1     98句

あさる雉馬の下腹くぐりけり    一茶

春禽 春の鳥  うぐひす 雲雀  つばくらめ  つばめ 燕の子

雀の子  巣立 百千鳥 古巣 鷽 小綬鶏 巣箱 鳥の巣

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
飛ぶ鳥の明日香雉子鳴き揚雲雀 松崎鉄之介 199806  
雉啼けり炭焼窯の火止時 菅原修子 春耕 199807  
吾れに添ひ歩く雌雉子菩薩めく 三浦勲 199808  
転生は雉子か癌病む身を詠みて 三浦勲 199808  
しだり尾の短歌七七雉子とべり 奥田筆子 京鹿子 199901  
雉子抱いて幕切れとなる独り芝居 藤田守啓 船団 199902  
外海に海人内海に雉子のこゑ 岡井省二 199904  
音重くたて大寒の雉一羽 北吉裕子 俳句通信 199904  
葭焼くや毅然とたちて消えし雉子 三嶋隆英 馬醉木 199905  
雉啼けり走れり熱き思ひもて 高橋銀次 風土 199906  
着任の新園長に雉子鳴けり 村越化石 199906  
雉子鳴くと微動だにせぬ鮒の浮子 吉永克巳 199906  
雉子の雌尾を逆立てて鴉追ふ 吉永克巳 199906  
灯台の寂しさに雉啼き頻る 禰寝瓶史 京鹿子 199906  
御土居跡台杉に雉子けたたまし 星佳子 199907  
畦歩む雉子浮き立たす夕日差 吉永克巳 199907  
雉の声五月の森にひびきけり 大内裕家 酸漿 199908  
雉子鳴けば鼓膜がケンと揺れ動く 西沢勝 海程 199908  
庭ぬちのこんな身近に雉の巣 郡良子 円虹 199908  
雉の巣に近寄りたがる子を制止 郡良子 円虹 199908  
雨の日も巣寵る雉のひたすらに 郡良子 円虹 199908  
いつせいに孵りし雉の早や巣立ち 郡良子 円虹 199908  
孵るなり巣立つが雉の習性と 郡良子 円虹 199908  
朝ごとに雉来る湯宿額の花 升本栄子 春耕 199908  
雉鳴きて草色深むリュックかな 佐渡美佐子 ヒッポ千番地 199908  
雉鳴くや六つのポリープ騒ぎだす 高木伸宜 船団 199909  
初霜や雉子翔つ音の芋畑 皆川盤水 春耕 199912  
雉飛んで常陸の緑野風はらむ 田中藤穂 水瓶座 200002  
雉子鍋や月山おろし窓に鳴り 和田和子 馬醉木 200005  
雉吊るす母屋の縁の濡れてをり 中島陽華 200005  
庭先へ雉子の入り来るよき日和 佐々木ミツヱ 200005  
雉鳴いていよいよ白き山の雨 山田弘子 円虹 200006  
手放して平す山畑雉啼けり 小野寺節子 風土 200006  
雉子鳴けり石を枕の露天湯に 中沢文次郎 200006  
遠雉子の声に聞き耳たてる父 皆川盤水 春耕 200006  
声と羽男一匹雉翔べり 渡辺純 京鹿子 200007  
雉子走りをり残雪の千曲の洲 山崎羅春 春耕 200007  
雉子鳴くや奥ほの暗き座禅堂 太田寛郎 200008  
寺の苑雉子の二声つらぬきぬ 荒川優子 春耕 200009  
地面じづら見て物おもう癖夏の雉 金子兜太 海程 200011  
籠で飼ひ籠で売られし雉一羽 飯塚ゑ子 火星 200102  
屋島嶺に谺返しの雉子の声 山田弘子 円虹 200105  
夫に蹤く木道雉の飛び立てり 田中藤穂 あを 200105  
草おぼろ雉の鋭声のいち度きり 石田阿畏子 馬酔木 200106  
雉子啼いて庵径より朝兆す 小澤克己 遠嶺 200106  
雉子の声礫のごとく飛んで来し 松田雄姿 百鳥 200106  
木洩日に葉のうら光り雉子啼く 江倉京子 あを 200106  
雉子鳴くや折目の擦れて山の地図 近藤暁代 馬酔木 200107  
