うぐひす      174句

うぐひすのうしろ向きなる今の声    関口比良男

春禽 春の鳥  うぐひす 雲雀  つばくらめ  つばめ 燕の子

雀の子  巣立 百千鳥 古巣 鷽 小綬鶏 巣箱 鳥の巣

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
うぐひすや近くて遠き鍵の穴
菊池和子
京鹿子
199901
死ぬ話うぐひす餅が減つていく
井上菜摘子
京鹿子
199901
源氏山うぐひす聞かせくれにけり
今井妙子
雨月
199905
電話借りついでにうぐひす餅を買ふ
加藤真起子
火星
199909
祝うぐひす文弱の身を縁に干す
宇都宮滴水
京鹿子
200002
うぐひすの野の広がりにある念仏
宇都宮滴水
京鹿子
200003
雪中のうぐひす餠の粉豐か
中原道夫
銀化
200004
うぐひすに佇む雨の糸の中
塚本五十鈴
200005
農学生うぐひすかぐら咲く奥に
伊藤一枝
酸漿
200005
うぐひすや祠にほとけ二体づつ
朝妻力
俳句通信
200005
うぐひすや朝の喜び撒くやうに
狭間馨
遠嶺
200006
うぐひすや手水の杓のひとならび
山尾玉藻
火星
200104
うぐひす餅母の遠忌の賑はしき
伊藤愛子
200105
うぐひすやこれより先は上醍醐
水原春郎
馬酔木
200106
うぐひすや木喰の里静もりて
青木政江
酸漿
200106
西行墳山うぐひすの声張りて
橋添やよひ
風土
200107
うぐひすや並びて在す磨崖仏
東芳子
酸漿
200107
うぐひすや絵馬に隠れてゐたる絵馬
田中武彦
六花
200107
逢ふまへのうぐひす餅に日暮来る
村田冨美子
京鹿子
200107
撮みたるうぐひす餅の微動かな
岡本眸
200107
みくじ吉褒められ上手の薮うぐひす
荒川美邦
京鹿子
200201
うぐひすの刈込去らず円通寺
鈴鹿野風呂
京鹿子
200202
うぐひすやほつこり埋まる砂の風呂
篠田純子
あを
200202
うぐひすはホ句出かかりし處なり
中原道夫
銀化
200203
うぐひすや朱のみ定かに天井絵
荒井千佐代
系図
200203
うぐひすに眉つりあげて眉を描く
中原道夫
銀化
200204
うぐひすは独り鳴きして上達す
浜田南風
200205
うぐひすや密かに祝ふ誕生日
中川悦子
酸漿
200205
うぐひすや島北端に住居跡
大谷茂
遠嶺
200206
うぐひすや庖丁塚は杜の中
及川澄江
風土
200206
うぐひすの径に誘はれきたりけり
山本耀子
火星
200206
うぐひすの小滝の音にあはせ鳴く
阿部ひろし
酸漿
200206
鳴けばそは爪の先までうぐひすに
川名将義
銀化
200206
うぐひすや尖塔映る入江澄み
手島靖一
馬醉木
200207
うぐひすの玲瓏と雨気しりぞきぬ
和田敏子
雨月
200208
鳴き声の如くに餡こうぐいす餅
貝森光大
六花
200208
うぐひすに近すぎる顔あげられず
中原道夫
銀化
200303
うぐひす餅祝儀袋を汚しけり
中原道夫
銀化
200303
冬うぐひすその日の雨も聴くべかり
市場基巳
200304
うぐひすの出だしのホホホ明治の父
佐藤喜孝
青寫眞
200304
うぐひすや煮つめて小魚あめ色に
南うみを
風土
200305
同憂のうぐひす餠のならぶなり
中原道夫
銀化
200305
うぐひすに値踏みされをる上枝かな
佐藤多恵子
銀化
200305
うぐひすや世に遍照の光あり
小澤克己
遠嶺
200306
うぐひすのこゑの中なる三の滝
中村洋子
風土
200306
うぐひすに和す口笛のなんと下手
伊藤白潮
200306
うぐひすや身ほとり軽くなりゐたり
中村恭子
200306
うぐひすや今日も素通りの郵便夫
長坂ヤス子
酸漿
200306
うぐひすのよぎる朝(あした)の掛障子
金子篤子
200306
うぐひすや光やどれる朝の粥
丹羽啓子
馬醉木
200307
うぐひすのさへづりしげき露天風呂
熊谷ゆり
帆船
200307
山若葉鳴くうぐひすはひとり者
伊藤一枝
酸漿
200307
養花天うぐひす餅の粉ぱらと
深澤鱶
火星
200307
うぐひすや讃岐は空の広き国
上崎暮潮
ホトトギス
