昼の虫 1     200句

その松とその道のべの昼の虫  富安風生  米寿前

  虫時雨  虫しぐれ  虫すだく  虫の声  虫の音

虫の闇  虫の夜  虫売  昼の虫  残る虫

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
丸太にて閉ざす坑口昼の虫 島田教夫 春耕 199811  
昼の虫揚げ屋にぎょうさんおくどさん 佐々木峻 船団 199903  
果樹園は見捨てられたり昼の虫 藤田宏 199909  
漱石の墓を囲みて昼の虫 片山由美子 199910  
昼の虫細く遊女の碑の小さき 山田弘子 円虹 199910  
新蕎麦を打つやどこかに昼の虫 柳沢杏 酸漿 199912  
船すでに錆の一塊昼の虫 岡本眸 199912  
病室の四隅のくらし昼の虫 政木紫野 馬醉木 200001  
脱稿のあとのまどろみ昼の虫 井上比呂夫 200001  
あす消ゆる土の道なり昼の虫 白鳥武子 酸漿 200001  
瞑想のカバに夜の虫昼の虫 井上菜摘子 京鹿子 200001  
妻と聞く縁切寺の昼の虫 高橋銀次 風土 200002  
花の名を端から忘れ昼の虫 稲畑廣太郎 ホトトギス 200009  
吹き荒るる合戦跡や昼の虫 中川晴美 俳句通信 200011 賤ケ岳
句碑囲み耳しんしんと昼の虫 能勢真砂子 馬醉木 200012  
昼の虫鳴いて竪穴住居かな 加古みちよ 火星 200012  
法廷の隠し階段昼の虫 笹村政子 六花 200012  
天明の柔和な如来昼の虫 仲安敏雄 200101  
ひとしきり話せしあとの昼の虫 真保喜代子 200101  
マリア在すルルドのほとり昼の虫 橋本幸子 円虹 200102  
木の陰に女の紫煙昼の虫 鳴海清美 遊び蔓 200105  
藻屑寄す恋路海岸昼の虫 春田淳子 俳句通信 200110  
水の香の動き出したる昼の虫 大平保子 いろり 200110  
まどろみを覚めて親しき昼の虫 旦昭三 俳句通信 200111  
梁高き方丈の土間昼の虫 棚山波朗 春耕 200111  
曲家の土間の暗がり昼の虫 西川よし子 春耕 200111  
とりどりの実篤画讃昼の虫 山岸治子 馬醉木 200112  
庭草の丈おとろへつ昼の虫 白岩三郎 馬醉木 200112  
薪小屋の木舞あらはに昼の虫 木下節子 雲の峰 200112  
廃れ田にひたすら鳴けり昼の虫 広瀬敏子 酸漿 200112  
昼の虫雲百態を描きをり 斎藤道子 馬醉木 200201  
元禄治水ずり穴に鳴く昼の虫 桜井菜緒 200202  
乗り継ぎの無人駅舎の昼の虫 津田経子 火星 200202  
呼び鈴に応へなき家昼の虫 加藤奈那 ぐろっけ 200202  
昼の虫祭壇飾りにも慣れて 小林成子 火星 200211  
竈の呆と口開く昼の蟲 武田菜美 銀化 200211  
昼の虫関に捨身の殿軍碑 水島夜雨 京鹿子 200212  
坑馬にもふるさとがあり昼の虫 角直指 京鹿子 200212  
ピーピーと昼の虫ゐる遍路みち 松木桂子 200212  
水つけて眉剃りをれば昼の虫 岡本眸 200212  
勉強に七ツ道具や昼の虫 森賀まり 百鳥 200212  
襖繪の僧兵も聴く昼の虫 岩上とし子 200301  
石仏の朽つ光陰に昼の虫 角直指 京鹿子 200302  
日々ありて陽の衰へや昼の虫 中島たまな 200304  
昼の虫素通りしたる靴の音 稲畑汀子 ホトトギス 200309  
木隠れの門燈ともる昼の虫 岡本眸 200310 市川真間周辺
