32      103句

   初雪  雪折れ  雪国  雪籠  雪見  雪催  雪やどり  雪の精  豪雪

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
雪やみて尖り頭の嬰生まる 吉田和子 ぐろっけ 200807  
雪積んで一枚となる千枚田 田島洋子 200807  
どか雪を卸す二月も末てふに 安原葉 ホトトギス 200807  
海鳴りに醒むる夜更けの雪の宿 小山徳夫 遠嶺 200808  
弔ひの一夜が明ける果ての雪 森津三郎 京鹿子 200808  
沼舟に雪積む昼の岸景色 小澤克己 遠嶺 200808  
水すこし飲み雪中の鴉飛ぶ 藤田宏 長城 200808  
母葬り暮雪の里に籠りけり 柴崎甲武信 月日 200811  
帰りたるあとに雪来しことも旅 稲畑汀子 ホトトギス 200811  
雪なくて光太郎小屋寂し過ぎ 勝原文夫 ペン皿 200811 花巻
神鶏の長鳴き雪を呼びにけり 山尾玉藻 火星 200812  
雪富士に長き夕映寒の入り 神田美穂子 万象 200807  
雪原の星座晴れこそわが世界 小澤克己 遠嶺 200808  
雪原のはるかなくぼみ呻きけり 鈴木直充 素影 200811  
水雪の十歩がほどを難渋す 伊藤白潮 200812  
雪こぼる好爺良漢また帰天 品川鈴子 ぐろっけ 200812  
雪に閉すこの店開けば花舗の筈 岡本眸 200812  
雪中の歓声おほかた他愛なし 岡本眸 200812  
この雪に阪神淡路偲ぶ朝 稲畑廣太郎 ホトトギス 200901  
一片の雪享けし掌の透きとほる 丹羽啓子 馬醉木 200901  
なすすべもなく雪しまきやり過ごす 稲畑汀子 ホトトギス 200901  
一願の小石投げれば山に雪 松田都青 京鹿子 200901  
東京の雪やとつぴんぱらりのぷ 北島和奘 風土 200901  
細雪身に添ひ齢加へけり 岡本眸 200901  
白雲のパフもて富士の雪化粧 林翔 馬醉木 200901  
四囲の山引き寄せ飛騨は雪の前 柴崎英子 200901  
墓原の雪を掴みて力湧く 瀧春一 深林 200901  
冠雪の富士相模湾越しにかな 丑久保勲 やぶれ傘 200901  
浪費の悔と雪の泥濘いつまでも 瀧春一 深林 200901  
曼陀羅華天にし白山初冠雪 中山純子 万象 200901  
韋駄天に加速つきたり山に雪 伊藤希眸 京鹿子 200901  
アパートのかぼそき欄も雪を積む 瀧春一 深林 200901  
帰路にある雪の予報を聞きしより 稲畑汀子 ホトトギス 200901  
雪のきて里は藁屋の嵩にして 豊田都峰 京鹿子 200901  
雪ふかき室堂喫茶は待ち時間 澤田緑生 馬醉木 200901  
雪ほろろ闇の表に息を足す 伊藤希眸 京鹿子 200901  
雪まとふ浅間小浅間朝日さす 阿部ひろし 酸漿 200901  
雪刷きて秋天限る甲斐白根 手島靖一 馬醉木 200901  
雪浅間夜明の雲を秀にまとふ 阿部ひろし 酸漿 200901  
雪明り太古の土器に人の貌 瀧春一 深林 200901  
土偶を守る家のうつばり雪雫 瀧春一 深林 200901  
雪来るか海の匂ひのほんだはら 山田みづえ ぐろっけ 200901  
浅間嶺に雪来し人のさわがしき 石原みどり 炎環 200901  
灰色に都心染めゆく朝の雪 稲畑廣太郎 ホトトギス 200901  
大観峰嶺越しの雪が紅葉染め 澤田緑生 馬醉木 200901  
甲斐駒の雪の襟立て晴れわたる 阿部ひろし 酸漿 200901  
降る雪の勢ひ失せてさまよひぬ 岡本眸 200901  
ポーカーの目と指見つめつづけ雪 丹沢亜郎 炎環 200902  
点描の街となりゆく夜の雪 駒野目信之 春燈 200902  
クルーズにアナウンスされ雪の比良 泉田秋硯 200902  
大雪の好天なれど寒き日よ 小山ナオ子 酸漿 200902  
