虫の声 1    200句

本読めば本の中より虫の声   富安風生  冬霞

  虫時雨  虫しぐれ  虫すだく  虫の声  虫の音

  虫の闇  虫の夜  虫売  昼の虫  残る虫

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
夜店の灯届く神垣虫の声 菅原修子 春耕 199812  
夢うつつうつつにききし虫の声 桑垣信子 いろり 199910  
虫のこゑ書き足し結ぶ一筆箋 宇都宮滴水 京鹿子 199911  
選別をしたりされたり虫の声 松永典子 船団 199912  
おもかげの直子と聞きぬ虫の声 今井妙子 雨月 200001  
地はやがて闇となりゆく虫の声 宮崎山景 俳句通信 200010  
殉教のクルスに集ふ虫の声 新関一杜 京鹿子 200010  
闇あらば虫の声あり城ケ山 成重佐伊子 俳句通信 200012  
暁に鳴きつゞけてる虫の声 西村咲子 六花 200012  
片づけし亡母の部屋にも虫の声 桑原敏枝 いろり 200012  
虫の声柩に納む万葉集 安藤浄子 ぐろっけ 200012  
僧の衣の吊るされてをり虫の声 花島陽子 遠嶺 200101  
雨音でかそけくなりし虫の声 柴田美佐子 いろり 200110  
小夜ふけて虫の声聞く安けさよ 柴田美佐子 いろり 200110  
ささやきの知る術もなき虫の声 桑垣信子 いろり 200110  
信號の律義に更けて蟲の聲 竹貫示虹 京鹿子 200111  
虫の声空気に粗密生れたる 上原若子 200112  
虫の声文部唱歌にたしかむる 松田欽吾 雨月 200112  
暗闇に己が心音虫のこゑ 加藤みき 200112  
夜のしじま幾多の虫の声ひびく 池部久子 酸漿 200112  
暗闇に後ろ髪あり虫の声 村上瑪論 銀化 200201  
大鳥居仰ぐや虫の声しきり 岩田育左右 遠嶺 200201  
伏せ置きの植木鉢より虫の声 久保恵子 200202  
精米器はたりと止みぬ虫の声 佐原正子 六花合同句集 200205  
さても嵯峨野心根深く虫の声 足立典子 雨月 200211  
街騒の静もりし夜の虫の声 長山野菊 雲の峰 200211  
膝抱いてをり虫の声きいてをり 後藤志づ あを 200211  
眠れぬ夜の空想の旅虫の声 宮武美代子 ぐろっけ 200211  
蓑虫の声訪ね来し草の庵 川端実 遠嶺 200212  
腕時計落とせし夜の虫の声 鳴海清美 六花 200212  
終章やこよなき虫の聲まぎる 鉄山幸子 銀化 200212  
船降りる時のひと揺れ虫の声 井上道子 百鳥 200212  
雨上がる気配に虫の声一斉 小國佐世子 遠嶺 200212  
テレビ消しはっきり聞こゆ虫の声 山口和子 ぐろっけ 200301  
吾妻とは虫の声まで秘境なる 林峰春 ホトトギス 200302  
寝返りの方に回りぬ虫の声 鷹羽狩行 200310  
虫の声闇に返して灯に戻る 宇都宮滴水 京鹿子 200311  
接近の火星は赤し虫の声 竹下昭子 ぐろっけ 200311  
途切れたる会話をつなぎ虫の声 小林信江 200312  
暮れなづむゆく先ざきに虫の声 北原瑞枝 遠嶺 200312  
僧逝かれ佇む碑林虫の声 大石喜美子 雨月 200312  
明け方は宵よりさびし虫の声 沖汐妙子 火星 200312  
ケラ鳴くや虫の声する余地もなし 高木智 京鹿子 200312  
醤油蔵香りほのかに虫の声 延川五十昭 六花 200312  
虫の声耳に手をあて探しけり 永田勇 六花 200312  
虫の声一年前の日記読む 永田勇 六花 200312  
弔文を美しくむすんで虫の声 禰寝瓶史 京鹿子 200401  
