走り梅雨 1

釣銭の魚くさくて走り梅雨    竹内弘子

梅雨の季語  梅雨 梅雨に入る  梅雨入  梅雨はじめ  梅雨めく  走り梅雨

迎へ梅雨   梅雨明  青梅雨  梅雨籠  梅雨寒  空梅雨

梅雨冷  梅雨夕焼  梅雨晴  梅雨晴間  梅雨茸  梅雨茸

 作品  作者 掲載誌 掲載年月 前書その他
寢る前の窓に顔出す走り梅雨
岡本眸
199008
  
立直る糸口もなく走り梅雨
山田弘子
春節
199503
 
赤松の幹に朱の増す走り梅雨
生田恵美子
風土
199808
  
武甲嶺の襞あらあらし走り梅雨
河上麗子
春耕
199808
 
脳みごと流して仕舞ひ走り梅雨
高木伸宜
船団
199811
 
走り梅雨みごと躱(かは)せり一難事
能村登四郎
羽化
199900
 
走り梅雨山の匂ひを近うせり
岩田沙悟浄
円虹
199908
 
走り梅雨シビアなりしも一理かな
桑垣信子
いろり
199908
 
喪主となる甥まだ若し走り梅雨
山口たけし
俳句通信
199908
 
ていねいに俎洗ふ走り梅雨
深川知子
俳句通信
199908
 
竹皮の僧の草履や走り梅雨
渡辺政子
俳句通信
199908
 
杉苗のかたまり匂ふ走り梅雨
藤原輝子
春耕
199909
 
走り梅雨夜も明るいモデルルーム
吉永彩華
海程
199910
 
「おーい」傘骨折れたる走り梅雨
山中葛子
海程
199911
 
走り梅雨気候の変化身に添はず
松尾緑富
ホトトギス
200001
 
松山のおばちやんが来て走り梅雨
山田六甲
六花
200006
 
走り梅雨ゆつくり歩いてみたくなる
伊藤多恵子
火星
200007
   
手児奈井の木蓋の重し走り梅雨
伊藤京子
200007
   
走り梅雨思ひ出残る腕時計
中村幸子
俳句通信
200007
   
墓標なき安萬侶の墓走り梅雨
朝妻力
俳句通信
200007
   
覚めてすぐ眼鏡を拭ふ走り梅雨
田中呑舟
火星
200008
   
背を正し烏骨鶏鳴く走り梅雨
清水伊代乃
酸漿
200008
   
一識るに十聞いてゐる走り梅雨
渡辺俊子
京鹿子
200008
   
豆腐屋の油の香る走り梅雨
内藤八重
俳句通信
200008
   
商ひの戸へ吹きつけし走り梅雨
藤井昌治
200008
   
走り梅雨水争ひの碑にしとど
窪田佳津子
雨月
200009
   
血管浮く足がいとおし走り梅雨
阿木よう子
海程
200010
   
レシートの裏で掛け算走り梅雨
中原幸子
遠くの山
200010
   
走り梅雨隣家まだ灯の点りゐし
三井孝子
六花
200010
   
走り梅雨昔の話ばかりして
長谷川鮎
ぐろっけ
200101
   
庭の木々違ふ貌してはしり梅雨
小畑翠光
京鹿子
200103
   
走り梅雨バランス悪き視力かな
桑原敏枝
いろり
200107
   
走り梅雨潟に大鯉はねにけり
横田和
春耕
200107
   
走り梅雨甘蔗畑を洗ひけり
宮津昭彦
200107
   
走り梅雨ほどの濡れ衣なりしかな
坂本京子
200107
   
糠床の膨れ上がって走り梅雨
篠田純子
あを
200107
   
走り梅雨濛濛として原生園
松本米子
あを
200107
   
走り梅雨体温のこる五円玉
吉弘恭子
あを
200107
   
間水(けんずい)を運んでをりぬ走り梅雨
伊藤多恵子
火星
200108
   
かささぎのかちかち鳴けり走り梅雨
岡久枝
酸漿
200108
   
はしり梅雨傘のさしある旅鞄
池部久子
酸漿
200108
   
走り梅雨君を黄泉路へ急がせし
林翔
200108
   
走り梅雨猫と思はぬ猫とゐる
片山煕子
京鹿子
200108
   
軒下の竿に雉鳩走り梅雨
西川よし子
春耕
200108
   
丹念に磨く鍵盤走り梅雨
山田禮子
遠嶺
200108
   
川底の石みな青し走り梅雨
前阪洋子
俳句通信
200108
   
走り梅雨ビル空室の札貼られ
多田鬼堂
200108
   
硝子越し名園ゆがむ走り梅雨
多田鬼堂
200108
   
遠い灯のどれもうるみし走り梅雨
禅京子
風土
200109
   
神木に養生のあと走り梅雨
福地真紀
百鳥
200109
   
走り梅雨手配写真を渡さるる
石崎宏子
百鳥
200109
   
走り梅雨珈琲カップに泡の痕
鳴海清美
六花
200109
   
水瓶のペットボトルに走り梅雨
葉月ひさ子
船団
200109
  
むちむちの白き二の腕走り梅雨
武田直美
200110
 
十六柱に十六菩薩走り梅雨
橋添やよひ
風土
200111
 
アウトレット街まるで異国走り梅雨
榎本愛子
海程
200112
 
ひた歩む黄鶺鴒あり走り梅雨
阿部ひろし
酸漿
200206
 
走り梅雨灯るがごとく電話鳴る
渡邉友七
あを
200207
 
走り梅雨船のけぶらふ明石の門
仲尾弥栄子
雲の峯
200207
 
題目を染め抜く幟走り梅雨
春田淳子
雲の峯
200207
新潟本成寺
五位鷺の一声渡る走り梅雨
阿部文子
酸漿
200207
 
走り梅雨切手きらしてゐたりけり
中谷葉留
風土
200208
 
百合の樹の花盛りなり走り梅雨
松崎鉄之介
200208
 
木隠れに鳥の鋭声や走り梅雨
岩田育左右
遠嶺
200208
 
掘割の鯉に白壁走り梅雨
高木昌子
築港
200208
 
高階の眺め閉ざされ走り梅雨
熊岡俊子
雨月
200208
 
鯉こくに酒の匂ひの走り梅雨
森岡正作
200208

 

2016年6月13日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。