虫時雨 1     200句

蟲時雨銀河いよいよ撓んだり  松本たかし   松本たかし句集

  虫時雨  虫しぐれ  虫すだく  虫の声  虫の音

虫の闇  虫の夜  虫売  昼の虫  残る虫

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
虫時雨山住にして奈落めく 山田弘子 春節 199503 ロマンチック街道
浴室の水音止めて虫時雨 川口襄 遠嶺 199812  
読み了へし近松心中虫時雨 山田禮子 遠嶺 199812  
虫時雨耳傾ける一つあり 松尾緑富 ホトトギス 199909  
大正琴かすかに流れ虫時雨 松沢久子 いろり 199910  
暮れそめてなほひとしきり虫時雨 清水かつ 酸漿 199911  
睡るまで身をつつみをり虫時雨 朝倉和江 馬醉木 199912  
絹糸のすんなり通る虫時雨 烏羽夕摩 京鹿子 200002  
夫が逝きたれかれが逝き虫時雨 山岸治子 馬醉木 200011  
文机に拠れば眠たき虫時雨 穐好樹莵男 馬醉木 200011  
虫時雨遠く稽古の獅子囃子 中川節子 春耕 200011  
小硯に一滴足して虫時雨 保坂加津夫 いろり 200011  
闇ついて生きる証の虫時雨 神田恵子 200012  
暮残る雲のひとひら虫時雨 丹羽啓子 馬醉木 200012  
虫時雨娘は遠国に着きしころ 芳賀雅子 遠嶺 200012  
山の湯は夕暮早し虫時雨 秋山義彦 酸漿 200012  
藤棚を降りくる闇の虫時雨 二瓶洋子 六花 200101  
しばらくは湯船で聞きし虫時雨 横倉由紀 船団 200107  
休耕田は咄家潜む虫時雨 山口伸 海程 200108  
虫時雨眼をこらしてもねむたくて 松沢久子 いろり 200111  
半身は濡れてをるなり虫時雨 土井田晩聖 銀化 200111  
虫時雨寺に残れる城土塁 出岡実 春耕 200111  
夜もすがら休止符のなき虫時雨 松田欽吾 雨月 200112  
病む夫に届け今宵の虫時雨 武田幸栄 円虹 200112  
雨風の冶まるや否や虫時雨 梅田秀子 酸漿 200112  
虫時雨ひときは激し外湯かな 大石英子 春耕 200112  
日高嶺の闇ふくらます蟲時雨 安原ときこ 遠嶺 200112  
幼子の寝落ちたるより虫時雨 稲岡長 ホトトギス 200201  
虫時雨抜けて家路でありしかな 稲畑汀子 ホトトギス 200209  
こころにも満ち干のありて虫時雨 渡辺昭 200210  
逝く人に夜のとばりや虫時雨 大川陽子 雲の峰 200210  
虫時雨闇の舞台をほしいまま 塩川雄三 築港 200211  
霧雨の上がりし峡に虫時雨 深澤テル子 200212  
ひたすらに師の書読みけり虫時雨 清水晃子 遠嶺 200212  
角砂糖一個を落とす虫時雨 大島翠木 200212  
たまゆらのいのちを一途虫時雨 渡辺萩風 ホトトギス 200302  
二重奏三重奏の虫時雨 小島左京 ホトトギス 200302  
虫時雨犬山城をのせてをり 山田弘子 ホトトギス 200302  
根気よく生きねばならず虫時雨 塩川雄三 築港 200311 飛鳥路
西伽藍東院伽藍虫時雨 塩川雄三 築港 200311  
明け暮れの虫時雨聞く湯宿かな 鵜飼紫生 雨月 200311  
バス降りて静けさのます虫時雨 安部里子 あを 200311  
三尺の庭にもありて虫時雨 金子慶子 遠嶺 200312  
虫時雨包む厨の水音かな 三上佳子 遠嶺 200312  
薪能はじまるを待つ虫時雨 西山美枝子 酸漿 200312  
団欒のふと静まれり虫時雨 山村修 酸漿 200312  
野仏の耳傾ける虫時雨 塩川雄三 築港 200312  
工場の灯りも消えて虫時雨 小野田敏子 築港 200312  
