牡 丹 3      

蛇の頭に日のさしてゐる牡丹かな    岸本尚毅

牡丹  緋牡丹  白牡丹  黒牡丹  大牡丹  夕牡丹  牡丹園  牡丹散る  牡丹崩る  ぼうたん  牡丹焚

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
神官の白く過ぎたる牡丹かな 柴田佐知子 200306  
牡丹は非情を隠しもつてをり あさなが捷 200306  
ひとりより二人がよしと牡丹寺 堀内一郎 あを 200306  
朝日射し翳のひきしめたる牡丹 橋田憲明 円虹 200307  
閉づ力なかりし雨露の牡丹かな 橋田憲明 円虹 200307  
享けし掌にしとどの濡れの暁牡丹 橋田憲明 円虹 200307  
牡丹の支へきれざるおのが花 加藤あけみ 円虹 200307
檀家衆寺の牡丹へ日傘を立つ 小山梧雨 200307  
尼さまに男客ある牡丹かな 葛馬房夫 雨月 200307  
今日もまだ蕾のままの牡丹かな 菊地恵子 酸漿 200307  
眼裏に牡丹ひらきて眠りおつ 神蔵器 風土 200307  
牡丹のかすかにきしみ開くなり 南うみを 風土 200307  
女坂男坂にも牡丹咲く 米谷香恵子 築港 200307  
最高に咲かせし牡丹宝なる 大木よしえ 築港 200307  
農の庭牡丹咲かせて老夫婦 加藤サヨ子 築港 200307  
牡丹の花曼陀羅に咲き満ちて 細原由起子 築港 200307  
一斉に炎となりし牡丹かな 小林朱夏 200307  
千姫の牡丹の雨の雫かな 元田千重 火星 200307  
顔程の牡丹咲かせし浜離宮 鈴木てるみ ぐろっけ 200307  
老人の部屋は日だまり牡丹咲く 高倉恵美子 200308  
島晴れて牡丹日和と言ふべかり 浜田南風 200308  
牡丹の風の中なる石光寺 渡辺政子 雲の峯 200308  
蕊ふかく虻の躍動紅牡丹 石田智江子 200308  
牡丹の大輪を祝ぎ米寿祝ぐ 稲畑汀子 ホトトギス 200309 祝「牡丹」十五年米寿
夕翳をとぢ込めそめし牡丹かな 志賀青柿 ホトトギス 200311  
牡丹解く懐ごこちの日溜まりに 高橋ちよ 200404  
河川工事の人牡丹をふり向かず 大貫鬼灯 帆船 200404  
牡丹や縁なき事務所の掛鏡 大貫鬼灯 帆船 200404  
色ほどくとは香をほどく牡丹かな 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
牡丹の雨とは容赦なかりけり 稲畑汀子 ホトトギス 200405  
牡丹の咲きしと聞きて香を愛でぬ 鈴木白洋 雲の峰 200406  
水無月や庫裡見通しに庭牡丹 水原秋櫻子 馬醉木 200407 『殉教』
咲き切つて牡丹の雨に叩かるる 難波澄子 築港 200407  
牡丹傘竹継ぎ足して継ぎ足して 木下栄子 築港 200407  
先駆けて薬師寺に見る牡丹かな 渡辺玄子 酸漿 200407  
黄牡丹の名もハイヌーン日の高し 土田祈久男 200407  
さ迷ひてのち牡丹の寺のあり 黒田咲子 200407  
牡丹の呪縛にかかり疲れけり 永井孔雀 200407  
掌にのせてなほ白炎の牡丹かな 外川玲子 風土 200407  
増やしたる三面鏡の牡丹かな 遠野萌 200408  
牡丹の中や真青な海荒るる 小澤克己 遠嶺 200408  
みほとけの腋にも牡丹明りかな 水野恒彦 200408  
数千の牡丹あかりに浮かれをり 近藤喜子 200408  
牡丹果つ練絹の白うち重ね 佐藤雄二 万象 200408  
牡丹を塀の途切れに眺めたる 岩田半寒 草の花 200408  
華やぎし牡丹くづるる夕灯 橋口礼子 河鹿 200408  
牡丹のほとりに放つひかりかな 板坂道子 200408  
