1    100句

からばやと借家に入れば虫の声   舎羅  蕉門名家句集

  虫時雨  虫しぐれ  虫すだく  虫の声

虫の音  虫の闇  虫の夜  虫売  昼の虫  残る虫

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
鳴く虫も鳴かざる虫も好く味噌汁 丸山佳子 京鹿子 199811  
今日の日はまたなし嵯峨の虫を聞く 梶原佐知 雨月 199811  
妻臥せる夜は虫どもの四面楚歌 千代田葛彦 馬醉木 199812  
虫を聞く夜更けの仕事区切つけ 松尾緑富 ホトトギス 199909  
初めから仕舞まで虫鳴いてをり 高橋将夫 199911  
直ぐそこに鳴く虫のゐて親しけれ 大津留いほり 199911  
声に声継ぐに間延びて虫細る 桑垣信子 いろり 199911  
虫絶えて忘れ物せし心地なり 林田加杜子 いろり 199911  
強の字をくづせば虫の鳴き始む 小澤克己 遠嶺 199912  
橋多き哲学の道虫千々に 坂田隆子 199912  
棲み古りし家やよく鳴く籠の虫 加瀬美代子 199912  
今昔の闇に虫聴く芳一像 長谷川翠 馬醉木 200001  
雨の虫聞きをり足の濡れてをり 服部幸 200002  
虫しげく義経の径ほそぼそと 田中藤穂 水瓶座 200002  
足許に鳴きゐし虫の眼を思ふ 松本恭昂 火星 200004  
草子本開けば聞ゆ虫の海 佐渡美佐子 ヒッポ千番地 200008  
鳴きかはる今宵の虫を聞き分けて 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
月澄むやつと声を断つ庭の虫 阿部ひろし 酸漿 200010  
一編をあげ朝の虫聞きに出づ 朝妻力 俳句通信 200010  
虫聞の庇の竹を運びをり 大和田鏡子 俳句通信 200010  
虫鳴いてめぐる季節に戸惑ひぬ 林田加杜子 いろり 200010  
虫鳴くや旅装をたたむことも夜 小澤克己 遠嶺 200011  
しんしんと星座歩める虫浄土 山田弘子 円虹 200011  
蟲どもに後朝の唄歌はれぬやう 中原道夫 銀化 200011  
塗り盆に寫りて籠の蟲默る 中原道夫 銀化 200011  
湯の宿の虫にしたしきこころかな 林裕子 風土 200012  
鳴き上手誉められてゐる籠の虫 加古みちよ 火星 200012  
窓閉ぢて虫にやさしき闇とせり 長谷川鉄夫 200012  
虫の宿真白き猫が庭よぎる 宮永順子 俳句通信 200012  
杖抱けば夜闇したしく虫親し 木村風師 馬醉木 200101  
金鈴といふほかはなし虫近き 二瓶洋子 六花 200101  
万葉に栞はさむや虫しげく 岩田育左右 遠嶺 200101  
虫鳴いて明石の門波暗かりき 金森教子 雨月 200101  
静かな袋に入れる虫の部品 南村健治 船団 200105  
虫しげし深き眠りの街のZOOズー 花島陽子 遠嶺 200105  
虫をきく少女のごとき看護婦と 伊藤鯰子 ぐろっけ 200105  
二人してつまづく小石虫の秋 斉藤静枝 あを 200110  
籠の虫庭の虫よりよく鳴きぬ 加藤真起子 火星 200111  
虫鳴くや念仏塚は草の中 宇佐美祐喜子 酸漿 200111  
音色よき虫の独吟聴ひてをり 桑垣信子 いろり 200111  
ドアの鍵開けても姿見えぬ虫 桑原敏枝 いろり 200111  
虫鳴いて障子隅まで青き夜ぞ 渡邉友七 あを 200111  
虫しげし世界の天気見て眠る 永井丈夫 200112  
むつかしき話をよそに虫を聞く 半田陽生 円虹 200112  
仮の世や鳴かぬつもりの虫も居る 伊藤格 200112  
虫の宿若狭鰈を裏返す 成澤桂助 百鳥 200112  
窓あきてゐしよ虫声部屋に満つ 林翔 200112  
鳴く虫のとぎれとぎれに行く峠 梶浦玲良子 六花 200112  
虫の鳴く石灯籠に灯の点る 池部久子 酸漿 200112  
