々の梅雨に入る 橋本くに彦 ホトトギス 200911  
決まりゆく旅の計画梅雨に入る 稲畑汀子 ホトトギス 201006  
計画は秘めごとなりし梅雨に入る 稲畑汀子 ホトトギス 201006  
梅雨に入りたるより晴のつゞく旅 稲畑汀子 ホトトギス 201006  
梅雨に入る右往左往の国づくり 安部里子 あを 201008  
秋津国の臍の辺りも梅雨に入る 竹内弘子 あを 201008  
蔵書とて未読の多し梅雨に入る 塩路五郎 201009  
梅雨に入り染みあと残る世界地図 宮田香 201009  
梅雨に入る車輌いづれもくもり窓 笠井清佑 201009  
伯耆大山北壁模糊と梅雨に入る 上谷昌憲 201009  
爪弾きの音のついんと梅雨に入る 篠藤千佳子 201009  
呼ぶごとく呼ばれるごとく梅雨に入る 松田都青 京鹿子 201009  
泣く児ゐてつられて泣く児梅雨に入る きくちきみえ やぶれ傘 201009  
万華鏡のやうなバスの灯梅雨に入る 丸山照子 火星 201009  
鬱の字の常用となり梅雨に入る 加藤せぶん ろんど 201009  
山鳩の声のくぐもり梅雨に入る 宮平静子 雨月 201009  
梅雨に入る新発売のアロマ買い 島本知子 ぐろっけ 201010  
また少し身ぬちの余震梅雨に入る 片伯部淳 投稿 201105  
誰彼を偲ぶ波音梅雨に入る 稲畑汀子 ホトトギス 201106  
雉鳩の古巣かぐろし梅雨に入る 竹内弘子 あを 201107  
日本国フクシマは何処梅雨に入る 須賀敏子 あを 201107  
声に出す養生訓や梅雨に入る 阪本哲弘 201108  
梅雨に入るフォルテピアノを繰返し 笹井康夫 201108  
永らへし身代り灯籠梅雨に入る 近藤幸三郎 風土 201108  
梅雨に入る触れば泣き出しさうな空 石田康明 春燈 201108  
梅雨に入り独り廊下を試歩練習 山田をがたま 京鹿子 201108  
梅雨に入るついと肋間神経痛 大橋敦子 雨月 201108  
予定表また書き替へて梅雨に入る 中原敏雄 雨月 201108  
梅雨に入る駅の通路のほの暗し 早崎泰江 あを 201108  
国引の杭もろともに梅雨に入る 和田照海 京鹿子 201109  
桟橋に豪華客船梅雨に入る 鈴木みのる 風土 201109  
喪に服すやうに列島梅雨に入る 菅谷たけし 201109  
汐満ちて運河しづかに梅雨に入る 大石誠 201109  
梅雨に入る塩と砂糖の白さかな 大島翠木 201109  
走り根のくちなはに似て梅雨に入る 田所洋子 雨月 201109  
海底を彷徨ふごとく梅雨に入る ひらいみおこ 六花 201109  
海沿ひに青き列車や梅雨に入る ひらいみおこ 六花 201109  
産卵の鮒田へ上り梅雨に入る 中石土亮 万象 201110  
持ちて来し仕事やりくり梅雨に入る 稲畑汀子 ホトトギス 201205  
はや梅雨に入りし東京集ひけり 稲畑汀子 ホトトギス 201205
空降りてくるおりてくる梅雨に入る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201206  
明るさに騙されまいぞ梅雨に入る 稻畑汀子 ホトトギス 201206  
鍛冶屋敷錆いろにして梅雨に入る 鈴鹿仁 京鹿子 201207 堺市にて
ヘモグロビンコレステロール梅雨に入る 佐藤喜孝 あを 201207  
父母在りし日のはろけくて梅雨に入る 大橋敦子 雨月 201207  
