つばめ 1       100句

省線のスパイクはげしぬれつばめ   鈴木しづ子  春雷

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
つばめ反転きらきらひかるものが好き 津田このみ 船団 199811  
三つ指であそばせ女将につばめ来る 丸山佳子 京鹿子 199905  
看板にいささか不満つばめは巣 丸山佳子 京鹿子 199905  
よき事はおすそ分してつばめ来る 松沢久子 いろり 199906  
朝はやき海女町つばめの消灯夫 丸山海道 京鹿子 199906  
つばめ反る南にはもうなにもなし 豊田部峰 京鹿子 199906  
つばめまた反りて川端三丁目 豊田部峰 京鹿子 199906  
今年またつばめ軒借る大和棟 植松昌子 馬醉木 199909  
魚河岸の朝湯の暖簾つばめ来る 脇本千鶴子 200002  
切れさうな硝子の湖面初つばめ 小澤克己 遠嶺 200004  
電線と旧知のつばめ来たりけり 鷹羽狩行 200005  
初つばめ歌舞練場を翻へり 山尾玉藻 火星 200005  
丸薬の効き目はやくも初つばめ 三神あすか ヒッポ千番地 200005  
太梁の保存旧家のつばめの巣 福場朋子 200006  
初つばめ過疎の街を飛び交ひて 茂木とみ いろり 200006  
つばめ飛ぶ並木の道に献血車 塩田博久 風土 200007  
魚河岸の奥まで濡れて初つばめ 代田青鳥 風土 200007  
押し開く大窓小窓初つばめ 山田禮子 遠嶺 200007  
巣つばめに夕月うすき草のいろ 晏梛みや子 200007  
つばめ来る悼みの軒と知らずして 宇都宮滴水 京鹿子 200007  
軒に来て声張ってゐる初つばめ 熊谷みどり いろり 200007  
高波は光の籬つばめ来る 小澤克己 遠嶺 200008  
巣つばめの一つ首出す二番ミサ 中尾杏子 200008  
産院に巣作るつばめ待ちにけり 久保田一豊 いろり 200008  
つばめ反る血川は戦記の中のこと 豊田都峰 京鹿子 200008  
つばめの子飛ぶや奈良井の深庇 高野清風 春耕 200008  
つばめほど目のよすぎてもうつたうし 鶴目鯛遊子 六花 200009  
猫の眼がつばめ追いいるわが日暮 北原志満子 海程 200010  
朝つばめ臓器摘出告げ来しか 吉田光子 ぐろっけ 200102  
学び舎に三遷の教へつばめ来る 間島道子 京鹿子 200103  
つばめ来る覚えの色の黒を着て 鷹羽狩行 200105  
君在さぬ真鶴駅につばめ来る 塩田博久 風土 200105  
水平線の透明なる日つばめ去り 三宅やよい 船団 200105  
湖を来し風の切つ先初つばめ 小澤克己 遠嶺 200105  
鑑真の海越えてきし初つばめ 小澤克己 遠嶺 200105  
旧街道つばめのために残しおく 鷹羽狩行 200106  
決闘地つばめ返しの不意に遇ふ 大橋敦子 雨月 200106  
少年に鏡いくつや初つばめ 鈴木夫佐子 200107  
青天を隅なくつかふ恋つばめ 鈴木順子 京鹿子 200107  
エーゲ海つばめの腹が掠め去る 鎌倉喜久恵 あを 200107  
金文字の酒屋看板つばめ来る 安達実生子 200108  
食パンの朝の弾力つばめ来る 谷口千枝子 200108  
白糸の滝の対岸夕つばめ 門屋大樹 春耕 200108  
恙虫飾りし堂の雛つばめ 佐藤栄美 春耕 200108  
つばめ一閃二閃駅頭風すぐる 東野鈴子 雨月 200109  
初つばめ十字に関の刃物市 代田青鳥 風土 200201  
雨あとの濁流の照り初つばめ 加瀬美代子 200202  
舳先に風の閃光初つばめ 小澤克己 遠嶺 200205  
子午線を今よぎりたる初つばめ 延川五十昭 六花 200205  
空を切るつばめ舞子の松の上 延川五十昭 六花 200205  