温泉の神の小さき灯や虫の秋 宮川杵名男 春耕 200112  
身ほとりの闇の絶唱虫の秋 重高涌子 遠嶺 200112  
見る程に佛母美はし蟲そやす 大森ムツ子 ぐろっけ 200112  
蟲の秋五叉路のひとつ上り坂 佐藤喜孝 あを 200112  
朝の蟲高く重ぬる乱れ籠 佐藤喜孝 あを 200112  
虫今宵聴きとめしより聴き入りし 荻江寿友 ホトトギス 200201  
虫絶えて老の七曜水のごと 新家生子 200201  
子にいかな背を見せきしや虫の秋 平子公一 馬醉木 200201  
夜窯守る杣や忘我の虫浄土 高橋好温 馬醉木 200201  
新墓に供花束ねれば虫の熄む 岸はじめ ぐろっけ 200201  
百年忌修し道後の虫の宿 千原叡子 ホトトギス 200202  
無為の身の後ろめたしや虫の秋 杉山瑞恵 雨月 200202  
この闇が虫を鳴かせておりにけり 小西昭夫 船団 200202  
たぐりつつ藤にもどつてゆける虫 山田六甲 六花 200206  
水撒くや虫声ちりぢりばらばらに 宮原みさを 花月亭 200208  
手枕のくの字くの字や虫の宿 宮原みさを 花月亭 200208  
虫鳴いて明治大正よりの路地 宮原みさを 花月亭 200208  
銀座のド真ン中で虫鳴きにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200209  
人悼む心の端に虫を聞く 稲畑汀子 ホトトギス 200209  
息長き虫ゐて闇をふくらます 高崎武義 200209  
ぐい呑の土器色や夜の虫 太田寛郎 200209  
虫が鳴く地球どんどん温暖化 松山律子 六花 200210  
虫の秋ひとしほ酒の透きにけり 岡田信雄 百鳥 200211  
ほの白き声して虫の鳴き初むる 関洋子 200211  
一舟を仕立ててもらふ虫の宿 中村房枝 六花 200211  
蟲集く寢返りうつに耳が邪魔 中原道夫 銀化 200211  
送りたくなき蟲混じりたる蟲送り 中原道夫 銀化 200211  
終と鳴く蟲なりけふもながらへて 中原道夫 銀化 200211  
虫鳴ける離れ住む娘を思ひゐて 青垣和子 雨月 200211  
海鳴や虫鳴く夜々もつかのまに 朝妻力 雲の峰 200211  
虫のソロ終へて出番の鉦叩 乃美隆子 200212  
虫鳴けりクックも見上げし十字星 二宮きみ枝 200212  
虫の秋金の秘仏の厨子ひらく 川井政子 風土 200212  
風雨収まりし夜の虫音を張りて 松尾緑富 ホトトギス 200212  
虫鳴いて本殿までの女坂 塩川雄三 築港 200212  
句碑建てばそこを拠点に虫鳴ける 塩川雄三 築港 200212  
城跡の使はざる井戸虫鳴ける 塩川雄三 築港 200212 松坂城
咳一つ虫ゐる闇へ落しけり 伊藤多恵子 火星 200212  
虫の秋半券増えし旅鞄 笹村政子 六花 200212  
目薬の手元狂ひぬ虫の宿 笹村政子 六花 200212  
虫鳴けりむかし郷関出でし日も 中島知惠子 雨月 200212  
終章やこよなき虫の聲まぎる 鉄山幸子 銀化 200212  
宿題の子に蝉が鳴き虫が鳴き 嶋崎茂子 百鳥 200212  
あかときや虫と胡弓の国となり いしだゆか 遠嶺 200212  
虫の宿前座に稽古付けにけり 山遊亭金太郎 百鳥 200301  
虫の籠遊びつかれて忘れられ 片山八重子 ぐろっけ 200301  
再会は意外に早し虫の宿 小竹由岐子 ホトトギス 200302  
足もとに日暮来てゐる雨の虫 高橋さえ子 200304  
虫鳴かせ店の主の見当らず 稲畑汀子 ホトトギス 200309  
目覚むればまだ深夜なり虫の宿 長澤健子 酸漿 200311  
前奏も伴奏もなく虫鳴ける 塩川雄三 築港 200311 虫 →2

 

2019年9月25日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。