享保の世よりの祖の地雉子鳴く 大橋敦子 雨月 200107  
雉子啼くや木地師塗師と酌み交し 高橋とも子 200107  
六月の雉また鳴いて楊原 岡井省二 200108  
三山の一つに遊ぶ雉子親仔 村越化石 200108  
行く夏の花圃に拾ひし雉子の羽 海上俊臣 酸漿 200110  
谷戸の日の釣瓶落しに雉子の声 塩谷はつ枝 馬醉木 200201  
讃岐にて二月の雉子の鳴けるなり 岡井省二 200201  
夕護摩に供養の手向け雉子鳴く 林和子 200202 香園寺
番ひ雉子角刈込に来ては鳴く 鈴鹿野風呂 京鹿子 200202  
果樹畑を番ひの雉や初景色 太田陽子 春耕 200203  
画眉鳥と雉子の歩めり草紅葉 長田秋男 酸漿 200204  
登校や雉子の残像溶岩にあり 西山美枝子 酸漿 200204  
地も石も起きよと雉子の鳴きにけり 村越化石 200205  
雉子の鳴く畦に鋤鍬乾きをり 米澤光子 火星 200205  
身を振ひ雉子が払へる朝の雨 海上俊臣 酸漿 200205  
切株の深き斧跡雉子鳴けり 田村文江 春耕 200205  
父が聞き子が聞き雉子の声遠し 大串章 百鳥 200206  
理趣経や空に抜けたる雉子の声 近藤喜子 200206  
水分に頬骨赤き雉子かな 延広禎一 200206  
雉鳴くや手にぶらさげる絹豆腐 竹中一花 200206  
里山の桜吹雪や雉の声 小島三恵 酸漿 200206  
雉子鳴く一夜城址の崖下に 吉田百合子 春耕 200206  
雉生るや繙く鳥類大百科 鈴木石花 風土 200207  
木洩日に見え隠れする雉子の顔 伊藤多恵子 火星 200207  
白山や雉子の羽盛飾らるる 延広禎一 200207 羽盛=生作り
前庭に雉子舞ひ降りて輝けり 小田島成子 百鳥 200208  
紫蘇の畝震はせ雉子の走りけり 伊藤多恵子 火星 200210  
雉鳴くや藪にかへりし窯の跡 渡辺政子 雲の峰 200211  
猟銃を構へし背より雉子翔てり 渡辺美知子 200302  
雉子鳴きて時忠卿の墓どころ 朝妻力 雲の峰 200303  
雉子の声ふたりに聞こえ朝のパン 大野英美 風土 200304  
雉のこゑわが一身を打たれける 清水節子 馬醉木 200305  
雉子鳴くや薬膳料理葛仕立 長谷川閑乙 馬醉木 200305  
假面舞踏會マスカレードへ急ぐ雉子の親子なる 中原道夫 銀化 200305  
濡れてゐる田の面を雉子の母子かな 宇田喜美栄 200306  
雉子翔んで引佐入江を眼下とせり 高田幸枝 200306  
雉子鳴くや日がな山の日とろとろと 岩瀬操舟 円虹 200307  
園深く雉の声あり夏木立 渋谷ひろ子 酸漿 200307  
雉子鳴いて勢ひづきし谷の水 守屋井蛙 酸漿 200307  
雨兆す野を貫ける雉子の声 岩崎真理子 遠嶺 200307  
朝の雉清流に顔洗ひけり 大井東一路 百鳥 200307  
開け放つ鼓膜でありし雉子かな 天野きく江 200307  
けたたまし雉子が地震を感知して 筒井圭子朗 ぐろっけ 200307  
雉子鳴くや男化粧ふは神代より 山元志津香 八千草 200310  
天領の山ふところや雉子鳴ける 内迫敬子 200312  
奥伊勢の朝霧の中雉子鳴けり 小山漂葉 酸漿 200402  
盗伐の切口ここよと雉子の声 鷹羽狩行 200403  
露霜の蘆間より雉子はしり出づ 佐藤国夫 馬醉木 200404  
雉の鳴く陪塚ばいちょうにいま入日差す 渡辺周子 雲の峰 200404  
明日香確かな帝陵一つ雉子の声 松崎鉄之介 199806 雉 2→

 

2014年3月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。