大口をあける児飛雪食べんとて 林翔 200902  
雪舞ふや漬物石の沈む泡 石田厚子 馬醉木 200902  
おおらかな心地にながむ垂雪 ことり 六花 200902  
木曾五木亭々と雪待ちてをり 村井二郎 馬醉木 200902  
山々に降りくる雪の子守唄 近藤喜子 200902  
白魚のやうな指もて雪まろげ 山田六甲 六花 200902  
音吸うて雪の積もりてゆきにけり ことり 六花 200902  
飛雪もてえぶりの篝燃え立たす 鷹羽狩行 200902  
揚げ舟に雪積む夜となりにけり 大崎紀夫 やぶれ傘 200902  
終列車音なく着けり雪の駅 荒井書子 馬醉木 200902  
稜線に砲音ひびき雪来るか 小澤克己 遠嶺 200902  
和帽子の黒きが雪をはじきをり 小澤克己 遠嶺 200902  
冠雪の石鎚山晴るる惜命忌 石本秋翠 馬醉木 200902  
岩根噛む神の大杉雪来るか 間宮あや子 馬醉木 200902  
深々と雪降る中へ豆を撒く 山嵜ヤス子 酸漿 200902  
かまくらに余りし雪をならしけり 稲畑汀子 ホトトギス 200902  
随筆を繰るをとどむる雪時雨 ことり 六花 200902  
生きる事苦も楽もあり外は雪 山嵜ヤス子 酸漿 200902  
生くること絶つより難し雪の声 山崎ゆき子 炎環 200902  
節分の雪に欠席てふ電話 稲畑汀子 ホトトギス 200902  
雪のお降り何んと言っても遠刈田 堀内一郎 あを 200902  
雪のせて枯枝とリス絵になる旅 堀内一郎 あを 200902  
雪暗の川沿ひをゆくチンドン屋 山尾玉藻 火星 200902  
雪化粧といふ名の冬至南瓜かな 遠藤実 あをかき 200902  
雪降るか円空仏の衣紋線 伊藤無迅 炎環 200902  
雪折とならず戻つてをりし竹 稲畑汀子 ホトトギス 200902  
靴箱に払ひ切れざる雪の跡 ことり 六花 200902  
銭湯の灯のやさしさも雪後なる 岡本眸 200902  
つながりし消息古都の雪の朝 稲畑汀子 ホトトギス 200902  
息ころし箔置く筆や細雪 石田厚子 馬醉木 200902  
くるぶしの内を打ちくる雪つぶて 山田六甲 六花 200902  
受け入れぬ救急病棟雪が降る 吉村摂護 200903  
富士を背に愛鷹山の初冠雪 山口まつを 雨月 200903  
音もなし疎林を辿る雪の尾根 伊藤いな栄 酸漿 200903  
音たてて柏が雪を払ひける 伊藤いな栄 酸漿 200903  
二人ゐてこその老い坂雪世界 藤本秀機 200903  
雪すかし思へば露地木増やされず 若島久清 万象 200903  
聖樹立つ雪の結晶鏤めて 前川千恵子 雨月 200903  
深雪晴飛翔眩しきこふのとり 藤見佳楠子 200903  
ミンク小屋雪の重みに拉げたり 安部康子 万象 200903  
ぽっかりと巨きな温泉(ゆ)壺雪世界 中田みなみ 200903  
まほろばの丹の橋みゆる雪安居 飯塚ゑ子 火星 200903  
駅高架比良冠雪に真向かへり 松村富子 200903  
棟瓦締め上げ雪に備へをり 若島久清 万象 200903  
遠富士もひかりて雪の三原山 代田青鳥 風土 200903  
遠嶺の雲よりこぼれ雪のこゑ 石山雅之 遠嶺 200903  
虹生るる雪の残れる嶺の上 山田六甲 六花 200903  
白鳥の首の直角雪くるか 城孝子 火星 200903  
しなやかに角巻の雪はらひけり 藤原照子 200903  
オブジェめく池の枯蓮雪化粧 高根照子 200903  
伽藍へと果てなき石段しづり雪 木村美猫 ぐろっけ 200903  
飛騨の里雪に雪積む合掌家 堀田こう 雨月 200903  
舞ひ初めし雪片ほほに一年忌 益本三知子 馬醉木 200903 雪→ 33

 

2020年12月2日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。