つばくらめ(つばくら) 1       100句

町空のつばくらめのみ新しや    中村草田男

春禽 春の鳥  うぐひす 雲雀  つばくらめ  つばめ 燕の子

雀の子  巣立 百千鳥 古巣 鷽 小綬鶏 巣箱 鳥の巣  燕帰る  帰燕  秋燕

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
軒低き倉敷格子つばくらめ 山田弘子 春節 199503  
田水張つて遠のく隣家つばくらめ 田中佐知子 風土 199807  
引返すための直進つばくらめ 井田実代子 雨月 199807  
電線の尾道好みつばくらめ 鷹羽狩行 199905  
つばくらの反転の意を読めざりき 大橋敦子 雨月 199905  
つばくらや家紋ののこる野面積 中谷葉留 風土 199907  
つばくらや茹でたるもののまつ青に 晏梛みや子 199907  
亡父の荷を背負ふ夜明のつばくらめ 丸山海道 京鹿子 199907  
つばくらやハンドメールに子を訪はな 橋添やよひ 風土 199908  
つばくらや驟雨があらふ書肆の町 藤木竹志 馬醉木 199909  
つばくらに産院軒端孕みけり 三神あすか ヒッポ千番地 199910  
つばくらめ友の帰国の知らせくる 斉藤富久子 遠嶺 200005  
筏めく船がすめてはつばくらめ 福場朋子 200006  
つばくらめ場末明るくなって来し 富田直治 春耕 200006  
双手上げ足裏大地につばくらめ 前田寿子 海程 200006  
つばくらめぐるつと関西ひとめぐり 松山律子 六花 200006  
いつまでもいつまでも昼つばくらめ 彌榮浩樹 銀化 200006  
仲見世の灯の奔流やつばくらめ 岡本眸 200006 浅草 五句
つばくらは鳥の貴公子なりしかな 粟津松彩子 ホトトギス 200008  
曇天を裂いては綴づるつばくらめ うまきいつこ 200008  
婆ちやんと商店街へつばくらめ 能城檀 船団 200008  
不良にはなりきれぬ子やつばくらめ 近藤倫子 ぐろっけ 200009  
先ほどの臼杵失せしつばくらめ 山尾玉藻 火星 200105  
つばくらめ団地に建ちし新校舎 松尾緑富 ホトトギス 200106  
つばくらめ蔵のうしろへ回りけり 門伝史会 風土 200107  
門院の「青女あおめの滝」やつばくらめ 川井政子 風土 200107  
厩口に馬の草蛙やつばくらめ 三方正子 200108  
故里へ我は旅人つばくらめ 岡久枝 酸漿 200108  
ふるさとの空濁りたるつばくらめ 松岡ひでたか 円虹 200109  
悟り顔して巣籠りのつばくらめ 塩出眞一 ぐろっけ 200109  
つばくらめ遠嶺に雲の綿帽子 八百山和子 200110  
つばくらめ虫籠窓にて一休み 高木伸宜 船団 200111  
湧きわきて忍野八海つばくらめ 辻村拓夫 船団 200111  
風紋は空にもありぬつばくらめ 掛井広通 200201  
キオスクに朝の荷届くつばくらめ 濱地恵理子 200202  
大梁の納屋開け放つつばくらめ 伊藤とほる ホトトギス 200204  
つばくらめ有為の奥山越えて来し 柴田奈美 銀化 200205  
山羊を抱く少女に風のつばくらめ 梶原玲良子 六花合同句集 200205  
つばくらめ龍太の門を出てきたり 大串章 百鳥 200206  
つばくらめ大川を潮さかのぼる 山路紀子 風土 200206  
つばくらの宙に書きし図たどり来る 岡田鉄 200206  
城鎧ふ珊瑚の石やつばくらめ 和田ゑい子 馬醉木 200207  
名工の忘れ傘ありつばくらめ 天野幸 風土 200207 京都知恩院
学僧の列追ひ越してつばくらめ 曷川克 遠嶺 200207  
ベビー服ホツク十二個つばくらめ 竹田圭子 帆船 200207  
帆柱を躱してせはしつばくらめ 岡和絵 火星 200207  
つばくらや十石舟の櫓のかろく 松村富子 200208  
水郷の朝の光につばくらめ 是永素江 円虹 200208  
旅戻り我が家の軒のつばくらめ 岡本直子 雨月 200208  
