百千鳥 2     204句

百千鳥とおもふ瞼を閉ぢしまま    川崎展宏

春禽 春の鳥  うぐひす 雲雀  つばくらめ  

つばめ 燕の子 雀の子  巣立 百千鳥 古巣 

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
百千鳥三時のお茶に嬰囲み 波田美智子 火星 200506  
百千鳥空井戸に蓋しつかりと 佐藤喜孝 あを 200506  
馴染なき球団名や百千鳥 赤座典子 あを 200506  
竹垣の竹の新し百千鳥 五十嵐暢子 対岸 200508  
箒目をまた新しく百千鳥 苑実耶 200508  
楽譜読めさうな一羽も百千鳥 鷹羽狩行 200604  
二才半といへどもをのこ百千鳥 東亜未 あを 200604  
一途なる声は消されて百千鳥 鷹羽狩行 200605  
百逢ふは百はも淋し百千鳥 三宅文子 春燈 200605  
一水のここにはじまる百千鳥 伊藤白潮 200606  
枕木は水を弾きぬ百千鳥 松たかし 火星 200606  
奉納の土俵にシート百千鳥 岡崎桂子 対岸 200606  
百千鳥焼かれしパンは卓の上 早水秀久 河鹿 200607  
霊柩車先立ててゐる百千鳥 大東由美子 火星 200607  
音たてず昼湯に沈む百千鳥 山崎靖子 200607  
百千鳥木立を前に千曲川 片野美代子 酸漿 200607  
百千鳥古里の朝始まれり 大房帝子 酸漿 200607  
やはらかにふくるる大地百千鳥 高橋瑛子 河鹿 200608  
百千鳥ウッドチップの道かろし 小島とよ子 遠嶺 200608  
宗達の源氏絵屏風百千鳥 三枝正子 万象 200608  
日輪は丹波へ移り百千鳥 大山文子 火星 200609  
百千鳥泥染めの田へ糸抱きて 山内なつみ 万象 200609  
就職を急かされてをり百千鳥 宿谷晃弘 200611  
百千鳥古郷波郷の山河かな 林いづみ 風土 200611  
雨上り来し明るさの百千鳥 稲畑汀子 ホトトギス 200704  
百千鳥山路これより下り坂 稲畑汀子 ホトトギス 200704  
鋸挽きの木屑新らし百千鳥 谷田部栄 万象 200705  
信長の具足にクルス百千鳥 丸山照子 火星 200705  
鉄棒に子ら脱ぎしもの百千鳥 西山春文 200706  
何を恋ひ歌ひくらすや百千鳥 前田陽子 200706  
百千鳥神鈴の無き宮居かな 岸本久栄 雨月 200706  
鋸の拙い引きやう百千鳥 小林幹彦 200706  
電線に音符を描き百千鳥 小城綾子 200707  
百千鳥魚梯に泡ありにけり 栗栖恵通子 200707  
百千鳥御堂に日差しやはらかき 近藤きくえ 200707  
大寺の甍まぶしき百千鳥 谷村幸子 200707  
飛び石の先の庵や百千鳥 田村すゝむ 風土 200707  
墓山に細る束子や百千鳥 樋口みのぶ 200707  
西行の越えし峠の百千鳥 市川十二代 ぐろっけ 200707  
御句碑の島に来てをり百千鳥 高橋さえ子 200707  
百千鳥吉報は先づ妣にかな 長谷仁子 春燈 200708  
渓流に光る枝先百千鳥 飛山ますみ 遠嶺 200708  
表札のなき画家の家百千鳥 保田英太郎 万象 200708  
百千鳥腕に垂るるうはぐすり 下山田美江 万象 200708  
老若男女榕樹の下に百千鳥 平野加代子 春燈 200803  
山裾に古き祠や百千鳥 島谷征良 風土 200803  
咲くものに加はつてゐし百千鳥 稲畑汀子 ホトトギス 200804  
百千鳥一期一会の茶席かな 神蔵器 風土 200805  
婚の荷の座敷に溢れ百千鳥 大上充子 馬醉木 200805  
遊んでも遊び足りぬと百千鳥 高橋将夫 200805  
走り根の上に走り根百千鳥 荒井千佐代 200806  
百千鳥茅葺屋根の喫茶店 望月喜好 200806  
百千鳥鳴くや神杉膨らませ 塩路隆子 200807  
切株のまだ濡れてゐる百千鳥 堤京子 馬醉木 200807  
厚焼を羨む声や百千鳥 泉田秋硯 200807  
足取りの弾むゴルフや百千鳥 河本利一 200807  
百千鳥来よ象山は水清し 稲岡長 ホトトギス 200808  
駅名のめじろめぐろや百千鳥 本橋葉月 遠嶺 200808  
百千鳥森ぬけてくる母子連れ 村越化石 200808  
真砂女なき安房の海山百千鳥 柴崎甲武信 月日 200811

