初雪 1     100句

初雪を誉ぬむす子か物に成    武玉川

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書その他
一刷の富士の初雪明けて来し 稲畑汀子 ホトトギス 199811  
初雪やかってにはしゃぐ膝小僧 柿原金米 船団 199811  
初雪の便り六甲より摩耶へ 稲畑廣太郎 ホトトギス 199812  
初雪に笯をかけに行く老農夫 皆川盤水 春耕 199901  
初雪に隠れざる草みづみづし 栃内和江 199902  
初雪や一弦琴のしづごころ 水野あき子 遠嶺 199903  
初雪のお湿りにさへならぬ程 宮城菊子 199904  
初雪を載せて循環バス走る 遠藤和彦 遠嶺 199905  
初雪や電球ひとつ切れたまま 小倉喜郎 船団 199907  
初雪の阿蘇とは心躍りけり 松崎佐 円虹 199908  
初雪の後の天気に立つポプラ 白幡千草 円虹 199912  
初雪に丹波の黒豆とびあがる 秋山深雪 船団 199912  
君が故郷初雪の富士まともかな 松崎鉄之介 200001  
初雪の庭あけはなつ夜の庵 小澤克己 遠嶺 200001  
初雪を刷きし宮庭栗鼠走る 村上光子 馬醉木 200002 ウィーン
村里に昨日の初雪残りたる 富田志げ子 酸漿 200003  
初雪の大菩薩嶺や昼の月 川上美穂子 酸漿 200006  
初雪の夕日さすまで降りいたり 北原志満子 海程 200006  
初雪や両手に入れるまあるい息 河野志保 海程 200006  
見届けし富士の初雪空の旅 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
初雪のありしと見えぬ遠き富士 稲畑汀子 ホトトギス 200009  
初雪にしてたちまちの横なぐり 伊藤宇太子 200102  
初雪に雪駄ちやらちやら河原町 竹村良三 200102  
初雪や上州平野ふところに 保坂さよ いろり 200102  
初雪や竹の葉ずれの音かすか 香取敏江 あを 200102  
東京初雪妻の両手に積りけり 堀内一郎 あを 200102  
いちにちの終はる昏さの初雪ぞ 加藤かな文 200103  
初雪に急かさるるごと帰りけり 桑垣信子 いろり 200104  
予報ほど降らず仕舞ひの初雪は 熊谷みどり いろり 200104  
初雪のささやき洩るる傘の上 高畑信子 遠嶺 200104  
初雪の来て金柑の甘くなり 井口ふみ緒 風土 200104  
初雪に逢ふみちのくの旅とこそ 田中子 円虹 200105  
初雪の庭がまあるくなりました 笠学 船団 200105  
初雪に庭のさびしさ華やぎぬ 稲岡長 ホトトギス 200105  
初雪が別れの雪か須磨の浦 平松薫 六花 200107  
アナウンス富士の初雪告げてをり 稲畑廣太郎 ホトトギス 200109  
ありしてふ富士の初雪上京す 稲畑汀子 ホトトギス 200109  
初雪や大雪山に朝日さす 藤村美津子 春耕 200112  
初雪のそれより白き鷺の舞ふ 小野ちゑ 酸漿 200201  
初雪や雲一つなき伯耆富士 門脇山卯 雲の峰 200202  
初雪やふる里の山蒼からむ 柳沢杏 酸漿 200202  
初雪を頭に安達太良の裾長し 鈴木夢亭 春耕 200202  
とうきゃうに初雪友達まだできぬ 石橋翠 いろり 200202  
初雪や友の便りのちらほらと 高樋洋子 いろり 200202  
初雪の洗礼受けし木々の黙 戸村よねこ 遠嶺 200202  
初雪の夜やパソコンに文字溢れ 濱地恵理子 200202  
初雪のポンポン山でありしなり 堀義志郎 火星 200203  
初雪や信子句集を引き寄せて 竹川美佐子 いろり 200203  