200312
うぐひすの声が障子にたまるかな
八田木枯
晩紅
200404
まなざしの谷うぐひすの初音かな
石脇みはる
200405
うぐひすや空に一行書きながし
佐藤喜孝
あを
200405
うぐひすを聞く死の淵を越えし夫
木田千女
200406
うぐひすの竹林を透く谷渡り
黄川田美千穂
200406
うぐひすや林の雨に木のにほひ
佐藤国夫
馬醉木
200406
うぐひす鳴き鶫小走り朝の庭
小山ナオ子
酸漿
200406
うぐひすや山道いつか水に沿ひ
仙入麻紀江
草の花
200406
うぐひすや陶土よごれの注文書
木村仁美
馬醉木
200407
うぐひす菜一と畝育て尼の寺
中島寿美
万象
200407
うぐひすや民話を語る紺絣
金子栄子
万象
200407
舟着けし島のうぐひす声を張る
三関浩舟
栴檀
200407
山上湖うぐひすたたみかけて鳴く
淵脇護
河鹿
200407
うぐひすの次の声待つ座禅堂
恒川正美
栴檀
200408
うぐひすのこゑが障子にたまるかな
八田木枯
夜さり
200409
とらうずらひよこうぐいす南京豆
秋田谷明美
帆船
200412
うぐひすやきのふ落石ありし山
山尾玉藻
火星
200503
うぐひすやエレベーターのとびら開く
佐藤喜孝
あを
200504
峡に在す丈六地蔵うぐひす鳴く
古賀寿代
200506
うぐひすや海へ出る道でこぼこに
鵜戸千惠
河鹿
200507
うぐひすや足湯場に足ほうりをり
浜口高子
火星
200507
ごきげんのうぐいすなるや山の畑
岐部陽子
八千草
200508
うぐひすの啼くを待ちゐるわが動悸
山元志津香
八千草
200509
うぐひす餅編集室をひと回り
楠原幹子
白卓布
200602
うぐひす菜太き白根を揃へけり
神谷孝子
対岸
200605
うぐひすの招く東雲明りかな
佐渡谷秀一
春燈
200606
うぐひすの息ととのへて呉るるなり
中村恭子
200606
うぐひすや梅雨の曇りはぎんいろに
瀧春一
瓦礫
200606
箱根にて
うぐひすの脂ぎつたる声ま近
内海良太
万象
200606
獣園にうぐひすの声透りけり
鮫島禮子
河鹿
200607
姿なきうぐひす我を誘ふかな
物江昌子
六花
200607
折柄の句座にうぐひす啼き渡る
桑田青虎
ホトトギス
200608
うぐひすや苔の湿りの明智越
浅田光代
風土
200611
うぐひすや俯瞰の湖のしろがねに
益本三知子
馬醉木
200705
うぐひすの声遠からず窯火守る
塙三千男
馬醉木
200706
うぐひすや余震やうやく遠のきて
田村愛子
万象
200706
うぐひすや小心者を憚らず
高橋澄子
200706
うぐひすを真似かしましき児らのゐて
前川明子
200706
うぐひすや午後は名画を鑑賞す
橋本良子
遠嶺
200706
うぐひすの森や愉快な汽車の家
大西淘子
遠嶺
200706
うぐひすに急ぎ眼鏡を探しけり
岡用章子
ぐろっけ
200706
うぐひすやベランダにもの干してゐる
安部里子
あを
200707
うぐひすの縄張りに入り遊行かな
小林輝子
万象
200708
うぐひすや山湖ひかげりては碧き
佐々木幸
200708
うぐひすや弱い音出す箜篌の弦
林日圓
京鹿子
200804
磴のぼるたびうぐひすの右ひだり
松波とよ子
春燈
200805
鴇色に明けうぐひすの声ととのふ
谷榮子
雨月
200805
うぐひすやひねもすくゆる香時計
大竹淑子
風土
200806
うぐひすや別館へ石踏み渡る
蘭定かず子
火星
200806
うぐひすや座すに手ごろな力石
大崎紀夫
やぶれ傘
200806
虚子称へ寺のうぐひす声を張る
味村志津子
雨月
200807
うぐひすや館せばめて軍記絵図
大谷茂
遠嶺
200905
うぐひすを聞く座布団を抱へきし
蘭定かず子
火星
200905
うぐひすや肥やし袋の紐ゆるぶ
戸栗末廣
火星
200905
うぐひすや雲影よぎる牧草地
水原春郎
馬醉木
200906
横笛のうぐひすと化す高野かな
延広禎一
200906
横笛=瀧口入道の思い人
うぐひすや土の香のこる備前焼
府川昭子
春燈
200906
お隣の次は吾が庭うぐひす来
井田実代子
雨月
200906
うぐひすの終日啼いて日を賞でし