この畦をゆく人もなし昼の虫 梶島邦子 築港 200311  
病む夫の真顔に遇へり昼の虫 岡田和子 馬醉木 200311  
寂れたる一里塚なり昼の虫 鵜飼紫生 雨月 200311  
電柱の孤独な高さ昼の虫 斉藤利枝子 対岸 200311  
桑はもう摘むことなくて昼の虫 田中正子 百鳥 200312  
野仏の裳裾に鳴ける昼の虫 水谷とく 築港 200401  
伴侶なき暮らしにも慣れ昼の虫 沼口蓬風 河鹿 200401  
石組の四百年を昼の虫 坊城俊樹 ホトトギス 200403  
昼の虫一つ音なれば去りがたく 岡本眸 200410  
戒壇院一段づつの昼の虫 城孝子 火星 200411  
孟宗の被さるバス停昼の虫 篠田純子 あを 200411  
湯の駅の足場は熱し昼の虫 篠田純子 あを 200411  
おとろへは老いか病後か昼の虫 岡本眸 200411  
ドリーネに風の渦湧く昼の虫 石本秋翠 馬醉木 200412  
塗椀に量る地の粉や昼の虫 宇野慂子 万象 200412  
天上川を列車抜け来ぬ昼の虫 松井倫子 火星 200412  
檜葉垣の屋敷の広し昼の虫 宮澤さくら 遠嶺 200501  
高麗山の古道たどるに昼の虫 中島指月 200501  
人来ねばわが家聲無し昼の虫 岡本眸 200509  
草丈に無縁仏や昼の虫 片野美代子 酸漿 200511  
少しづつすこしづつ風昼の虫 岡本眸 200511  
射的屋の間口のひろき昼の虫 加瀬美代子 200511  
海女小屋に砂吹き溜る昼の虫 高橋千恵 200511  
昼の虫岬に美しき声散らす 伊藤律子 四葩 200512 県立観音崎公園
金輪際うごかぬ鰐や昼の虫 丸山照子 火星 200512  
寂れたる古きマンション昼の虫 上原一郎 築港 200512  
雨強まる気配の運河昼の虫 小島みつ代 200512  
潮まちの将棋盤なり昼の虫 垣岡暎子 火星 200601  
昼の虫さくらの樹下にひとを待つ 安岡房子 200601  
昼の虫水辺離るる数歩より 木内憲子 200601  
庭石に雨しみとほる昼の虫 糸井芳子 200601  
晝の蟲月待つこころおもむろに 瀧春一 常念 200606 野州三和村
晝の蟲みな長鳴けり萱の道 瀧春一 常念 200606  
木の囁きは囁きとして晝の虫 瀧春一 瓦礫 200606  
大都市の氏神として昼の虫 稲畑廣太郎 ホトトギス 200609  
昼の虫終着駅は始発駅 大山文子 火星 200609  
羅生門跡のいしずゑ昼の虫 南幸子 春燈 200611  
いねむりの書を落しけり昼の虫 菊地惠子 酸漿 200611  
古井戸のポンプの錆や昼の虫 篠田純子 あを 200611  
混浴と勇めば足湯昼の虫 石岡祐子 200612  
夫留守の永きを座せば昼の虫 松崎牧子 200612  
昼の虫雨後の日照りの交差点 沢田邦子 200612  
思ひ残すことのあるらし昼の虫 山口速 200701  
川波に刻の逡巡昼の虫 木内憲子 200702  
生れてすぐ消ゆるさざなみ昼の虫 佐々木幸 200702  
昼の虫忘れられたる句碑一基 稲畑廣太郎 ホトトギス 200709  
回重ぬ父の忌の里昼の虫 久保田雪枝 雨月 200711  
いつも何か机上に足らぬ昼の虫 野路斉子 200711  
急磴の鉄壁なせる昼の虫 加瀬美代子 200711  
静かなる心源院よ昼の虫 大里快子 酸漿 200712  
小児科の込み合ふ日なり昼の虫 宮尾直美 200712  
砂山の歩をとどめれば昼の虫 長沼三津夫 200801  
竹林の奥の明るさ昼の虫 宮尾直美 200801  
