残る虫     142句

殘る虫石仏石に還りつつ   富安風生   傘寿以後

  虫時雨  虫しぐれ  虫すだく  虫の声  虫の音

虫の闇  虫の夜  虫売  昼の虫  残る虫

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
残る虫食後の薬飲みをれば
若月瑞峰
春耕
199901
 
残る虫無人燈台影長き
水原春郎
馬醉木
199911
 
速達の大きな切手残る虫
山田六甲
六花
199911
 
だんだんと必死になつて残る虫
松島不二夫
199912
 
残る虫准南子借りし日本書紀
松崎鉄之介
199912
 
残る虫若草山を下りけり
岡本高明
200001
 
夜上りの星いくつぶに残る虫
阿部ひろし
酸漿
200011
 
残る虫ひとつ二つに闇ふかし
柳沢杏
酸漿
200012
 
残る虫寄り添へる音となりにけり
岡崎るり子
銀化
200012
 
目をとぢてどこかで残る虫の声
田巻和子
遠嶺
200101
 
残る虫押切錆びし厩跡
遠藤アサ子
赤井
200103
 
経文を誦しゐるかに残る虫
八幡酔鵬
200104
 
獅子が子をねぶつてゐるよ残る虫
山田六甲
六花
200111
 
残る虫鳴くをいざなふ夜風立つ
藤原たかを
馬醉木
200112
 
一村を湖底に沈め残る虫
清水伊代乃
酸漿
200112
 
細々と互に和して残る虫
三井公子
酸漿
200112
 
ペンを枕に残る虫聞き逝かれしか
皆川盤水
春耕
200112
故大木あきら氏 
騒音の一瞬途切れ残る虫
笠原フミ
酸漿
200201
 
荒縄で括る海女小屋残る虫
藤野智弘
200201
 
曲り屋の暗き馬屋に残る虫
大塩千代
200201
 
残る虫励ましあひてゐるごとし
鈴木伊都子
200202
 
産土神の内陣深く残る虫
升本行洋
春耕
200202
 
陽を回す丘の風車よ残る虫
鳴海清美
六花
200203
 
残る虫庭の手入れもせぬままに
鈴木多枝子
あを
200212
 
残る虫深夜放送流れをり
大村孝
百鳥
200301
 
ゴーカートでめぐる鼓浪嶼コロンス残る虫
松崎鉄之介
200302
 
雨粒のぽつりと土手に残る虫
隈部郁子
200302
 
残る虫多喜二を整を夜語りに
斎藤節子
馬醉木
200312
 
山頭火の生地句碑のみ残る虫
石田砧女
200312
 
残る虫菩薩の慈悲の及ばざる
塩川雄三
築港
200312
安倍文殊院 
病棟の灯の幽(かそけ)しや残る虫
仲尾弥栄子
雲の峰
200312
 
不味公ゆかりの茶室残る虫
河井史
築港
200401
 
残る虫枯山水の雨もよし
鈴木とき子
対岸
200401
 
残る虫テナー崩れか今日の声
中田寿子
ぐろっけ
200402
 
頑張りも諦めもせず残る虫
金子和子
帆船
200411
 
残る虫座布団提げて縁に出づ
岡本眸
200411
 
残る虫鳴いては耳を澄ますかに
岩木茂
風土
200501
 
佐助稲荷の鳥居の数や残る虫
吉澤恵美子
春燈
200501
 
大仏の膝に遊行の残る虫
小泉三枝
春燈
200501
 
残る虫胸突坂の途中なり
城間芙美子
対岸
200501
 
残る虫見回る人の鍵の束
板倉エミ
200504
 
残る虫鳴くこと忘れ余震かな
清水さだひこ
200505
 
うすき薄きのこ挽く音か残る虫
能村研三
200511
残る虫よ愛は永久とはにと唱ふのか
林翔
200512
残る虫何せむと来し踵なる
竹山みや子
築港
200512
雑誌繰る理髪店主や残る虫
小林眞彦
遠嶺
200601
残る虫飛鳥に謎の石多き
江崎成則
栴檀
200601
一人寝に残る虫聞く静寂かな
石井久子
京鹿子
200602
晝の庭落魄めきて残る虫
瀧春一
瓦礫
200606
残る虫山月あをき湯に浸る
永峰久比古
馬醉木
200611
残る虫目つむれば父母かたはらに
岡本眸
200611
残る虫何時まで鳴くか雨の中
高橋玲水
酸漿
200612
残る虫肩まで入れて湯がぬるし
青山丈
200612
残る虫人は祈りをもて生くる
永井雪狼
200701
文殊堂
神棚も佛壇も空のこる虫
数長藤代
200701
逸品の翠玉白菜残る虫
今井弘雄
春燈
200702
台湾
虫塚にすこし離れて残る虫
八木下巌
200702
残業のぼやきのように残る虫
森一枝
八千草
200703
残る虫たしかめに出づ夜明前
阿部ひろし
酸漿
200811
手入れよき朝の寺苑や残る虫
青木政江
酸漿
200812
お亀池へ消ゆる人影残る虫
鈴木照子
200901
曽爾伝説
寝ね惜しむこともなくなり残る虫
山口速
200901
残る虫弥勒のそばを離れざる
大野崇文
200901
残る虫吾に置きかへてみることも
笠井敦子
200901
黒錆の文福茶釜残る虫
山田春生
万象
200901
静まりし西湖湖畔の残る虫
田中きよ子
酸漿
200901
俗名の綾子の位牌残る虫
山田春牛
万象
200902
残る虫一夜ひとよと鳴き継げり
久米憲子
春燈
200902
介護痩せ指摘されをり残る虫
坂上香菜
200912
字と付く友の宛名や残る虫
岩谷丁字
春燈
200912
