牡丹崩る      90句

火の奧に牡丹崩るるさまを見つ   加藤楸邨

牡丹  緋牡丹  白牡丹  黒牡丹  大牡丹  夕牡丹

牡丹園  牡丹散る  牡丹崩る  ぼうたん  牡丹焚

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
一辯を引きて牡丹を崩れさす
能村登四郎
芒種
199911
牡丹の崩るる江島囲ひ部屋
西田もとつぐ
俳句通信
200007
牡丹の息づき崩る夜の壼
木内美保子
六花
200008
孤高なる牡丹孤高のまま崩る
伊藤重美
俳句通信
200107
大寺の牡丹崩るる炎上史
有働亨
馬醉木
200207
牡丹の崩れむとしてなほ耐ふる
岸本林立
雨月
200207
浮かれ獅子といふ牡丹の崩れざま
神谷瑛子
百鳥
200208
牡丹崩る夕日ちりぢりばらばらに
宮原みさを
花月亭
200208
牡丹に崩るるといふ豪華さも
内山花葉
200407
雨重しと思ふに牡丹崩れけり
湊海火
200408
牡丹の崩れ昨日を遠くする
彦坂範子
ぐろっけ
200408
牡丹や崩るる前の華やぎに
稲畑廣太郎
ホトトギス
200505
未練なし崩るる牡丹のきのふ今日
松波とよ子
春燈
200508
くれなゐの牡丹崩るる寺真昼
柿沼盟子
風土
200508
牡丹の崩れんとする気品かな
稲畑廣太郎
ホトトギス
200605
崩れゆく手塩を掛けし牡丹かな
関まさを
酸漿
200607
牡丹ひとつ崩れて闇の艶めけり
井出やすはる
酸漿
200608
崩れても其れも見飽きぬ牡丹なり
羽生きよみ
ぐろっけ
200707
はらと散りはらはら崩れゆく牡丹
池田倶子
雨月
200708
崩れんとして牡丹のさゆらげり
長山あや
ホトトギス
200710
崩るるも美し牡丹の命かな
宮本徹志
八千草
200712
緋牡丹の崩れし闇の深さかな
岡佳代子
200807
描ききらぬうち牡丹の崩れたり
岸本林立
雨月
200807
牡丹の崩るる時や女体めく
森山のりこ
あを
200807
船笛や牡丹崩るるもの憂げに
木船史舟
200808
牡丹のいま崩れたる空気なり
天谷翔子
火星
200808
牡丹の玉の崩るる西行塚
本杉千保子
万象
200808
牡丹守花の崩れを隠しけり
高橋宏行
遠嶺
200809
白焔の燃え崩れたる白牡丹
竹下陶子
ホトトギス
200810
牡丹の崩れし時の気品かな
稲畑廣太郎
ホトトギス
200905
牡丹の崩るるときを旅にあり
稲畑汀子
ホトトギス
200905
風去なしきれざる牡丹崩れけり
稲畑汀子
ホトトギス
200905
緋牡丹の仰け反りざまに崩れけり
鷹羽狩行
200906
崩れたる牡丹百片筏とす
北川英子
200907
夕牡丹木魚の音に崩れけり
大信田梢月
万象
200908
牡丹を崩さぬやうに歩み寄る
大信田梢月
万象
200908
ぼうたんの武者震ひして崩れけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201005  
牡丹の崩れて雨の音変る
西村博子
馬醉木
201009
蠢きて崩れ始まる牡丹かな
矢崎暉文
酸奬
201009
崩るるも王者なるかな大牡丹
河野美奇
ホトトギス
201010
白牡丹闇を揺らして崩れけり
清水美子
春燈
201103
糸抜きしごとく崩れて白牡丹
林日圓
京鹿子
201104
蕊見せてより崩れゆく牡丹かな 廣瀬雅男 やぶれ傘 201107  
一抜けて二抜けて牡丹崩れけり 田所節子 201108  
雨よけの傘や牡丹の崩れそむ 菅野日出子 末黒野 201109  
たかし忌をまたず牡丹崩れそむ 新谷フクヱ 末黒野 201109  
牡丹の崩るる雨となりにけり 稲畑汀子 ホトトギス 201205  
崩るるも承知の雨の牡丹かな 稲畑汀子 ホトトギス 201205  
牡丹の崩るるときの一斉に 稲畑汀子 ホトトギス 201205  
ぼうたんの崩るる刻の吐息かな 鈴木鳳来 春燈 201207  
突風やどんと牡丹の総崩れ 吉田政江 201207  
残んの香放ち崩るる牡丹かな 柿沼盟子 風土 201208  
白牡丹無疵のままに崩れけり 戸田澄子 末黒野 201208  
感嘆の声に崩れし白牡丹 新江たか ろんど 201208  
狼籍の雨が崩せり庭牡丹 松本恒子 ぐろっけ 201208  
雨に咲き雨に崩れてゆく牡丹 柴田良二 雨月 201208  
牡丹の崩るるままに声明す 松本文一郎 六花 201209  
牡丹いま弱みは見せず崩る闇 中野英伴 春燈 201408  
牡丹の崩るにまかせ闇の木戸 上家弘子 ろんど 201410  
白牡丹蘂突き出して崩れけり 能村研三 201506  
声出さば崩れさうなる白牡丹 河口仁志 201507  
崩るると云ふ言葉あり白牡丹 田村すゝむ 風土 201507  
牡丹の崩るる如し夜半の雨 武石京子 やぶれ傘 201508  
黒漆の花台に崩れ緋の牡丹 辻井ミナミ 末黒野 201508  
牡丹の崩るる音のなかりけり 鈴木良戈 201508  
母の忌を待たず崩るる白牡丹 原田しずえ 万象 201508  
牡丹の崩れて崩れざる気品 稲畑廣太郎 ホトトギス 201605  
夕牡丹一片崩れそめにけり 稲畑汀子 ホトトギス 201605  
富貴は天牡丹は地に崩れけり 山田正子 201607  
風に揺れ日に崩れ行く牡丹かな 山本かつみ 末黒野 201608  
一株のもろとも崩れ大牡丹 笹村政子 六花 201608  
頬杖の午後を崩るる白牡丹 西村操 雨月 201608  
牡丹の崩れしのちの静けさよ 中貞子 201708  
牡丹の崩れかけたる前に佇つ 藤井美晴 やぶれ傘 201708  
箒目の雨に崩れし牡丹の芽 齋藤朋子 やぶれ傘 201806  
体調の崩れにも似て牡丹散る 呂秀文 春燈 201807  
白牡丹闇ふるはせて崩れけり 榎本ふじえ 風土 201808  
牡丹の崩るる音と思ふかな 寺田すず江 201808  

 

2019年5月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。