昼の虫郵便も来ず人も来ず 真保喜代子 200801  
木の家の隅の暗がり昼の虫 真保喜代子 200801  
大石神影流祖の墓の昼の虫 角直指 京鹿子 200802  
一の谷奈落に潜む昼の虫 金田美恵子 ぐろっけ 200809  
軋みたる木造校舎昼の虫 金田美恵子 ぐろっけ 200810  
嗽ひして涙を出せり昼の虫 岡本眸 200810  
土捏ねの無心を囃す昼の虫 塩路隆子 200811  
傷心にさきがけ昼の虫啼けり 戸田和子 200811  
ガラス工房の青き炎や昼の虫 鈴木友寄枝 炎環 200812  
本棚の画集のあたり昼の虫 佐藤雄二 万象 200812  
走り根に齢ありけり昼の虫 渡邊美保 火星 200812  
昼の虫人の数だけ人の老い 鶴見遊太 200901  
昼の虫鳴くや骨なき兵の墓 栗下廣子 万象 200902  
仮縫ひの袖付け攣れる昼の虫 篠田純子 あを 200911  
仮病せる頃懐しむ昼の虫 森理和 あを 200911  
昼の虫傘立てに傘二本かな 大島翠木 200912  
縄文の甕棺小さし昼の虫 宮内とし子 200912  
はかどらぬ身辺整理昼の虫 木下もと子 200912  
昼の虫公民館の読書室 坂場章子 200912  
五升釜残る民家の昼の虫 小川玉泉 末黒野 200912  
藍甕の藍の暗さや昼の虫 草本洋子 200912  
村営のバスの間遠し昼の虫 中野久雄 末黒野 201001  
野良猫にをぢさん抱かれ昼の虫 篠田純子 あを 200912  
再生の彩色地蔵昼の虫 丹生をだまき 京鹿子 201002  
此の辺り吾が出生地昼の虫 坂本哲弘 山ざくら 201009  
文人歌人の旧居あまたや昼の虫 金山雅江 春燈 201011  
山なみのふいに途切れて昼の虫 高倉和子 201011  
どことなく心細げな昼の虫 早崎泰江 201011  
遠き帆や昼の虫なく湖の道 上原重一 201012  
酒蔵の梁つややかに昼の虫 松山直美 火星 201012  
掛かりよき鍵の深さよ昼の虫 相良牧人 201101  
昼の虫鳴くや古刹の石の塔 石川友江 風土 201101  
そのたびに探す眼鏡や昼の虫 國保八江 やぶれ傘 201101  
間歇に鳴いてをりけり昼の虫 松本文一郎 六花 201102  
同郷の話はづめり昼の虫 家塚洋子 酸漿 201102  
昼の虫めく阪神の為体 稲畑廣太郎 ホトトギス 201109  
昼の虫おのれも猫が恋しいか 稲畑廣太郎 ホトトギス 201110  
俳聖を語り継ぐかに昼の虫 稲畑廣太郎 ホトトギス 201110  
昼の虫蝉の骸のすぐ横で 中島節子 ぐろっけ 201110  
梁太き家の暗さや昼の虫 高倉和子 201111  
鍵かけるほどでもないか晝の蟲 佐藤喜孝 あを 201110  
昼の虫聞くや山手のイタリヤ庭 落合晃 201112  
昼の虫胸突坂をのぼり来て 國保八江 やぶれ傘 201112  
妻留守の厨にすだく昼の虫 小林一榮 末黒野 201112  
採血に針の用意や昼の虫 奥田順子 火星 201112  
焼酎の甕積み上げし昼の虫 緒方佳子 火星 201112  
焼香のどん尻にゐて昼の虫 中田とも子 201112  
村の名の残る碑昼の虫 堺昌子 末黒野 201201  
史料館は古戦場跡昼の虫 今泉あさ子 末黒野 201201  
縁側の無き家ばかり昼の虫 松井洋子 ぐろっけ 201201  
その音色もう出しますか昼の虫 橋本くに彦 ホトトギス 201202  
竹垣の苔むす藁屋昼の虫 堺昌子 末黒野 201202  
