迎へ梅雨   19句

作品
作者
掲載誌
掲載年月
産土の木々のざわめき迎へ梅雨 中川晴美 俳句通信 199908
豊饒に生きて祖霊の迎へ梅雨 小宮山勇 遠嶺 200109
校舎裏きれいに掃かれ迎へ梅雨 前田永子 200408
佛足石魚の紋様迎へ梅雨 森山のりこ あを 200408
下町に水路の匂ひ迎へ梅雨 篠田純子 あを 200508
バスに観る寅さん映画迎へ梅雨 三枝邦光 ぐろっけ 200509
迎へ梅雨レインボーブリッジくぐる船 三輪初子 炎環 200908
鬱の字を手に書いてみる迎へ梅雨 松本三千夫 末黒野 201008
迎へ梅雨もののにほひの沈む道 篠田純子 あを 201108
学会に参加と書きて迎へ梅雨 岡野安雅 かさね 201208
太梁に煤のいろ濃き迎へ梅雨 礒貝尚孝 201209
和やかに庭師ら話す迎へ梅雨 山口ひろよ 201408
緒の色と合はす爪革迎へ梅雨 岡野里子 末黒野 201410
ぬめぬめと上下する鵜や迎へ梅雨 篠田純子 あを 201507
簗壺のうぐひ跳ねつぐ迎へ梅雨 小森泰子 馬醉木 201809
迎へ梅雨本陣脇の竹箒 伊藤隆 201909
長靴の赤の小ささ迎へ梅雨 有松洋子 202009
片付かぬ予定のひとつ迎へ梅雨 和田慈子 末黒野 202109
亡き兄の墓は新し迎へ梅雨 ふなかわのりひこ 202109

 

2022年6月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。