茸汁・茸鍋   50句

みちのくの空気一緒に茸汁   松本米子

 きのこ 松茸 舞茸 けむり茸   茸飯 茸汁 占地 くさびら

作品
作者
掲載誌
掲載年月
前書他
茸汁うからやからの声の満つ 森景ともね 船団 199909  
姉の名は今もちゃん付け茸汁 酒井多加子 俳句通信 199912  
陀羅尼助黒色小粒茸汁 田中藤穂 水瓶座 200002  
湯治場の煤け柱や茸汁 乾佐知子 春耕 200010  
山の日の射し込んでゐる茸鍋 粟津松彩子 ホトトギス 200103  
本降りの雨となりたる茸汁 福永みち子 馬醉木 200111  
杉箸の匂ふ妻籠の茸汁 原茂美 雲の峰 200112  
鉋屑ほどの松茸汁に浮く 泉田秋硯 200201  
自在鉤揺るる旅籠の茸汁 中御門あや 春耕 200201  
阿武隈の雨鳴る夜の菌汁 古市枯声 春耕 200201  
子と少し話つづきし茸汁 田宮勝代 酸漿 200202  
茸汁きのふの空を眼裏に 朝妻力 雲の峰 200211  
きのふけふつつがなかりしきのこ汁 佐山文子 200211  
茸汁舌先三寸しびれをり 川戸田悠 銀化 200301  
精進上げ松茸入りのすまし汁 松崎鉄之介 200311  
葛城の行者も召すや茸汁 中田寿子 ぐろっけ 200401  
乗りつぎのバスを待つ間のきのこ汁 安永圭子 風土 200401  
畑のもの足して夕餉の茸汁 浅川悦子 春耕 200412  
神祀るロッヂにいこふきのこ汁 澤田緑生 馬醉木 200501  
手頃なる七輪を借り茸鍋 二村蘭秋 雨月 200501  
唄のなき一旅過ぎゆく茸鍋 井上信子 200503  
煙出しに夕日しばらく茸汁 高千夏子 200601  
山小屋の明日は閉ざすと茸汁 頓所友枝 200602  
一膳に一汁に茸尽しなる 堤京子 馬醉木 200603  
二日ほどあしたゆふべの茸汁 瀧春一 常念 200606  
落葉松の葉屑なつかし茸汁 瀧春一 常念 200606  
山知らぬきのこも入るる茸汁 甲州千草 200702  
一片の松茸匂ふ澄まし汁 井山幸子 万象 200702  
きのこ汁旅先に聞く国なまり 伊藤一枝 酸漿 200712  
今生きてある身が不思議茸汁 村越化石 200801  
明日嫁ぐ子にたつぷりと茸汁 上嶋昭子 200802  
帰省子へ朝餉の汁のとんび茸 山形悦子 万象 200811  
名も知らぬものもごったに菌汁 木村茂登子 あを 200812  
天井に物音のあり茸汁 中田禎子 201001  
車酔ひ和らいでゆくきのこ汁 島内美佳 ぐろっけ 201002  
荒行の阿闍梨やしなふ茸鍋 三村純也 ホトトギス 201003  
好き嫌ひ太宰語るに茸鍋 川上久美 ろんど 201003  
椀二つ揃へてひとり茸汁 岡野ひろ子 201101  
打ち立てのうどんを入れる茸汁 廣瀬雅男 やぶれ傘 201201  
生酔ひの本音がのぞく茸鍋 斉藤裕子 あを 201211  
ようおいでなしたと熱つあつ茸汁 樋口英子 201301  
お任せの料理なかばに茸汁 大西和子 ぐろっけ 201302  
二人居の作りすぎたり茸汁 沼崎千枝 末黒野 201402  
唄のなき一旅過ぎゆく茸鍋 井上信子 201412  
茸汁縄文人の舌づつみ 坂場章子 201501  
深々と谿の風聴くきのこ汁 徳田千鶴子 馬醉木 201510  
決断の箸つけにけり茸汁 井上石動 あを 201611  
茸汁住職むかし会社員 森なほ子 あを 201612  
いかがですセシウム入りの茸汁 森なほ子 あを 201811  
茸汁「こはい」に漢字二つある 森なほ子 あを 201812  

2019年11月4日 作成

「俳誌のsalon」でご紹介した俳句を季語別にまとめました。

「年月」の最初の4桁が西暦あとの2桁が月を表しています。

注意して作成しておりますが文字化け脱字などありましたらお知らせ下さい。

ご希望の季語がございましたら haisi@haisi.com 迄メール下さい。