大洋としばし真向ふ初つばめ 大谷茂 遠嶺 200206  
つばめ飛ぶ上げしばかりの棟掠め 門脇山卯 雲の峰 200206  
黒塀の見番通りつばめ来る 及川澄江 風土 200206  
初つばめ軒先に焼く五平餅 椙山正彦 200206  
浮世絵を描きし暖簾初つばめ 谷村幸子 200206  
つばめ来てなほ町空に日の在りぬ 渡邉友七 あを 200206  
つばめ出入る柱に八幡大菩薩 丸山佳子 京鹿子 200207  
極楽の湖芯鎮めてつばめ飛ぶ 鈴鹿仁 京鹿子 200207  
初つばめ光りて船を越えにけり 谷上佳那 百鳥 200207  
山里のポストは小さし初つばめ 田中子 円虹 200207  
巣つばめや山の温泉町の本通り 河中透水 雨月 200207  
初つばめ里程は地図より遠かりし 加藤奈那 ぐろっけ 200207  
いちはつにふれんばかりや親つばめ 三浦カヨ子 酸漿 200208  
虫籠窓つばめ親しく往来す 三村禮子 酸漿 200208  
子育てのつばめを烏が脅かす 笹本四津子 ぐろっけ 200208  
捨てサイロにはかな活気つばめ来る 続木元房 ホトトギス 200212  
憂き我の頭上をかすめ初つばめ 久保田雪枝 雨月 200305  
初つばめ土手の長きをたのしめり 早崎泰江 あを 200306  
墨堤で出逢ひし力士初つばめ 古川利子 200307  
つばめ見てその名のグリル地下に訪ふ 宮津昭彦 200307  
印鑑証明待つ問の壁やつばめ来る 田中武彦 六花 200307  
初つばめ葛飾のまだ田を打たず 藤井昌治 200307  
初つばめ海のひかりを運び来し 清水明子 遠嶺 200308  
歯の抜けた街が生国つばめ来る 丸井巴水 京鹿子 200308  
つばめつばめ老人ホームに育ちをり 山村桂子 遠嶺 200309  
小つばめの巣立ちしあとの軒の雨 西村咲子 六花 200309  
初つばめ地蔵に挨拶宙返り 小川寿照 ぐろっけ 200309  
つばめ来る地図に大きく君の家 木村みかん 200401  
透きとほる青空に早初つばめ 尾崎恭子 雨月 200404  
高空の尾羽を確と初つばめ 尾崎恭子 雨月 200404  
南国の駅舎新装初つばめ 沼口蓬風 河鹿 200406  
蔵元に壁嵌め金庫つばめ来る 斉藤利男 百鳥 200406  
襲名のお練りの空を初つばめ 水原春郎 馬醉木 200406  
初つばめ人間界はきびしいよ 丸山佳子 京鹿子 200406  
音読の声の高むにつばめ来る 田口俊子 200407  
初つばめ速さに思ひ追いつけず 加藤富美子 200407  
柔らかき葉末の日の斑初つばめ 湯浅夏以 遠嶺 200407  
断崖のつばめ背中を押さないで 富沢敏子 200407  
禁教の流刑地はるかつばめ反る 豊田都峰 京鹿子 200408  
陶器市済みし町並みつばめ飛ぶ 溝口遊雨子 百鳥 200408  
若人の見上ぐる空や初つばめ 石川英利 百鳥 200408  
初つばめ味噌蔵の路地すりぬける 日比野和子 栴檀 200408  
病窓のつばめ眺めて小半日 日比野和子 栴檀 200408  
電線で羽繕ひする若つばめ 正木泰子 ぐろっけ 200408  
つばめ巣を去りし藩校紅殻門 長谷川翠 馬醉木 200411  
親つばめ懸命な時過ぎ去りし 斉藤利枝子 対岸 200502  
北国の空の無疵や初つばめ 吉野トシ子 馬醉木 200504  
初つばめ監視カメラに事なかれ 丸山佳子 京鹿子 200505  
乳母車パパが押すとは初つばめ 堀内一郎 あを 200505  
わが街の銀座消えたり初つばめ 小澤克己 遠嶺 200506 つばめ →2

 

2014年5月2日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。