夕牡丹      48句

夕牡丹これよりの知己信ずべし    藤田湘子

牡丹  緋牡丹  白牡丹  黒牡丹  大牡丹  夕牡丹  牡丹園  牡丹散る  牡丹崩る  ぼうたん  牡丹焚

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
音階の崩れゆくやう夕牡丹 吉岡純子 199807  
夕牡丹とは刻々の姿あり 稲畑汀子 ホトトギス 199904  
手挟めば緋のひんやりと夕牡丹 品川鈴子 ぐろっけ 200106  
観音の背に濤音や夕牡丹 環順子 遠嶺 200108  
一日の空のかるさや夕牡丹 水木沙羅 銀化 200207  
閉ぢもせぬ夕牡丹とはなりにけり 三村純也 ホトトギス 200209  
捨て灰に残る消し炭夕牡丹 久保知音 対岸 200309  
笈摺をぬぐ宿坊や夕牡丹 池田光子 風土 200311  
馥郁と身の解かれゆく夕牡丹 橘沙希 月の雫 200404  
ひとときの癒しの香り夕牡丹 橘沙希 月の雫 200404  
明日あることを約せし夕牡丹 稲畑汀子 ホトトギス 200505  
夕牡丹しづかに靄を加へけり 水原秋櫻子 馬醉木 200505 『晩華』
夕牡丹やさしき風の吹きにけり 五十嵐美穂 帆船 200507  
夕牡丹鬼の匂ひとすれ違ふ 栗栖恵通子 200509  
夕牡丹田仕事明日にはじまると 瀧春一 菜園 200509  
夕牡丹左右の澤水ひびきあふ 瀧春一 常念 200606 角間峽
夕牡丹愛に渇くといふことあり 安住敦 春燈 200606 『柿の木坂雑唱以後』
しばらくは風戯るや夕牡丹 大久保恵美子 遠嶺 200608  
夕牡丹「今生我身二つ無し」 安住敦 春燈 200709 『午前午後』
萎むにはしぼむ力や夕牡丹 工藤ミネ子 風土 200711  
長居詫び潜る耳門や夕牡丹 博多永楽 雨月 200807  
推敲の朱筆を加へ夕牡丹 渡辺昭 200906  
夕牡丹しまひ忘れし雛人形 遠藤実 あを 200907  
夕牡丹木魚の音に崩れけり 大信田梢月 万象 200908  
葩を重くする雨夕牡丹 和田森早苗 201007  
酒を酌む李白想へり夕牡丹 鈴木阿久 201007  
あづまやの席の空かずや夕牡丹 杉原ツタ子 201008  
弥陀へ戸を少し開けあり夕牡丹 宮平静子 雨月 201008  
傾国の白さとなりぬ夕牡丹 近藤喜子 201108  
宦官のおほかた細目夕牡丹 栗栖恵通子 201110  
濡れ縁に妹とゐる夕牡丹 福永みち子 馬醉木 201207  
人恋へば闇にとけゆく夕牡丹 河崎國代 春燈 201208  
お背戸より女でてゆく夕牡丹 川井秀夫 ろんど 201208  
夕牡丹地に置く影を濃くしたり 藤岡紫水 京鹿子 201208  
大法会果てたるしじま夕牡丹 宮原悦子 雨月 201208  
夕牡丹てふ新涼の句集かな 岡田史女 末黒野 201311 祝句集上梓黒滝志麻子さんへ
悪戯に鐘つく幼夕牡丹 高橋明 末黒野 201408  
白といふ無償の重み夕牡丹 菊地光子 201507  
夕牡丹みほとけへ戸を少し開け 岡淑子 雨月 201508  
風の出て揺るるひとひら夕牡丹 山内繭彦 ホトトギス 201510  
夕牡丹一片崩れそめにけり 稲畑汀子 ホトトギス 201605  
青空を残して暮るる夕牡丹 布施まさ子 風土 201608  
借景の山をけぶらす夕牡丹 笹村政子 六花 201608  
微酔ほど影のゆらめく夕牡丹 柴崎英子 201707  
人声を溜めて重たき夕牡丹 高橋和女 風紋 201709  
一風に牡丹身を処す夕間暮 岩波千代美 馬醉木 201807  
剥落の仁王へ百の夕牡丹 松本三千夫 末黒野 201808  
刻少し余し立寄る夕牡丹 岡井マスミ 末黒野 201808  

 

2019年5月23日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。