くさびら     26句

 きのこ 松茸 舞茸 けむり茸   茸飯 茸汁 占地 くさびら

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
紅のくさびら闇の熊野かな 岡井省二 199809  
くさびらを辿りてゆけり稲荷山 堀江かつみ 199901  
切株にくさびら生ひて宮の秋 中村七三郎 七三郎句集 200001  
赤い輪ゴムのくさびら山に落ちてゐる 浜口高子 火星 200001  
人喰うてくさびらほぐれそめにけり 栗栖恵通子 200001  
くさびらの奉書の上で煮えてきし 飯塚ゑ子 火星 200012  
くさびらやお鶴をつかふ木偶の村 延広禎一 200101  
くさびらやわれに海馬の二つあり 加藤みき 200201  
くさびらや空耳なるかわらべ唄 谷村幸子 200202  
盆梅の幹のくさびら乾びをり 北嶋美都里 200205  
くさびらやわれた海馬のふたつあり 加藤みき 200207  
くさびらや看板大き陀羅尼助 谷村幸子 200212  
森深くくさびらの数星の数 加藤みき 200212  
菌(くさびら)に抜かれし悔ひの味したり 中原道夫 銀化 200212  
くさびらの指五本の匂ひかな 栗栖恵通子 200401  
くさびらや講話もれくる達磨寺 谷村幸子 200401  
くれなゐのくさびらに香のなかりけり 石脇みはる 200511  
くさびらの粘菌つきし掌 石脇みはる 200611  
くさびらの省二の碑かな秋彼岸 黒田咲子 200612  
くさびらの生まれし時の星の数 雨村敏子 200702  
くさびらの白盛り上る蝦夷古墳 小林輝子 風土 201112  
磐座に紅葉の影とくさびらと 雨村敏子 201302  
甘樫にくさびら直ぐと阿修羅かな 佐藤凉宇子 ろんど 201302  
くさびらのかたまつて有耶無耶の関 小菅佳子 199911 笹合峠
空青すぎるくさびらを踏まぬやう 大山文子 火星 201501  
神々の気息くさびら白かりし 岩月優美子 グピドの瞳 201506  

 

19/10/25 制作

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

掲載年月順です。

ご希望の季語又は語彙がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。