遺蹟の野雨にをりふし昼の虫 故井上弘堂 ホトトギス 201206  
井戸跡のあれば祀りて昼の虫 大湾宗弘 万象 201208  
収穫を終へし稲城の昼の虫 稲畑廣太郎 ホトトギス 201209  
ひつそりと声馴らしをる昼の虫 橋本修平 かさね 201211  
晝の蟲ぬれぬうちから雨宿 佐藤喜孝 あを 201211  
腰痛に歩み止むれば昼の虫 藤田京子 ぐろっけ 201212  
昼の虫鳴かせ陣屋の荒莚 森岡正作 201212  
天袋はタイムカプセル昼の虫 小嶋洋子 201212  
姉の手に我が手を重ね昼の虫 小林珠江 万象 201301  
昼の虫島に高波大明神 松田明子 201301  
にほどりの浮かんでこない昼の虫 篠田純子 あを 201311  
土塊のほろと崩れる昼の虫 有松洋子 201312  
昼の虫座禅組みたる日をおもふ 菅井悦子 201312  
足許に昼の虫鳴く瑞巌寺 國保八江 やぶれ傘 201312  
本番に備ふさらひや昼の虫 加藤みき 201312  
子規の碑のうしろへ廻る昼の虫 野澤あき 火星 201312  
坂道に一息つくや昼の虫 柚木澄 末黒野 201312  
昼の虫牛舎に大き水たまり 山田佳乃 ホトトギス 201401  
静寂のなんじゃもんじゃや昼の虫 藤本秀機 201401  
橋ひとつへだつ山盧の昼の虫 田中文治 火星 201401  
旋律を日向へ流し昼の虫 湯川雅 ホトトギス 201403  
扁額の発句褪せをり昼の虫 中村ふく子 201411  
旧びたる蔵の閂昼の虫 森岡正作 201411  
昼の虫消化試合の続きをり 細川洋子 201411  
石人の引く影の濃し昼の虫 石垣幸子 雨月 201411  
プラスァルファ名庭園の昼の虫 北尾章郎 201412  
味噌蔵の在りし辺りに昼の虫 國保八江 やぶれ傘 201412  
落花生まだ土の中昼の虫 内海良太 万象 201412  
ふり返る土手弓なりに昼の虫 宇都宮敦子 201412  
窯の火の冷めゆくしじま昼の虫 馬屋原純子 馬醉木 201501  
閂の重き御陵や昼の虫 松田明子 201501  
古民家のへつつい三つ昼の虫 小倉純 末黒野 201501  
広き家の留守番一日昼の虫 植村よし子 雨月 201501  
昼の虫神奈川奉行所跡に佇る 塩田博久 風土 201501 横浜
鐘の音にかむさつてゐる昼の虫 村上留美子 火星 201501  
昼の虫ここぞと思ふ辺りより 安藤久美子 やぶれ傘 201502  
恋心宵を待てずに昼の虫 橋本くに彦 ホトトギス 201502  
昼の虫稲畑邸は今日も留守 稲畑廣太郎 ホトトギス 201509  
休日の一人の時間昼の虫 今井肖子 ホトトギス 201509  
円窓の向かうに池や昼の虫 安藤久美子 やぶれ傘 201512  
屋上の万葉小径昼の虫 古川夏子 201512  
青あをと草育ちゐて昼の虫 長崎桂子 あを 201512  
雨小止み鐘の鳴るまで昼の虫 篠田純子 あを 201512  
子は去りて皆は無口に昼の虫 大内幸子 六花 201512  
二科展まで長き迂回路昼の虫 山田由利枝 雨月 201512  
一睡の夢より覚めて昼の虫 小泉貴弘 春燈 201601  
眠ること増えにし母や昼の虫 小泉三枝 春燈 201601  
遠目して遠出せぬ母昼の虫 柴田佐知子 201601  
とりこはす家の奥より昼の虫 田口萬智子 201602 昼の虫→2

 

2019年9月26日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。