悼 

鈴木真砂女さん

媛宮の千木へ挙りて百千鳥 宮平静子 雨月 200901  
千年紀気運高めて百千鳥 林日圓 京鹿子 200903  
百千鳥み吉野の旅近づきぬ 稲畑汀子 ホトトギス 200904  
まづ一羽来て百千鳥なりしこと 稲畑汀子 ホトトギス 200904  
百千鳥一羽離れて百千鳥 稲畑汀子 ホトトギス 200904  
百千鳥鎮守に隣る集会所 大島英昭 やぶれ傘 200905  
業平も越えし峠や百千鳥 金原登志子 馬醉木 200906  
畑で食ぶコンビニ弁当百千鳥 乗鞍三彦 春燈 200906  
百千鳥天声鳥語ここちよし 宇賀令子 春燈 200906  
俎板にあまたの疵や百千鳥 府川昭子 春燈 200906  
百千鳥受洗の嬰にその母に 小林千草 馬醉木 200907  
ちんちんと鳴く川原辺の百千鳥 渡辺安酔 200907  
葦原は野鳥の楽園百千鳥 渡辺安酔 200907  
をもかげを木立に追へば百千鳥 前川明子 200907  
かあさんと何度も呼ぶや百千鳥 岩本里美 200907  
高塀の中の明るし百千鳥 高村洋子 遠嶺 200907  
一山は鳥獣保護区百千鳥 森脇貞子 雨月 200907  
百千鳥道鏡塚に立て籠る 小林馨 万象 200907  
百千鳥犬の首輪をあたらしく 森津三郎 京鹿子 200908  
目つむりて聞く養老の百千鳥 和田崎増美 雨月 200908  
百千鳥囃す山家の目覚かな 嘉住きよ美 末黒野 201004  
百千鳥沼津アルプス光る湾 須賀敏子 あを 201004  
橿原の森の深さや百千鳥 稲畑汀子 ホトトギス 201005  
とびとびの通院歴や百千鳥 井上信子 201005  
草原へつづく笹原百千鳥 伊藤敬子 201005  
日の当たる庫裏の甍や百千鳥 吉沢陽子 201006  
百千鳥森は眉目をひらきけり 清海信子 末黒野 201007  
百千鳥コントラバス抱き少女来る 下山田美江 風土 201007  
わが庭は恋の楽土や百千鳥 岸本幸 ろんど 201007  
百千鳥ミサオルガンの蓋閉ぢて 荒井千佐代 201007  
詰襟の橋渡りくる百千鳥 福本郁子 火星 201007  
水ひかる田や産土の百千鳥 石原健二 やぶれ傘 201009  
咲くものの庭の彩り百千鳥 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
暁けてゆく庭に忽ち百千鳥 稲畑汀子 ホトトギス 201104  
百千鳥赤子の頬の神代より 井上信子 201105  
尽くるものに恋や命や百千鳥 柴田佐知子 201105  
百千鳥鳴かず羽摶てる津波跡 田中久子 201106  
粗食してうつらうつらと百千鳥 風間史子 201106  
九十の華髪なりけり百千鳥 丸山照子 火星 201106  
庭の樹に姿知らねど百千鳥 林美智 ぐろっけ 201106  
たもとおる親王塚や百千鳥 名取袿子 201107  
百千鳥横笛庵の蔀上ぐ 神蔵器 風土 201107  
陵に近づくほどに百千鳥 村上悦子 雨月 201107  
城門の鋲のまつさら百千鳥 渡邊美保 火星 201107  
みづうみは埋み残せり百千鳥 深澤鱶 火星 201108  
うつくしきもの咲き満ちて百千鳥 浅井靑陽子 ホトトギス 201109  
みちのくの空の堅さや百千鳥 大場ひろみ 馬醉木 201110  
壁泉の音に紛るる百千鳥 柴田志津子 201205  