灰色の空と稜線梅雨に入る 伊庭玲子 201208  
競ふより和す花多し梅雨に入る 高橋あさの 201208  
少女らのはぎの白さよ梅雨に入る 須賀敏子 あを 201208  
決断はプランAなり梅雨に入る 田中信行 201209  
「がんばつぺ」と終はる電話や梅雨に入る 篠原幸子 春燈 201209  
梅雨に入る眼鏡とりどりかへてもや 滝澤千枝 春燈 201209  
第一展望台より上梅雨に入る 根岸善行 風土 201209  
齟齬多き一日でありぬ梅雨に入る 柴田良二 雨月 201209  
星の井の銅葺きの蓋梅雨に入る 田中貞雄 ろんど 201209 鎌倉吟行
古民家の土間の匂ひや梅雨に入る 増田甚平 ろんど 201209  
一本の笹百合の辺の梅雨に入る 松井倫子 火星 201209  
みどりの実むらさきの実や梅雨に入る 天谷翔子 火星 201209  
水溶性フェルトペンの梅雨に入る 辻直美 201210  
雑談の裏は退屈梅雨に入る 松田都青 京鹿子 201210  
胸底にゼロゼロ残し梅雨に入る 松本アイ ぐろっけ 201210  
大穴に粘土の地層梅雨に入る きくちきみえ やぶれ傘 201210  
たたなづく大江五峰や梅雨に入る 吉田節子 ホトトギス 201211  
病む妻の腕の細し梅雨に入る 酒井秀郎 返り花 201211  
海底に彷徨うごとく梅雨に入る 平居澪子 六花 201212
快晴の旅願はずも梅雨に入る 稲畑汀子 ホトトギス 201306  
梅雨に入り晴は得したやうな旅 稲畑汀子 ホトトギス 201306  
薬草の乾かぬうちに梅雨に入る 近藤ともひろ ろんど 201309  
会ふことの出来る幸せ梅雨に入る 稲畑汀子 ホトトギス 201405  
木々の葉のみどり重たく梅雨に入る 布川直幸 201405  
一滴二滴やがて本降り梅雨に入る 布川直幸 201405
梅雨に入るすでに久しく降るやうに 山尾玉藻 火星 201406  
ビル狭間より梅雨に入る丸の内 稲畑廣太郎 ホトトギス 201406  
棘ある木とげ尖らせて梅雨に入る 荒井千佐代 201407  
梅雨に入る小名木川より隅田川 神蔵器 風土 201407  
針箱の中の種々梅雨に入る 浅田光代 風土 201408  
幼子の髪切り揃へ梅雨に入る 山荘慶子 あを 201408  
梅雨に入る九十九里浜粛粛と 河口仁志 201408  
炊きたての飯のふつくら梅雨に入る 小川玉泉 末黒野 201409  
夕暮や雨蕭蕭と梅雨に入る 川村亘子 末黒野 201409  
お豆腐が変身する日梅雨に入る つじあきこ 201409  
杉山の真昼の闇や梅雨に入る 鈴木静恵 春燈 201409  
当たり前の歩行苦戦や梅雨に入る 大西よしき ろんど 201409  
アンコール曲に手拍子梅雨に入る 柿沼盟子 風土 201409  
言霊を掴みそこねて梅雨に入る 犬塚李里子 201409
諦めることが肝心梅雨に入る 稲畑廣太郎 ホトトギス 201506  
蒼茫と伊吹の奥も梅雨に入る 野原春醪 馬醉木 201508  
四季咲きの庭の駒草梅雨に入る 小川玉泉 末黒野 201508  
梅雨に入る血圧計の赤マーク 諸戸せつ子 春燈 201508  
地震噴火憂ひの種や梅雨に入る 鈴木セツ 201508  
ひと晩の土砂降りありて梅雨に入る 大橋晄 雨月 201508  
殷殷とニコライの鐘梅雨に入る 山本喜朗 雨月 201508  
いのちとは寿命のことか梅雨に入る 大坪景章 万象 201508  