牡丹寺に見習牡丹托しけり 奥田筆子 京鹿子 200409  
牡丹名残りただそれだけの寺詣 伊藤希眸 京鹿子 200410  
牡丹の底より暮れてゆきにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200411  
蕾より紅唇覗く牡丹かな 都留嘉男 八千草 200412  
牡丹の風に張りゐる猫のひげ 中村葉子 帆船 200501  
牡丹供養中将姫の像匂ふ 小田元 六花 200503  
背に寒さ走り牡丹より離れ 伊藤佳代 対岸 200504  
風の使者来て牡丹を持ち去りぬ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200504  
牡丹咲く日まで待てざる旅仕度 稲畑汀子 ホトトギス 200504  
牡丹の寺ぼうたんの庭繋ぐ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200505  
牡丹に雨容赦なき日なりけり 稲畑汀子 ホトトギス 200505  
邂逅や牡丹一片づつほぐれ 稲畑汀子 ホトトギス 200505  
牡丹の色を明かしてゆく蕾 稲畑汀子 ホトトギス 200505  
牡丹の庭に又出て目を休め 稲畑汀子 ホトトギス 200505  
夜は睡る牡丹に明日のありにけり 稲畑汀子 ホトトギス 200505  
光源氏と名付けうつむく牡丹かな 栗山恭子 帆船 200505  
転居して牡丹一株植ゑにけり 庄野房女 築港 200505  
牡丹咲く日本武尊かな 神蔵器 風土 200506  
うすうすと昼月育つ牡丹かな 神蔵器 風土 200506  
牡丹咲く十日のほどの太郎冠者 神蔵器 風土 200506  
狭き島道縦横に牡丹客 浜田南風 200507  
鎌倉街道左へ左へ牡丹咲く 神蔵器 風土 200507  
牡丹の「黄冠」二輪雲におく 神蔵器 風土 200507  
千と咲きし牡丹見上ぐに踏鞴踏む 室伏やすし 200507  
和傘さしゆつたり歩く紅牡丹 内堀京子 河鹿 200508  
絵巻とくさまにほぐるる牡丹かな 中桐葉子 春燈 200508  
牡丹の蘂熱くせり翅の音 林昭太郎 200508  
雨激し牡丹に傘をさしかくる 加藤正子 酸漿 200508  
牡丹咲く昼を昼湯に来て浴す 村越化石 200508  
留守の間に凋落したる庭牡丹 山本漾子 雨月 200508  
矢印にそうて進みし牡丹寺 原田英子 築港 200508  
副賞の牡丹紅白鉢並ぶ 鈴木石花 風土 200508  
坂を来て牡丹の闇濃かりけり 柴田久子 風土 200508  
つんつんと尖る牡丹の蕾かな 高倉恵美子 200508  
牡丹や樹下のつめたさ花びらに 長沼三津失 200508  
牡丹の渦に溺れし羽虫かな 稲岡長 ホトトギス 200509  
世は事もなし牡丹の微動だに 稲岡長 ホトトギス 200509  
牡丹燃ゆ勘三郎の江戸おねり 吉澤利治 遠嶺 200509  
山の雨牡丹の庭にしぶきつつ 瀧春一 菜園 200509  
牡丹見るに人を厭へり人絶えざる 瀧春一 菜園 200509  
完璧な青天となり牡丹剪る 遠藤真砂明 波太渡し 200510  
謀反めくひとひら牡丹開き初む 田所節子 涼しき嵩 200511  
鉱山跡野生となりし牡丹咲く 北原東洋男 200511  
牡丹のふりむきざまの餘息かな 吉弘恭子 あを 200511  
咲かせたる牡丹に寄する息づかひ 糸井芳子 200601  
日の牡丹星のぼたんと語り継ぎ 稲畑廣太郎 ホトトギス 200605  
牡丹の盛りを案内したかりし 稲畑汀子 ホトトギス 200605 牡丹 4→

 

2014年5月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。