虫時雨眠り薬に寝落ちたる 溝内健乃 雨月 200312  
通過待つローカル線の虫時雨 石添火人 帆船 200312  
虫時雨舌に消したる句の行方 佐藤よしい 風土 200401  
灯を消してボリューム上がる虫時雨 宮川秀穂 200401  
くちもとに指あて宵の虫時雨 津田礼乃 遠嶺 200401  
みどり児の寝入りし後の虫時雨 栢森定男 風よ 200407  
虫時雨脈の乱れの気にかかり 森理和 あを 200410  
拳二つやがてひらきぬ虫時雨 鈴木節子 200411  
ひとひとり居なくなる夜の虫時雨 金子輝 春燈 200411  
薬師寺の籠りの闇の虫時雨 落合由季女 雨月 200411  
恙の身寄する窓辺の虫時雨 喜多初枝 雨月 200411  
茶を点ず女三人虫時雨 東亜未 あを 200411  
待機せるバスを取り巻く虫時雨 岡本直子 雨月 200412  
雨止んでたちまち門辺虫時雨 稲畑汀子 ホトトギス 200509  
目覚めては又夢に入る虫時雨 片山タケ子 200511  
ひとむらの草のふくらむ虫時雨 服部早苗 200511  
とつぷりと暮れし山より虫時雨 浅田浦蛙 対岸 200511  
伴奏はいつも脇役虫時雨 塩川雄三 築港 200511  
虫時雨頭痛なかなか癒えません 長崎桂子 あを 200511  
鉦叩より始まりし虫時雨 谷本春代 200512  
昼暗き道詮の墓虫時雨 塩川雄三 築港 200512  
個個の虫聞きわけ出来ず虫時雨 塩川雄三 築港 200512  
虫時雨臥し所に聞ける浄土かな 古賀美喜恵 河鹿 200601  
慰めのひとこと言へず虫時雨 大石たか 遠嶺 200601  
虫時雨移るともなく更けにけり 藤岡紫水 京鹿子 200601  
虫時雨闇を大きくしてをりぬ 松下道臣 まんまる 200607  
夢断ちて断ちてこの世の虫時雨 小澤克己 塩竃 200608  
石据ゑて石忘れたり虫時雨 伊丹さち子 馬醉木 200610  
虫時雨踏みたるものの大き音 荒井和昭 200611  
足病みし机上乱るる虫時雨 坪井洋子 200611  
虫時雨妻籠の宿の外厠 中山勢都子 200612  
虫時雨ききつつ綴る農日誌 岡本崇 200612  
虫時雨モーツアルトのカデンツア 秋岡朝子 200612  
夢に逢ふ人を待たせて虫時雨 山田暢子 風土 200612  
目をつぶる心の糧の蟲時雨 長崎桂子 あを 200612  
虫時雨五百阿羅漢影五百 安武晨子 200612  
声和してゐるにはあらず虫時雨 出来由子 200701  
気掛りな文夜通しの虫時雨 野口光江 遠嶺 200701  
眠り猫見る回廊に虫時雨 木暮剛平 万象 200701  
戸を閉めて少し遠のく虫時雨 今越みち子 万象 200701  
虫時雨一泣きして笑ひましよ 新関一杜 京鹿子 200709  
情を秘め景を詠めよと虫時雨 小澤克己 遠嶺 200709  
伽羅蕗の味が尾を引く虫時雨 森理和 あを 200710  
雨あとのことに賑やか虫時雨 上慶子 200712  
籠城の推敲句敲き虫時雨 内野俊子 春燈 200712  
喪ごころを深めしままに虫時雨 緑川啓子 馬醉木 200712  
結界のこゑを一つに虫時雨 高橋さえ子 200712  
四阿のあたりいよいよ虫時雨 寺島京子 200802  
路地の灯の水面に揺れて虫時雨 寺島京子 200802  
正面に街騒背ナに虫時雨 稲畑廣太郎 ホトトギス 200809  
判じ読む虫塚の句碑虫時雨 柴崎甲武信 月日 200811  
口遅き三才児なり虫時雨 竹内悦子 200811  
うす暗き楢の林の虫時雨 中島玉五郎 200811  
残年是遊俳自適虫時雨 守屋井蛙 酸漿 200811  
