梅雨はじめ(梅雨はじまる)     10句

梅雨の季語  梅雨 梅雨に入る  梅雨入  梅雨はじめ  梅雨めく  走り梅雨

迎へ梅雨   梅雨明  青梅雨  梅雨籠  梅雨寒  空梅雨

梅雨冷  梅雨夕焼  梅雨晴  梅雨晴間  梅雨茸  梅雨茸

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
今年またうやむやに梅雨はじまりぬ 鷹羽狩行 200406  
藤棚の四隅より梅雨はじまれり 宮崎すみ 対岸 200408  
物漬くる妻の明け暮れ梅雨はじまる 藤原たかを 馬醉木 200508  
大淀を砂利船のゆく梅雨はじめ 浜口高子 火星 200508  
天雲の戦慄き興る梅雨はじめ 吉弘恭子 あを 200607  
机辺とふ昏さもて梅雨はじまれり 木内憲子 200610  
甕に口壼に肩梅雨はじまりぬ 鷹羽狩行 200707  
電柱に触れてひんやり梅雨はじめ 布川直幸 200808  
沖雲にはしる火襷梅雨はじめ 渡辺昭 200908  
風邪猫に往診たのむ梅雨はじめ 安部里子 あを 200909  
病院は塔の白さで梅雨はじまる 堀内一郎 あを 201302  

 

2016年6月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。