虫の音に気付けば残る鉦叩
小平恒子
酸漿
200912
残る虫鉋の尻を叩きをる
栗栖恵通子
201001
残る虫生くる証を紡ぎけり
見田英子
春燈
201001
懐かしくそして優しく残る虫
松嶋一洋
201002
残る虫和田の笠松跡ここと
改正節夫
ぐろっけ
201002
落葉せる小さき水輪や残る虫
小泉和代
酸奬
201002
闇重く下界に迫り残る虫
國田欽也
201003
おのが音に縋れるごとし残る虫
小川匠太郎
201009
残る虫汝は長生きか出遅れか
安居正浩
201011
星数も素数も無限残る虫
高橋道子
201101
残る虫庵の霊ぬく壁の穴
伊藤希眸
京鹿子
201101
暁の夢水尾ひくごとし残る虫
岡田和子
馬醉木
201102
残る虫会へば食むものばかり言ひ
石坂比呂子
ろんど
201102
薬園のかかりに残る虫のこゑ
丸山照子
火星
201102
残る虫岸に積まるる醤甕
森清信子
末黒野
201102
跡形のなき歌舞伎座や残る虫
外山節子
末黒野
201102
古里に味噌蔵のこり残る虫
東芳子
酸漿
201102
残る虫湖上に靄の下り来て
家塚洋子
酸漿
201102
薬師堂裏の墓山残る虫
大内佐奈枝
万象
201103
不時着のやうに生まれて残る虫
松田都青
京鹿子
201103
浜風の冬草に居て残る虫
井上信子
201103
残る虫野辺の小径に失せにけり
井田実代子
雨月
201103
旅の宿迷ひ込みゐし残る虫 中山静枝 201111  
残る虫かそけきちからつかひけり 辻美奈子 201112  
むらさきに明けゆく沖や残る虫 横田初美 春燈 201201  
残る虫斜面の草叢伸び放題 長崎桂子 あを 201112  
残る虫足音途絶えたれば澄む 長崎桂子 あを 201112  
残る虫さうかもうすぐ一周忌 定梶じょう あを 201112  
婚終へて一人安堵や残る虫 小野口正江 末黒野 201202  
捨て切れぬ句にかかはらぬ残る虫 加藤八重子 末黒野 201202  
柴門の外にも内にも残る虫 赤松郁代 万象 201203  
昼暗き幽閉洞や残る虫 粥の味 和田郁子 201209  
実験室裏に死神・残る虫 安居正浩 201211  
残る虫鳴かねばさみし鳴けばなほ 佐津のぼる 六花 201211  
叢の第四楽章残る虫 三川美代子 201301  
コンビニの空缶入れに残る虫 仁平則子 201301  
腫れものを切つて焼かれて残る虫 白数康弘 火星 201311  
残る虫に耳傾けて一人酌む 小池清司 かさね 201312  
残る虫九つ鳴いて七つ鳴く 山田六甲 六花 201312  
残る虫八十路教師の家路かな 土屋光男 春燈 201312  
足音に応へてくれし残る虫 山田六甲 六花 201312  
なほ縷々と露地口あたり残る虫 荒木稔 ぐろっけ 201312  
新しき切株ひとつ残る虫 西岡啓子 春燈 201401  
この先は化野道と残る虫 山田六甲 六花 201411  
残る虫なれど正調貫きて 国包澄子 201412  
残る虫月を齧つてゐるらしく 熊川暁子 201412  
残る虫鶏頭句碑のこゑかとも 原田しずえ 万象 201412  
酔ひざめのうたた寝の辺に残る虫 四條進 201412  
残る虫思ひのままといふけれど 熊谷ふみを ろんど 201501  
抜け道の土の湿りや残る虫 中野久雄 末黒野 201502  
残る虫大師の慈悲に鳴きにけり 鈴木静恵 花こぶし 201508  
少年兵の安らぎを鳴く残る虫 鴨下昭 201511  
月光の染むる岩陰残る虫 小川玉泉 末黒野 201512  
薬膳のほどよき渋さ残る虫 丸井巴水 京鹿子 201601  
濁る世に残すは何ぞ残る虫 沼田巴字 京鹿子 201602  
大樟の根方の洞や残る虫 森清堯 末黒野 201602  
残る虫気分が乗らぬ弾き語り 江島照美 201701  
残る虫間遠に次ぎし間遠かな 中村嵐楓子 春燈 201701  
独唱となりての個性残る虫 荒井千瑳子 201701  
はらませることのむりな夜残る虫 元橋孝之 京鹿子 201702  
残る虫捕鯨絵巻の奥の院 中川句寿夫 ここのもん 201705  
残る虫大箱燐寸使ひ切る 中川句寿夫 ここのもん 201705  
野良に干す野良着ゆらゆら残る虫 松本美簾 馬醉木 201801  
残る虫弘法寺の階踏みゆけば 安立公彦 春燈 201801  
ひと足を踏み出せぬまま残る虫 篠原幸子 春燈 201801  
残る虫地図にも載らぬ出城址 大文字孝一 春燈 201801  
草の秀の震への止まず残る虫 森清堯 末黒野 201802  
追伸の文言多し残る虫 芝田幸惠 末黒野 201802  
残る虫老いてあせるを見透され 中川のぼる 201811  
暁闇に声削ぎ尽くす残る虫 森村江風 201812  
残る虫草も大樹も闇はおり 藤井寿江子 馬醉木 201901  
残る虫湯槽に今日の無事感謝 本多正子 雨月 201901  

2019年10月21日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。