初雪をやはらかく置く庭の芝 字津木友和 酸漿 200203  
初雪や坂に連なる異人館 井上道子 百鳥 200203  
初雪や越後の空をなつかしむ 島田和子 風土 200203  
初雪や婆にソプラノ発しさす 隅田享子 200204  
初雪や六角堂の群雀 橋本良子 遠嶺 200204  
初雪や回して洗ふ湯呑碗 阪野徹 200204  
初雪の石温くさうに蕩け入る 佐々木栄 ぐろっけ 200205  
初雪や何する人か夜明け前 江倉京子 あを 200212  
初雪や太古のままの神の山 尾崎恭子 雨月 200301  
初雪やマニキュア乾く間のメール 石田静 200301  
横須賀線止めて初雪降りにけり 平田紀美子 風土 200302  
突風と来し初雪の威なるかな 佐藤みほ 200302  
初雪に子等喜んで登校す 大久保美千代 築港 200302  
昨夜の雨初雪となる朝かな 青木政江 酸漿 200302  
初雪や天女にすこしつちふまず 佐藤喜孝 あを 200302  
初雪の大地の起伏平にし 国包澄子 築港 200303  
疎林ありあり初雪の葛飾野 井上信子 200303  
初雪や子等の昂り暮るるまで 小野崎清美 百鳥 200303  
初雪や大事な手紙出しに行く 影山わこ 百鳥 200303  
絵はがきの消印初雪ありし町 宮川みね子 風土 200303  
東京の初雪なれどあなどれず 柿沼盟子 風土 200303  
明けやらぬ窓に初雪漱石忌 小林巳禮 酸漿 200303  
初雪の白樺林に踏み入りぬ 坂口三保子 ぐろっけ 200303  
はつ雪を硯の海へひとすくひ 谷口みちる 200303  
初雪舞う音なく「はん」のあるごとし 横溝千代 八千草 200306  
初雪や線路くろぐろ翳りなし 芦川まり 八千草 200306  
初雪のりんかい線にひとり旅 中島英子 八千草 200306  
初雪にしては大雪佇ちつくす 針谷律子 八千草 200306  
初雪や夫にすすめる朝の酒(ささ) 桑原泰子 八千草 200306  
初雪の空瓶青き海篭めて 新関一杜 京鹿子 200310  
東京は初雪と聞き受話器置く 稲畑汀子 ホトトギス 200312  
初雪を遠きものとし聞いてをり 稲畑汀子 ホトトギス 200312  
初雪の白さに勝るドレスかな 河野恭子 200312  
初雪や縄文の水汲みに来て 矢崎すみ子 200401  
初雪を被て甲斐駒の華やげり 渕脇登女 200402  
初雪や子役の猿は大泣きす 小田切陽子 帆船 200402  
初雪と言へど激しき奥吉野 塩川雄三 築港 200402 西吉野
初雪の通学道に童歌 河本勇 築港 200402  
初雪や火伏稲荷の鳥居にも 岡田万壽美 雲の峰 200402  
初雪や遠く住む子の誕生日 石田邦子 遠嶺 200403  
枕越しなる初雪の降りやまず 深澤鱶 火星 200403  
上州の旅に初雪を賜れり 三村武子 酸漿 200403  
初雪も舞ひしと遠き客来る 赤羽秋刀子 百鳥 200403  
初雪の音たてて解け始めけり 飯島きみい 対岸 200403  
初雪や早出の夫を見送りて 原嶋光代 草の花 200403  
初雪や海の聞こゆる出で湯町 岸野常正 草の花 200403  
紙吹雪めきし初雪村静か 奥村光子 築港 200403  
こんなにも富士の初雪近づけて 稲畑廣太郎 ホトトギス 200404  
初雪のひとひら唇を吸ひにくる 岸田爾子 200404  
初雪や早暁の庭静まりて 横井明子 200404  
掌に受けし初雪解かす生命線 吉田多美 京鹿子 200404  
初雪や子は気になつて外を見る 名取富子 帆船 200404 初雪 2→

 

2015年12月3日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。