祭果て足元にあり虫の声 小石秀子 酸漿 200401  
虫の声途切れ唱題余念なく 栢森定男 風よ 200407  
落ちてゆく滴の中の虫の声 寺門丈明 あを 200410  
宿場前別れ灯籠に虫の声 長谷川登美 ぐろっけ 200410  
浸しおく小豆膨らみ虫の声 伊藤一枝 酸漿 200411  
コンサートはねるや繁し虫の声 馬場宏一 春燈 200411  
難聴はかくもつれなし虫の声 有田蟻太 200412  
虫のこゑ人はたひらに夢寐に入る 中村恭子 200412  
くらがりの滲んで来たり虫の声 宮崎すみ 対岸 200412  
黒豆を漬けし手鍋や虫の声 小柴健一 春耕 200412  
綿棒で耳に居つきし虫の声 近藤貞子 六花 200501  
稿終へて何日ぶりの虫の声 稲岡長 ホトトギス 200501  
庭に出で総身にて聞く虫の声 三浦カヨ子 酸漿 200511  
虫の声抱き直したる抱き枕 田尻勝子 六花 200511  
三枚におろす魚や虫の声 坂路照子 築港 200511  
物書くは野を行くごとし虫の声 岡本眸 200511  
風変はり肌身つたはる虫の声 小牧弘治 河鹿 200512  
ぬばたまの夜を細りゆく虫のこゑ 窪田粧子 馬醉木 200512  
気にすれば気にするほどに虫の声 倉持梨恵 200512  
叢の奥なつかしや虫の声 菊谷潔 六花 200512  
通夜の灯のとどくかぎりや虫の声 山嵜加代子 河鹿 200601  
瀬の音と虫の声聴く夜更けかな わかやぎすずめ 六花 200601  
銀座八丁虫のこゑ踏む土なくて 瀧春一 瓦礫 200606  
露天温泉に小雨の来つつ虫の声 島崎勇作 酸漿 200611  
迂闊にも過ぎし日多し虫の声 島崎勇作 酸漿 200611  
亡き母のすぐ思はるる虫の声 丹羽敦子 酸漿 200611  
珈琲の豆の二度挽き虫のこゑ 飛鳥由紀 200612  
窓越しといふやはらかき虫の声 倉持梨恵 200612  
心置き庭に聞きをり虫の声 鈴木幾子 酸漿 200612  
足早の歩を止めよと虫の声 久保晴子 雨月 200701  
はや虫の声細りゆき闇深し 滝川あい子 雨月 200701  
山居していよいよふえし虫の声 浅井青陽子 ホトトギス 200702  
寝付かれず戦史取り出し虫の声 神田惣介 京鹿子 200702  
夏の夜の虫の声こそ淋しけれ ことり 六花 200707  
虫の声風彩つてをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200709  
月光の弦にふれたる虫のこゑ 中村翠湖 馬醉木 200710  
月光の坂のぼり行く虫の声 上原重一 200711  
耳鳴りを澄まして聞けり虫の声 四條進 200711  
人過ぎてまた過ぐ人へ虫の声 黒澤登美枝 200711  
亡き父の道具箱から虫の声 高橋将夫 200711  
湯上りの耳に新たな虫の声 笹村政子 六花 200711  
こころみに残せし草に虫の声 青木陽子 酸漿 200711  
石段の猫正坐せり虫の声 早崎泰江 あを 200711  
一つ火の点る高尾や虫の声 永見嘉敏 酸漿 200712  
今日のこと全て忘れむ虫の声 筒井八重子 六花 200712  
虫籠を置く四方より虫の声 柴田佐知子 200712  
夕闇ややをら高まる虫の声 小滝奈津江 酸漿 200712  
虫の声のひときは眠り誘ひけり 木野本加寿江 火星 200801  
虫のこゑ聞き分け歩く石畳 大西八洲雄 万象 200801  
琥珀より甦りたる虫の声 小泉貴弘 筑波の道 200811  
自分史を書くに励めと虫の声 山田春好 200811  