井関祥子
酸漿
200906
うぐひすのうしろの闇にもの申す
吉弘恭子
あを
200906
うぐひすの姿捉へし島の昼
赤羽陽子
春燈
200907
うぐひすや小川にすすぐ靴の泥
須藤節子
万象
200907
曉闇や尾瀬のうぐひす谺せり
小野澤ゆたか
200907
うぐひすや峠近づく札所道
田島洋子
200908
うぐひすや廊をきしませ龍澤寺
谷口芳江
200909
半音を上げしうぐひす庭むらさき
菊池和子
京鹿子
201001
うぐひすのこゑに障子が痛がりぬ
八田木枯
晩紅
201002
うぐひすや水のなかにて筆ほどく
八田木枯
晩紅
201002
うぐひすや言葉覚えし子の会話
今井弘雄
春燈
201004
追伸にうぐひすの声聞きしこと
中山静枝
201005
うぐひすを確かに聴きし地獄耳
小島禾汀
春燈
201005
俳聖に捧ぐ声なる初うぐひす
船橋とし
201005
うぐひすやこれより木曾の道標
中村翠湖
馬醉木
201006
うぐひすの声の弾みし違ひ棚
杉浦典子
火星
201006
うぐひすの声湧く谷の若葉かな
阿部ひろし
酸漿
201006
うぐひすのことば端折りし日の寒き
佐藤美紀
ろんど
201007
池の面にうぐひすの声はり付きぬ
小林成子
火星
201007
寿福寺の箒の音とうぐひすと
篠田純子
あを
201007
うぐひすに上手下手あり虚子の墓
篠田純子
あを
201007
うぐひすの声張り山雨うながせり
西川みほ
末黒野
201008
うぐひすのよく鳴く日なり忌日なり
和田崎増美
雨月
201008
原点は魚山声明初うぐひす
林日圓
京鹿子
201101
うぐひすの谷渡り聞く女坂
山本丈夫
201104
うぐひすのしらべ日毎にととのひ来
長澤健子
酸漿
201105
うぐひすの声を真似つつ坂登る
増田一代
201106
うぐひすのついと来てたつ枝の黙
西田美ち
ろんど
201106
うぐひすの初音を夫と分かち合ふ
安永圭子
風土
201106
うぐひすの突如の美声地震もなし
早崎泰江
あを
201106
うぐひすの武蔵御嶽の社かな
内藤静
風土
201107
うぐひすの高音誘ふ茶席入り
松尾静代
ぐろっけ
201107
まる見えのうぐひすやがて啄みぬ
西田美ち
ろんど
201107
うぐひすに山見渡せる薬売
西村節子
火星
201107
うぐひすの第一声の上手なり
藤田素子
火星
201107
うぐひすや昼餉のベンチゆづりあひ
青木陽子
酸漿
201107
空中でうぐひすの声ぶつかりさう
大地真理
201108
うぐひすや障子の影も胸張りて
水原秋櫻子
馬醉木
201202
『殉教』
天寵のやうにうぐひす降つてくる 上原重一 201205  
熱下げし子の寝息聴く遠うぐひす 安田一郎 京鹿子 201205  
うぐひすや妙見宮のくづれ屋根 藤本千鶴子 火星 201205  
うぐひすのこゑ藍色に南紀浜 片岡久美子 201206  
うぐひすや薬草園を日照雨過ぐ 服部鹿頭矢 馬醉木 201206  
うぐひすや丸き墓石の南蛮寺 井上淳子 火星 201206  
水翳の深しうぐひす谷渡り 塩貝朱千 京鹿子 201206  
うぐひすのこゑのつながる運河かな 荒木甫 201207  
うぐひすや吾に親しき笑まふ嬰 桑原逸子 201207  
うぐひすや吟行日和賜りぬ 小川玉泉 末黒野 201207  
うぐひすの声の柴漬買ひにけり 田中貞雄 田中貞雄自註句集 201301  
朝寒のうぐひす廊下鳴きにけり 有賀昌子 やぶれ傘 201304  
うぐひすや今みし夢を忘れたる 市ヶ谷洋子 馬醉木 201305  
片時も離れぬうぐひす御首塚 篠田純子 あを 201305  
日参りの我にうぐひす途切れなし 磯野しをり 雨月 201305  
うぐひすのこゑ聞きしより九十九折 大島英昭 やぶれ傘 201305  
うぐひすや半熟玉子匙で割り 安住敦 春燈 201306 『柿の木坂雑唱』
てふてふもうぐひすも連れ伊賦夜坂 佐藤喜孝 あを 201312  

 

 

2014年4月12日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。