虫時雨さらさらの血になりさうな 細川洋子 200811  
虫時雨夜の帳の濃かりけり 湯上稔子 春燈 200812  
虫時雨止めり訃報に驚けば 泉田秋硯 200812 谷村さん逝く
虫時雨みんなやさしき人の中 新井如月 炎環 200812  
水撒の音かと思ふ虫時雨 川原典子 酸漿 200812  
虫時雨夫の手を借る湿布薬 平野みち代 200901  
組み終へし全てのぺージ虫時雨 小澤克己 遠嶺 200911  
老いてなほ繰言多し虫時雨 羽賀恭子 200911  
虫時雨忍び泣き合ふ無言館 岡野ひろ子 200911  
二人居の黙の深まる虫時雨 吉沢陽子 200911  
しばらくは湯船にて聞く虫時雨 海老名ムツヱ 酸漿 200911  
灯を落しさても山家の虫時雨 伊東和子 200912  
顔の無き地蔵三体虫時雨 長谷川いづみ 炎環 200912  
虫時雨漁家のこぼせる灯の暗く 松本三千夫 末黒野 200912  
子の寝息聞きし日遠く虫時雨 近藤倫子 ぐろっけ 200912  
晴れし夜の地上うるほす虫時雨 浅野恵美子 酸漿 200912  
喪帰りの空仰ぎけり虫時雨 上原光代 酸漿 200912  
近づいて来ては遠のき虫時雨 嶋田一歩 ホトトギス 201001  
柴の戸を訪へば句碑あり虫時雨 小山徳夫 遠嶺 201001  
虫時雨古刹に渡る丸木橋 松林順子 雨月 201001  
渋滞の車窓開くれば虫時雨 塩出眞一 ぐろっけ 201001  
心経を写し終へたり虫時雨 川口襄 遠嶺 201002  
文科より法科への径虫時雨 國保八江 やぶれ傘 201002  
学び舎は眠りにつきぬ虫時雨 齋藤朋子 やぶれ傘 201002  
コツコツと我が靴音と虫時雨 佐竹千代 やぶれ傘 201002  
虫時雨闇を深めてをりにけり 稲畑廣太郎 ホトトギス 201005  
星見台までは届かぬ虫時雨 稲畑汀子 ホトトギス 201009  
仏壇の父となりたり虫時雨 米山喜久子 201011  
いつからの鍵の二重よ虫時雨 甲州千草 201011  
海鳴りに勝り淡路の虫時雨 大橋晄 雨月 201011  
虫時雨冷たき菜イを並べけり 佐渡谷秀一 春燈 201012  
篠竹の生ふる中洲や虫時雨 大橋伊佐子 末黒野 201012  
静かさの二人に戻る虫時雨 大川暉美 末黒野 201012  
楽章の移るに間あり虫時雨 竹村清繁 末黒野 201012  
塾の灯の煌々として虫時雨 藤田満枝 万象 201012  
鈴の緒を振り過ぎ乱す虫時雨 中原吟子 雨月 201012  
耳鳴を忘れてゐるや虫時雨 宮沢治子 春燈 201101  
虫時雨渡り廊下の灯されて 佐藤千恵 京鹿子 201101  
かなかなに覆ひ被さる虫時雨 竹田ひろ子 ろんど 201101  
たまさかの一人の夕餉虫時雨 國保八江 やぶれ傘 201101  
追伸を書き終へてより虫時雨 稲畑廣太郎 ホトトギス 201109  
虫時雨夫に涙をぬぐはるる コ田千鶴子 花の翼 201111  
宿坊の馳走の一つ虫時雨 阪本哲弘 201112  
無住寺の山の賑はひ虫時雨 羽賀恭子 201112  
風穴の闇の深さや虫時雨 大内和憲 万象 201201  
老われに余日とてなき虫時雨 竹下陶子 ホトトギス 201204  
虫時雨都心の伽として淡し 稲畑廣太郎 ホトトギス 201209  
不夜城を遠くに置きて虫時雨 稲畑廣太郎 ホトトギス 201209  
都心にも闇の戻りて虫時雨 稲畑廣太郎 ホトトギス 201209  
虫時雨とは木星を近付けて 稲畑廣太郎 ホトトギス 201209  
窓開けて眠りを誘ふ虫時雨 岡野安雅 かさね 201211  
露天湯や星降る四方の虫時雨 大内由紀 末黒野 201211  