門閉ざす馬場のくらがり虫の声 貞布兵 炎環 200811  
大粒の星更くる夜や虫の声 青木陽子 酸漿 200811  
虫売りの去りたる後に虫の声 葛西茂美 200812  
日曜や暫し側に虫の声 大原貴彦 炎環 200812  
更けてなほ雨の八尾の虫の声 小山徳夫 遠嶺 200812  
曲屋の馬なき馬屋に虫の声 鈴木とおる 風土 200812  
虫のこゑ満載となる無人駅 小林和子 風土 200812  
それとなく聞き分けてゐし虫の声 鈴木清子 遠嶺 200901  
清張を読み了へ虫の声近し 田中敬 200901  
玄関のインターホンから虫の声 北畠明子 ぐろっけ 200901  
か細くてとぎれ勝ちなる虫の声 池崎るり子 六花 200901  
虫のこゑ更けて天より降るごとし 鷹羽狩行 200909  
虫の声ばったり止みし野天の湯 西田史郎 200911  
寝返りの先へ先へと虫の声 鈴木梨枝子 炎環 200911  
異次元に二日の後の虫の声 赤座典子 あを 200911  
虫の声近くに聞いて髪染める 須賀敏子 あを 200911  
指で唇封じこゑ聴く虫の闇 藤原はる美 200912  
虫の声闇美しくなりにけり 鈴木鳳来 春燈 200912  
新しき補聴器に澄む虫の声 廣瀬義一 雨月 200912  
河岸に身を横たへて聴く虫の声 廣瀬義一 雨月 200912  
欠け残る宝篋印塔虫の声 古川よし子 風土 200912  
虫の声やうやうにしてしぐれなす 濱田カノエ 酸漿 200912  
眉月の冴えて高まる虫の声 中村ツヤ子 酸漿 200912  
漆黒の闇を拡ぐる虫の声 伊藤文郎 200912  
灯を消せば闇に広がる虫の声 安本恵子 201001  
夢に濃くうつつに淡し虫の声 沼田巴字 京鹿子 201001  
晩学のわれを励ます虫の声 鈴木幾子 酸漿 201001  
あるなしの隙間にしみる虫の声 小林昌幸 201001  
声高の吾家の虫に旅帰り 嶋田摩耶子 ホトトギス 201002  
玄関に棲みついてゐる虫のこゑ 齋藤博 やぶれ傘 201002  
絵本にも虫の声あり子の眠る 後藤きく江 201003  
虫の声大都市の闇深めゆく 稲畑廣太郎 ホトトギス 201009  
明日は発つ宿にしばらく虫の声 安藤久美子 やぶれ傘 201011  
みちのくや暮るる前より虫の声 江本路代 酸漿 201011  
暑き中気付くが遅し虫の声 富田志げ子 酸漿 201011  
猛暑日の暮るるを待たず虫の声 富田志げ子 酸漿 201011  
段取りへ増ゆる付箋紙虫のこゑ 菅谷たけし 201011 「沖」四十周年
カンバスに描き出せざる虫の声 塩路五郎 201101  
雨やんで陽に透くやうな虫の声 田所節子 201101  
どの木からともなく虫の声をはる 青木陽子 酸漿 201101  
薬園のかかりに残る虫のこゑ 丸山照子 火星 201102  
寺裏の小路の暗し虫の声 石黒興平 末黒野 201104  
舟下り右岸左岸の虫の声 柳澤宗正 万象 201108  
虫の声夜を誘ふサラバンド 稲畑廣太郎 ホトトギス 201109  
古稀にして古今和歌集虫の声 長谷川鮎 ぐろっけ 201109  
やまはたにひときは高き虫の声 滝沢伊代次 万象 201110  
観音へ飛鳥川沿ひ虫の声 伊藤純子 201111  
真夜中の大気充ちをり虫の声 谷口俊郎 201111  
被曝樹へ暮れ残る日の虫の声 鴨下昭 201111  
包丁のリズムの中へ虫の声 高橋泰子 201111  
就中夜明けまぢかの虫のこゑ 林いづみ 風土 201111  
来し方を振り返らせる虫の声 西田史郎 201112  
