雪 籠     28句

雪籠り魚食べ魚の骨残す   木附沢麦青  青嶺

冬籠  雪籠

作品
作者
掲載誌
掲載年月
石楠花の百の蕾や雪籠り 村越化石 200104
足跡はイエスか独り雪籠り 品川鈴子 船出 200104
良寛堂閂差して雪籠る 菅沼義忠 200105
めくるめくテレビのアニメ雪ごもり 伊藤鯰子 ぐろっけ 200109

悼 椋砂東様

雪籠してをられしと偲ぶのみ

稲畑汀子 ホトトギス 200201
ひとつひとつ灯ともり里の雪籠 池田草曷 雨月 200203
百日を雪籠りゐて足弱る 北原東洋男 200305
雪籠り長くて足の地に着かず 北原東洋男 200305
雪籠りにて書く山野徘徊記 小山徳夫 小春の山河 200401
源泉の森燦然と雪籠る 矢崎すみ子 200404
集落の斑雪ごもりに子さへ見ず 長沼三津夫 200507
小間の内砦めかして雪籠 木村茂登子 あを 200603
久々の母郷に余儀なき雪籠 浅見画渓 馬醉木 200605
師が好きのただそれのみの雪ごもり 青野れい子 200605
まぼろしの水車の音や雪籠る 村越化石 200702
川蒼き嬬恋村や雪ごもり 坂上香菜 時流 200703
電灯の紐つぎ足すや雪ごもり 南うみを 風土 200804
数独と俳句三昧雪籠り 北畠明子 ぐろっけ 200806
俎板の音ひびかせて雪籠 金山千鳥 酸漿 201003
一竿が鴨居に掛かる雪籠り 定梶じょう あを 201003
雪籠猫のうらがへりてみする 三谷道子 万象 201205
折れ線に描く小熊座雪ごもり 小谷延子 万象 201206
ボールペンを座右にひと日雪ごもり 落合晃 201303
花豆を丁寧に煮る雪籠 赤座典子 あを 201404
雪ごもり食糧あるかと友の声 野畑さゆり 201406
振巾の小さきままに雪籠り 竹田ひろ子 ろんど 201504
雪籠る羽後の山並湯治宿 木村みどり 春燈 201704
大降りに心定まる雪籠 川村みよき 万象 201704

 

2020年12月18日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。