虫 売  34句

蟲賣に漸く更くる博多かな    清原枴童

  虫時雨  虫しぐれ  虫すだく  虫の声  

虫の音  虫の闇  虫の夜  虫売  昼の虫  残る虫

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
虫売りの低き台座の畳まるる 川口襄 遠嶺 199812  
虫売りのすこうし暗き夜店かな 田中藤穂 水瓶座 200002  
耳二つ貸し出されあり虫売りの 朱間繭生 銀化 200011  
虫に離れて虫売のありにけり 深澤鱶 火星 200012  
虫売の霧吹きかけて鳴かす術 稲畑廣太郎 ホトトギス 200109  
虫売の檜笠のにほふ雨上り 児島千枝 春耕 200110  
深川や虫売り屋台担ぎくる 池内けい吾 春耕 200112  
虫売の籠に子の顔はりつきし 稲畑廣太郎 ホトトギス 200309  
虫売りと向き合うて子のしづかなり 山尾玉藻 火星 200309  
虫売りの趣向の籠で客呼べり 星佳子 200311  
水音のせり虫売の早じまひ 伊藤白潮 200409  
虫売りの虫の音積んで去ににけり 城孝子 火星 200411  
虫売の虫売らしく座りゐる 大串章 百鳥 200412  
虫売の虫に愛情示しをり 塩川雄三 築港 200511  
虫売りや日暮の街の濡れてをり 辻兎夢 200601  
虫売りのそびらの闇に虫鳴ける 三遊亭金遊 百鳥 200601  
虫売りのあをき匂ひを残しけり 酒本八重 200611  
店先が俄か虫売八百屋さん 平野きぬ子 八千草 200703  
豊国描く虫売の虫しぐれかな 岩岡里子 春燈 200707  
古書市に虫売られをり売れてをり 木下忠雄 酸漿 200802  
さみしくて虫売は虫さわがすや 成瀬櫻桃子 春燈 200804 『風色』
虫売の来てふくらます夜の闇 渡井佳代子 200812  
虫売りの去りたる後に虫の声 葛西茂美 200812  
虫売の虫鳴かせたる基地の町 山田春生 万象 200901  
虫売りの座しゐし辺り萩は実に 大山文子 火星 200912  
虫売や虫より低く身をかがめ 辻直美 201011  
境内の外に虫売り荷を下ろす 竹内弘子 あを 201011  
屋上の虫売りに浮く雲ひとつ 山尾玉藻 火星 201110  
虫売のこめかみ太き昼餉かな 深澤鱶 火星 201111  
虫売の籠を並べて無言なり 松本文一郎 六花 201201  
八階の虫売へ子等走るはしる 稲畑廣太郎 ホトトギス 201309  
虫売の招かざる客童らは 佐藤山人 201501  
虫売りの中に紛れてはいないか 中居由美 船団 201707  
虫売の手練やけふも闇を売り 夏生一暁 馬醉木 201811  
虫売りの本当の顔隠しをり 高倉和子 201902  

 

2019年9月20日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。