牡丹園      55句

牡丹園真砂女狩行も句をしるし    芝宮寿万子

牡丹  緋牡丹  白牡丹  黒牡丹  大牡丹  夕牡丹

牡丹園  牡丹散る  牡丹崩る  ぼうたん  牡丹焚

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
牡丹園出てもゆつくり歩きけり 梅本豹太 199901  
地蔵尊詣うでてよりの牡丹園 芳賀雅子 遠嶺 199908  
手焙に心暖め牡丹園 井上玉枝 酸漿 200004  
牡丹園陶然とある真昼かな 大橋敦子 雨月 200007 金剛寺
白は日に緋は風に触れ牡丹園 稲畑廣太郎 ホトトギス 200104  
牡丹園出でての水田明りかな 坂本京子 200107  
牡丹園頷き癖の媼かな 中村立身 百鳥 200108  
牡丹園にパリージェンヌのさざめけり 脇本千鶴子 200108  
夕されば白狐の舞ふや牡丹園 小宮山勇 遠嶺 200109  
知らぬ間に逸れてしまふ牡丹園 高村洋子 遠嶺 200109  
五重の塔塀ごしに見ゆ牡丹園 醍醐季世子 200205  
入りゆけば吹く風匂ふ牡丹園 檀原さち子 酸漿 200205  
暮れぎはの白のゆらめき牡丹園 鷹羽狩行 200207  
首ふつて人を消したき牡丹園 冨田正吉 200207  
牡丹園額にばかり日の当る 青山丈 200209  
たてかけし傘の辺暗し牡丹園 島玲子 風土 200301  
大江戸の籾倉庫跡牡丹園 松崎鉄之介 200306 浜離宮恩賜公園にて
牡丹園魁に咲く「初日の出」 松崎鉄之介 200306 浜離宮恩賜公園にて
しで掛けて箭弓やゆみの杜の牡丹園 腰塚弘子 雲の峯 200306  
摘みとられ花なき牡丹園眺む 美波治恒 築港 200307  
牡丹園漢字ばかりの名札立つ 赤星惠子 200405  
名札には漢字ばかりの牡丹園 赤星惠子 あを 200407  
音たてて雨降りはじむ牡丹園 安嶋都峯 対岸 200407  
手焙はあらかた尉や牡丹園 橋爪隆 春燈 200503  
牡丹園黒猫ひくく過りけり 鎌倉喜久恵 あを 200504  
道標にあと四粁の牡丹園 鈴木石花 風土 200508  
楽箏の運び込まれし牡丹園 高松由利子 火星 200608  
牡丹園と淑気を分ち牡丹句碑 小山梧雨 200703  
大臣の車の停まる牡丹園 大西八洲雄 万象 200707  
ひとり来しこと悔いてゐる牡丹園 黒澤登美枝 200707  
山国のことに日を受け牡丹園 世古幸久 200708  
火の色は吹かれやすくて牡丹園 片山由美子 200808  
牡丹園歩きジェラシー沸々と 中塚照枝 200808  
泉屋によき松添へり牡丹園 田宮勝代 酸漿 200809  
雨の日の香り重なる牡丹園 高木千鶴子 酸漿 200905  
折からのやらずの雨か牡丹園 堀百合子 200909  
橋渡り行く神苑の牡丹園 佐藤喜仙 壁炉 200911  
山姥の来てゐるけはひ牡丹園 沼田巴字 京鹿子 201001  
仮の世のいろとおもへぬ牡丹園 伊藤敬子 201006  
柿渋の傘のにほへる牡丹園 山本耀子 火星 201006  
白妙のさざなみ立てて牡丹園 鷹羽狩行 201009 高橋烝句集『白牡丹』序句
入口にひと鉢を置く牡丹園 丑久保勲 やぶれ傘 201210  
六月やただ青々と牡丹園 瀧春一 花石榴 201312  
番傘の油のにほふ牡丹園 山本耀子 絵襖 201404  
巌噛む怒濤真近に牡丹園 碇天牛 雨月 201407  
手びさしに待つ真昼間の牡丹園 野上杳 201407  
菰巻の松端然と牡丹園 中根美保 風土 201602  
アラサーとシルバー別れ牡丹園 千坂希妙 船団 201602  
船酔のここち風ある牡丹園 松本正生 やぶれ傘 201608  
万国旗そよぐかに風の牡丹園 齋藤晴夫 春燈 201608  
花なごり名札の並ぶ牡丹園 町山公孝 201608  
袖垣の棕櫚の緒固し牡丹園 加瀬伸子 末黒野 201704  
匂ひたつ王者の気品牡丹園 小木曽文明 雨月 201708  
花見るも風下のよし牡丹園 小木曽文明 雨月 201708  
閑けさやほむら総立つ牡丹園 佐久間由子 201806  

 

2019年5月24日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。