寡黙なる二人をつなぐ虫時雨 長久保郁子 かさね 201211  
虫時雨声無き声の夫偲び 横山昭子 雨月 201212  
虫時雨ぼくも泣き虫お仲間に 千田敬 201212  
地震に覚めし午前三時や虫時雨 島野ひさ 万象 201212  
喪心にい行く島径虫時雨 横山昭子 雨月 201212  
須磨浦の鉄路はさみし虫時雨 高松由利子 火星 201212  
人間味あふるる人や虫時雨 鈴木としお 春燈 201212  
尼二人黙し聞きをり虫時雨 若江千萱 雨月 201212  
碁盤拭く一人の夜や虫時雨 堀光子 春燈 201301  
篝火に残る舞台や虫時雨 浅岡麻實 末黒野 201301  
終バスを降りて家まで虫時雨 國保八江 やぶれ傘 201301  
教会の墓前礼拝虫時雨 芝孝子 末黒野 201302  
吹き抜けの梁ひびきあふ虫時雨 山田六甲 六花 201310  
虫時雨湯舟に沈み雑事無く 東秋茄子 京鹿子 201312  
書に倦みて明りを消しぬ虫時雨 鍋島武彦 末黒野 201312  
集中の途切れをつなぐ虫時雨 甲州千草 201312  
武将の魂祀る木曽路や虫時雨 村上美智子 雨月 201312  
遠回りして荒庭の虫時雨 佐藤喜仙 かさね 201312  
虫時雨残る命を大切に 田村すゝむ 風土 201401  
野外能はじまる前や虫時雨 稲垣佳子 末黒野 201401  
白雲の夜空に著し虫時雨 岡野里子 末黒野 201401  
一行を写し間違ひ虫時雨 占部美弥子 末黒野 201401  
その中の一匹みだれ虫時雨 金田けいし ろんど 201402  
自販機の灯を遠巻きに虫時雨 林昭太郎 201411  
黙祷の黙を埋めて虫時雨 山本喜朗 雨月 201411  
学舎の残る里山虫時雨 及川信二 末黒野 201412  
終バスを降りて家まで虫時雨 國保八江 やぶれ傘 201412  
独唱も輪唱もあり虫時雨 日下部亞こ ろんど 201412  
虫時雨の中の家路を急ぎけり 岡野ひろ子 201412  
虫時雨ぴたりと止みし無気味さよ 宮本加津代 万象 201501  
虫時雨妹山背山寄りさうて 佐藤凉宇子 ろんど 201501  
光太郎山廬包みて虫時雨 河野美奇 ホトトギス 201501  
虫時雨また言訳をする男 吉田葎 201502  
草ぐさの闇の膨らむ虫時雨 吉田克美 ろんど 201502  
虫時雨檀蜜隠れているだろう 津田このみ 船団 201505  
終電車降りて五キロの虫時雨 稲畑廣太郎 ホトトギス 201509  
ホームより列車の長し虫時雨 橋本順子 201512  
満天の星満目の虫時雨 河野美奇 ホトトギス 201602  
リサイクルをへて上野の虫時雨 貫井照子 やぶれ傘 201602  
みちのくの旅も終りの虫時雨 稲畑汀子 ホトトギス 201609  
虫時雨抜けてふたたび虫時雨 稲畑汀子 ホトトギス 201609  
みちのくの旅も終りの虫時雨 稲畑汀子 ホトトギス 201609  
虫時雨抜けてふたたび虫時雨 稲畑汀子 ホトトギス 201609  
明日捨てる本山積みに虫時雨 池田光子 風土 201611  
一息を入れて気付きし虫時雨 時澤藍 201612  
歌好きの句友の通夜や虫時雨 大村かし子 万象 201612  
虫時雨茶筒の底の渋さかな 石森理和 あを 201610  
もろともに突かうぞ夜々の虫時雨 下田奉枝 雨月 201702  
叱られてひそむ納屋口虫時雨 沼田巴字 京鹿子 201709  
氏素性問ふことのなき虫時雨 沼田巴字 京鹿子 201710  
さざなみのやうシーツ敷く虫時雨 加藤峰子 201711 虫時雨→2

 

2019年9月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。