みちのくの木樹はいかにか百千鳥 長崎桂子 あを 201205  
山肌に水滲みくる百千鳥 浅田光代 風土 201205  
百千鳥樹木の鼓動促せる 塩路五郎 201206  
百千鳥上代の恋おほどかに 辻美奈子 201206  
百千鳥ひんやりとして綾子句碑 高村俊子 万象 201206  
バス停は野面積みまへ百千鳥 天野美登里 やぶれ傘 201206  
休ませし田がふつくらと百千鳥 柴田佐知子 201207  
家系には稀なる齢百千鳥 柴田志津子 201207  
縄文土器にのこる煤あと百千鳥 内山花葉 201207  
癒しとも励ましともきく百千鳥 長崎桂子 あを 201207  
阿弖流為(アテルイ)の寡兵称ふる百千鳥 鳥居美智子 ろんど 201207  
パソコンを点けて待つ間の百千鳥 丑久保勲 やぶれ傘 201207  
百千鳥流人の墓は都向く 山田春生 万象 201208  
百千鳥能楽堂の赤松に 新保ふじ子 万象 201208  
竹青き蓋の井戸あり百千鳥 北崎展江 くりから 201209  
百千鳥髪染めて孫現はるる 井上信子 201304  
パソコンになんでも訊ね百千鳥 山口ひろよ 201305  
男湯の朝は女湯百千鳥 千田敬 201305  
母の忌や読経の空に百千鳥 田代貞枝 201305  
神木と知らずに忙し百千鳥 飯島風花 201306  
百千鳥航跡の白いつまでも 山田美恵子 火星 201306  
日矢燦燦百樹の森の百千鳥 布川直幸 201402  
太閤の桐の紋章百千鳥 石川かおり 福袋 201404  
百千鳥青空にこゑ収まらず 柴田佐知子 201405  
おむすびの取りかへつこや百千鳥 塩田博久 風土 201405  
何にでも口出す夫百千鳥 宮井知英 201406  
百千鳥天王山をゆるがせる 助口もも 火星 201406  
竹林の風収まれば百千鳥 松本文一郎 六花 201406  
亡き人に謝辞つぶやけば百千鳥 鳳蛮華 201407  
川舟の纜ゆるぶ百千鳥 比嘉半升 万象 201407  
この岡もみささぎらしき百千鳥 遠山風 馬醉木 201407  
天地の神も唄へり百千鳥 竹下陶子 ホトトギス 201410  
百千鳥箒大きく使ひけり 戸栗末廣 201503
お狩場の日のやはらかし百千鳥 塩千恵子 201505  
ドリーネの底の水音百千鳥 宮井知英 201505  
録音機担ぐ男や百千鳥 塩田杉郎 風土 201506  
満身で泣ける赤子や百千鳥 森田節子 風土 201506  
所でと話引き取る百千鳥 苑実耶 201506  
百千鳥談所ヶ森のしじまかな 加藤みき 201507  
大いなる鎮守の楠や百千鳥 黒滝志麻子 末黒野 201507  
声のほか糞も降らせる百千鳥 八木健 八木健俳句集 201509  
み吉野の人出囃すや百千鳥 石川多歌司 ホトトギス 201510  
百千鳥まだ濡れてゐる滑り台 岸本順子 京鹿子 201601  
百千鳥森へ誘ふ序曲かな 稲畑廣太郎 ホトトギス 201603  
百千鳥聖週間の聖歌とも 稲畑廣太郎 ホトトギス 201603  
百千鳥には境界のなかりけり 稲畑汀子 ホトトギス 201604  
百千鳥よりはじまつてゐる径 稲畑汀子 ホトトギス 201604  
幼子と図鑑ひらけり百千鳥 山荘慶子 あを 201604  
二、三羽は地へとこぼれて百千鳥 藤岡紫水 京鹿子 201605  
