大牡丹      31句

夜の色に沈みゆくなり大牡丹    高野素十

牡丹  緋牡丹  白牡丹  黒牡丹  大牡丹  夕牡丹  

牡丹園  牡丹散る  牡丹崩る  ぼうたん  牡丹焚

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
大牡丹崩れることを恐れざる 久崎富美子 199901  
大牡丹風に噛みつくところなり 田口武 銀化 200008  
一花づつ語りて尽きず大牡丹 森をさむ ホトトギス 200109  
蕊あげて雨露払ひたる大牡丹 橋田憲明 円虹 200307  
さりげなくそつと撫で見る大牡丹 大木よしえ 築港 200307  
雨の中嫁の咲かせた大牡丹 松下幸恵 六花 200308  
大牡丹息をこらして見入るかな 近藤豊子 雨月 200308  
大牡丹崩るる燭のゆらぐごと 橘沙希 月の雫 200404  
天衣とふ名に純白の大牡丹 岡淑子 雨月 200408  
大牡丹純白人を触れしめず 長沼紫紅 200506  
ももいろの胸を開くや大牡丹 小林朱夏 200508  
大牡丹散つて宇宙に一余白 濱永宗一 ホトトギス 200509  
禅林の小さき山門の大牡丹 八木岡博江 酸漿 200707  
父と子のダンス見守る大牡丹 恩塚典子 ぐろっけ 200709  
わが齢には及ばねど大牡丹 上崎暮潮 ホトトギス 200710  
大牡丹散つて宝相華紋かな 小澤克己 遠嶺 200807  
咲ききつて散るにまかせる大牡丹 狹川青史 馬醉木 200907  
床の間を狭くしてをり大牡丹 奥村真人 雨月 201008  
崩るるも王者なるかな大牡丹 河野美奇 ホトトギス 201010  
大牡丹首傾けて雨の中 中村ツヤ子 酸漿 201107  
並びゐる庇の鳩や大牡丹 渡邉孝彦 やぶれ傘 201108  
園丁の腕を競ひし大牡丹 安藤虎酔 かさね 201208  
虻溺れ金粉まみれ大牡丹 宮原悦子 雨月 201208  
子供傘差し掛けられし大牡丹 松井洋子 ぐろっけ 201209  
華やぎに秘むる危ふさ大牡丹 吉武千束 太古のこゑ 201411  
観音の寺格に叶ひ大牡丹 谷村祐治 雨月 201508  
一株のもろとも崩れ大牡丹 笹村政子 六花 201608  
遠景の塔を隠して大牡丹 後藤比奈夫 ホトトギス 201708  
敷き詰めて褪せぬ緋色や大牡丹 森屋慶基 風土 201708  
大牡丹剪り落したる余白かな 柴田昭子 雨月 201806  
臠ししむら)とたましひ鬩(せめ)ぐ大牡丹 水野恒彦 201808  
万の目に疲れも少し大牡丹 岡田正義 雨月 201808  

 

2020年5月22日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。