梅雨に入る何か聞こえるパンの耳 犬塚李里子 201509  
楷書より草書の暮し梅雨に入る 荒井千瑳子 201509  
残りもの昼餉にさらひ梅雨に入る 磯部愛子 末黒野 201509  
バスの床濡れて光りて梅雨に入る 伴秋草 末黒野 201509  
包丁を研屋に預け梅雨に入る 田代貞枝 201510  
何事も纏まらぬまゝ梅雨に入る 藤波松山 京鹿子 201510  
海茫茫山茫茫と梅雨に入る 大橋伊佐子 末黒野 201510  
嵯峨の路竹の戦ぎも梅雨に入る 大橋伊佐子 末黒野 201510  
梅雨に入る厨くまなく拭き上げて 湖東紀子 ホトトギス 201511  
俳諧の過客の如く梅雨に入る 竹下陶子 ホトトギス 201606  
釘箱の中も探して梅雨に入る 中川句寿夫 あを 201607  
亡き人のままの表札梅雨に入る 大森道生 春燈 201608  
密教の梵字の綴り梅雨に入る 栗原京子 201608  
鎌倉の歴史は昏し梅雨に入る 大橋晄 雨月 201608  
踏切の遠き瞬ぎ梅雨に入る 荒井千瑳子 201608  
梅雨に入る雨ななめなる銀座かな 原田しずえ 万象 201609  
梅雨に入るも乗馬スクール受付中 大橋晄 雨月 201609  
あをあをと鎌倉五山梅雨に入る 多方清子 雨月 201609  
茅葺きの集落濡らし梅雨に入る 多方清子 雨月 201609  
梅雨に入る杖も心も湿りゐて 永田万年青 六花 201609  
しらじらと梅雨に入りけり雀濡れ 岩井京子 201610  
もう会へぬお互ひさまや梅雨に入る 野中圭子 京鹿子 201610  
遅れ馳せながらの文で梅雨に入る 中川句寿夫 ここのもん 201705  
旅予定次々ありて梅雨に入る 稲畑汀子 ホトトギス 201706  
サラダさらさら清く正しく梅雨に入る つじあきこ 201709  
診療にもう行かなくちや梅雨に入る 赤松赤彦 六花 201709  
梅雨に入り満員電車遣り過ごす 赤松赤彦 六花 201709  
かろやかに罔象は唄ひ梅雨に入る 有松洋子 201709  
梅雨に入る鯉漆黒と見たるより 小林愛子 万象 201709  
梅雨に入る姿見大き試着室 林いづみ 風土 201709  
アイロンの蒸気ゆたかに梅雨に入る 林昭太 201709  
角の店消えて明るく梅雨に入る 岩藤礼子 やぶれ傘 201709  
山鳩のくぐもる声や梅雨に入る 鈴木静恵 春燈 201709  
あぶな絵の確かどこかに梅雨に入る 直江裕子 京鹿子 201710  
スマホ触る指の湿りや梅雨に入る 今村千年 末黒野 201710  
鬱鬱と鬱の字のごと梅雨に入る 今村千年 末黒野 201710  
隠しごと隠し通して梅雨に入る 田岡千章 201712  
休耕田続く車窓や梅雨に入る 安立公彦 春燈 201808  
大磯のワンマン道路梅雨に入る 松山三千江 春燈 201808  
フルートより魔笛の調べ梅雨に入る 塩貝朱千 京鹿子 201808  
梅雨に入り木々逞しく枝広げ 城戸ひろみ 雨月 201808  
神宮の杜の静けさ梅雨に入る 岡田正義 雨月 201809  
予報士の語尾は濁さず梅雨に入る 加藤翅英 京鹿子 201809  
梅雨に入る気象のニュース拠り所 長崎桂子 あを 201808  
漆喰の壁の鏝跡梅雨に入る 森なほ子 あを 201808 梅雨に入る→3

 

2020年6月1日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。