百千鳥女子大の門静かなり 加藤みき 201605  
野島崎けぶらしてゐる百千鳥 山田六甲 六花 201605  
百千鳥海境を航く巨船かな 森俊人 201606  
調律の終はりしピアノ百千鳥 小谷一夫 201606  
綾取りの橋かけてゐる百千鳥 鈴鹿呂仁 京鹿子 201606  
空濠に声をちりばめ百千鳥 佐藤貞子 雨月 201606  
ポケットに確かむる鍵百千鳥 田村園子 201607  
雲飛んで現るる山容百千鳥 坂場章子 201607  
神杉の梢の空や百千鳥 田中富有能 風土 201607  
百千鳥ひとりの足音など消して 塩貝朱千 京鹿子 201607  
墓山に義人の祠百千鳥 赤堀洋子 万象 201609  
百千鳥芦屋にもある神の杜 稲畑廣太郎 ホトトギス 201704  
六甲の端山統べたる百千鳥 稲畑廣太郎 ホトトギス 201704  
水底に届く明るさ百千鳥 岸洋子 201708  
百千鳥一人住まひを覗かれし 稲畑汀子 ホトトギス 201804  
みよし野の旅も終りぬ百千鳥 稲畑汀子 ホトトギス 201804  
稿債の一つ仕上げぬ百千鳥 稲畑汀子 ホトトギス 201804  
外つ国へ嫁ぎし妹や百千鳥 稲畑廣太郎 ホトトギス 201804  
対談を終へし安堵や百千鳥 稲畑廣太郎 ホトトギス 201804  
東京都港区に森百千鳥 稲畑廣太郎 ホトトギス 201804  
デカルトカントショーペンハウエル百千鳥 山田六甲 六花 201805  
碑の裏に明治とありぬ百千鳥 栗原公子 201805  
大原女の籠の菜の揺れ百千鳥 千田百里 201805  
幹のぼる水迅からむ百千鳥 遠山陽子 201805  
傾城の墓と伝へて百千鳥 大石よし子 雨月 201806  
山門の朱色鮮やか百千鳥 波戸辺のばら 201806  
何着ても赤子の色に百千鳥 柴田佐知子 201806  
父ははの眠れる森や百千鳥 宮井知英 201807  
鎌倉の八重の山道百千鳥 今村千年 末黒野 201808  
オカリナの木霊かへしや百千鳥 五十嵐富士子 末黒野 201808  
香ばしき朝のパン屋や百千鳥 五十嵐富士子 末黒野 201808  
周りには野あり山あり百千鳥 高橋均 やぶれ傘 201808  
木洩れ日に先師の句碑や百千鳥 谷村祐治 雨月 201809  
切り株にまだ力あり百千鳥 横田敬子 201809  
鎌倉の八重の山路百千鳥 今村千年 末黒野 201904  
牧水の歌こそ哀し百千鳥 コ田千鶴子 馬醉木 201905  
百千鳥そのなかに遠蛙かな 山田六甲 六花 201905  
百千鳥来よ陸奥国一之宮 佐野久乃 201905  
撫牛は耳も尾も溶け百千鳥 篠田純子 あを 201905  
人間は私ひとりで百千鳥 おーたえつこ 201906  
視界より視線大事や百千鳥 山田健太 風土 201907  
百千鳥声の一つに聴き覚え 山田由利枝 雨月 201907  
高らかに御代言祝げり百千鳥 川村欽子 雨月 201907  
日蓮を偲ぶ土牢百千鳥 秋友昌子 雨月 201907  
高らかに御代言祝げり百千鳥 川村欽子 雨月 201907  
日蓮を偲ぶ土牢百千鳥 秋友昌子 雨月 201907  
百千鳥火の見櫓の朽ちかけて 秋山信行 やぶれ傘 201907 百千鳥 →1

 

 

2020年4月8日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。