虫の声部屋は大きな原となり 沼崎千枝 末黒野 201112  
思ふことあり一途なる虫の声 近藤喜子 201112  
誰が聞く月無き夜の虫の声 加納淳子 六花 201112  
いくそたび驟雨の襲ふ虫の声 溝内健乃 雨月 201112  
行方より来し方遠し虫の声 溝内健乃 雨月 201112  
佇てば止み歩めば鳴きて虫の声 廣瀬義一 雨月 201112  
宿の灯の遠くに見えて虫の声 清水侑久子 201201  
通夜帰り青松虫の声とぎれ 大坪景章 万象 201201 小菅高雪兄逝く
虫の声清しき夜空村眠る 福田かよ子 ぐろっけ 201201  
姉見舞うホスピス棟に虫の声 水野弘 ぐろっけ 201201  
祭の灯届かぬ隅の虫の声 柳生千枝子 火星 201201  
虫の声重なり合うて尚寂し 五ケ瀬川流一 六花 201201  
深秋や風に吹かるる虫の声 藤生不二男 六花 201201  
靖国の地より湧くごと虫の声 栗下廣子 万象 201202  
金色の星銀色の虫の声 稲畑廣太郎 ホトトギス 201203  
虫の声細るを惜み木戸に聞く 滝川あい子 雨月 201203  
寝返りをうちつつ聴ける虫の声 久永つう 瀬戸の海 201203  
一生を飼はれて終る虫の声 小林朱夏 201210  
虫の声聞きつつ眠りつきにけり 佐藤健伍 201211  
秋の夜鳴き声変わる虫の声 廣瀬将也 201211  
眠るとき虫の声聞く子守唄 塩路遼 201211  
耳鳴りの中に安らぐ虫の声 四條進 201211  
日記書く合間に聞ゆ虫の声 森岡陽子 かさね 201211  
露天風呂背中を流す虫の声 市川伊團次 六花 201212  
写経墨匂ふ文机虫の声 三枝邦光 ぐろっけ 201212  
なにとなく明日も生きたし虫のこゑ 有松洋子 201301  
ぢつと待つ以心伝心虫の声 吉村摂護 201301  
一坪に足らぬ風呂場や虫の声 小田嶋野笛 末黒野 201301  
荒れ庭の夜を鳴きつぐ虫の声 小林美登里 かさね 201302  
虫の声はたと止みたる誰か来し 稲岡長 ホトトギス 201302  
芦屋川海までつづく虫の声 宮崎正 ホトトギス 201302  
遠くまで闇がふくらむ虫の声 小山田子鬼 201310  
虫の声聞きて夕闇淋しけり 佐藤健伍 201311  
刈り伏せの草の中より虫の声 小林珠江 万象 201311  
余命なきことを知らずや虫の声 塩路五郎 201311  
夜の更くる湖畔静かや虫の声 増田一代 201311  
をちに千こちに二千の虫の声 大木清美子 201311  
マンションの谷間の葎虫の声 池内とほる かさね 201311  
虫の声犬としゃがみて耳すます 池田久恵 ぐろっけ 201312  
墨磨るや庭の何処かで虫の声 塩千恵子 201312  
耳鳴りの耳に飛び込む虫の声 出口誠 六花 201312  
現し身を傾けて聞く虫の声 井上浩一郎 ホトトギス 201401  
たまゆらの命長夜を虫の声 菊谷潔 六花 201401  
空つぽの大甕満たす虫の声 高橋将夫 201402  
義仲寺を包囲してをり虫の声 中村ふく子 201411  
川風に予定調和の虫の声 市川伊團次 六花 201411  
夫呼べど夜毎小さき虫の声 長谷川友子 春燈 201411  
文献に義父のルーツや虫の声 伊東和子 201412  
再開は第二楽章虫の声 鎌田吾郎 ろんど 201412  
モルト蔵いで鳥の声虫のこゑ 園部早智子 ろんど 201412 虫の声 →2

 

2019年9月14日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。