つばくらめ馬の背みちを翻る 中林京子 雨月 200208  
綾取りの川わたりたるつばくらめ 久保東海司 200208  
つばくらめ船笛風に押されくる 小林喜美子 200208  
つばくらや少しまがれる蔵書印 入江和子 ぐろっけ 200208  
つばくらめ山斬りてより雲を斬る 坊城俊樹 ホトトギス 200209  
残照にふくらむ町やつばくらめ 祐森彌香 遠嶺 200306  
若さとは地をすれすれのつばくらめ 渡部義雄 200306  
つばくらめ激流に身を反転す 塩川雄三 築港 200306  
つばくらめ島に活気の戻りたる 二村蘭秋 雨月 200307  
観音の重き瞼やつばくらめ 塩田博久 風土 200307  
つばくらや瓦の先の火伏せ文字 林裕子 風土 200307  
片減りの石段長しつばくらめ 祐森省造 雲の峯 200307  
つばくらや商家に今も大福帳 小阪喜美子 遠嶺 200308  
急カーヴして路地に入るつばくらめ 森田久枝 築港 200308  
つばくらめ巌流島を掠めゆく 杉本美智江 雨月 200308  
つばくらや濤打つ如き向ひ風 丸山冬鳳 京鹿子 200309  
つばくらめ黒で極め込む美大生 陶山泰子 ぐろっけ 200309  
人工の島で子育てつばくらめ 館容子 200312  
つばくらはいつでもはたと湧いてゐし 岡井省二 岡井省二全句集 200312  
電線のあるうちは来よつばくらめ 鷹羽狩行 200404  
日矢一条さしこむ渓をつばくらめ 橘沙希 月の雫 200404  
川上に風切り返すつばくらめ 福嶋千代子 200406  
つばくらめ古里小さな美術館 大森サカエ 帆船 200406  
台秤軒下に錆びつばくらめ 大串章 百鳥 200406  
東京の夜明けははやしつばくらめ 甲斐よしあき 百鳥 200406  
むらさきと黄いろの野原つばくらめ 長崎桂子 あを 200406  
つばくらめ古里の駅いまも小さし 大串章 百鳥 200407  
つばくらめ渡船が音をたてながら 木下野生 200407  
つばくらや立居すくなき佛ごと 井上信子 200407  
安曇野の田の泥運ぶつばくらめ 川口崇子 万象 200408  
つばくらめ田起しの上飛び交へり 久松和子 万象 200408  
つばくらめ巨額投じて曳く駅舎 河合佳代子 栴檀 200408 JR奈良駅曳家工事
身軽さの欲しや自在につばくらめ 橘澄男 山景 200408  
欄間の風自由自在のつばくらめ 清水伊代乃 酸漿 200410  
白壁の倉袈裟がけにつばくらめ 竹貫示虹 京鹿子 200503  
歓喜神からみあふ塔つばくらめ 須賀允子 万象 200505  
神木に日も夜も瀬音つばくらめ 中村房枝 六花 200505  
とびとびの薬忘るるつばくらめ 藤井昌治 200506  
駅頭の旅の一歩のつばくらめ 淵脇護 河鹿 200507  
裏山の削られてをりつばくらめ 木下野生 200507  
つばくらめ大きな箱の空のまま 木下野生 200507  
父の忌に出合ひがしらのつばくらめ 木下栄子 築港 200507  
つばくらめ犬うたたねの駐在所 人見靖子 対岸 200507  
つばくらや京の小路の竹籠屋 飯塚雅子 200507  
弱気では越えられぬ尾根つばくらめ 田渕昌子 京鹿子 200508  
給油所は移転しましたつばくらめ 二階堂妙子 河鹿 200510  
母無くも生家はうれしつばくらめ 二階堂妙子 河鹿 200510  
伊賀上野忍者のごとくつばくらめ 木暮剛平 万象 200510  
雲間より光と見しはつばくらめ 鷹羽狩行 200603  
つばくらに空の縮んでをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200603  
急降下せしつばくらを見失ふ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200603 つばくらめ →2

 

2014年5月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。